TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★【狭小店への想い】…当ブログと筆者の立ち居地に関する考察

【緊急UP!!】いっき@足立鹿浜〜いつの間にか移転していたYO5

夏コミ新刊『大ぼったら』他、07年限定復刊セット等の通販が開始してます!
一つ↓の記事 or【夏コミ新刊 通販受付の詳細記事はコチラをクリック!!】


07年末限定本のB食大賞で、超本格博多長浜の真に濃厚な豚骨ラーメン店もりやが大賞に輝いてて、足立の鹿浜の方にもりやが出来てもう7年にもなるのか!?と単純に驚いた。
当の守谷氏は今や八柱に移り、残った店はいっきと名乗り、その味を継承しているわけだが、なんと先月、近場に移転したという情報を頂いて今月頭に急行したので、緊急UPしておきたい。

以前は、はるかぜという足立のコミュニティバスのルート上にあったが、今の場所はそこから少し北に行ったところにあるスーパー西友のある道を300mほど南下したところ。くるまやラーメンとコモディイイダの中間くらい…なんて地元民しかわからない目印を聞いていたが、キョロキョロしながら進むと、闇夜にポツンと明かりの灯るところに、ラーメンの幟旗を発見した。
外観@いっき
あ、ラーメンショップもっちゃんの並びだ!

入口@いっきいっき【食べログ】
★★★★★★★★★★ 最強!!
東京都足立区鹿浜8-4-5 ※おおっ、食べログ住所訂正してある!
過去記事:【09.11月いっき】【09.9月いっきになる直前のもりや】【07.5月守谷氏がいた頃のもりや】【10.3月今の守谷氏の八柱の店】【11.3月いっき】【11.8月いっき】

店内はレイアウトが変わっていて、多くがテーブル席で構成されており、入口対面奥にある厨房のところにカウンターが数席設えてある。入ってスグ厨房と向き合う感じで、以前より広く明るく見通しよく思える。厨房自体は広くなってるのかな。以前より交通量の多い道路沿いになったので、テーブル席が大きくとってあるのは場所柄も含め正解だと思う。
とはいえ一人客は無条件にカウンターに促されるのだが、これまで店員は2人体制だったのが、一人増えてる。ただでさえ無口で無骨な感じの店員なのに、それが一人増えて威圧感も1.5倍になっとる。まぁ別に接客が雑だったり嫌なこと言われたりされたりするわけじゃないので全然問題ないのだが、今日びこういうラーメン屋も少なくなったので、慣れてない若人なんかビビっちゃうかもね。

さてさて、いつものラーメン粉落とし油抜き¥650です!
ラーメン@いっき
おおっ、これまで以上に茶濁が深化してるじゃないッスか!!
たまたまかもしれないが、厨房変わって味がどうなるか心配している身には、これは嬉しい。
ラーメンUP@いっき
にしても50円値上げにも関わらずスープが少なくなった気がするが、実はこれ、相当な努力の結晶と見た。というのも、このところ豚流行性下痢(PED)【参照】の影響で豚国の仕入れが高騰しているのだ。このまま進めば潰れるラーメン屋が続々出てきそうな状況で、殊更、大量の豚骨のみで長時間炊き出すこの手のスープなんていったらモロ直撃どころの話ではないだろう。それがこの程度の値上げでこのスープ量でクオリティを維持しているのだから、相当な葛藤の上でのこの状態なのだろう。いやスゴイよ。
麺も相変わらずのクオリティ。たまらず替え玉を粉落としで。
替え玉@いっき
いつものように麺だけ食って、残りをドボン。
替え玉ドボン@いっき
さすがに替え玉2玉以上するとスープ量がキツイかと思うが、変わらないモキモキの麺と濃厚スープを最後の一滴まで堪能できた。

店入って右側、客席中央に設けられたレジで会計すると、やはりこれまでの替え玉券も使え、同様にまた新たに替え玉券をもらえるのだった。
本当にこれだけ食べてこのスープで650円で済むというのは申し訳なくなる程なのだが、場所が変わってもこれまで同様のクオリティを維持してくれていることに兎に角感謝したい。
そういえば元を辿ると同じ店である、足立イチの人気店といっていい田中商店だが、どうも田中の方がスープ濃いという意見がかなりを〆ていて、イマヒトツしっくりきていない。田中が環七沿いにオープンした当初の話しならいざしらず、現状、いっきのこのスープ飲んで、コレ以上の豚骨スープが飲めるというのはニワカに信じがたい。どの部分をとって濃いと言っているのか、味は人の主観の部分だから何ともいえないが、今の場所に移転してから食べてないから、秋口にでも久々に行ってみようかなぁと。
ともあれ、いっきは健在です。前よりフラッと入ってくるお客さんが多くなったようにみえたし、近くに御用の際は立ち寄って頂けたらなと。というわけで、最強最強。激烈ウマシ!! ごちそうさまでした〜

若松屋 ( 川越市 / 焼きとん )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

←クリック戴けると狂喜します
ブログネタ
博多ラーメン、長浜ラーメン に参加中!


夏コミ新刊 通販受付開始!

■夏コミありがとうございました!!
※新刊の通販開始します!!
●『大ぼったら』各委託先へは8月末〜9月上旬納品予定です。復刊セットやパトめしは納品先が限られますし、委託先では消費税がかかりますので、非課税で送料込みの通販がお得です。
●パトめし!vol.2は制作中でして、9月上旬完成、中旬頃の発送となります。また、vol.1とvol.2の同時注文の場合は、vol.2完成後の同時発送となりますこと、ご容赦下さい(パトめし以外の本は先に発送します)。
ご希望の方は、↓の通販カート をクリック!
■14年夏コミ新刊一覧通販ページ(ALLメール便送料込)
もしくは、タイトルを夏コミ新刊通販として、下記★夏コミ初売り本からご希望の誌名を明記の上、当ブログのメールフォーム(使えない方は
weblogsy★gmail.com ※★を必ず半角英数の@に変えてください)
ツイッターのダイレクトメッセージorリプライフェイスブックpageへコメント

から、宜しくお願い致します。
※通販フォームからは携帯キャリアのメアドは使用しないでください! 注文確認メールが届かないケースが頻発しています。注文したのに何らの返信もない方、そのままにせず当ブログのメールフォームや当記事へコメント、ツイッター・フェイスブック等なんでも構いませんので、何らかのアクションを起こして下さい。こちらから何も打つ手が無いので協力お願いします。
※既刊で在庫あるものも同時発送できます。詳細はこの記事の最後に一覧があります。通販ページは→ 通販在庫一覧

★夏コミ初売り本
販促画像@コミケweb●14年夏号『大ぼったら』
 オールカラー58P イベント特価¥800  【pixiv】

…嘗て昭和の駄菓子屋の片隅で焼かれていたもんじゃ焼き。私の地元川口では“ぼったら”と呼ばれていた。現存するぼったら的なる駄菓子もんじゃを求め、川口・千住・西新井・浦安・伊勢崎と大追跡。 さらにフライ・焼きそばを巡る、 ジャンクでオカシなコナモノ駄菓子大百科!
パトめし!01表紙web●『パトめし!vol.1』
14年春特別号  40P ¥500

…実写版の公開がスタートした機動警察パトレイバー。25年前に公開されたアニメ劇場版1作目のロケ地を巡りながら街角の立ち食いそば屋や食堂を食べ歩く。
vol.1では劇中で暴走した土木作業用ロボが破壊した東京の家々は四半世紀の時を経てどう変わっているのかそのルートを追う。
●『パトめし!vol.2』 ※制作中
14年夏特別号  40P予定 ¥500

…劇場版1の、遊馬とシゲさんが共鳴現象に気づいたアノ下宿屋は実在していた。ロケに用いられた関東大震災復興期に建てられた庶民建築「看板建築」から、渋谷川、旧万世橋交番等、帆場の足跡を追うように巡りながら、置き去りにされた風景の中の上海亭的中華屋や立ちそば屋を手繰り歩く。 巻末では、東京の破壊と復興に潜む、フィクションの中で描かれてきた「都市の悪魔性」についての論考を展開。
de0702ce表紙de0701ce_cover●07年夏+冬限定本復刊
各24P 2冊セット¥500
…07年の夏&冬コミで発行した限定本をリクエストに応えて限定復刊! 本誌では書けない裏話や、今は亡き千住の伝説洋食なにわや渋谷のチャーリーハウス等のレポート、当時食べ歩きで思ったことをまとめたコラムも掲載。

★既刊在庫ありリスト※クリックで詳細ページが開きます
●13冬 ふろ式・酒場の叙景 ●13秋 路地裏ら〜めん漫湯記 ●13夏 背脂番付

というわけで、夏コミ終わりのお疲れちゃんがてらに行った、13夏限定本『これぞ川越』の中の一軒を↓にUP!【表示されてない場合はココをクリック!】


若松屋@川越市〜かしらのエンドレスワルツ5

夏コミが無事終わり、お越しくださった方、誠にありがとうございました。
新刊と限定本の通販は、↑ の記事【表示されてない場合はココをクリック!!】でお知らせしています。

これで自分の中で今年の上半期がこれで終わり、自分へのお疲れちゃんというわけで、13年夏特別号として発行した『これぞ川越』【詳細】で取り上げた川越の焼とんに行ってきた。前回の初訪問に今回の分を足してUPしやす。

川越とくれば東松山も近いわけで、東松山式の味噌ダレ焼きとんの店は多い。そんな中、東武の川越市駅近くにずっと気になっていた一軒がある。
外観@若松屋
夕方早い営業ながら外待ちの出る程で、ダクトからは煙がモウモウと昇っている。これはスルーしろと言われてもできない注文だ。

入口@若松屋若松屋【公式サイト】
★★★★★ 5.0
埼玉県川越市中原町2-12-3

中に入るともう既に出来上がった空間。これぞディープ、ザ地元空間。コの字型の巨大なカウンターに大の大人がざっと30人くらい片寄せあいギチギチに着席している。幸い奥の席が空いていたので待たずに滑り込むことが出来た。
席についくとこざっぱりした板場の店員が飲み物の注文を取りにくる。他の従業員を見ても家族経営のようなようすもありながら、プラス雇っているのはバイトというより料理人といった風情で、地元人気店もここまで人気が集中すると、ナアナアではなくキビキビと小気味いい接客になるケースだ。
店内@若松屋
入口中央のカウンター前に横に長い大きな焼き台があり、常に焼とんが焼かれ続けている。外から見たように煙突から相当排煙されているものの、全く処理しきれていないようで、店内のモウモウと立ち込める煙が凄まじい。一発で服が臭くなるので、行かれる際はラフな恰好を心がけたい。まぁ近所の人が下駄履きで来ることしか想定してない店だから、余所者は覚悟するしかない。
これだけの席数あれば(奥にはテーブル席もある!)、常に焼いてても追いつきそうだが、ここには東松山式の独自ルールが存在する。なんと注文しなくても勝手に焼きとんが皿に置かれていくのだ。モノは東松山焼きとんの代名詞というべきかしらで、こちらは標準の焼きとんはオール130円。全てネギ間になっている。
注文は、かしら以外を食べたい時にするって寸法。そして、もうかしらイラネって時はどうするのか不思議に思われるかもしれないが、ご安心を。空いた串でバッテンを作って皿に置いておけば、もういらないのサイン。勝手に置かれないのだ。

ともあれ、まずはチューハイ¥330とハイボール¥390で乾杯。
チューハイ&ハイボール@若松屋
ハイボールは樽みたいな形のオフィシャルグラスで登場。どちらもスッキリした定番の味わい。
で、焼きとんはこんな感じで最初にお通し状態でカシラが一本置かれる。
最初のカシラ@若松屋
自動で置かれたかしらはデフォで塩なのか殆ど付け足した味がしない。卓上のツボにある、これまた東松山名物の味噌ダレ。
味噌ダレ@若松屋
赤くてややショッパめで、ここんちのはユルめ。あまり味噌は好きではないが(味噌ラーメンほぼ食わない位なので)、東松山焼きとんの味噌ダレはあくまで肉の引き立て役として機能していて大好物なのだ。基本コッテリめが好きだが、このかしらにはユルクて正解。店のイメージや値段の割に小ぶりながら、もうホワンと口中でとろける程柔らかく、甘みが溢れるから、味噌ダレが重いと負けてしまうだろう。にしてもこの肉、相当質がいいんじゃないだろうか。食べれば寧ろ安く思えてくる。

巨峰サワー@若松屋幾つか自動でやってきたかしらをつまみ、二杯目のぶどうサワー¥330に突入したところで他の部位も頼んでみることに。
ぶどうサワーだが、見た目に駄菓子的な、焼酎をワインのように変えてしまう謎の液体ワイナーのようなものを想像してしまうが、結構しっかり果実の旨味が感じられ、それでいて炭酸でジュースっぽく飲みやすくなってる。つい飲み過ぎてしまいそうな味だ。

さて焼き上がりました、ひれナンコツ焼¥160。
通常のなんこつもあるが、ひれだけ30円高い。でもこれがビックリするほど柔らかい。
ひれなんこつ@若松屋
コリコリとした食感が代名詞のようなものだが、ソフト過ぎて噛むのを忘れる程。それでいて肉の甘みが存分に味わえる。こりゃ参った。

ネギ間とはいえ箸休め的に野菜焼き150円を。
野菜@若松屋
ねぎ・し しとうに加え、先端にはなんとここでも天敵しいたけが。しかもデカイ! なんでや。川越市民はそんなにシイタケ好きなのか。幸い同行者がいたので食べてもらえて無事回避。ネギもシシトウも焼けるとなんでこんなに旨いのだろう。

たんやはつも頂いた。
たん@若松屋
どちらもやや大きめでプリプリとした食感。
はつ@若松屋
中はホクホクに焼けている。

コーラサワー@若松屋メニューにはないがシシトウオンリーとか出来るようで、壁のメニューにはコーラサワーなんてのもあって、これもなかなかよかった。
グラスビール@若松屋ビールもグラス生の小なんてのも注文できる。ビールは苦手だけど最初の数口だけウマイと思える自分には丁度いい。

気づくと10本以上食べてたか。最後にオートのかしらで〆て、バッテン。
味も勿論、この食べやすいサイズとネギ間の箸休め感、そして自動設置により、知らず知らずの内に予定以上に食べてしまう。恐ろしくもあり、でも後悔は残らない魔のシステム。店内は改装したのか、小奇麗ながら、見た目では判別できない真のディープ空間にスッカリ虜となってしまったのであった。
赤羽や大宮他、かしら屋という名で支店も展開しているが、やはり本店のこの空間は本店のみでしか味わえない。川越に来るたびに寄ってしまいそうだ。飲み屋はこうでないと!
というわけで、いやはや参りやした。ウマすぎっす。ごちそうさま〜

若松屋 ( 川越市 / 焼きとん )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

←クリック戴けると狂喜します



■当ブログ全体の反応■
デウスエクスマキな検索

当ブログ検索 www検索
Google
つきごとあ〜かいぶ
B食リンク更新新着20
こめんと
サークル活動:ガキ帝国
★新刊等最新情報★

●夏コミ有難うございました
夏コミ新刊は10年越しの集大成、駄菓子屋コナモノ大全『大ぼったら』!
新刊の通販受付中です
他限定本復刊等期間限定で再販中
【通販詳細はコチラ】

●コミティア多謝!
『パトめし!vol.1』再販受付中&一部委託先取扱中

コミティア新刊の限定特別号はパトレイバー食べ歩き。受注生産終了しました。ありがとうございました。委託先はコチラ→【詳細】


ニュース
委託先在庫状況
ネット通販・買物カート

クレジット決済OK!

└ バックナンバー
  ・デウスエクスマキな食堂
  ・電子書籍版
  ・別冊・限定本

最新刊 『ふろ式・酒場の叙景』

…風呂入って一杯ヤれる攻略本!


秋新刊 『路地裏ら〜めん漫湯記』

…東京裏町ラーメン銭湯攻略本!


夏新刊 『背脂番付』

…ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!

Amazonでも取扱中!
(+105円だけど送料無料)

購入特典ダウンロード
『十条クエスト』
『戦跡商店喰い』
『立喰いの挽歌』
『向島迷宮地帯』
『廃景・西武安比奈線』
※『軍跡拉麺−帝都軒−』王子篇復刻PDF版&『団地団地レボリューション』特典…スイマセン!出来てません!!完成次第改めて告知
町歩きブログもやってます

★昭和迷宮物件 新連載

レトロ建築案内連載

自営珈琲店:結構人milkhall

カツサンドランチ始動
当ブログの経験からスピンオフしたB級感溢れるヤッツケなフライ+コッペパンサンド!


カツサンドの有無、ケーキの売切状況、臨時休業etc...最新情報はメルマガorTwitterでチェック!
Twitter:kekkojin_mh
00559865s@merumo.ne.jp
空メールを送信。携帯OK!

ぷろふぃ〜る
MAP
ブログにUPした店のMAP


■既食MAP東京23区篇■
とりあえず東京23区のみのまだ不完全なベータ版です。
04年春頃までの前身HPの一部とここ数年の当ブログデータ分しか反映されてません。
Syの既食他、温泉や路上観察スポット含め入力しています。
▼livedoorグルメと同時進行中

▼食べログも同時進行中
食べログ グルメブログランキング

ラーブロバナー

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ




結構人的録面倒




お問い合せはコチラ

購読する(Atom) ブログを購読(Atom)
購読する(RSS 2.0) ブログを購読(RSS2.0)




  • ライブドアブログ