ブログ更新が遅れ申し訳ない。
拙ミニコミ同人誌の冬新刊入稿が迫っているというのもあるが、そっちは殊の外順調に進んでおり、近々内容の詳細を発表出来ると思うので、ご期待頂きたい。
寧ろそれ以降、更新が不定期になり、チョイ古の未UPネタが年末まで続くかもしれないので、ご了承いただけたらと。

以前、ワンコイン家系FCにも関わらず、ダシが異様に出ていて驚いた、
2012年11月11日 せい家@十条〜どーしちゃったの豚骨?
の続き的なネタを。
訪問が深夜だった所為かとも疑い、もうちょっと早い時間でのリベンジを画策していたが、その前に、同系列店が気になり、上板橋南口の商店街にある同店へ赴いてみた。

外観@せい家上板橋せい家 上板橋店【食べログ】
★★★★☆ 4.5
所在地:東京都板橋区上板橋2-31-12【ワイワイマップ】
公式サイト:http://www.seiya-net.com/

23:30頃だったろうか、この手の深夜営業店は時間が深まれば深まるほど混むものだが、全店ほぼ似たような白い壁紙の明るい店内の、L字カウンターには誰一人居なかった。
少々不安がりつつも、人懐っこい当りのいい店員に招かれ着席。

で、ノーマルのらーめん(ノーコール)¥500!
ラーメン@せい家上板橋
運ばれたソレをみて驚いた。おおっ、茶濁しておるぅ!!
しかし十条の茶濁とは少し違うような。飲んでみると、ダシのよく出たザラッとした舌触りが残る。家系でも鶏やら豚やらのガラの残骸みたいのが沢山混ざりこんでいるタイプ(例:ちゃーしゅうりき【過去記事】)だが、それよりなにより、髄と思しき砂状のザラがハッキリと見て取れる。しかし、十条店が赤茶けた色味だったのに対し、写真では色味的に赤茶けて写ってしまったがコチラのは完全に茶色いデザートタイプ。部位が違うのだろうか。表面の鶏油は少なく、最初ちょっとシャバいかと思われたが、ダシの出たスープは乳化したコクのマッタリ感がしっかりとあり、最後まで薄っぺらくならず飲み干すことが出来た。
麺はこちら特有、というか最近家系っぽいラーメンで多い、やや平べったい多加水麺だが、これまで食べた同系列店の中で、一番コシのある硬さを感じた。気のせいか、はたまた麺を最近同系列一斉にマーナーチェンジしたのだろうか。
ノリは相変わらずスグしなしなにヘバっちゃうタイプながら、見た目寂しい小さな赤身主体のチャーシューもホロプリっとしててイイ感じ。

十条のインパクト程ではなかったが、こちらもまたちょっと違ってシッカリと本炊きと思われるスープで、大満足! 気づけば、続々と後客がやってきてかなりの席が埋まっていった。
また時間を変えたり、他の系列店も攻めたくなってきた。つーか仕事帰りのローテ入りケッテー!!
つーわけで、恐るべしワンコイン!ウマウマし!!ごちそうさまデス!

せい家 上板橋店 ( 上板橋 / 豚骨ラーメン )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←1日1回クリックしてくれたらHAPPY直前!
ブログネタ
家系 に参加中!