今回はずっと温存してた酒場をば。
というのも、初訪問が2010年3月だったのだが、この時は稲田堤からのハシゴで、味の記憶がイマイチ怪しかった。でも味や店が個人的にHITだったもんだから、1軒目で再訪してそれからUPすんべ、と思っていたら、今となってしまったのだ。

先日、墓参りに行ってきて、今回も昼はタンタンでラーメン食べてきたが【過去記事】、帰りは電車で座って帰りたいと、京王府中から府中本町に出ることに。
府中駅前の狭い路地に居酒屋がひしめき合ってワチャワチャしてる感じが凄くよかったのだが、今回久々に降りてビックリした。再開発で巨大ビルを建設中で、その路地は綺麗サッパリ無くなっていた。米があんま美味しくない洋食屋とか【過去記事】、如何にも飲んだ〆のラーメン【過去記事】って店もらしくて好きだったんだけどなぁ。
伊勢丹を抜けて大國魂神社へ。境内を歩き門前で右路地へ。広くて木々を抜ける感じがなんとも言えず、このコースがとても気に入っている。
オリジン東秀のある表通りを横切ると、府中本町駅手前の王将へと続くカーブに沿って木造モルタル建ての飲み屋が連なる横丁がお出迎え。
きりや外観
もうこの景観が大好きなんすよ。夜は特に赤提灯が灯る感じがなんとも言えない。
きりや正面
きりや【食べログ】
★★★★★ 5.0
所在地:東京都府中市本町1-9-2

店内は変速コの字カウンターのみで、中から女将さんが元気に出迎えてくれる。店内はゴチャゴチャしてそうに見えて、どこも綺麗にされてるので気持ちいい。厨房には主に焼き場担当の若めのニイチャン。先客は常連らしきオッサン1人。厨房頭上にあるテレビがBGMで、正しい大衆酒場な空間。
きりや店内
壁には競馬のカレンダーが貼られているのは府中競馬場が近いからだろう。開催日にはメモがされ、通常とは違う営業時間となる。実はこの近くにはオケラ街道と呼ばれる、競馬場までの道に沿って外飲みの光景が続く飲み屋道があるのだが、こちらは競馬開催日がメインで、土日仕事の身には憧れの場所となっている。その分、コチラが平日でも開いているので助かっているのだが。
カウンター頭上にアルコール類のメニューが掲げられている。
きりやドリンクメニュー
そこから注文すると、先ずお通しが登場。
前々からお通しというシステムはどうかと思っているのだが、初訪時このお通しを食べて考えが変わった。
きりやお通し10
↑これが初訪時で、↓が今回のお通し。
きりやお通し16
きりやシークワーサーハイ真ん中のもずく酢とキュウリのとが違うだけだが、板わさの切り込みの中の山葵の粕漬けといい、焼き魚が温かくて脂が乗ってるのといい、この店しっかりした手仕事のもん出してくれるなという確信を感じさせてくれる、最高のプレリュードだ。
料理の当たり外れはその店の名物を食べてみるまではわからないが、お通しというのは店の味や方向性を最初にアピールできるもんなんだなぁと気づかせてくれた。なので、今回2度目とあって、このお通しが出てくるのが楽しみで仕方なかった。
飲み物はシークワーサーハイ¥400。
酸っぱい果実の爽やかさが開口一番に丁度いい。あると結構頼んじゃうんだよね、シークワーサー。

食べ物メニューは卓上の壁面に貼られている。
きりや食メニュー
焼き物を頼みつつ、スグ出てきそうな一品モノを同時に頼む。

ニンニク漬け¥250!
きりやニンニク漬け
味噌漬け。ホクホクのニンニクに甘めの味噌が合うわ〜

子持ちシシャモ3本¥350!
きりやシシャモ
こちらもホックリ焼ける。なんでもない一品だけど、当たり前のものが当たり前に出てくる、それが本当に嬉しい。こういうのはコップ酒¥350が合うね。

すると焼き物がやってきた。
きりや焼き鳥16
こにく(鶏)と、はらみ・なんこつ(豚)、2本ずつ。どれも1本150円なのだけど、4本頼むと1本100円になる。でも好きなものを好きなだけ食べるのが結果オトクなんでね。
前回はかしらがあったと思ったんだけど、今のメニューはハラミになってた。
きりや焼き鳥10
前回の写真、左がたん、右がかしらだったかな。
前はかなり大きく感じたが、改めて見ると小さくはないがそんな大きくもないかな。でも、肉はどれもホックホクで、水分も肉肉しさも保たれてて、焼き鳥食ってるぞって感じが存分に詰まった焼き加減。特別な感じはしないけど、焼き鳥食いたい満足感が十分に満たされる。やっぱ焼き鳥・焼とんってウマイね。

他に頼んだことある焼き物は、ネギ串1本¥150!
きりやネギ串
ピーマン1本¥150!
きりやピーマン串
野菜モノは火が入って甘みがギュッと詰まってて好物なのだが、やっぱイイわ〜
そうそう、前食ったのにちくわ串2本¥400なんてのもある。
きりやちくわ串
きりや府中ハイボールわさび醤油が合うんだ。

2杯めは府中ハイボール¥550!
府中と命名されてるのは、近くのサントリービール工場故だろうか。通常の角ハイボールよりウイスキー自体が濃い味わいな気がする。ウイスキー強いハイボールは苦手なんだけど、これは濃くても飲めてオイシイ。

アテは、厚焼き玉子¥350!
これは前回も頼んでるのだが、もう大好物。ネギが入ってるのも特徴的だが、黄身が蕩けるタイプではないのにホンワリ・ふっくらしてて、甘すぎず、軽くしょっぱめな味付けがなんともネギとのバランスがあってる。
きりや厚焼き玉子
改めて今回食って、ウマイと思ったわ〜

こんな料理を食いつつ飲みつつ、テレビをみて常連や女将さんと時折相槌を打ったりしていると、マッタリとしてユルい至福の時間はあっという間に過ぎてしまう。そんな折、テレビで銀杏の話が出てきて、常連の方と銀杏おいしいけど面倒くさいって頷きあってたら、なんと戴き物の銀杏があったと急遽サービスで焼いてくれた。
なもんで写真ナシだが、キュッキュとした食感でホックリ焼き上がって、もう美味すぎた。面倒くさいもん、本当申し訳ないッス。

これで一人2千円チョイ。名残惜しいが、夜の遅いし遠い道のりだし、丁度もう一人常連の方がいらしたので、このタイミングで女将さんに気持ちよく送られつつ退店。
嗚呼、こういう店を出た後の夜風の気持ちよさって、酔ってるとはいえ何なんだろう。隣にも良さげな居酒屋があるし、いつかはオケラ街道も来たいけど、やっぱまたココきりやに来ちゃうような気がする。
いやはや、しみじみイイっすわ〜 ンマイ、ごちそうさまでした〜

←クリック戴けると狂喜します