SnapCrab_NoName_2016-3-26_18-42-26_No-00


本日の取り組み


十両から
十両結果

大砂嵐が13勝目。十両優勝はすでに決定しています。

幕内前半
幕内前半結果

新入幕の大翔丸は7敗目。勝ち越しは明日に持ち越しです。
正代は9勝目。明日は十両からの連続二桁白星をかけて御嶽海との取り組みが組まれました。


幕内後半
幕内後半結果

立ち合いが合いませんでしたが、琴勇輝11勝目。
稀勢の里は12勝目で明日に望みを繋ぎました。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00050069-yom-spo
SnapCrab_NoName_2016-3-26_18-44-38_No-00


白鵬、4場所ぶり優勝に王手…琴奨菊下す   

 大相撲春場所14日目(26日・大阪府立体育会館)――白鵬が4場所ぶりの優勝に王手。

 琴奨菊を上手投げで退けた。ただ一人、13勝1敗。稀勢の里は照ノ富士を寄り切り、豪栄道は勢を首投げで下し、ともに2敗を守った。千秋楽で白鵬が勝つか、2大関が敗れれば、36度目の優勝が決まる。鶴竜は日馬富士を寄り切り、いずれも9勝5敗。



今日も一方的な相撲で白鵬が勝ちました。
場所が始まる前はこんな展開で両者が戦うとは思っていませんでした。
琴奨菊は終盤まで好調が続きませんでした。

白鵬が明日勝てば文句なしの優勝です。
もし負ければ、豪栄道-稀勢の里戦の勝者と優勝決定戦となります。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000146-sph-spo
SnapCrab_NoName_2016-3-26_17-15-50_No-00


宇良、来場所の十両昇進が有力   

◆大相撲春場所14日目(26日・エディオンアリーナ大阪)

 大相撲春場所14日目は26日、エディオンアリーナ大坂で行われ、珍手・居反りでおなじみの西幕下2枚目・宇良(23)=木瀬=が学生時代からのライバル、西8枚目・大輝(23)=八角=をすくい投げで破り6勝1敗。十両下位陣が続々と敗れたことから、来場所(5月8日初日、両国国技館)の十両昇進が有力になった。

宇良の十両昇進が有力になったようです。
十両の舞台で力が通じるのか来場所は注目です。





Twitterのコーナー



もう完全復活とみて良いんでしょうかね。
来場所は幕内で大活躍を。






元付き人なのに・・
ネタなのか本気なのか





千秋楽までに優勝が決定せずにとりあえず一安心といった感じです。
明日の白鵬は予想通り日馬富士と取り組みですが、
日馬富士は膝の経過が悪いようですし、
ほぼ大勢は決まったような状況ですね。