TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★【狭小店への想い】…当ブログと筆者の立ち居地に関する考察

5

【ラーメン系譜学】吉祥寺ホープ軒本舗を抜きにして戦後ラーメン史を語るべからず【豚骨醤油の誕生】20170427135914
この度、ホットペッパーのグルメサイト『メシ通』でライターをやることになりまして、ラーメン連載の第1回が先ほど公開されました。
初っ端からホープ軒本舗の創始者、難波二三夫氏のご子息公一さんというレジェンドが登場です。
併せて、以前ホープ軒本舗を端初とする東京豚骨醤油をロードサイド文化という観点でまとめた拙ミニコミ同人誌13年夏号『背脂番付』を電子書籍化しました【Kindle版】。冊子版【Amazon】【委託先一覧】もあります。
二郎系はあまりに有名になりすぎて背脂という括りでは理解されてないと思うが、私にとっては飽くまで背脂豚骨醤油なので、背脂繋がりということで、UPしときやす。

少し前に、練馬大【過去記事】をUPしたが、そういや仕事帰りに高円寺に寄れることに半年ほど前に気づき、あ、高円寺にも大あるじゃん!と思い立ち、寄ってみることに。
高円寺駅南口から真っ直ぐ南に伸びる道路の脇にある。
大入口
大外観
らーめん 大 高円寺店【食べログ】
★★★★☆ 4.7
所在地:東京都杉並区高円寺南4-7-1

ここも厨房のステンレスが眩しい大らしい店舗だが、L字カウンターのみで決して席数が少ないわけではないが、いつも夜中はオニイサン1人でやっていて、小ぢんまりした個人店っぽさがあって、FC系っぽさがニワカに漂う他の大とは違う雰囲気。店員さんの風貌や、夜な夜な集まる男性客を見ると如何にも高円寺って感じが強いが、この店の雰囲気、嫌いじゃない。
練馬大での超個人的失敗から、素直にオーソドックスなモノをと、券売機でプラ食券を求め、冷水機で水を汲み、適当な空いてる席へ。

らーめん(醤油)小ヤサイアブラニンニク¥680!
大醤油横
ヤサイコールはやっぱコレくらいの量だよね。
大醤油上
ヤサイの上にゲル化したコールアブラも堀切二郎譲りらしいし、表面の背脂も結構浮いてて、でも表面だけでそんな重くないから、全体的にバランスよさそう。
というわけで、天地返し、でりゃ!
大醤油UP
おおっ、なんか大にしては麺太くない? 気のせいか。
まず脇からスープをズズッと戴くと、おおっ、見た目醤油ダレ濃そうだが、乳化とまではいかなくとも、結構ダシがしっかり出てて、アブラと相まって、コクバッチシ! これはイイですよ!!
いつものキャラメル麺もコキコキとした適度な硬さで、最初チョッとデフォでもごワット感もある硬さだが、食べてるとスープが馴染んできて、いい感じに柔らかくなる。
ヤサイもそこそこ熱通ってて硬すぎないのが個人的に◯。この量でもコレならアゴがキツくならない。ブタは沈んでて写真に撮れてないが、柔らかいトロトロ気味の赤身で、かなり食べ応えもあって良好。

全体にかなり良くて、ココなら塩に期待できる!と思ったが、スタミナ的にへばってたのでニンニクコールしたのがこの日の敗因。確かにある程度スープの濃さがあるのでニンニクに負けないと思ったが、やはり量が多かった。全体にスグ広がってしまって、殆どニンニクの味しかしなくなってしまった。次は塩でニンニクコールなしだな。

というわけで、この3ヶ月後にトライ!
塩らーめん小ヤサイアブラ¥680+タマネギ¥30!
大塩横
前回玉ネギのトッピングしそこねたので、練馬のリベンジも兼ねて今回は忘れなかった。
ザックリとした大粒のタマネギが見た目にソソる。実際食べてみると、ザクッと小気味いい歯ざわりで、スープに乗っているのでチョット熱も入って、ジューシーさも感じられるが、やはり乗ってるだけだと甘くなるほど熱は入らない。まぁ当然っちゃ当然だが、個人的には全体のバランスがかえって壊れちゃうかなと。
大塩上
そうそう、今回のはブタが上にシッカリとヤサイに凭れかかっていたので、その姿を収めることが出来た。特に大きい気がする。トロトロで、やっぱイイ。最近はどうか知らないが、以前はシーチキンみたいなポソポソのほぐし身みたいのが多かったから、余計に嬉しい。
大塩UP
で、肝心の塩スープだが、やはり大正解! アブラの甘みとの相性がバツグン。塩が立つことなく、まろやかにアブラとダシの適度に出たスープを繋ぎ止めてくれてる。あぁ、これはイイわ〜

今回も適度に満腹になって完食。
【過去記事】に次ぐ、個人的HIT大となった。仕事終わりに寄れるのはあと何回になるかわからないが、ガッツリ行きたい時はまたお世話になります。
ウメェーっす! ごちそうさんっした。

←クリック戴けると狂喜します

5

【ラーメン系譜学】吉祥寺ホープ軒本舗を抜きにして戦後ラーメン史を語るべからず【豚骨醤油の誕生】20170427135914
この度、ホットペッパーのグルメサイト『メシ通』でライターをやることになりまして、ラーメン連載の第1回が先ほど公開されました。
初っ端からホープ軒本舗の創始者、難波二三夫氏のご子息公一さんというレジェンドが登場です。
併せて、以前ホープ軒本舗を端初とする東京豚骨醤油をロードサイド文化という観点でまとめた拙ミニコミ同人誌13年夏号『背脂番付』を電子書籍化しました【Kindle版】。冊子版【Amazon】【委託先一覧】もあります。
麺つながりで未UPレポを思い出した。立ちそばとはまた背脂と離れたが、ロードサイドっぽい雰囲気がターミナル駅の目の前で繰り広げられているので、刮目いただきたい。

場所は横浜の南口。ってもJRは改札出てスグ地上に出れるわけではないし、地下街とかあるから説明がしづらいが、相鉄の改札出て地上出た目の前。
鈴一外観
何やらオッサンがワラワラ群がってる異様な光景が広がっている。
鈴一入口
きそば 鈴一【食べログ】
★★★★★ 5.0 文句をいうやつぁ下衆
所在地:神奈川県横浜市西区南幸1-11-1
参照サイト:はまれぽ

店は入口の券売機(駅側と奥の2箇所だったかな)のところの足元が少し盛り上がっているが、そこから中は1段下がるから、内部が薄暗く見えて、なんだか地下のモグリの立ち食いそば屋感があって、これは燃える!
一応台のようなものもあるが、兎に角店前は人がテキトーに立ち食っているので、かき分けながら店内に食券を渡しに行く。そして暫くすると注文の品の名を呼ばれて取りに行くが、この手のさばき慣れたオバチャン・オジチャンにしては丁寧な対応で、初めてでも気後れすることなく突撃できる。
店の向かいの路上で座り食いしてる人も多く、さて何処にポジションを取ろうかと探していたら、商店街の奥に向かう側の券売機脇の台が空いてたので、丼を受け取ってそこで食すことに。

初めてなので王道で、“てんそ”こと、天ぷらそば¥350!
鈴一天ぷらそば
そんなに大きくなく底がすぼまったタイプの丼とはいえ、かき揚げのデカイのがドン!と乗っかってて、見た目かなり男前。
こういうタイプの天ぷらは先に麺の下に沈めて、まずはお汁をズズっと。これはかなり透明感のある汁。宗田節を使ってるそうだが(ダジャレではない)、人によっては薄いというかもしれないくらい。やや甘みがある。とはいっても昨今の甘ったるい汁でもなく、昔馴染みの辛汁って程カエシが立ってない。こうやって駅前でサッと手繰って帰る店だから、あんま濃く作ってないんでしょ。かといってチャチくはないという、サラッとして甘じょっぱい絶妙な加減ね。この汁は好きだなぁ〜
そばは王道の立ちそばボソボソ小麦麺。意外と線が細めなのは茹で上がりのスピードを求めてか。いたずらに硬くしないのはホント有り難い。
さて、沈めてたかき揚げが食べてる内にボロボロと崩れたのが顔を出してきた。具材は、桜えび・人参・タマネギといった定番で、作り置きなので衣はガチガチ。でもこれまでにフニャフニャになっているので、そばとモロモロになったかき揚げ片をグチャグチャにして食べる快楽が待っている。汁も天ぷらの油でコクが出てね、これが立ちそばはタマランのですよ。

鈴一頭上注意気づくと天ぷらもそばも汁吸ってるから、飲むでもなく汁が少なくなってるというね。そんなんを食っている内にあっという間に完食。
丼を下げに行くと、頭上注意の看板が。そこに「おそば食べてく?」という声とともに、よく来ているのか、慣れた手つきで買い物帰りに子供と立ち食いに寄ったお母さんの姿が。これぞハマっ子ですよ。こういうところでサッと食えるってね。久々にホンモノ見た気がした。
そういうのを含めて、長年横浜駅前の風景になってる店、そして味なんだなと、しみじみと感じられた一時だった。
きしめんを選べるようなので、次はコロッケなんか乗せて食べてみたい。
つーわけで、こういうのを文化という気がするわ。サイコー。ウマシ! ごちそうさま!!

←クリック戴けると狂喜します

4

この度、ホットペッパーのグルメサイト『メシ通』でライターをやることになりまして、ラーメン連載の第1回が先ほど公開されました。
20170427135914
【ラーメン系譜学】吉祥寺ホープ軒本舗を抜きにして戦後ラーメン史を語るべからず【豚骨醤油の誕生】

初っ端からホープ軒本舗の創始者、難波二三夫氏のご子息公一さんというレジェンドが登場です。
自店で取材を受けたり、本や雑誌・TVでインタビュー記事を見ていて、なんでこういうこと聞かないの!?とかなんでそんなこと言うの!?という前々から抱いていた疑念があって、自分がやる以上は、今まで聞かれていない・引き出せてないインタービューにしようとしたのですが、それはある程度達成できたと思っています。是非見てやって下さい!

というわけで、これまた仕事帰りにお世話になった店のレポシリーズでもある、ホープ軒本舗の高円寺支店をUP!

環七沿い、青梅街道と交わる高円寺陸橋の脇。近くには以前UPした味噌一【過去記事】があり、古くからラーメン店が多いエリア。
環七沿いはやはり、青葉武蔵抬頭以前はよくコッチの方まで来ていたが、東京の北側住民というのは友だちの車なんかでラーメン食いに行く場合、中央線というのは1つの関所になっていてるのか、高円寺駅の中央線のアンダーパスから南側は殆ど来なかったので、実は未訪だった。電車だとなんでん行っちゃうんだよね。

団地の1F商店街に入っているのだが、ただでさえシャッターを閉じているところが殆どなのに、夜ともなるともう廃墟かって雰囲気で、知らないと近づくことさえ憚られる。
ホープ軒本舗高円寺外観
そんな一角でもここだけは明かりが煌々と灯り、人影がチラチラと窺える。
ホープ軒本舗高円寺正面
ホープ軒本舗 杉並店【食べログ】
★★★☆ 3.8
所在地:東京都杉並区梅里1-1-46
吉祥寺本店 【過去記事:2014年06月】

外、入口脇に券売機があるのだが、食券制のホープ軒本舗は初めて。とんと大塚店は行ってないから最近の事情は知らないけど。
入口は開け放たれていて、L字型の大きなカウンターは、吉祥寺の本店を彷彿とさせる。背後の壁面が鏡になっているのも同じだが、ここは行列の時に鏡越しに注文の遣り取りをするとかはなさそう。食券制だしね。まぁ昔はあったかも知んないけど。
適当な空いてる席に着く。
ホープ軒本舗高円寺店内店員は男性と女性で3〜4人。全体に年齢が高そうで、長年務められているようなベテラン感がある。だからか、非常に店としての落ち着きが全体にある。客も昔から来てるような、職業ドライバーとかそんな雰囲気の一人男性客が殆ど。まぁ日付変わる近くの深夜だからってのもあるだろうが。
卓上には調味料の他に、写真では見切れているが、割り箸が横に入れられたアルミ(?)の缶々みたいな容れ物が現役で使われている。本店はこれは辞めているが、木八【過去記事】とかホープ軒本舗っぽいラーメン出す店もこれなんだよね。テッキリ飛び散ったスープで汚れないようにするためかと思っていたが、丼の受け渡しの際にぶつけてこぼさないようにするためなんだそうだ。

そんなこんなを思っていると、やってきました中華そば油多め¥650!
ホープ軒本舗高円寺中華そば油多め
おおっ、これは黒くて透明油膜が覆った、ちょっと思ってたのと違う見た目ですな。
ホープ軒本舗高円寺中華そばUP
店内に入った時も思ったが、丼から香る匂いはホープ軒本舗独特のものだが、吉祥寺では必ず見受けられる、出汁殻とも言うべきツブツブがあるものの多くは見られない。乳化が弱い印象というか。油多めでも、ラードだろうか透明油が多くなっただけで、背脂も見受けられない。
ともあれ飲んでみると、豚骨のダシ感・甘みもあって、醤油ダレ強めのザ・豚骨醤油という味わいになっているが、ちょっとスナッキー過ぎるなという印象。というのは、こちらのラーメンってどこかオヤツっぽいというかお菓子っぽいニュアンスがあって、いや悪い意味ではなく、西日本のラーメンに感じるような要素で、吉祥寺だとダシのザラザラとした素材感とスナッキーな味わいとのバランスが絶妙なのだが、この高円寺店はオヤツ感が支配的な印象を受けた。デフォのニンニクも殆ど感じられなかったし。
麺は細めの縮れたものだし、具のモヤシや赤身主体のモチっとしたチャーシューも吉祥寺と遜色ない。

ボリュームもあるし、店の雰囲気含め、かなり好きなラーメンであることに間違いないが、やっぱり自分は吉祥寺派だなと改めて思うのだった。何度食べても白くてすっぽ抜けた印象が不思議な安定感を誇っていた大塚とは比すべくもないが。
たまたまかもしれないし、この辺は好みの差だと思うけど、ともあれ高円寺は高円寺の味として、美味しく頂けました。ごちそうさまでした!

←クリック戴けると狂喜します

■当ブログ全体の反応■

↑このページのトップヘ