17c35b7915033bef5a9c2ea820c8b9b2


本日の取り組み


十両から
十両

大砂嵐が初日からの7連勝。
明日は遠藤との対戦が組まれました。


幕内前半
幕内前半

今場所大きく番付を上げた正代が4勝目。勝ち星をひとつ先行させました。
新入幕の大翔丸も4勝目。

幕内後半
幕内後半

勢が逆転の相撲で初日からの7連勝。明日は稀勢の里との全勝対決です。
日馬富士はスピード感あふれる相撲で5勝目。連敗はしませんでした。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00000085-dal-spo
ec_mini_icon_thumb


稀勢の里、勢が初日から7連勝 琴奨菊は1敗守る   

「大相撲春場所・7日目」(19日、エディオンアリーナ大阪)

 大関稀勢の里が隠岐の海に寄り切りで勝って、13連勝した13年夏場所以来となる初日から7連勝とした。平幕の勢も妙義龍を小手投げで下し、全勝を守った。20日の8日目は、稀勢の里と勢の全勝同士が対戦する。

 綱とりに挑む大関琴奨菊は豊ノ島に突き落としで勝ち1敗を守った。土俵際まで押し込まれたが、土壇場で繰り出した突き落としが決まった。

 横綱勢は、鶴竜が嘉風にはたき込みで、白鵬が栃ノ心に寄り切りで勝って、ともに1敗を守った。白鵬は歴代3位に並ぶ964勝目。日馬富士は碧山を寄り切りで下して5勝2敗。

稀勢の里が初日からの7連勝。
2,3年前から無理な攻めがかなり少なくなった印象でしたが、
少しづつ成果が出ているということなのでしょうか。
今日も寄り切れる体勢を作り上げてから出ていきましたね。
これは期待できる・・のか。

私としては先場所の成績が特別良かったわけでもないので評価に困るというのが本音です。
先日の記事でも書きましたが、この活躍の源は琴奨菊の優勝がメンタル面で効いているからなのか。
それとも巡り合わせが良かっただけなのか。
後半戦へ真価が問われます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00000045-nksports-fight
SnapCrab_NoName_2013-8-29_17-40-29_No-00


 宇良十両へ4戦全勝居反り封印「押しで勝てないと」  

 西幕下2枚目の宇良(23=木瀬)が、新十両昇進へ大きく前進した。西十両13枚目の天風(24)を送り倒しで破り、4連勝で勝ち越しを決めた。素早い動きで、80キロ重い体重205キロの巨漢をほんろう。元大関小錦や把瑠都を上回る史上4位の所要7場所での新十両へ、最低条件の「4勝」をクリアした。

 初めて上がった十両の土俵でも、業師ぶりを発揮した。宇良が俊敏な動きで、地元場内を盛り上げた。立ち合いで、天風の顔に向かって右手を伸ばすと、すかさず体を潜らせた。右足を両腕でつかみに動く。体勢を崩した相手は、前のめりに土俵下へと転がり落ちた。

これは昨日の記事ですが、幕下の宇良が4連勝。
十両昇進が近づいてきました。
十両下位の成績次第ではありますが、あと1勝すれば確実でしょうか。

そして今日は、貴乃花部屋のホープの佐藤も4枚目で勝ち越しを決めました。
こちらもあと1,2勝必要でしょうが十両昇進へ期待できそうです。
突き押しの相撲が十両で通じるのか早く見てみたい。




Twitterのコーナー



七日連続の満員御礼。
今年も相撲人気は健在です。




今日の相撲は見応えがありましたね。
腰の重さは良いものを持っているので、後は前に出ていく馬力を。




今日の豊ノ島-琴奨菊戦。
見応えがありましたね。
立ち会いから両差し、相手が巻き替える瞬間を狙って一気に寄る。
豊ノ島としては完璧な相撲だったと思います。
しかし、勝ったのは琴奨菊。

土俵際で神懸り的な残り方をして、逆転勝ち。
琴奨菊にとてつもない追い風が吹いているようです。



私のスマートフォンで見るとツイッターの画像が表示されないんですが、私だけなんでしょうか。
対策考え中です。