ブログネタ
大衆食堂 に参加中!
以前、御徒町の吉池の裏にデキる焼きそばがあるとしてご紹介した、小中学生が喜びそうな店名の珍満【過去記事】。路地裏でヤサグレた感のある佇まいながら、オーソドックスな中華屋の味と一部個性的なメニューがソソる佳店だ。
所要の都合でこの辺でサックリ晩御飯を済ます必要に迫られたので、久々に暖簾をくぐった。何度か訪れているので、ササッとした紹介で許されよ。

珍満外観中華 珍満【食べログ】
★★★★☆ 永遠の★4.5
所在地:東京都台東区上野3-28-10

縦に長い厨房には、相変わらず数名の調理人が入り、手早く仕事をこなしている。客席も変わらず賑わっていて、これだけ流行っていれば日付変わるくらいまでやってて欲しいものだが、高齢化の目立つ従業員にそれは酷というものか。この日は近所っぽいオッサンより、会社帰りのサラリーマンがビール¥500を引っ掛けた後、サックリ一杯食べて帰る姿が目立ったが、それを見ていると普段はビールを飲まない自分もたまにはイッパイという気分になる。食前にアルコール以外の飲み物というのもナニだし、ツレとシェアすることに。
となればオツマミも欲しくなるのが人情というものでしょう(本当はコッチが本命^^;)。

おつまみチャーシューは300円だったかな。
焼き豚@珍満
結構しっかりと厚みのあるもので、臭みは覚悟していたが、あまり気にならない。硬いというより肉肉しい噛みごたえという感じで、ジューシーではないけど、ほのかに温かく、やや甘みの強いタレとともに食べやすく満足度が高い。安定の一品やね。やっぱルービーに合うわ〜

チャーシューを食べ終わりそうな頃に、同行者のタンメン¥580の登場。
タンメン@珍満
やや濁りの強いがあっさりした塩スープに、野菜炒めの煮汁が混ざり、定番のタンメンの味わい。安心の味だが、麺が少し特徴的で、やや太めで軽くウェーブのかかっているまでは普通だが、食感が実にモッチリ・ネッチリしている。味が染み込むというより麺の食感を楽しむ要素があり、あっさりしたスープとのバランスがいい。これはウマイね!

予想以上のタンメンに満足していると、久々の焼きそば¥580!
やきそば@珍満
デタ!キタ! そう、このブツブツ切れてグデングデンに柔らかい太麺。恐らく麺を茹でたものを炒めているのでこんなグチャグチャになっているのだと思うが、色味同様味付け自体は薄めで、ソース感は殆ど感じられない。ややスパイシーに感じなくもない薄っすらとした味付けと、心ばかりの野菜がこの独特の麺に絡むと、ジャンキーながら病みつきになる直情的な味わいが口いっぱいにあふれる。これよ、コレ!

この値段で十分な量ながら、大盛にすればもう大満足。餃子と食べてもよし、炒飯なんかに手を出してもよし、様々なヴァリエーションが楽しめ、しかもレバニラなど定番の中華定食メニューも一通り揃っている。こういう店は本当に重宝する。
いやはや今日も大満足!うめぇ〜 ごちそうさんでした。

中華珍満 ( 御徒町 / 中華料理その他 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←1日1回クリックしてくれたらHAPPY直前!