SnapCrab_NoName_2015-11-8_18-31-1_No-00


本日の取り組み


十両から
十両結果

新十両の朝弁慶が元気な相撲で初日白星。


幕内前半
幕内前半結果

幕内に昇進した御嶽海も良く動いて初勝利。


幕内後半
幕内後半結果

落ち着いた相撲で稀勢の里が1勝目。
照ノ富士も逸ノ城を長い相撲で破りましたが、依然として膝の調子は悪い様子。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151108-00000537-sanspo-spo
SnapCrab_NoName_2015-11-8_18-31-36_No-00


嘉風、鶴竜から白星「引いたところをうまく出ていけた」/九州場所   

 大相撲九州場所初日(8日、福岡国際センター)小結嘉風が、横綱鶴竜をわたしこみで下し、白星を飾った。横綱勢は、左膝負傷のため9月の秋場所を途中休場した白鵬は小結栃ノ心を上手投げ、日馬富士が関脇妙義龍を寄り切りで白星を挙げた。

 嘉風は立ち合いから激しいつっぱりで鶴竜を追い詰めると、わたしこみで土俵下へ突き飛ばした。「しっかり出しきろうと思って行ったのが良かったと思います」と笑顔を見せた嘉風は「狙いはなかったんですけど、とにかく横綱が引いてくれたところをうまく出ていけたと思います」と取組を振り返った。

横綱の引き癖がまた出てしまいました。
本来は思い切って立ち合いから攻めていった嘉風を褒めたいところなんですが、
横綱の立ち合いの勢いの無さにどうしても目がいってします。

横綱へ昇格する前の相手に頭をつけて攻めていくスタイルとはもう変わってしまったのでしょうか。
体格が特別大きい訳ではないですし、胸を出して受けていく相撲には無理があるはずです。
だからこそ、立ち合いが重要になってくるはずなのですが、
優勝した先場所にも言えることですが立ち合いでなかなか体勢が決まらず、引き技で決める場面が多くありました。
頭をつけて攻める基本に立ち返れば自ずと星も伸びてくるのではないかと思ってしまいます。

横綱3人が揃ったこの場所。
星の潰し合いが起これば優勝ラインはさほど高くないはずです。
まだ1敗ですから、立ち合いから流れを取り戻し、白鵬、日馬富士のいる場所で正真正銘の優勝をして欲しい。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151108-00000038-jij-spo
SnapCrab_NoName_2015-11-8_15-57-24_No-00


時天空は全治2カ月=大相撲九州場所初日   
 大相撲西前頭14枚目の時天空(36)=本名時天空慶晃、モンゴル出身、時津風部屋=が8日の九州場所初日から休場した。
 休場理由は右肋骨(ろっこつ)骨折で、2カ月の加療が必要。日本相撲協会が同日、診断書を発表した。時天空の休場は2010年初場所以来で、通算2度目。

今回の休場で来場所の十両陥落が確実になりました。
実力と経験のある力士ですからまたすぐに回復してくれると願っております。
ただ2ヶ月の加療ということで初場所の出場も少し危うい状況です。





Twitterのコーナー



北の湖理事長自身はもう福岡入りされてるそうなんですが、
まだ万全というわけではないんでしょうか。
先場所のこともありますし少し心配です。





食べ物以外の話もできる二子山親方。
予想の結果は・・




何だか奥の方から、ただならぬ雰囲気を感じます。




さすが。








明日、注目の取組 ()内は過去戦績


嘉風-稀勢の里 (2-11)

先場所の取り組み

逸ノ城-白鵬 (1-5)

先々場所の取り組み






先日の記事でもお伝えしましたが
平日の更新は少し難しい状況です。

明日以降更新するかもしれませんがまとめではなく日記調になると思います。
また、確実に次回更新できるのは来週の土曜日になります。