ついに白鵬が単独トップ。
ここからの番狂わせはあるのか。





豪栄道の立ち合いのタイミングが合ってなかったですかね。
見ての通りの内容で特に語ることもありません。



稀勢の里の相撲も日馬富士がよく頑張ったという感じですね。
休まず攻め続けた結果、チャンスが生まれましたね。

今日2敗したことで優勝は白鵬が俄然有利になってきました。
正直ここからの番狂わせは想像できません。
仮に優勝決定戦にもつれ込んだとしても白鵬の有利は揺るぎないように思います。

ただここ数場所の白鵬は終盤に星を落とすことが多かったので、
急に状況が変わることも考えられます。




上位にも注目ですが琴勇輝が9勝目。
来場所は関脇に上がりそうです。

正代も7勝目で勝ち越しに王手をかけました。
段々と世代交代の波が来ているのかもしれません。