TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★hotpepperのグルメサイト→【メシ通:ラーメン&町中華インタビュー連載】
  ★自営喫茶が週1でイベント的に復活→【結構人ミルクホール〜夜の打菓子や〜】

4

10/28(土)おもしろ同人バザール@神保町【公式サイト】
ありがとうございました。事後報告したいのだが、色々立て込んでるので、それは後日。そういえばブログ未UPだったのを思い出した町の洋食やをば。
交通情報でお馴染み板橋本町交差点から17号中山道を北上してスグのところにある、イナリ通り商店街。
商店街
短い小さな商店街ながら惣菜の充実した肉屋、しっかりした惣菜パンが揃うパン屋、はたまた駄菓子屋ゲーム博物館などかなりの充実ぶりなのだが、沢山のメニューサンプルが踊るショーケースが目を引く洋定食屋もイマドキ珍しく現役バリバリで営業している。
サンプルショーケース
フライ系の洋食の定番からパスタ、中華そば、炒め物まで、洋・中の男の子好きしそうなサンプルがこれでもかと並んでいる。しかも麺類は箸持ち上げ状態でFIX! 前を通るだに、いつか来よういつか来ようと思い続け、ついに暖簾をくぐる日が来た。
外観
銀月【食べログ】
★★★★☆ 4.3
東京都板橋区宮本町65-1

店内はほぼテーブル席で結構な数あり、席間もそう窮屈な感じでもなく、背もたれの高い椅子でゆったりと寛げそうだ。
天井からはオレンジの昭和レトロなランプシェードが仄明るい暖かな灯りが否が応にもテンションを上げてくれる。しかし飽くまで町場の食堂レストランらしく、壁にはチューハイの文字が踊り、奥のテーブルにはほろ酔いのオッサン連中が、店の知り合いのようで、大声でしゃべくり倒している。
店内
こういう店では、自分はお邪魔者だから、店の人の意識がソッチに向いててくれると返って助かる。それでもちゃんと自分のことは見ててくれてるんだけどね。家族経営のように見えて、奥様と思しき方の目配りが行き届いている。

そんな感じで隅っこの席でマッタリスポーツ新聞を読みながら待つこと暫し、注文はこの店を知った時から決めていた、念願のアレ、オムライス¥680!
オムライス
おぉ、これは期待通りのビジュアル。サンプル通り、ハード系の薄焼き卵にケチャップがセンター部分にコテ〜っとかかっている。
オムライスUP
早速中を割ると、湯気を立てて赤橙色のチキンライスがお出迎え。食べてみると、これがドストラクのペチャペチャケチャップライス。味付けは酸っぱすぎず、しっとりとしながらホクホクのご飯と鶏肉の甘みが口中に広がる。玉ねぎのミジン切りのニガ甘さもアクセントになって、これぞ王道という、期待通りのなんてことない、でもフツーに美味しいオムライスとなっている。

あっという間に完食。ボリューム的には標準的ながら、これだけでは全然物足りない。この日はこれで店を後にしたが、なるほど、複数人でサワーでも飲みながら一品料理をつまんで、締めにカツとか麺類食べる、なんて使い方したくなるか。メニューのバラエティさからも量的にも、家族連れにもよさそう。それって、デパートのお好み食堂的な使い方ができるってことか。ホント、取り立ててどうこうというタイプの店ではないのだが、もう町場に消えつつある店でもあるので、出来る限りこの町で息づいていてほしい。
あぁ、次はミートソースかなぁ…って味似てるなぁオレ。というわけで、美味しゅうございました。ごちそうさまでした〜

←クリック戴けると狂喜します

5

10/28(土)はおもしろ同人バザール神保町【サークルブログ】【公式サイト】
拙ミニコミ同人誌は通常、夏と冬のコミケで新刊を出して参加しているのだが、これまでも何度かコミケ以外の即売会に参加してきた。しかしここ数年疎かにしていたが、土日時間取れるようになったので、久々に参加してみることにした。
自分がやっているタイプの本は、評論・情報系といわれ、二郎巡りなど食べ歩きレポート以外にも怪しい缶ジュースを集めたり、自販機うどんなどのオートスナックを紹介する食べ物系以外にも、色んな独自研究をしている、いわば勝手に夏休みの自由研究をやっているような人たちが本を作って集まるようなジャンルとなっている。
なかなかコミケに行けない人、行ってみたいけどなんか怖そうと二の足踏んでいる人など、神保町は古本祭り開催期間なので、ついでに是非覗いてみて頂きたい。
というわけで、当日持ち込む直近刊『ラーメンショップ路線バスの旅』【詳細】から、1つラーショネタをば。

宮原ラーショはニューシャトルの駅高架直下というチョット変わった立地にある。高崎線の宮原へと続く道路沿いにあり、駐車場も完備されているので、ラーショらしく車でのアクセスのよさも兼ね備えている。
ロードサイド
場所柄薄暗く映るが、派手めのライトに浮かび上がり、郊外のラーショ感がかえって際立って感じられる。
外観
ラーメンショップ ニューシャトル東宮原駅前店【食べログ】
★★★★★ 4.8
埼玉県さいたま市北区宮原2-109

店内はほぼ正方形の厨房をL字カウンターが取り囲む他、小上がりも充実していて、スエット上下の地元ニーチャンネーチャンがタバコ吸ったり飲んだりしながらマッタリしている光景に出くわす。コッチがラーショの正しい客層ね。余所者はカウンターの端に陣取る。
威勢のいい兄ちゃん店員が主人のようで、フロアにはそのお母さんらしきマダム。カウンターは仕切りのない由緒正しきラーショタイプなので、上部の品書きなどキョロキョロしているとご主人に睨まれてるようで、アウェーの洗礼を受けてる気がしてくる。
店内
にしても猪木の闘魂タオルみたいなラーショの布、ほしいよね〜
メニュー
ネギトロロ丼なる丼メニューがあると聞いていたのでそれを探していたのだが、聞いてみると終わったという。ならば王道でお願いする。

ネギラーメン¥730!
ネギラーメン
俄かに乳化した茶濁した超オールドスタイルの豚骨醤油スープ。失礼ながら見た目的にそう期待してなかったが、飲んでみるとこれが絶妙なバランス重視の一杯! 豚骨のダシが嫌味ないほどに円やかに出ていて、タレも立ちすぎず、背脂粒が小さくもしっかり固形で甘みもバツグン。ややぬるいが、かえってここんちのジンワリくるスープが堪能できる。
ネギラーメンUP
麺は細めの、角ばったストレート。最初はノーコールで硬めだが、次第にちょうど良い硬さなり、最後はネギと背脂とスープクチャクチャ状態にして三位一体になったのを楽しめる。器は白いが定番の底浅タイプ。チャーシューは赤身主体で大きくなく厚くもないがトロトロで実によく煮込まれている。ネギは味付けは甘めだがやや辛味も残っていて、いい塩梅。わかめは通常タイプだったが。

具も麺もスープも全体のバランスが素晴らしい。ラーショ云々抜きにしても、郊外のロードサイド豚骨醤油の王道という味で、これが今、堪能できる喜びを噛み締めつつ店を後にするのだった。
ラーショの中でもかなり好みのタイプっつーことで、ウマウマシ! ごちそうさまでした!!

←クリック戴けると狂喜します

5

ブログ更新滞って申し訳ない!!
前にも触れたが、仕事がフルタイムの自営喫茶営業ではなくなったので、ブログUP頻度を上げるぞと意気込んでいた。しかし、店やってた頃は準備が忙しくて、いざ店を開ければお客さんを待つだけなので、その間に時間が取れたが、今はいつでも仕事がやれる状況で、やるべきことが重なると寝る以外ほぼ作業で気づくとメシを抜いて休憩なしという日が続き、ブログUPは愚か、外食もままならず、このブログの存続自体も怪しくなってきている。
とはいえ、この状況がこの先ずっと続くわけじゃないし、これまでUP出来ていないストックが溜まっているとはいえ、なんとか外食機会も増やしていかないと自分自身持たないと思うので、なんとかブログ続くよう体制整えてます。
それまで、更新が不定期で間があくと思いますが、見捨てず今後もお付き合い頂けましたら幸いです。
で、まだまだ新刊の『ラーメンショップ路線バスの旅』【詳細】で朝霞駐屯地へ行った後の話。

近隣には川越街道が走っているので、ロードサイド店でよさそうなのあればと思ったが、駐屯地の辺りはスナックばかりで、後は弁当屋か廃業してシャッターが降りた建物ばかり。定食屋を見かけても、昼過ぎとあって中休み。
こりゃ埒が明かないと、東上線朝霞駅へ歩を進める。そういえば前々から気になっていた中華屋があったと思い出して向かうも、住所地にそれらしき店がない。これはやらかしたか。
しかし、来る時に1軒、ソソる佇まいの町中華があって、頭のなかにキープしていたのだった。中休み入ってやしないか、急ぎ足で駅へ向けて大通り沿いを進むと・・・
外観
おおっ、まだ開いてる!
入口
後楽園【食べログ】
★★★★☆ 4.5
埼玉県朝霞市本町3-1-44

店内ビルの1F、少し薄暗いが、営業中と確かに書かれている。すがる思いで中に入ると、中華屋というより近所の人々の憩いの場的コミュニティサロンというかランチ洋食というか軽食喫茶といった面持ちの店内。ご近所のマダムらしき人らが数人、店のマダムと語らっている。
空いているテーブルに付くと、店のマダムが大きめのグラスにたっぷりとよく冷えた水を汲んで持ってきてくれた。この時はかなり暑かったので、こういうサービスが嬉しい。
テレビはテレビ埼玉。高校野球の埼玉地区予選をやってるのが憎い。
menu
母校がボロ負けしてる試合結果情報を見ながらまっていると、厨房からリズミカルな炒め音が聞こえてきて、油のいい香りがしてくる。

チャーハン¥450+大盛り¥100!
チャーハン大盛り
おおっ、大盛りにしたとは言えしっかりしたナイス盛り! 一見、皿盛りのピラフタイプで量がそんな多く感じられないが、底が深い皿で、そこにたっぷり盛られているので相当な量。
チャーハンUP
ご飯がパッと見ダマのようだが、しっとりした米がくっついてるだけで掬うと、ホワンと湯気を立ててホロっとほろける。食べてみると、水気を残したご飯の甘みと、しっかり炒まった適度な油の香ばしさが口中で合わさって、ザしっとりチャーハンという旨みが溢れる。ホクホクご飯はやっぱイイね。
具は嬉しいナルトの他、チャーシューも結構入ってて、デフォでワンコイン切ってるチャーハンとは信じられない!
味付けも適度な塩気メインでシンプルなので、サクサク食べられてあっという間に完食。付け合せのスープも中華屋定番の味でさっぱりできた。

会計時、朝霞駐屯地帰りで空いてて助かったと伝えたら、中休みなしで営業してるからね、とのこと。こういう店が町に一つあると本当に助かる。
ホックリした気持ちで、この後のバス旅に望むのだった。
肉天ぷらもアルコールもあるし、今度は飲みか、それとも開化丼か。
ともあれ満腹満足。これぞ町のホっとステーション。ウマシ! ごちそうさまでした!!

←クリック戴けると狂喜します

■当ブログ全体の反応■

↑このページのトップヘ