前回の記事(現在の横綱昇進条件はダブルスタンダードなのか(1))の続きです。

http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170328-OHT1T50039.html
SnapCrab_NoName_2017-4-1_13-54-52_No-00


横審、春場所13勝・照ノ富士の夏場所綱取りに否定的   

 大相撲の横綱審議委員会(横審)の定例会合が27日、東京・両国国技館で行われ、大関・照ノ富士(25)=伊勢ケ浜=の夏場所での綱取りに関して否定的な見解で一致した。

 照ノ富士は春場所で13勝の優勝同点。2場所連続優勝かそれに準ずる成績という内規に照らし合わせれば来場所は綱取りとなるが、横審はカド番を4度繰り返したこの1年の成績を問題視した。北村正任委員長(75)は「内規は絶対的なものではない。準優勝、優勝で上げるなら横審はいらない。(成績が)安定しないと議論にならない」と長期的視点の必要性を説いた。


先週は、これまでの綱取り基準の変遷について書きました。

今週は、照ノ富士の来場所の綱取りが認められない理由と今後について取り上げていこうと思います。



今回の照ノ富士は優勝決定戦にまでもつれた準優勝でした。
成績としては13勝2敗。
優勝に準ずる成績という意味では申し分ないはずです。

では、なぜ綱取りに否定的なのか。
上の記事中にあるように、直近1年間の成績を問題視したとのこと。

照ノ富士の1年間の成績を見てみますと
2勝13敗
8勝7敗
4勝11敗
8勝7敗
4勝11敗
13勝2敗

・・・確かにひどい。
この状態で横綱に推挙するのは少しむずかしいというのも納得できます。

綱取りとならないのは心情的には納得できる。ですが、順番が違うのではないでしょうか。
「内規は絶対的なものではない」と言いますが、稀勢の里の昇進の成功受けて、内規の基準は満たしているが、1年間の成績を重視して昇進させないというのはまた違うと思うのです。
テスト範囲以外のところから問題が出ているようなものです。
「直近1年間の成績を考慮の上」と追記するとか、内規を文面を変えた上で論じるべきだと思っています。

今回、照ノ富士は準優勝ですから、そこまで言う必要はないのかもしれませんが、
仮に優勝していたらどうしていたのでしょうか。
内規では2連続優勝であれば、横審の審議の必要はなく自動的に昇進決定です。
成績が伴っているので、安定感はなくとも昇進ができることになりますので、今回の委員長の発言と矛盾してきます。(2場所続けて優勝しているなら安定しているのか・・?)





そもそも、横綱昇進についてどういう位置付けとするべきか。
色々な考え方があると思います。
「相撲界を引っ張るべき強い力士をしかるべき地位につけるため」
「大関で良い成績を残した力士へのご褒美」
どちらも正しいとは思うのですが、白鵬以降はどちらかと言うと後者の意味合いが強かったのかなと思っています。
そして、今回の横審の判断はどちらかと言うと前者の考え方。
私自身は後者の考えですので、今回照ノ富士、照ノ富士ファンの心境を考えた時に腑に落ちないのではないかと考えた次第です。

結果が出てから対応していては、綱取りを目指す力士はもちろんのこと、そのファンが不公平感を感じるのは簡単に想像ができます。
改めて、人の恣意があまり入らないような形で、現在の考え方にあった昇進条件を再設定してはどうでしょうか。




現在の大関の昇進条件が直近三場所。
横綱の昇進条件が直近二場所。
陥落がない横綱の昇進には、大関昇進よりも更に慎重になる必要があると思います。
その点で、今回の直近1年間の成績を重視するという考えは非常にしっくり来ます。
具体的に何勝以上であるとか、優勝何回という部分は詰めなければなりませんが、手っ取り早く強い力士を横綱に置くことができると思います。
(ただ大関を最低でも6場所経験しなければならないことになりますね。そのあたりどうするか。)




考え方は正しい。ですが、そこまでのプロセスはどうだったのか。
いちファンとしては誰にも納得できるような形で、次の横綱の昇進を祝いたいのです。
照ノ富士がこのまま良い成績を積み重ね、昇進の悲願が果たされることを願います。


来週は別の話題を書きます。