まだ優勝の目は残っていたようです。

昨日の豊ノ島戦の敗戦でもうないかと思っていましたが再び可能性が見えてきましたね。



今日の相撲は、最初の立ち合いで止めた式守勘太夫がよくやってくれたというのが私の感想です。
(その後、可哀想でしたが差し違いがあったのでプラマイ0です)

内容に関してはこれまで通り琴奨菊が一気に寄り切りましたね。
昨日の相撲を引きずっていないようでなによりでした。




それよりも注目すべきは白鵬-稀勢の里でしょう。

稀勢の里を褒めたいところですが、内容が内容なのでノーコメントですね。

白鵬については、先日の栃煌山戦と同じような立ち合いでした。
よく各親方が「変化をして楽に勝つと癖になるから辞めるべきだ」というのをTV中継でもよく聞きます。
今回の立ち合いに関しては変化とは言えませんが、
調子が悪い稀勢の里とはいえ、ぶつからずに見てから相撲を取ろうとすればこうなるのは仕方ないでしょう。
もちろん立ち合いが単純に合わなかったのかもしれませんが。





優勝争いについて整理致しますと、

琴奨菊が勝った場合はそのまま優勝。

琴奨菊が負けた場合は2敗の白鵬、豊ノ島の勝敗次第で優勝決定戦。

となります。

琴奨菊の明日の相手は豪栄道。
白鵬は日馬富士。
豊ノ島は栃煌山です。

明日どのような結末になるのか楽しみにしたいと思います。





今場所は私の嫌な予感が妙に的中しております。

11日目あたりに予想した豪栄道の首投げが決まってしまうのか。
明日はそれにも注目して見たいと思っております。

明日は寒くなるようです。みなさんも体調にはお気をつけて。