まずはじめに。

北の湖理事長のご冥福をお祈り致します。
現役時代はもちろんのこと、理事長としても相撲界に多大な貢献をされてきました。
今すぐこの穴を埋めるのは大変むずかしいことだとは思いますが
代行の八角親方以下の親方衆、そして現役力士達がさらなる相撲界の発展を成し遂げてくれることを願っております。




そして本日の相撲。



日馬富士-鶴竜戦。

日馬富士の気合の乗った良い相撲でした。
意地でも左上手を取るんだという意図の感じられる立ち合いでした。
腰が入りかけましたが、右を指せたのはできすぎでしたね。

鶴竜は今場所の元気の無さがそのまま出てしまった形。
今日負けたことで10勝にも届かないことになりました。
私個人としては先場所に変化で勝つ取組が何番かあったことで、
少し相撲が雑になっている印象を受けます。

日馬富士に話を戻すと、明日は稀勢の里戦が組まれました。
今場所は後半段々と崩れてきた稀勢の里、
日馬富士がその稀勢の里に勝てばその時点で優勝が決定する訳ですが、
明日はどのような取組になるのでしょうか。



そして本日のハイライト
白鵬-照ノ富士戦。

こちらも熱戦になりました。
ただこちらは早い決着とはならず我慢比べになりましたね。

今場所は立ち合いを試行錯誤している印象の白鵬。
今日は日頃から目指しているという「後の先」を実践したのでしょうか。
相手を受け止めるような立ち合い。

誤算だったのは照ノ富士の上体の強さだったでしょうか。
引きつけが強く腰が完全に伸びてしまいました。

こうなってしまえばさすがの白鵬でも勝てません。
スタミナ切れとなり寄り切られるという結末になりました。

本調子ならば上手を切って強引な出し投げで勝っていたのかもしれませんが、病み上がりでは少し難しかったでしょうかね。

2敗の白鵬は明日鶴竜戦。
1敗の日馬富士の相撲の後になり、日馬富士-稀勢の里の取組結果によっては「消化試合」になるかもしれませんが、
白鵬の場合、優勝を目指すにあたっては明日勝たなければ話になりません。





個人的には三役で初の勝ち越しを決めた嘉風が今日のヒーローです。
30歳を超えて急に覚醒した印象なのですが、何かコツをつかんだんでしょうかね。
今日の相撲も年齢を感じさせない元気な相撲でした。
相手の豪栄道はもうどこを直せば関脇時代の安定感が戻ってくるのか分からないです。
ショック療法じゃないですが、関脇陥落も本人にとっては悪いことにはならないのかもしれません。