TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★hotpepperのグルメサイト→【メシ通:ラーメン&町中華インタビュー連載】
  ★自営喫茶が週1で復活→【結構人ミルクホール〜夜の打菓子や〜】終了

5

やっと情報公開されたが、少し手伝わさせてもらった板橋区公式ガイド本『板橋マニア』が4/10に発売決定となった【Amazon】【板橋区のお知らせ】
板橋マニア表紙 板橋マニア紹介チラシ
実は今回、マツコの知らない世界出演後はじめての、板橋に関わる仕事となる。先々で「板橋区に相当貢献したでしょ?」「板橋絡みの仕事たいへんでしょ?」とか声をかけてもらうのだが、約2年一度も区からは愚か、板橋にまつわるメディアから総スカンを食らっていた。偉ぶるつもりは毛頭ないが、余りに関わりがなかったのでやっとかというのがホンネ。
しかも今回の仕事、声をかけてくれたのが板橋とは全く違うところからだったので、その人が声をかけてくれなければ、またハブかれていたことだろう。板橋に迷惑かけたつもりはないが、どんだけ嫌われてるんだと。
本の内容はというと、いわゆる観光ガイドではなく、歴史や地形など各ジャンルのオーソリティからみた板橋のポイントが解説されているもの。その中で、自分はグルメページの町中華・大衆食堂・ラーメン・立ち食いそば・惣菜・純喫茶を担当した。
本の性質を鑑みて、なるべくメディア露出のない、地域と切っても切れない根深さのある店を重点的に掲載交渉を行った。区の公認といえども、町中華はやはり手強く、板橋チャーハンでTV出演頂いた以外の店を余り充実させることは出来なかったが、食べログにも登録されていない食堂や、メディア的注目度の低い喫茶メシなど、この本でなければ取り上げられなかった本当の町の飲食店が載っているので、そこは是非本を見てご確認いただきたい。

というわけで、今回は本の宣伝も兼ね、意図的に掲載を控えた店のレポを。

あぺたいとのある新高島平。駅を降りるとイキナリ薄暗い路地にパチンコ屋が現れる悪所的な印象の強い駅前だが、パチンコ屋の裏手など、駅近辺の路地には小店がひしめき合っていて、かなりイイ雰囲気なのだ。
この一角にある背脂ラーメンの神むら【過去記事】は以前紹介しているが、今回の本では取材期間中ずっと臨時休業されていて、載せられなかった。正直、悔しい。
この並びに、夜しか営業していない町中華があって、ずっと気になっていたのだが、なかなかタイミングが合わず未訪のままだった。
外観
佇まいからして今回の本に相応しい店だと思っていたので、確かめるべく暖簾をくぐることに。
入口
大盛軒【食べログ】
★★★★★ 4.7
所在地:東京都板橋区高島平7-14-4

入ると、店内はL字カウンターのみ。経年変化を感じさせる焦げ茶色の壁や煤けた天井を蛍光灯の明かりが照らす空間。サッシのガラスにはスーパーの特売みたいなオススメメニューが掲示されている。
客は常連が多いが店を占拠してる感じはなく、一見も放っておいてくれて居心地はいい。殆どが飲み利用。
カウンターの中の厨房ではご夫婦らしきお二人の姿が。相当なご高齢とみた。
水ではなくペットボトルから注いだお茶を持ってきてくれた女将さんに注文を告げ、常連客の地元トークやテレビの音をBGMに、スポーツ新聞に目を通しつつ待つこと暫し。

チャーハン¥650!
チャーハン
大盛軒という店名なので、並でも多めだろうと大盛りは回避。見た目にそう多そうな感じじゃないが、実はこれ、皿が相当にデカイ。
それでも、底がそんなにあるわけじゃないので、一般的な店より多いというくらい。
ではさっそく頂きます。
チャーハンUP
これが見たまんまのしっとりチャーハン。下味もそこそこついているので見た目に濃そうだが、好みの水分多めの米を、ラードだろう脂多めでしんなりと炒めている。かなりイイね、こりゃ。
具はネギの他、コーンが多めでさらに甘みが増している。チャーシューがこれまた秀逸で、ほぐし肉のような形状の、脂身がしっかり付いたのが結構な量入っている。これがコクと、適度な塩味を演出しているのだろう。これだったらチャーシューもフツーにウマイはずだ。飲みで皿盛りをツマンだら最高だろうね。
スープも旨みが感じられるもので、ラーメンも悪くなさそう。

いや〜、こりゃ大盛りにしなかったのが大失敗!と後悔しながらの完食。
これなら、板橋に根ざした町中華代表選手として間違いない。是非掲載をお願いしたいところだが、如何せんお店の方が高齢。食べてる間に耳にした常連との会話によると、調理担当のご主人は既に80を過ぎており、数ヶ月前もどこか悪くされて店を暫く閉めていたという。いくら区のものといえ、こりゃ大々的に紹介できない。
というわけで、黙って会計をし、おいしかったとだけ告げ、店を後にした。
『ザ・閉店2』他でも散々述べているが、町中華に限らず戦後経済成長期に出来たお店は2020年くらいまでが一つの区切りだろう。高齢や後継ぎがいないという理由で今回の本でも何軒も断られた。若い時ならともかく、今さら混まれても対応できないと。
それでも、出て頂けた店もあるのだが、そういうわけなので今回、本で紹介した店以外にもスバラシイ店はいっぱいあるので、板橋に訪れた際は、外観で気になる店があったら、ある内に入った方がいい。必ず後悔しまっせ。
まぁ本云々はともあれ、貴重なお店でスバラシイ味に出会えたから良しとしましょ。また今度は他のメニューや飲みなども試してみたい。
つーわけで、ウマシ!! ごちそうさまでした!

←クリック戴けると狂喜します

4

報告遅れたが、先日メシ通での自連載の新記事がUPされた。
両面バッキバキの焼きそばを求めて行列が!創業30年の専門店「あぺたいと」はもはやひとつのジャンルだ

というわけで、記事内での座談会の際に食べたもので、紹介しきれなかったものを中心にレポしておこう。

以前、当ブログであぺたいと本店を取り上げたものは2008年と約10年前だったのに驚く。
【過去記事2008年06月:新高島平〜あぺたいと とてきてけんじゃ】
【過去記事2012年05月:蕨中山道〜とてきてけんじゃ、ツヴァイ!】

他にも支店を取り上げているが、馬喰町と月島以外は食べていた。結構あぺたいと好きなんだなと自分で驚くが、東武練馬店筆頭に、テイクアウトでの利用を含めると50杯は食べているかもしれない。
メシ通記事にあるように、ここに来て支店が急に増える傾向にあるので、お近くに出来たら余りハードル上げすぎずに何気なく立ち寄ってみて欲しい。

とはいえ、本店で、しかもイートインは本当に久しぶり。
外観
入口あぺたいと【食べログ】
★★★★☆ 4.5 焼きそばは満点!
所在地:東京都板橋区高島平7-12-8
公式サイト:http://www.apetaito.com/

それこそ前回UPした10年前以来かもしれない。それも飲み利用は初だったように思う。
当日、店に一番に着いたのが自分で、テーブル席は空いていたが一人で占拠するのは何なんでカウンターで待つことに。
店内2
アチコチにメニュー写真が貼られているが、事前に行った社長のインタビューで聞いた麺屋ソースのことなどは簡潔にまとめられた掲示もあった。
うんちく
アルコールメニューを見ていると、キンミヤのソーダ割り¥350があったのでそれを注文。
キンミヤサワー
いわゆる酎ハイの味。チビチビやっているとそこに塩崎さん登場。
とりあえずツマミをとメニューを見ていると、まずスグ出てくるであろうオニオンスライス¥200の他に、シュウマイの皮素揚げ¥250なる見慣れなくも気になる一品を発見した。
これ行っときます?ってことで頼むと、店員から時間かかるけどいいかとの声が。社長もまだ来てないようだし、待つにはちょうどいいとお願いする。

店員には塩崎さんの顔は知れてるようで、挨拶した後でテーブル席に映った。
テーブル席
そうそう、ここに観光地の食堂で見るような占い機が並んでいる。
占い機
都区内では殆ど見かけないけど、社長の趣味なのかなぁ。
と思った矢先に社長登場となり、座談会に突入。
すると先にシュウマイの皮がやってきた。
皮揚げ
メシ通の記事にも書いたが、もうパリッパリ。その割に意外と厚みがあって、塩加減もよく、食べごたえがある。これは発明! 今回1番のHITだったかもしれない。他所でもやらないかなぁ。
そしてだいぶ遅れてオニオンスライスの登場。
オニスラ
鰹節のかかるオーソドックスな一皿ながら、このタマネギでとっても瑞々しくて、この値段で居酒屋で出てくるものとしてはなかなか出会えない代物。鰹節独特のネチッとした歯ざわりと、玉ネギのシャキ感のコントラストが見事。会話のスキを見て結構パクついてしまった。

皆さん1杯目のアルコールがなくなった頃合いで、2杯めとツマミの追加を。
ここで社長イチオシ、築地直送のマグロを食ってくれというのでそれと、さっきカウンターの卓上で気になった「ひたかくし」という大分の日田の麦焼酎¥500をソーダ割りでお願いする。
ひたかくし
想夫恋の地元、日田の焼酎を置く辺りリスペクトを感じる。
掲示にソーダ割りも合うとあったのでそうしたが、確かに悪くないものの、この焼酎なりの個性が余り感じられなかった。どうしても焼酎感が薄まってしまうので、これだったらロックで本来の味を味わったほうが良かったかも。その上でのソーダ割りかと。
んでもって、本マグロの刺し身盛り合わせ¥1140。
刺盛り
いうだけあっけ、舌触りが滑らかで赤身のしっかりした味わいが感じられる。タコもプリプリで食べごたえがある。ただインタビュー取りながらだとゆっくり味わえないので味の印象が薄くなってしまったのが勿体なかったなぁ。

とここで、今回食べておきたいと前々から画策していたチャーハン¥400!
実はあぺたいとにはスタミナ丼やチャーシュー丼といったご飯系の丼ものがあり、これらと焼きそばのセットメニューも充実しているのだ。
セットメニュー
流石にセットで食べるにはキツイので、チャーハン単品で。
チャーハン
パラパラではないものの、ポロッと崩れるような炒め上がりで、やはり居酒屋タイプの皿盛りチャーハンといった塩梅。味付けも大人しめで、酒のアテとかには丁度いいかと。これは完全にセット仕様で、単品でガツガツ食うもんじゃないかな。この辺は、あくまで焼きそば専門店で、焼きそばが主役といった主張を感じる。

〆はなんでんかんでんラーメン¥780行っときますか。
なんでんラーメン
御天のインタビュー【メシ通過去記事】を読んでもらえればわかるが、スープの色は白いので、往時のように何日も煮込んだものではないというのは、店を持ってない段階で容易に想像は出来た。どこかの工場で作ってもらってるんじゃないかという話だが、炊き出した出汁殻のようなツブツブが混ざるスープで、真っ白じゃない濁りも確認でき、この手の物としては悪くない。甘みやトロみも感じられ、下手な豚骨店より旨みはある。
なんでん麺&スープ
ただ、やはり麺がネック。どっかの博多じゃない製麺所に頼んでいるのだろうが、細くともコシが出て伸びる感じがある。御天や以前のなんでんのような、ボキボキのあの博多麺とは程遠い。それが出来なくて、博多から輸送した麺を使っていたんだから、そこはもうちょっと頑張って欲しかったが、まぁ現状ではこれが限界なのだろう。
こう考えれば相当悪くないけど、あぺたいとの麺がボキボキの博多麺を目指したのだから、あぺたいとの焼きそばの麺をこのスープに入れたら、多少太くともかなりいいんじゃないか、なんて思ってしまった。

塩崎さんは〆に焼きそばを頂いていたが、自分も事前のインタビュー時に焼きそばを、しかも撮影のため初訪時以来の卵乗せで食べたが、味わいがまろやかになって、やっぱ出来たてを店で食うのはいいなと改めて思うのだった。
玉子崩し混ぜ焼きそば
どうしてもバキッと両面焼いてるので、玉子で柔くなるのがなんか嫌で初訪の後からは乗せないできたが、店で食う時くらいたまには温玉なんかも出来るので試してみたくなった。

社長は今、月島店にいるようなので、そちらでの味も気になるし、今後増えていくだろう支店、そして他にも焼きそば専門店が今以上に出来てきてくれるなら、色々食べてみたいなと。

←クリック戴けると狂喜します

前回告知した街歩き会、無事終了。
★実食つき街歩き会:18年春の3本 開催
3/24土 15時頃〜吉原遊廓跡・看板建築巡り―菜苑【終了】
3/29木 19時頃〜板橋仲宿―夜桜―戦跡巡り―龍王ナスバター【終了】
3/31土 14時頃〜大宮赤線跡―大宮公園花見―ラーショ東宮原【終了】
3/24の会で菜苑で食すことが出来たので、その報告をさせていただこう。

前回伺ったのが2009年と10年近く前だったのに驚く。
【過去記事:菜苑@浅草〜元祖は伊達じゃない!】
それと前後して幾つかの店で純レバを食べてきたが、やはり元祖となる菜苑本店は、レバ臭さのなさとホクホク感は群を抜いていて、鮮烈な記憶として脳裏に焼き付いていた。
そのクセ、今の今まで再訪できていない自分を恥じるが、もう1度本店で味わっておきたいと、一秀での失敗を踏まえ、閉店となる今月末より1週間余裕を持って伺うことができた。

簡単にこの日の菜苑までのルートを追っておくと、15時に東武伊勢崎線の曳舟駅に集合。京成曳舟にいっちゃう人ゼッタイいるだろうなと思ったら、全員自分が着く前に改札前に揃っていた。優秀!
実は今回のルート、自分自身10年ぶりくらいにくるエリアが多く、1時間前乗りしてなくなってる物件がどれくらいか下調べしていた。これがミッチリ1時間かかって、集合場所に着いた段階でかなりヘロヘロ状態だったのだが、皆で歩き出ると元気になるものだ。
IMG_5963曳舟駅から水戸街道を渡り鳩の街商店街へ。入口付近は取り壊されていて、既に再開発の工事が始まっていたが、その先は戦後からの商店街が続いていた。その裏筋にあった赤線跡のタイル建築は残っていて、さらに路地裏を進み、向島料亭街へ。現役の料亭もあるが、かつての料亭や花街にあったと思しき建築が、広範囲に点在していて、自分がかつて本を作るときに見逃していて物件まで発見できた。今では花街当時の建築は殆どなくなったとされているが、探せば痕跡はかなり見受けられることが参加者に分かってもらえたと思う。異彩を放つ花街跡らしき民家の先にスカイツリーがそびえるというコントラストは目を引いたみたい。
花見2隅田川の土手に上がって、花見がてら休憩。花見としてはめちゃメジャースポットだと思っていたが、人はいるものの、座れるスペースは確実にあった。町内会が出している売店があって、チューハイ250円とか焼き鳥1本100円とか、かなりリーズナブル。即席のテーブル席で桜を見上げながらかなりゆっくり出来た。
桜橋を渡って山谷堀に沿って吉原へ。カストリ書房という遊廓関連書籍の専門店に立ち寄り、現在のソープ街を通りつつ、かつてのお歯黒溝、赤線時代の遊廓物件を見て、いよいよ菜苑へ。

ここまで3時間、予定より30分以上押してしまったが、よく付き合ってくれたなぁと、感謝しきり。
本当は吉原と浅草の間にあるエリアは裏路地が面白いのだが、菜苑が混んでいたら遅くなってしまうし、メンバーの体力も心配なので、真っ直ぐ菜苑に向かうことに。

千束通りのアーケードが終わりを迎える馬道通り直前、店の明かりが見えだした。
外観
味の工房 菜苑 本店【食べログ】
★★★★☆ お疲れ様でした
東京都台東区浅草3-10-6

幸い、行列はなく、適度な混み具合でいい塩梅に最後を迎えようとしている雰囲気が伝わった。
丁度中が満席なったタイミングだったようで、外で少し待ったが、程なくして入店。こちらは自分含め5人だったので、分かれて座ることに。
厨房には若そうなニイチャン店員が二人で回していた。途中からお婆ちゃんが入ってきたが、前からこのニイチャン店員だったっけか? 10年々近く来てないから言えたギリではないが、ちょっと不安になった。
店内
激混みではないにせよ、普段よりは客は押し寄せているようで、自分らのロットは純レバだけで10個くらい入ってた。それを一気にこなしてて、厨房の作業台にズラリとご飯が乗った皿が並んだ。そこに炒められた純レバが盛られるのだが、かなりザッパな感じ。普段ならこの豪快さこそ町中華(というには少しハイクラスな店なのだが)の醍醐味と思うのだが、前回とのギャップがあるので、不安がさらに募ってしまった。

で、純レバ丼¥1100の着丼!
純レバ
この写真が、出てきたまんまの姿ね。かなりババッとつくった感出てるでしょ?
なので、ネギとレバのバランスを前回の時みたいな感じにしたのが↓
純レバUP
これでまず、レバだけ頂く。前はレバのブロック1つ1つが大ぶりだった気がするが、思い出を美化しているのかもしれない。食感も前のしっとり加減に比べればパサつき気味で、レバの臭みも若干ながら感じられた(純レバはレバの臭みが苦手な人でも食べられるように質のいいレバで臭みなく食べられるのがウリなのだが)。
今度はネギとご飯をよく混ぜ、少しピリ辛のタレを絡めて食べると、臭みが感じられず、全ての要素が渾然一体となった純レバ丼の味わいとなった。
あぁ、これよこれ!と思ったが、やっぱりレバ自体のしっとり感がもっと欲しい。欲を言えば、米ももっと甘くて瑞々しい炊きあがりだともっといい。でも、ネギとタレとのバランスでならではの味になっているので、菜苑の純レバの味は味わってるという実感は持てた。
付け合せのスープはダシが前より濃いめに感じられて、以前系列店で食べたDXラーメンがピンと来なかった身としては、これは麺メニューも期待させるものだった。

なんだかんだいいつつ、ガツガツと完食!
思い出分、ハードルを上げてしまった部分は否めないし、つくり手で変わる部分と、1杯分丁寧につくったらまた違うように感じるんだろうなという部分は加味しないといけない。
まぁ閉店を聞きつけて来る段階で、これまでの経験からしても、これら部分は覚悟が必要だ。だから、この日食べた1杯で全てを決めつけるのは野暮というものだろう。
亀戸ほか、谷塚の関連店も行けてないし、ここ本店も移転先の物件を探しているという話もなくはないので、またその時があったらまた食べに来て判断しよう。

ともあれ、菜苑の味をまた味わえて満足! 菜苑はカウンターだけの店だし、混んではいたということで、ホッピー通りの鈴芳で生ホッピー軽く一杯引っ掛けてお開きとなった。
味はそれぞれ好みはあるだろうが、なかなかに向島〜浅草界隈のその土地ならではの雰囲気と味を感じられるツアーには企画できたんじゃないかなぁーと。
というわけで、美味しゅうございました。ごちそうさんです!
こんなんで良ければ、ほかの街歩き会も是非ご参加くだされ〜

←クリック戴けると狂喜します

■当ブログ全体の反応■

↑このページのトップヘ