ブログネタ
美味しいつけ麺 に参加中!
マンション看板@西台大勝軒大勝軒・丸長系はいくつか食べてきたけど、こちらは中野大勝軒で修行されて、東池袋の山岸さんは兄弟子ってなことが店内に書かれていたような【系譜一覧はコチラ】。東池袋系はもとより、丸長も長野で食べたりしたが、代々木上原の大勝軒の系列は実は初めて。ある時近くを散歩していたらマンションに看板を見つけ、昼飯を食べていたのだが、少なめならと入ってみることに。

西台の駅からは高島通りを越えてスグ。交差点角のマンションに、1Fに入るテナントの看板が並んでいる。よくスナックの名前がこんな感じで並んでいる光景は目にするが、大勝軒の文字は新鮮に写る。
裏手の駐輪場を通る。ここでいいのかと思うが、お好み焼き屋があるので、あっているのだろう。
マンション裏通路@西台大勝軒
するとラーメン屋すらなく、道路に出てしまった。何処だ!?と辺りを見回すと、真後ろに元祖つけそばの看板が。表通りとは反対側にあったのね〜

入口@西台大勝軒元祖つけそば 大勝軒【食べログ】
★★★★☆ 4.5
所在地:東京都板橋区高島平1-56-12
なんと公式サイト:http://taishouken.com/

想像以上に狭い店舗で、カウンターとテーブル席を一揃え詰め込んだ感じ。席には薄い座布団が敷いてあったり、雑誌やマンガの類が積まれていたりと、いい意味で町の中華屋の雑多感が溢れている。
先客はおらず大将は客席でTVを見て寛がれていたが、自分に気づくと厨房に入りお冷を持ってきてくれた。卓上のメニューには「つけ麺じゃねぇ、つけそばじゃい!」みたいな文言に並んで、トッピングの少ないワンコインらあめんや半分つけそばがメニューに並んでいる。てことはデフォ量が多いのかと大将に聞いてみると、茹で前200gという。グラムで即答する辺り、完全にラヲタに見られていると思ったが、まぁいいや、丁度いい量なので、ドノーマルのつけそばにしてもらう。
メニューはバリエーションが多彩で【公式サイトのメニュー一覧】、定番の野菜つけそばの他、ねんま・玉子・味噌・魚介豚骨にドレッシングなんてのもある。また通販や持ち帰りにも力を入れてるようで、町に溶け込んだ店という雰囲気がひしひしと感じられる。
テレビを見るでもなく店内を見渡していると、寄せ書きの色紙が目に入ってきた。30周年を記念して常連がしたためたもののようだが、二郎に負けるな!なんて書かれてもいた。勝負するところじゃない気もするが(寧ろ欣也の方が味的に被ってる気が)、駅周辺に結構な数あるラーメン店が、それぞれにキャラクタがあって棲み分けが出来ていて、良い感じだなぁなんて思ったりしていると、奥様と息子さんだろうか、買い物袋下げてドタドタと帰ってきた。するとピピッとリモコンでエアコンを付けてくれた。久々に空調なしのラーメン屋かと思いながら水面下で蚊と格闘していたので、地味に助かった。
急に厨房が活気づき、15時近くというのに後客も続々やってくる。常連のようで、店の方に「野菜つけ大盛ね」なんて言われている。

というわけで、自分のつけそば¥630登場!
つけそば@西台大勝軒
よし、スープ割り標準装備だ。なんだか容器が熱燗のようだが、皿にざっくり盛ったような麺の感じといい、グッとくるものがある。
まず麺だけ頂きます。
麺UP@西台大勝軒
うぬっ、かなり茹でられてグズグズ感ありますな〜 でも嫌じゃない。丸長系で多く見られる、色が白くて比較細めの麺を想像していたが、色が黒っぽく、結構太い。柔らかいが噛んでいると粉の食感と風味がしっかり感じられる。太さも不揃いで、手作り感が強い。いいな、これ。
つけ汁@西台大勝軒
つけ汁は透明なスープで醤油ダレの色味が強い。短冊切りのチャーシューとメンマ、あとワカメくらいとチト寂しい見た目だが、その分か、らあめんより若干安く設定してあり、先ずはつけそば食ってくれという意気が感じられる。さっぱりしたつけ汁だが、物足りなさはなく、チャーシューもしっかりしたものながら噛めば柔らかく煮込まれているのがわかる。鼻孔をくすぐる微かな魚介(カツオメインじゃないかな)の風味も心地いい。
あっという間に麺はなくなり、お待ちかね、スープ割りに移行。
スープ割@西台大勝軒
ジョボジョボと注ぐと、色味が結構薄まった。飲んでみると動物系の輪郭がはっきりしてくる。殆ど味なしのシャバシャバ割りスープを想像していたが、ショッパさが和らぎ、グッと飲みごたえが出てきた。ホッとする味やね。
つけ汁を飲み干し、残った割りスープを開けてみる。
割スープ@西台大勝軒
おおっ、やっぱりそこそこ色味ついてるね〜 これだけでも十分飲める。乳化とかそういうレベルじゃないけど、スープ濁さずそれなりの時間煮だしてるんじゃないかな。

全体の印象としては、ギトギトじゃない丸長系のあっさり気味のつけ汁に、柔らかくも意外とゴワっとした一面もある独特の太麺という初めての組み合わせで、他の上原系も試しみたくなった。
ガッツリいきたい時も、ちょっと小腹を満たしたい時も、様々のニーズに応えてくれる町の食堂といった面持ちで、実に気持ちのいい時間が過ごせる店だと思った。
後日知ったのだが、半チャーハンが240円でかなりソソられるビジュアル。よし、今度はお腹すかせて、半チャン野菜つけといこうか。
いやはや、しみじみウマかった〜 ごちそうさまでした。

大勝軒 西台 ( 西台 / つけ麺 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←1日1回クリックしてくれたらHAPPY直前!