新たに更新したTOP、及び左サイドにあるように、なんかウチの店がエライことになっちゃっているが…なんて書くと他人事のようだが、もう開き直りに近い状態。やるだけしかやれないので、やれるだけやると。

で、そんな状況下でもお腹はすくし、スタミナつけないと身体は持たないので、ここが一番辛いところ。なんとか安くカロリーを摂取することを心がけている今日このごろ。そんな中どうしても野菜が不足するわけで、ある日、無性にネギが食べたくなった。しかし夜遅くに安価に摂取できるところとなると壊滅状態に等しい。とここで閃いた。ラーメンショップ系のネギラーメン! あそこならまだ間に合う! と豊島団地の青木亭(リンク先は音が出るので注意!)へと自転車を飛ばす!
と・・・シャッター・・・
あれれ? まだ営業時間中のはずじゃ? よくみるとどうも営業時間が1時間早まっている。俺の勘違いかもしれないが、こうしていても仕方ないので、北本通りを北上する。
こうなればネギじゃないけど、富士丸の野菜マシじゃ・・・あ、今日月曜じゃん!
この近辺の店は軒並み月曜定休。北区最北端(と勝手に決め付けている)の龍龍はあるが、この日に限ってスープがよく炊けてる時の臭いがしない。これはもう野菜摂取は明日にしろってことという啓示と受取り、素直に毎度おなじみの吉野家へ路線変更。この先の吉野家は・・・あ、122号(通称ワンツーツー)沿いにあったような。とりあえず行ってみるか。

吉野家川口外観吉野家 122号線川口店 ※東京グルメ登録は追って
最寄駅:川口元郷 / 南鳩谷
住所:埼玉県川口市朝日町1-8-6
時間:24時間 年中無休
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食

おおっ、記憶は定かだった。いかにもロードサイド店といった大きな横長の看板がお出迎え。正直こんな場所で商売になるのかと思うが、駐車場がそこそこ広いからか車がガンガン入ってくる。ここが都心でないことが妙に肌に染みる光景だ。
湯のみ@吉野家122川口店内は中央に大きめのカウンター席があって、壁際にテーブル席が配されるというファミレス的なつくり。照明も暗めで吉野家っぽくない。厨房対面の3席だけのカウンターに腰掛けると店員はお茶を持ってこない。代わりにカウンターに湯飲みが置かれ、卓上のポットから手酌する。多くの吉野家と勝手が違うが、湯飲みまで違う。
メニュー@吉野家122川口卓上のボタンで店員を呼んでオーダーするのだが、なんとメニューまで違う。噂に聞いていたカツ丼があるではないか!? 一時店舗限定ではじめたと聞き、いくつかの店舗を覗くもついぞぶち当たらなかったのだが、こんな形で巡り合おうとは。瓢箪からコマとはこのことか。

というわけで、やってきちゃったよ、ソースかつ丼並¥430!ソースかつ丼@吉野家122川口
5分ほどか待ったかいあって揚げたてが登場。いやはや、嫌が応にもテンションの上がるビジュアル!
ご飯の量は吉野家の並サイズか。その上にカツ丼が乗っているといえば想像できるかと。間にはキャベツが挟まっている。
でこのカツ。やってくれるわ吉野家。しっかりとした厚みがあり、肉汁は流石に望めないものの、ホワンとしたソフトな食感で豚肉の味わいが堪能できる。かりっと揚がった薄めの衣との相性もよい。揚げはもっとハードなほうが好みながら、まぁとんかつ屋のそれと比べるのが野暮というものだが、油自体の旨みに乏しくもベタつきもなくうまいこと揚がっている。松屋フーズの展開するとんかつ店「松八」(今度取り上げます)と比べても肉の厚みはやや劣るものの、とりわけ揚げのよさが際立ちトータルで吉野家に分があると思う。到底430円とは思えないクオリティ。
ソースかつ丼UP@吉野家122川口
かかっているソースはちょっとキャラメルっぽい甘さのあるもので、天丼、それもいもやのそれに近く感じた。正直苦手なタイプだが、これはこれでサクサク食べられてしまった。この味に慣れてきたのかな?
ご飯はまさに吉野家品質。吉野家はオールタイムリスペクトなわけだが、なかでもご飯をものすごく評価している。同じ並でも松屋のそれより量があるし、いつどこで食べてもしっとりと甘いご飯が出迎えてくれる。カツ丼にもあわないわけがない。
ややキャベツの匂いが気にならなくもないが、仕方ないところだろう。

一部で吉野家らしくない味という評価もあるようで、それには納得だが、このクオリティで出すあたりは吉野屋らしいのではないだろうか。これは是非どこの吉野家でも出して欲しいところだが、提供時間や設備の面で難しいのだろう。他にも玉子とじのカツ丼やカレーもあるし、地域によってはハンバーグ定食や鰻まぶし丼まであると聞く。吉野家のHPでも公表されていないので、ぜひとも情報が欲しいところだ。
こいつはいい店見つけたぜ!近いし夜中も使える!と意気揚々と家路に着いたわけだが、実はこの後とんでもないオチが待ち構えていたのだった・・・というわけで、

つづく!

・・・ってこのところ週1ペースになっているのに続いて大丈夫なのか自分!?

←クリック戴けると狂喜します