TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★【狭小店への想い】…当ブログと筆者の立ち居地に関する考察

キッチンタイガー@白山〜キッチンティーガーではない5

メシコレ公認キュレーターぐるなびのキュレーションサイト「メシコレ」。
第5弾は前回に続き、本格ド豚骨の隠れた実力店を独自に選んでみた…
本場を超えた!?濃厚すぎるド豚骨ラーメンの隠れた名店5選
イマサラなんて言わせない、この辺が真の本格派地元人気店だと思うんだけどなぁ。
パトめし!02表紙■パトめし!vol.2 完成!【個別記事ページ】
受注生産分通販の受付は〆切ました(ご注文分発送完了してます。不着の方はご連絡下さい)。
同人系ショップ:COMIC ZIN【通販ページ】・とらのあな【通販ページ】、ミニコミ系ショップ:タコシェ【公式】・模索舎【通販ページ】にて取扱中です。
vol.2で載せきれなかった2章にコラムを収録した「vol.2-1/2かわら版」を受かれば冬コミで、vol.3を15年GW頃どこかのイベントで出す予定です。
で、今回はパトめし!とは関係なく、久々に町の洋食やネタをば。

すっごく洋食な気分の休日。
最寄り駅近くのステーキハウスにいくも、いつの間にかランチ営業をやめていた。
徒歩数分の隣駅へ足を伸ばすも、目当ての洋食屋に丁度奥様連が入ってく所で、ぐるっと周囲を一周して戻ってきたら昼営業終了。
昼営業を次々と終える時間になりつつあったので、フラついて撃沈しまくっては涙も出ないので、ここは作戦変更。腹ペコなまま出先まで向かうことに。途中電車内で遅くまでランチやってるか、もしくは通し営業の店はなかったか思いを巡らすこと暫し・・・あ、いつも通勤途中に見かけて気になっていた、東洋大学前の洋食屋は!?
検索してみると、15時まで開いてる!!
しかしこれで浮かれてはいけない。古くからの町の小規模店は昼営業が短縮されていても登録されていないケースがママあるのだ。他に候補を絞り、都営三田線白山の駅を出、白山のお山の上から東洋大学方面へと旧白山通りを下る。夜閉店間際まで賑わってて未だ入れていない家系の武蔵家の前を通り、大学の正門向かいまで来ると・・・
外観@キッチンタイガー
見慣れた黄色い看板が目に飛び込んできた。おおっ、開いてる!!

入口@キッチンタイガーキッチン タイガー【食べログ】
★★★★★ 5.0
所在地:東京都文京区本駒込1-10-5

坂の途中にあるので、傾斜角の分、階段を数段下る形になっている。ずっと半地下の店かと思ってたが、実際来てみて分かることもあるものだ。
入口脇には揚げ物とカレー中心のショーケース。カレーが売りのようだ。
入ると左右両サイドにテーブル席が5卓ほど、奥の厨房へと続く典型的な町の食堂レイアウト。遅い昼とはいえ、学生が皆無なのは寂しい。
店内@キッチンタイガー
卓上にもメニューはあるが、壁にも大きな手書きメニューが掲げられている。
メニュー@キッチンタイガー
(時間は通しになってるけど、実際は15〜17時中休み閉店19:30)
定食という言葉も響くものがあるが、ライスという言葉は自分、特に弱い。鯵フライ定食もいいが、アジフライライスと書かれると胸がちょっとキュンとしてしまう。お冷を持ってきてくれた店のお姉さんに注文。奥にマスターらしき年配の男性ともう一人フロアのオバチャンがいたか。パートかな?家族経営かな?
軽妙な脂の爆ぜる音とお昼のテレビドラマをBGMにスポーツ新聞を読むこと暫し。

かつライス¥700!
かつライス@キッチンタイガー
これよ、これ。かつライスという響きもいいが、その音色に叶う想定通りのビジュアル!
こういうところでは付け合せはお新香と味噌汁でいいの。
で、早速カツから頂きやす。
かつUP@キッチンタイガー
薄い、目の細かめの衣で、揚げもハードめでシッカリ濃いキツネ色。噛んだ時のカリッ、サクッとした歯ざわりがなんともタマラナイ。そして淡白ながらホワンと湯気の立ちそうな、そこそこシッカリ厚みもあり、しっとりと水分を湛えた赤身肉の甘みったらもう。衣の香ばしさと肉の弾力を残した食感とその後に口中に広がる甘みのコンビネーションは、とんかつではなくかつライスならではの至福。やや緩めのソースを掛けても美味しいが、個人的にはこれはなくて十分。カツライスだとあまりソースかけないかな、平均。
というのも、平皿のライスに薄めのハードめの衣がカリカリのまま当てて食べる感じが好きだからってこともある。白飯にソースも美味しいが、この手のカツライスはそのままで合わせて食べたい。ご飯自体はやや固めだったが、一般的にはちょっと柔らかめかも。柔いご飯好きなんで。でも甘みもあって十分十分。
シャキシャキとしてパサついてないキャベツの千切りに、自家製だろうマカロニサラダも安心の味わい。これらにだけ少しソースを掛けて食べる。合うね。もちろんパセリも食べます。

味噌汁お新香も完食して、満腹満足。
ボリューム満点とまではいかなくとも、この値段では考えられない量と質。その辺は学生向けの店だと思ったが、昼ピークとか夕方過ぎとかは学生来てんのかね。この近くでは以前、ふくや【過去記事】を紹介させてもらったが、あそこも中盛以上はデカ盛りにもかかわらず、学生で賑わってる空気感が店全体に充満してなかった。こんな貴重な店、大人になって良さに気づいてからじゃ遅いんだよ。今ある内にガッツリ食べさせてもらった方が店の人も喜ぶから、もし周辺の高校も含め、学生があまり行ってないようなら、若い内にこういうところでの食事の経験を積んでほしいな。じゃないと個人店で、通路に投げ出すように足組んで座ったり、100円単位の会計で当然とばかりに万券出すようなクソ大人になっちゃうぞ。
というわけで、怪我の功名か、素晴らしい一皿に出会えてホクホクでこの後の1日を過ごすことが出来た。1日のうちのたった1度の昼飯とはいえ、重要だよね。もう大大満足!うめぇ〜!!ッス。ごちそうさまでした。

←クリック戴けると狂喜します


御天@下井草〜スープ苦い問題解決!?5

メシコレ公認キュレーターぐるなびのキュレーションサイト「メシコレ」。
第5弾は前回に続き、本格ド豚骨の隠れた実力店を独自に選んでみた…
本場を超えた!?濃厚すぎるド豚骨ラーメンの隠れた名店5選
イマサラなんて言わせない、この辺が真の本格派地元人気店だと思うんだけどなぁ。
パトめし!02表紙■パトめし!vol.2 完成!【詳細ページ】
受注生産分通販の受付は〆切ました(ご注文分発送完了してます。不着の方はご連絡下さい)。
今週末土曜からCOMIC ZIN【通販ページ】・とらのあな【通販ページ】での委託開始します(とらは少し遅れる可能性有)。タコシェ【公式】・模索舎【通販ページ】は取扱中です。
vol.2で載せきれなかった2章にコラムを収録した「vol.2-1/2かわら版」を受かれば冬コミで、vol.3を15年GW頃どこかのイベントで出す予定です。
さて、そのパトめし納品時、秋の天候が良い日だったのでサイクリングがてら、中央線沿線から環八にかけてぐるっと回ってきたのだが、ずっと気になっていたことがあったのを思い出し、10ン年ぶりに下井草に寄ることに。

駅から北へ向かい新青梅街道へ。夜になるとかなり暗くなる住宅街を抜ける感じも変わらず、昔を思い出すが、店の前まで来ると、嘗ての緑色を基調としたケバい看板はオレンジ色に変わり更にケバく、それでいてドコかスタイリッシュに変わっていた。
外観@御天

入口@御天御天 井草本店【食べログ】
★★★★★ 5.0
所在地:東京都杉並区井草1-29-3

隣でBARまで経営しているようだ。
にしても夜営業は17時からと、どのネット上の情報にもそうあったが、外灯がついていない。あらら、臨休に当たったかと思いきや、どうも最近18時OPENに変更したようだ。
時計を見やると17:57。暫くして店員が店内に案内してくれた。
内装もオレンジを基調に明るくなり、カウンターメインなのは変わらないが、以前よりカウンターの席数減らしてテーブル増えたかな? 気のせいかも。
店内@御天
カウンターの中ほどの席に着くが、ここまで歩いて来る間に、あの臭いがプ〜ンと鼻をついた。そう、豚骨100%、何日も炊き出す店特有のアノ豚臭さ。中毒者にはタマラナイ、芳醇な香り。以前は店外まで臭いを漂わせる店も多かったが、苦情が多いのだろう、最近では店内でも臭わない店が殆どとなった。しかし入店した先からこれだけ臭ってくれるともう嬉しくて思わずニンマリと頬が緩んでしまう。
カウンター上部にはパウチされたメニューがあり、アルコール類もそのツマミも豊富に揃う。いつか人と来てユックリ飲んで色々食べたいと思っているのだが(代々木の店も同様なので今度この臭いがOKな人と行こうかな)、今日はこの後風呂に入るので自重。後客は常連と見えて、入口脇のテーブル席で連れと待ち合わせた後、早速アルコールを煽っていた。

で、自分のラーメン粉落とし¥750がやってきた!
ラーメン粉@御天
だいぶ来ないうちに値上がりした感があるが、仕入れ値の高騰に消費税UPとあれば致し方無いか。そう考えると、いっき【過去記事】の650円ってスゴイな。
でラーメンだが、おっと油抜きで頼むのを忘れてしまった。いっきの比較のためと思ったが、昔はデフォで食べていたので、昔の比較ということで、ま、いっか。
ラーメンUP@御天
見た目は白くはないが、やや赤灰色がかった茶色で、昔の灰汁(はいじる。≠アク)よりちょっと透明度があってスープが浅そう。しかし飲んでみると、おおっ、正しく豚骨100%味。いっきが未だ透明度の低い灰汁を提供しているので見劣りするように思いきや、御天の豚骨ならではの甘みを思い出した! これこれ、この甘さはいっきとは違うんだよなー。この手の長浜豚骨好きで食べつけてる人には伝わると思うんだけど、独特のほのかな甘さがある。この御天、環七ラーメンブームの代名詞的かつ長浜豚骨の東京の先駆的存在なんでんかんでん【過去記事】出身という噂があって、なんでん出身と噂された店はこの甘さが共通していた気がする。あと海苔のでんぷんプリントね。これはもう辞めたみたいだけど。
で、何を確かめたかったのかというと、もう何年も前になるが、代々木の店を食べた人がスープが苦いというのだ。たまたま炊き出す際に焦がしたのかと思ったが、先日こちら井草本店の某クチコミサイトページにも苦いというコメントがあったのだ。他のクチコミも昔より勢いなくなった的なものが支配的で、ともあれ苦さだけでも確認したかった。
結論から言うと、わからない。
スープの濃さはこの手の豚骨100%はブレるし、夜の部の口開けだからまだ浅いだけだと思うから、極端に薄くなったとは思わない。この眼の前にある一杯は十分濃い。沢山の青ネギにバキバキの極細麺を絡めながらこの甘みあるスープを飲んでいると、完全に10ン年前にタイムスリップ。う〜ん、基本なにも変わってないかと。
モチロン替え玉¥130も粉落としで。
替え玉粉@御天
ここは丼に直に麺を入れるやり方で、昔から変わってない。豚骨スープに浮かぶ脳みそみたいな替え玉を、余り汁に混ぜずにモキモキと食べる感じも、やっぱり変わらない。

苦さというのは、人によって感じる味覚の部分かもしれない。ただ、昔よく食べていた人間として、そして今でもこの手のラーメンをチョイチョイ食べてる人間としては、その要因が全く分からなかった。
それよりなにより、未だ基本を変えずに豚臭さを放ち豚骨100%を貫いてることに感服した。コチラ出身の長浜食堂という店があったが、オープン当初は絶対濃度は落とさない!と宣言していたが、中野に移ってから明らかに薄く味を変えてしまった。これは店が生き抜いていくために選んだことだし、店の人も苦渋の決断だったろうから攻める気は毛頭ないが、そういう店が多い一方で、十年以上豚臭豚骨を続けるコチラに敬意を評したい。
いや〜、クチコミに左右されず、たまには来てみるものだ。これは代々木の店にも行ってみるしかあるまい。というわけで、超うめぇ〜!! ごちそうさまでした!!!

御天 井草本店 ( 下井草 / ラーメン全般 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

←クリック戴けると狂喜します


幸楽@東武練馬〜岡倉ではない5

メシコレ公認キュレーターぐるなびのキュレーションサイト「メシコレ」。第4弾は、当ブログでも以前告知した本格ド豚骨の実力店いっきの移転話。
足立の超濃厚豚骨ラーメン店「いっき」が移転してパワーアップ
ニュース性のある話題も盛り込まなきゃなぁ…という結果がコレってのもイイでしょ、たぶん他の誰もやらないと思って(^^) なんでラヲタはいっきを無視するのか!? あ、タイトルにパワーアップってあるけど、前と同様ド豚骨は健在って程度の意味。大人の事情ってことで、その辺お察しくヨロシク。
■パトめし!vol.2 完成! 一部委託先への納品手配中
ご注文頂いた方へは順次発送しています。委託先はタコシェ【公式】・模索舎【通販ページ】に納品済みです。COMIC ZIN【公式】・とらのあな【予約受付中】へは25日頃発売開始予定です。その他、冬コミ受かれば再販します。
おハガキ頂くS様:もう届かれていると思いますが、まだ不着の場合はご連絡下さい。
…今回vol.2ではvol.1よりさらにクドさがパワーアップし、脱線に次ぐ脱線(学生運動とその周辺文化&ハードボイルの註釈で何ページ食ってんだという)で、載せきれなかった2章(そんなにあったんかぃ^^;)と、さらにアレでも書ききれなかった学生運動関連のコラムをプラスした「vol.2-1/2かわら版」を冬コミ合わせで発行予定です。
というわけで久々で申し訳ないブログ新記事は、vol.2-1/2で取り上げる上海亭的ガッツリ町中華にちなんで、最近HITだった中華屋をご紹介。

北町商店街看板@幸楽これまで激安町中華激戦区として東武練馬界隈を何度か取り上げたが【飛鳥珍々亭佼楽たけいし】、今回は線路を渡ると板橋区から練馬区になる駅南側、イカす個人店が軒を連ねまくる北町商店街(旧川越街道)にコチラはずっと佇まいに惹かれていた。
というのも、店自体は別段フツーの町中華なのだが、なんとアーケードのあるマーケットの1画で未だ営業しているのだ。
マーケットといってもスーパーじゃなくて、魚屋や八百屋や乾物屋など、専門の個店の集合体で、スーパーが今ほどなかった昔はこういうところに来ると大抵のものは揃うって寸法だった。
北町アーケード@幸楽
この商店街のある通り沿いには幾つかマーケットがあったようで、今は駐輪場になってたり、1〜2軒だけ営業していたりするのだが、建物の作りに面影を残している。
アーケード内@幸楽
このマーケットは嘗てはあったのかもしれないが、食材や日用品など普段使いする店ではなく、こうした中華屋やスナックなんかが多いからから、未だ多くの店が営業を続けている。

外観@幸楽幸楽【食べログ】
★★★★☆ 4.5
所在地:練馬区北町2-17-15
参照ブログ:シャバゾウblog

屋根があるので夜営業に見えるが、伺ったのは昼過ぎ。中休みなしか、昼営業が遅いのか知らないが、14時台でも開いているのは確認済みだったので、遅い昼に駆け込んでみた。
店の様子@幸楽
中はL字カウンターにテーブル席が4〜5卓だったかな。大きな鏡が据え付けられた壁には手書きのメニューがズラリと並ぶという町中華の典型的な作り。
メニュー1@幸楽
セットメニュー@幸楽厨房にはご夫婦らしきお二人。客も近所のリタイア組だろうか、フラフラつっかけでやってくる、非常にマッタリとした空間。改装はしていようがそんなに新しくはないはずだが、厨房周りはビカビカに磨き上げられ、私物類など余計なものは置いておらず、実にお店を大切に使われているのが窺い知れる。これは期待できるぞ!
とはいえスポーツ新聞や週刊誌はしっかり完備されているので、そんなんを眺めながら、警戒かつ力強く炒(チャー)される音をバックに待つこと暫し。

チャーハン大盛り¥800!
チャーハン大盛@幸楽
おおっ、デカ!!って写真では伝わらないかな。
一般的にチャーハンは小ぶりな店が多く(お茶碗1杯ひっくり返すから)、この界隈の中華屋が平均盛りがいいとはいえ、大盛りでここまで多いとは。
まぁ食べられない量では全然ないのだけど、懸念はこれだけでなかった。

同行者のタンメン¥600!
タンメン@幸楽
こ、これ普通盛り!?大盛りと間違ってない(会計は合ってたので多分間違ってない)?
写真では分かりづらいかもしれないが、洗面器の一回り小さいくらいのデカ丼に野菜がテンコ盛り(レンゲや上部に見切れてる指の大きさから推察願う)。チャーハンと両方で3人でちょうど良さそうな量。

とにかく食うべと、まずはチャーハン。
チャーハンUP@幸楽
器の窪みはやや深めで、奥までギッシリ入っている。案の定、しっとりホクホクで、町中華然とした出来栄え。やや炒めが優し目か、焦げ目はあまり見受けられないが、全体に水気を正常に湛えた米は、ホワンとした食感で口中に甘みが広がる。具の炒められたネギのヤヤニガの香ばしさがアクセントになって、ガンガン食わせてくれる。他の具のチャーシューや玉子もいいが、特にナルトが入れてくれているので嬉しくなる。多分昔の昭和感覚で、安価に量を増すために開発された庶民的発想だと思うのだが、少し焦げたナルトは実に味わい深い。ラーメンだとナルトって別になくてもいいと思っちゃうけど、必須とは言わなくともチャーハンはナルトがあると嬉しくなってしまう。

タンメンは野菜がよくしなって、野菜の甘みがよく感じられる。透明な所謂タンメンスープはその野菜の旨みがよく染みこんでいる。そこに合わせる麺は白い太めのもので、このスープをよく吸う。ザ・タンメンといった定番の味が一杯に凝縮されているかのよう。
この界隈の中では今のところ、一番具が多いタンメンな気がした。これだけ野菜摂取できるのも嬉しいし、やっぱりスープの旨みが異なる。近隣の激安中華に比べれば幾分高いが(それでも標準というか寧ろ安い部類だと思う)、それだけボリュームがあってしっかりしたもの出してくれる。

気がつけば完食。自分でもビックリしたが、味的に油が多いとか食べててダメージ受ける要素がないと、素直にこれくらいは食べられるのかなぁと。
店のお二方に気持ちよく見送られ、アーケードを出る。日を浴びて清々しい気持ちになったのは、お二方の優しさが味に出ているからかもしれない。これぞ町中華の醍醐味!
実はこのマーケットにもう1軒、この中華屋の裏手辺りにも別の中華屋がある。夜のみ営業のようなので、今度仕事帰りにでも寄ってみたい。またこのスグ近くにも町中華があり、隣駅まで含めれば、この旧川越街道周辺にこういう店がまだまだある。全く食べ切れてないが、当分、休みの日に飯を食う場所に困らなそうだ。やっぱイイっすわ〜、うめぇ!! ごっそうさんでした。

←クリック戴けると狂喜します



■当ブログ全体の反応■
デウスエクスマキな検索

当ブログ検索 www検索
Google
つきごとあ〜かいぶ
B食リンク更新新着20
こめんと
サークル活動:ガキ帝国
★新刊等最新情報★

●夏コミ有難うございました
夏コミ新刊は10年越しの集大成、駄菓子屋コナモノ大全『大ぼったら』!

●『パトめし!vol.1&2』情報
vol.2完成!一部委託先取扱中

vol.2は現在、一部委託先へ納品ほぼ完了しました。冬コミに受かれば再販します。
委託先はコチラ→【詳細】


ニュース
委託先在庫状況
ネット通販・買物カート

クレジット決済OK!

└ バックナンバー
  ・デウスエクスマキな食堂
  ・電子書籍版
  ・別冊・限定本

最新刊 『ふろ式・酒場の叙景』

…風呂入って一杯ヤれる攻略本!


秋新刊 『路地裏ら〜めん漫湯記』

…東京裏町ラーメン銭湯攻略本!


夏新刊 『背脂番付』

…ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!

Amazonでも取扱中!
(+105円だけど送料無料)

購入特典ダウンロード
『十条クエスト』
『戦跡商店喰い』
『立喰いの挽歌』
『向島迷宮地帯』
『廃景・西武安比奈線』
※『軍跡拉麺−帝都軒−』王子篇復刻PDF版&『団地団地レボリューション』特典…スイマセン!出来てません!!完成次第改めて告知
町歩きブログもやってます

★昭和迷宮物件 新連載

レトロ建築案内連載

自営珈琲店:結構人milkhall

カツサンドランチ始動
当ブログの経験からスピンオフしたB級感溢れるヤッツケなフライ+コッペパンサンド!


カツサンドの有無、ケーキの売切状況、臨時休業etc...最新情報はメルマガorTwitterでチェック!
Twitter:kekkojin_mh
00559865s@merumo.ne.jp
空メールを送信。携帯OK!

ぷろふぃ〜る
MAP
ブログにUPした店のMAP


■既食MAP東京23区篇■
とりあえず東京23区のみのまだ不完全なベータ版です。
04年春頃までの前身HPの一部とここ数年の当ブログデータ分しか反映されてません。
Syの既食他、温泉や路上観察スポット含め入力しています。
▼livedoorグルメと同時進行中

▼食べログも同時進行中
食べログ グルメブログランキング

ラーブロバナー

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ




お問い合せはコチラ

購読する(Atom) ブログを購読(Atom)
購読する(RSS 2.0) ブログを購読(RSS2.0)




  • ライブドアブログ