TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★hotpepperのグルメサイト→【メシ通:ラーメン&町中華インタビュー連載】
  ★Rettyグルメニュース連載【ロードサイド探訪記】【favy】連載中

5

このところ、当ブログのカテゴリーを見直していて……というか手を付けず放置状態だったのだが、ラーメン以外のサブカテゴリーを設けておらず、いい加減「中華」から「チャーハン」はサブカテゴリーとして作らなきゃマズかんべぇと。
ついでに、この1〜2年でWEB連載の仕事も増えたので、「メシ通などWEB記事執筆の仕事」というそのまんまのカテも作ってみた。
中でも一番新しい「favy」の記事は、このブログであまり紹介できてないので、今年2月に公開された大番くっくでfavyには書ききれなかったネタを公開しておきたい。

半チャンセット
favy:ほぼ板橋のみ!超ローカルラーメンチェーン『大番』の懐かし東京豚骨としっとりチャーハン

過去記事:2015年09月大番くっく2014年06月上板橋店

外観
東京ラーメン大番 桜川店【食べログ】 ★★★★ 4.0 
所在地:東京都板橋区桜川3-13-10

過去記事でも触れているが、昼間から常連のオッサンが大挙して押し寄せ、カウンターに陣取ってはチューハイを飲んでいる。
店内
厨房には中年の女性が居て、話し相手になっている。完全に居酒屋状態。
頭上メニュー
メニューを見ると他の大番と同じく、ラーメンのバリエーションにカレーなどセットメニューが並ぶが、卓上のメニューを見ると、ツマミがズラリと並んでいる。チャーシューや冷奴は定番だが、サバみそやエビチリまであるのに驚く。
卓上メニュー
にしても、台なしとは何だ!?
つけ麺のスープとあるが、蕎麦屋で飲む時の天抜きみたいな感じだろうか。もしや、頼むと食事が台無しになるとか。とくれば、頼むしかなるまい。

まずは酎ハイで喉を潤す。
チューハイ
メニューにはレモンサワーはあれど酎ハイはないのだが、この雰囲気なら出来るだろうとサラッと注文してみると難なく通った。値段はレモンサワー¥350と一緒だろう。
スッキリと飲めるので、食事を楽しみたい時は焼酎を炭酸で割っただけのプレーンで飲めると助かる。

そしてついに台なし¥300の登場!
台なし
出てきたそれはまんまつけ汁。しかも塩っぱい。微かに豚骨臭漂うのはこの大番ならでは。
具はメンマ・ワカメ・チャーシューと本当につけ麺のつけ汁と一緒。メンマもチャーシューも味付けがしっかりショッパめなので、完全に飲み助のアテだ。
チューハイだけでは飲むのにシンドイので、申し訳ないがスープ割りをお願いしてしまった。快諾してくれるのもまたラーメン居酒屋ならでは。

さらにカレールー¥250だけでアテにするのだから恐れ入る。
カレールー
トロミのある家庭的な味と思いきや、結構後からビターな感じも出てきて、コク深いがサラッと食べられる。

さすがにアテが液体のみだとツライので、メニューにあって気になったバタコー¥200も追加。
バタコー
やっぱしバターコーンだったか。ツマミとしては十分な量ながら、これを逐一フライパンで炒めて出してくれるのだから、それで200円は申し訳なくなる。ショッパーが続いたので、甘さが染み渡る。

そしてここに来たならチャーハンは頼まねば。
半チャーハン
飲み食いしたなら、セット用の小チャーハン¥350での注文もできるので、〆にもってこい。
相変わらずここのしっとり加減は半端ない。小くらいの量だと、ベチャベチャにならず、適度にこちらの水分多めのチャーハンを堪能できる(以前大盛りで少々失敗してるので^^;)。

いやはや、常連が飲んで盛り上がってる横でアレコレ注文して申し訳なかったが、これだけ個性的なアテを味わいつつ、賑わう店内の雰囲気を楽しみつつ、隅っこにいさせてくれるのは何とも居心地がいい。
町中華飲みとはまた少し違ったラーメン屋飲みの醍醐味が感じられた気がした。
とはいえ大番くっくが特別なのではあるが、ここはこことしていつまでもこのままであってほしい。いやはやウマシ! ごちそうさまでした〜

←クリック戴けると狂喜します

メシ通の新記事が公開されやした。
溢れる肉汁
大衆ステーキ&ウエスタンスタイルを確立した「ビリー・ザ・キッド」は、なぜ40年続いてこれたのか?

東京近郊で20店舗以上展開する、なにげに広まっているローカルステーキハウスチェーン。子供の頃から幹線道路沿いで怪しげに浮かび上がるウエスタン調の外観に心奪われて30年超。500gの超ビッグサイズハンバーグも名物とあって、ハンバーグ測量士の五島鉄平さん【ブログ】に協力いただき、ついに内部を開陳することが出来た!

近刊『街道のグルメ』でも取り上げたお店だが、誌面とはまた違ったアプローチで記事を作ったので、読み比べてみてほしい。

そして、メシ通は前回、足立区の真のド豚骨スープのドン、もりやの守谷さんに遂にインタビューを取ることが出来た記事がUPされたばかり。
ラーメン系譜学もりやロゴ
関東のとんこつ狂いをとりこにした伝説のラーメン店「もりや」が千葉・松戸で再々スタートを切っていた

こちらも是非、お読み頂きたい。

5

8/11(日)の夏コミ3日目に当選し【西2 う-43a ガキ帝国】、今度の新刊は昨夏に発行した『裏板橋メシ屋道中記・東地区篇』に次いで『西地区篇』を作るので、予告的に東地区編の中から、隠れ家的飲みネタをUPしてみたい。

東武東上線中板橋駅の南口。旧街道に出ると、以前UPしたこれまた隠れ家的路地裏中華・博龍【過去記事】に向かう路地のカドに、渋好みの暖簾が掛かる定食屋がポツンと佇んでいる。
外観

正面
かどや【食べログ】 ★★★★★★★★★★ これぞ定食飲み! 
所在地:東京都板橋区弥生町58-3

「ごはんとお酒」と書かれたテント看板にグッと惹かれたわけだが、入店してみたらこれがドビンゴ!
L字カウンターがメインで、店主らしきバアチャンが中に鎮座し、2〜3人座れる卓が2つ、壁には品書きがズラリと並び、焼魚の他お茶漬けまで見受けられる完璧な食堂酒場。常連のオッチャンまでパーフェクト。
店内
カウンターに座るとバアチャンがオシボリを持ってきてくれた。

その場でレモンサワー¥380を注文。
サワーと枝豆
酎ハイ倶楽部のグラスに氷がやや少なめで出てきた。見た目より焼酎が濃すぎず、爽やかにクゥ〜っとゴクゴク飲める。酎ハイが気持ちいいのは、入口上のエアコンの電源が入ってないからだろう。熱中症が気になるが、後から来た常連らしきオッサンも、「焼いたり揚げるもん頼んじゃ悪ぃなぁ」といいながら、「とりあえずビール出してくれれば、後は手空いた時でいいよ」なんていいながら、ゆっくりしている。
自分も突き出しの枝豆をつまみながらテレビを見るともなしに会話を聞いてると、週のうち何日かはお手伝いが来て2人体制だが、今日は一人なので、団体客はすぐ作れないと言って断る体で営業しているという。先ほど小さい子連れが来た時もそういって断っていたが、「商売人としてはそれじゃダメなんだけどね」なんて自嘲気味に漏らしていた。ヨイショと腰を伸ばして棚から食器を下ろす姿を見ていたら、全然好きなようにやってよ〜なんて口にしたくなってくる。

バアチャンが自分と入れ違いに帰った客の皿を片付けてると、もう注文して大丈夫いいというので、オススメメニューにあった鶏の軟骨焼き¥380をお願いする。
チキン
まとまった仕入れでもあったからオススメなのかと思いきや、バアチャンおもむろに冷凍庫から業務スーパーなんかで売ってるような大きなビニール袋を開け、数個を皿に乗せレンチンし始めた。まさかの冷凍がオススメとは。普通ならヤラレタと思うが、なんかこのバアチャンだと許せてしまう。
しかも食べてみると、これが不思議な旨さ。ケンタッキー的なコショウの濃いめの味付けは冷凍の骨付きチキン的ではあるが、ところどころの軟骨がコリコリと絶妙なアクセントで、レンチンとは思えない肉と衣のジューシーさと相まって、ヤバイほどに酎ハイが進む。まさにマジック!

その後に、頼んでおいた鮭焼き定食¥680が登場。
鮭焼き定食
真っ黄色なタクアンに厚揚げ、シャケにもレタスが1枚ペロリンと乗ってるだけだと寂しく映るが、ご飯は多めで厚揚げも甘辛でよく浸ってて、ちょっとずつ色々食べてという心遣いが嬉しい。
鮭UP
で、肝心のシャケだが、これが見た目より身厚でプリップリ。シャケって貧相なものはとことん貧相で焼き具合によってはヒョロヒョロになってさらに貧相になるんだけど、これは実によくふっくら焼けてますわ。醤油ちょっとだけで十分。シャケの甘みが感じられ、パリッパリに焼けた皮も美味。
これを瑞々しく柔らかめに炊けたご飯と一緒に食べる幸せったらない。途中からちょっとレモンを絞ってもよし、別れが惜しくなるほどにあれよとなくなり、完食。

帰りしな、川越街道から路地抜けて中板出る時に見つけて来たが、来れて本当に良かったと告げたら、それは嬉しいわ〜と言ってくれて、世辞でも嬉しかった。
まぁね、細かいこと言う人は言うだろうけど、そういう次元じゃなくて、兎に角全体的にキュート。店の醸し出す色がある。涼しくなったらゆっくり飲み食いしに来たい。
こういう出会いがある夜は最高やね。ウマくてシミますわ。ごちそうさまでした。バアチャンお元気で。

←クリック戴けると狂喜します

■当ブログ全体の反応■

↑このページのトップヘ