05212006



初場所の番付が24日の本日発表されました。

()内は先場所の番付、勝敗も先場所のもの。
赤色は昇進、青色は陥落。
番付予想



久しぶりに東西の関脇が残留となりました。
成長目覚ましい逸ノ城と最近力をつけてきた碧山。
まだ若いだけに大関、横綱に対抗できるか期待されます。

そして、大関陣では先場所振るわなかった豪栄道と琴奨菊が初場所では角番になります。
豪栄道としては来場所が大関3場所目だけに陥落は避けたいところ。

一方、小結では最近好成績をあげていた高安と、実力者の栃煌山が帰ってきました。
優勝争いが決まったメンバーになってきているので、二人にはかき回してほしいと思います。

西前頭筆頭には栃ノ心も帰ってきました。
横綱など上位陣とあたる番付だけに逸ノ城と同様に注目していきたいと思います。





http://news.livedoor.com/article/detail/9607669/
SnapCrab_NoName_2014-12-24_16-1-54_No-00


逸ノ城、逆襲!!遠藤に8勝1敗「当たり負けさえしなければ」   

 大相撲の関脇逸ノ城が23日、埼玉・草加市の追手風部屋へ出稽古し、平幕遠藤と9番取って8勝1敗と圧倒。前日のは5勝9敗だったが、逆襲を果たして気勢を上げた。「(遠藤には)当たり負けさえしなければ、大丈夫ですね」。前日とは一転した遠藤は「(前日の稽古で)変に当たって首を痛めた。(この日の稽古は)駄目かな、と思っていたほど」。2人は1月の初場所(11日初日、両国国技館)で初対戦が見込まれる。


昨日遠藤が逸ノ城に9勝したニュースを見た際は、初場所の遠藤はやってくれるのではないかと期待したんですが、やはり逸ノ城は強いですね。
元から逸ノ城は稽古では力を発揮できないということでしたが、最近は出稽古もこなしているようです。
所属する湊部屋はまだ規模が小さいだけに、今回のようにこれからは出稽古が多くなっていくのかもしれませんね。



http://news.livedoor.com/article/detail/9608923/
SnapCrab_NoName_2014-12-24_16-8-28_No-00


【大相撲初場所】白鵬「早々と決めたい」 前人未到の33度目優勝へ意欲   

 白鵬は悠然とした表情で前人未到の大記録更新への意欲を語った。

 「早々と初場所で決めて、残り5場所伸び伸びとやりたい」。敬愛する大鵬を抜き単独史上最多となる33度目優勝へ歩みを緩めるつもりはない。

【全文はこちら】


ここまで期待の力士を何人かあげてきましたが、やはり優勝最有力はこの人です。
しかし、今年で30才を迎えます。
元々怪我の少ない力士だけに不調になるとは考えにくいですが、2014年で角界の力関係がどのように変わっていくのか楽しみです。




Twitterのコーナー



先場所は休場もあって大きく番付を落とした大砂嵐。
奮起に期待したいところ。




参考にしてみてはいかがでしょうか。
私は参考にしません。エピファネイアで。



いよいよ阿武咲が十両11枚目に昇進しました。
序の口の初土俵から11場所連続の勝ち越しで十両まで上がってきました。
この勢いでどこまでいけるのか今から楽しみです。





初場所の初日は2015年1月11日からです。

当ブログの更新予定については、また追ってお知らせします。