TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★【狭小店への想い】…当ブログと筆者の立ち居地に関する考察

ニューラーメンショップオオタカ@蕨〜オオタカだけにシズル感たるや!5

さて、5/5のコミティア108【弊サークル参加詳細】新刊、全然進んでないぞ!というわけで、今回のブログ未UP蔵出しは、埼玉はB食帝国蕨のラーショ!

蕨のB食帝国っぷりはこれまで何度か取り上げてきたが、とりわけ西口ロータリーから真っ直ぐ続く一連の商店街の充実っぷりは眼を見張るものがある(【鳥勇】【池田家】【北海】等)。
その商店街を抜けると、国道17号の手前で旧街道と思しき細い路地にぶつかる。ここにラーメンショップがあり、ずっと気になっていたのだ。
ラーショはこれまで何度も取り上げてきたので、詳しくは過去記事を参照頂くとして(【新ラーメンショップ】【椿】【ニューラーメンショップ西川口】等)。
営業時間@ニューラーメンショップオオタカ
コチラ営業時間が実に変則的で、夜はいつも朝方まで営業しているものの、昼営業が火木土と、自分の休みの日はやっておらず、ずっと食べられなかったのだ(ちなみに現在は日曜のみ昼からぶっ通し営業で、平日の昼営業はなくなった様子)。
というわけで、11年の3月になんとか夜の部目当てで行ってみた。
表通り@ニューラーメンショップオオタカ

外観@ニューラーメンショップオオタカニューラーメンショップオオタカ【食べログ】
★★★★★ 5.0
所在地:埼玉県蕨市北町2-8-5【スポットノート】
参照:喜劇ラーメン食べ歩き

道路沿いで派手な電飾看板が招いているが、節電対策で嘗てのビカビカした派手さは影を潜め、オレンジ色に白抜きの屋号がぼんやりと浮かび上がる。それでも、ガラス戸に貼られた「うまさへの挑戦」の文字なんかが、場末ラーメン好きには何ともテンションが上がる佇まい。
店内に入ると、正しく郊外の古くからのヤッつけラーメン屋に入っちゃったような、雑把な空気感がモワッっと押し寄せてくるのだが、それ以上に煮込んだ豚骨臭が結構キョーレツに鼻腔をくすぐる。
店内@ニューラーメンショップオオタカ
当然全席喫煙OKで、時間的にも仕事帰りのサラリーマンや現場系ニイチャンが多く、皆モクモクやっている。つーか吸わないのオレだけか。もう常連天国で出来上がった空間だが、テキトーに空いてる席を見つけ、そんな常連に構うとも無視するともつかない適度な距離で相手する手練のオッサン店員にオーダーを通す。
L字カウンターが店内の殆どを占め、奥にテーブル席が少し用意されている。壁に掲げられた縦書きのメニューには、塩や味噌、それにつけ麺かネギかネギチャーシューかといったラーメンのヴァリエーションの他、アルコールやつまみも充実している。
メニュー@ニューラーメンショップオオタカ
卓上にもメニューがあり、その横にはキャバクラのポケットティッシュが大量につめ込まれている。カウンターの背側にはコミックが充実しており、案の定、ミナミのナンチャラ等のコンビニコミックが揃っている。

ねぎラーメン脂多め¥650!
ネギラーメン@ニューラーメンショップオオタカ
多めオーダーにしては背脂は大人しめだが、センターにネギがコンモリと乗り、ニューラーショの定番、厚切りのプリプリモモチャーシューが1枚テンと乗っている。上からゴマが振られているが、メンマって他でもあったっけか。ワカメはお約束だけど。
スープは匂いから結構ダシの出た豚骨醤油スープを想像していたが、意外とあっさり。ちょっとベチャっとした背脂との甘みに、やや辛めの醤油ダレがグッと出てきて、バランスが実にいい。なんでもない味の極みやね。まぁもっと乳化してダシ出ててもウエルカムだが。
麺はヤワヤワの黄色い中細麺。なんとも特徴がなくダルダルだが、ベチャな背脂とグチャグチャにしてネギと混ぜて食べるとウメェんだラーショならではのウマ味スパイラルにハマる。で、ここのネギは味付けかかなり甘め。タレ以外に入れる油になんかあるのかな。

この究極になんでもない味。この場末感あふれる店内で食うとなおのこと倍加される。
相当気に入ってしまったので約1か月後に再訪。いや前回ねぎラーメンをオーダーした後、しまった、こっちにすればよかったってメニューがあって。。。

サービスセットA(チャーシュー丼+半ラーメン+お新香)¥850!
サービスセットA@ニューラーメンショップオオタカ
どう、安いっしょ? またこの半ラーってのがいい。フツーラーメンに半どんをつけるのよ。それだけ、チャーシューに自信あるんだろうね。半というには多いラーメンに、大ぶりの豚が3枚にネギが敷かれた、まさしくサービスボリューム。ラーメンは前回食べたのと基本一緒だが、こっちにも赤みがしっかりとトロトロになったプリプリのチャーシューが1枚乗り、ネギも輪切りのが添えられている。
半ラーメンUP@ニューラーメンショップオオタカ
ラーメンは米ものと食べるので伸びる対策として麺カタでオーダーしたが、適度な柔らかさを最後までキープし、ベチャ背脂とのギュチャグチャ加減も最後までいい調子でいただけた。
脂は多め指定しなかったけど、そんなに変わんないかな。
チャーシュー丼UP@ニューラーメンショップオオタカ
で、チャーシュー丼に取り掛かるが、笹がきのネギも沢山入ってて、相変わらず味付けは甘め。チャーシュー自体には味付けは強くなく、その代わり、ご飯にしっかりとタレがかかっている。ご飯自体も適度に柔らかめに炊かれており、甘みもあっていい感じなのだが、そこに甘辛の醤油ダレがかかると、これがチョーウマイ!! そこにプリプリの豚とネギが合わさり、もう最強にイイ加減に雑把な丼の直感的すぎるウマさ。
また真っ黄っ黄なポリポリのタクアンもあうんだ。時折背脂のグチョグチョスープをズズーっと吸ってね、一心不乱に完食。

100円足して半から普通サイズのラーメンにも変更可能だが、もうこれで量的には十分。
自分的には完全食。こういう出会はナカナカ郊外でないと味わい難い。街道ラーメン食いの悦楽というやつだろうか。
でもあまりヒトにはオススメしない。この快楽はダークサイドに落ちるようなもんなんで、真っ当な一般市民に踏みとどまっていたい方、どうか気をつけられたい。
というわけで、ヤヴァイっす。ウメェっす。ごちそうさまッス!!!

←クリック戴けると狂喜します
共通テーマ:
背脂豚骨醤油 テーマに参加中!


鯨食堂@川口領家〜クジラよ永久(とわ)に!5

いよいよGWまで凡そ半月・・・ということは5/5のコミティア108【弊サークル参加詳細】まで日がない!? アワワワワ、拙ミニコミ同人誌の新刊限定本もいい加減追い込みっつーわけで(概算で44P越えで1Pも出来てないって大丈夫か自分!?)、暫く過去ミニコミ掲載した中からブログ未UPレポを蔵出し。暫くこの状態が続くが、本持ってる人的にもボツを含んだカラー写真に、掲載時に削った文章もなるべく載せるので許してね。
まずは2009年にブログにもUPしているが、2012年夏に手製限定3冊セットの足立〜川口本『岸辺のアブラミ』【詳細】で再訪した鯨食堂を。

【前回記事:鯨食堂@川口領家〜ハードゲイ食】
今月頭、日本の調査捕鯨が国際捕鯨取締条約に違反すると判断された【MSN産経ニュース】。今後どうなるかまだ分からない部分が多いものの、楽天市場もバカやるくらい雲行きがかなり怪しくなったことは確かで、今スグどうということはないと思うが、鯨食堂の今後が心配になったというわけ。正しい理解が広まることを願うばかりだが、このタイミングで今一度、取り上げておきたい。
コチラ、北海水産(株)という肉の卸業者が営業している鯨肉専門の定食屋で、鯨食文化の普及に努めようとはじめた、いわばアンテナショップなのだ。川口の領家という、川口市民でも多くが「どこそこ?」といいそうな、最寄り駅もない陸の孤島に近い土地ながら、足立区の市場も近く、食肉業者が結構集まっている。
外観@鯨食堂
相変わらず素っ気無いプレハブのような外観が目を引く。

店正面@鯨食堂鯨食堂(北海水産)【食べログ】
★★★★★★★★★★ forever!!
所在地:埼玉県川口市領家4-8-17【スポットノート】

中に入ると、まさに市場の食堂って雰囲気。
券売機をみると、これまた相変わらずボタンが一つだけ。定食はALL600円で、給食センター風の厨房に食券を渡し、その時ナニにするかコールする。
店内@鯨食堂
店内は長テーブルにパイプ椅子が並べられてるだけって感じで、この殺風景さが逆に落ち着く。水を汲んでテキトーな場所で待機。

前回ベタを踏まずに後悔したので、遂にアレを、竜田揚げ定食¥600!
竜田揚げ定食@鯨食堂
お盆のようなお皿に乗って運ばれていたソレは、コロッコロっとした3cm程の塊が10個余り乗っかっている。
竜田揚げUP@鯨食堂
衣は薄く、ハードめに揚がっており実に香ばしい。気になっていた生臭さというかレバー臭は寧ろ前回のステーキの方が強かったように思う。揚げた香ばしさがマスクしているのか、冷めてくると多少は鼻をつくが、言われなければ気づかないレベル。ホクホクとした肉質で脂身が殆ど無い分たんぱくだが、揚げ物ということとやや塩気の強い味付けと相まって、ジャンクに肉食ってる感が強い。それでいて実際はヘルシーとあって、躊躇なく箸が進んでしまう。
ご飯UP@鯨食堂
前回多いと感じたご飯は今回小盛りで、注文時ご飯大盛りじゃなくていいかと聞かれたが、前回は大盛仕様だったのかもしれない。それに前回は激しくご飯が美味しかったが、今日は美味しいけど普通だった。たまたまタイミングの問題かな。
ともあれ、これだけじゃ腹が満たされない。壁の掲示を見ると、新商品なるものがある。
壁掲示@鯨食堂
これだ、コレ頼むしかないだろ。

くじらメンチカツ単品¥300!
くじらメンチカツ@鯨食堂
そしたらビッグサイズが2個も出てきた。いや急激にそんなに要らないんですけど(汗)。とはいえ食べてみると、これがもう更なるHIT!
くじらメンチUP@鯨食堂
衣は厚めでやや野暮ったい感は否めないが、中は玉ネギが多めで噛むと甘みが広がる。クセは皆無に等しく、玉ネギが相当匂い消し効果を発揮しているようだ。肉自体はこれまたジューシーさはないので、肉汁ジュワ〜は望めないが、ホクホクほとしたミンチ肉の食感と玉ネギの相性が抜群。野菜と肉と揚げ油という3種の異なる甘みが一所に閉じ込められた気がして、鯨肉はメンチの為の肉と覚えてしまうほど。

思いの外あっさりとしていたため、結局なんなく完食してしまった。これだけ食べて千円で釣りが来るというのだから驚きだ。場所が場所ともいえなくないが、わざわざ来る価値はあると思う。近くに御用の際は是非お立ち寄りいただきたい。
というわけで、今後も風評被害にあうことなく続いていかれることを願って。いやはやウマシウマシ!! ゴチソウサマデス!!!

←クリック戴けると狂喜します
共通テーマ:
大衆食堂 テーマに参加中!


はましょう@北朝霞〜背脂は雪のように4

以前、西川口の浜庄をUPしたが【過去記事】、ハマショーシリーズということで、GW5/5のコミティアにメインで持っていく昨年夏号背脂番付【詳細】で取り上げさせてもらった、もう一つの浜田省吾ファンの店を再食レポを含めて取り上げます。

以前は西武池袋線の桜台駅近くで営業をしていたが、知ってはいたものの終ぞ訪問できずにいた。浜田省吾ファンとは聞いていたが、どんなグラサン野郎が切り盛りしているのか、ずっと片想い状態で気になっていた。が、気づくと東武東上線と武蔵野線は結節点である北朝霞に移転。どうも高架下のテナントに入ったという。
やっとこ武蔵野線に乗る用事の際伺ってみると、純白のメルセデスが走るロータリから少し離れたところ、太いコンクリの橋脚が並ぶ薄暗い高架下に、はましょうの屋号が、ワーオ!
外観@はましょう

店入口@はましょうはましょうらーめん【食べログ】
★★★★☆ 4.5
所在地:埼玉県朝霞市浜崎1-1-1【スポットノート】

デッドスペースを活用したような、細いスペースにL字カウンターをねじ込んだような店内で、知らなければJRグループのNREの直営店にさえ見えてくる。
券売機@はましょう店主が脂にまみれて一人で回しているというより、スタッフというのが相応しいような従業員がマニュアル通りに作っている様に見えるのも、そうした印象を与える一因だろう。
店内は深夜とあって流石にアイ・アムアファーザーといった仕事帰りのサラリーマンばかりだが、昼は朝霞のジェイボーイ達で賑わうことだろう。

らーめん脂多め¥600!
らーめん@はましょう
表面は悲しみは雪のような細かな背脂が浮いているが、意外と透明な油も多い。
これが飲んでみるとワーオ! アッサリとした透明感のある丸鶏スープの見た目に反して、透明油のバターを彷彿とさせるこってりと舌に絡むようなコクを感じる。背脂の甘みも手伝って、グイグイ飲ませてくてる。
らーめんUP@はましょう
麺は中細麺で柔らかくスープに泳ぐようによく馴染む。トロトロの大振りの巻チャーシューも薄めでこの油感のあるラーメンにはちょうどいい。
背脂UP@はましょう
脂多めだと後半ややキツくなるかもしれないが、ベースのスープが、誰もがWoWWoW愛する感じの優しい味なのと、隠し味の柚子が効いてるのが大きいだろう、最後まで飽きずにバランスを保ってくれる。

実に満足度の高い一杯。高架下で改札の裏手とあって、目の前を気づかずに通り過ぎてしまいそうだが、週末の夜は寄りたくなるような魅力が溢れている。

というわけで、この初訪13年4月から約1年後の14年3月、今度は50円UPの豚骨醤油スープのラーメンメニューをば。
熟成角煮らーめん¥700!
熟成角煮らーめん@はましょう
ノーマルの豚骨醤油ラーメンが650円だから、角煮50円ってワーオ!
角煮は見た目にシーチキン的な、油分が少なくて縦に裂けるような食感で、いわゆるタレによく浸かってプルプルの代物ではないのだが、これはこれで実に柔らかく煮こまれて、赤身の旨味がギュッと凝縮した逸品。サイズ的にも結構大きいし、これ+50円は改めて安いよ!
角煮UP@はましょう
それよりもなによりも特筆すべきは豚骨醤油スープ。丸鶏スープも良かったが、コチラはシッカリ豚骨のマイルドでなめらかなコクが出てて、醤油ダレと合わさってスープがまろやかになって鶏スープより飲みごたえが出ている。それにやっぱり背脂との相性がイイ!

この辺は好みの問題だと思うが、この2本を仕込んでるのに驚きだ。しかもこの日、日付が変わる間際だったからか、飲みの後か、リーマン集団が店内の半分を占拠してて、その後に入ったもんだから出てくるまで20分近くかかった。幸い終電一本前に乗れたが、よく考えたら10人分くらい20分で作っちゃうってスゴイ。後から客も来るし、店員一人だけで孤軍奮闘、大慌てで脂にまみれてたが、ビールや突き出しも出してたし。もう麺なんか茹で釜に放り込んでたけど(こちら平ザルなのも嬉しい)、ラーメンはちゃんと作られてて、これだけ美味しいんだから大したもんだ。
駅近高架下でしかも背脂ラーメン店ならではの光景で、それに叶う仕事と味、いやはや参った。ウマかったなぁ〜 ごちそうさま!! ワーオ!!!

らーめん はましょう 北朝霞支店 ( 北朝霞 / 醤油ラーメン )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

←クリック戴けると狂喜します
共通テーマ:
背脂豚骨醤油 テーマに参加中!



■当ブログ全体の反応■
デウスエクスマキな検索

当ブログ検索 www検索
Google
つきごとあ〜かいぶ
B食リンク更新新着20
サークル活動:ガキ帝国
★新刊等最新情報★

●GWのコミティア108出ます!
・5/5 F52b ガキ帝国・
基本、これまでのオフセット本を持ち込みますが、限定本の新刊はパトレイバー食べ歩き【詳細】

●13年末冬新刊『ふろ式・酒場の叙景』好評頒布中【委託先書店一覧】
新刊セット通販終了しましたが、
限定本一部委託先で取扱中!


ニュース
委託先在庫状況
ネット通販・買物カート

クレジット決済OK!

└ バックナンバー
  ・デウスエクスマキな食堂
  ・電子書籍版
  ・別冊・限定本

最新刊 『ふろ式・酒場の叙景』

…風呂入って一杯ヤれる攻略本!


秋新刊 『路地裏ら〜めん漫湯記』

…東京裏町ラーメン銭湯攻略本!


夏新刊 『背脂番付』

…ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!

Amazonでも取扱中!
(+105円だけど送料無料)

購入特典ダウンロード
『十条クエスト』
『戦跡商店喰い』
『立喰いの挽歌』
『向島迷宮地帯』
『廃景・西武安比奈線』
※『軍跡拉麺−帝都軒−』王子篇復刻PDF版&『団地団地レボリューション』特典…スイマセン!出来てません!!完成次第改めて告知
町歩きブログもやってます

★昭和迷宮物件 新連載

レトロ建築案内連載

自営珈琲店:結構人milkhall

カツサンドランチ始動
当ブログの経験からスピンオフしたB級感溢れるヤッツケなフライ+コッペパンサンド!


カツサンドの有無、ケーキの売切状況、臨時休業etc...最新情報はメルマガorTwitterでチェック!
Twitter:kekkojin_mh
00559865s@merumo.ne.jp
空メールを送信。携帯OK!

ぷろふぃ〜る
MAP
ブログにUPした店のMAP


■既食MAP東京23区篇■
とりあえず東京23区のみのまだ不完全なベータ版です。
04年春頃までの前身HPの一部とここ数年の当ブログデータ分しか反映されてません。
Syの既食他、温泉や路上観察スポット含め入力しています。
▼livedoorグルメと同時進行中

▼食べログも同時進行中
食べログ グルメブログランキング

ラーブロバナー

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ




結構人的録面倒




お問い合せはコチラ

名前
メール
本文
こめんと
とらば

購読する(Atom) ブログを購読(Atom)
購読する(RSS 2.0) ブログを購読(RSS2.0)

  • ライブドアブログ