SnapCrab_NoName_2017-5-14_18-13-10_No-00


本日の取り組み


十両から
十両結果

新十両20歳の貴源治が白星スタートです。

幕内前半
幕内前半結果

新入幕の豊山(旧 小柳)も白星スタート。
先場所から大きく番付を上げた貴景勝も白星発進。
三役から陥落した正代も万全な相撲で1勝目。今場所は立ち合いの威力が戻るかどうか。

幕内後半
幕内後半結果

大関昇進を狙う高安は一方的な相撲で初日白星。良いスタートとなりました。
横綱鶴竜は引いたところを突かれて黒星のスタートとなりました。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000154-spnannex-spo
SnapCrab_NoName_2017-5-14_18-7-9_No-00


3連覇挑む稀勢の里 波乱の初日黒星 鶴竜も不覚 白鵬&日馬は万全   

 大相撲夏場所は14日、東京・両国国技館で初日を迎え、左上腕付近のケガを抱えながらの出場となった横綱・稀勢の里が小結・嘉風に敗れる波乱の幕開けとなった。

 37年の双葉山を最後に80年間成し遂げられていない初優勝からの3連覇の偉業に挑む稀勢の里は、左肩をテーピングで固め、結びの一番に登場。左が差せない中、嘉風の押しを止めきれず土俵を割った。


15勝4敗と相性の良かった嘉風に力なく敗れてしまいました。
やはり怪我の影響なのか、足の運びが重かったように感じました。
怪我の経過については分かりませんが、悪化が心配されるのならば休場も一つの手ではあるのかもしれません。
ただ、初日の相撲だけで判断するのはまだ時期尚早とも言えます。
明日以降も同じ敗戦を繰り返すならば、来場所以降の優勝のため、決断は早い方が良いでしょう。





Twitterのコーナー



今場所も大盛況となっています。
依然としてチケットはかなり取りにくい状況。




元学生横綱で幕下15枚目格付け出しの水戸龍。
初日は黒星でした。




ちょっと食べてみたい。




いよいよ五月場所が始まりました。
早速、今日は稀勢の里、照ノ富士が敗れるなど動きがありました。

そして、私が場所前に優勝予想した鶴竜の敗戦。

先日の記事で「引き技が多いので下位への取りこぼしが心配」という話を書きましたが、
残念ながら初日から予想が当たってしまいました。
鶴竜が敗れたことで、更に混沌としてくる優勝争い。
白鵬の相撲も万全とは言いにくい内容でしたし、今後の展開が全く読めません。

今場所も土日以外は不定期更新です。
よろしくお願いします。