★クラウドファンディングの一旦の目標は達成できました!!
ご協力くださった皆様のお陰て、無事発行でき、コミケ分は完売となりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m 只今通常の通販を受付中です【通販ページ】。8月中に委託先への納品も済ます予定です。近況はSNSで随時お知らせします。
●自前でクラウドファンディング募ります!
3日目 東2 X-01a ガキ帝国@東京ビッグサイトC92カラー
サークルブログ:【夏コミ新刊発行実現のためのクラウドファンディング募集】の詳しい内容

新刊告知が押しに押して申し訳ない! キャンプファイヤーというクラウドファンディングサイトで登録作業をしていたのだが、なんとリターンを3千円以上にしないといけなく、さらに3千円にするために既刊本のセットにしたら、定価のある一般商品はダメだと突っぱねられてしまった。
同人の夏コミ新刊で1000円で登録してる人がいたので大丈夫かと思ったら、規定が変わったと言われたし、それ以上に同人誌という自主制作物を一般商品と判断されたことが頭に来た。それじゃデカいプロジェクトでバックに企業があるような単価の大きいものでないとダメで、本来の個人では難しいことを達成できるものじゃなくなっている。
他のクラウドファンディングは手数料が高くて手が出せなく、これじゃ埒があかないと、いっそのこと個人で募ることにしました。
【クラウドファンディング募集ページ】
↑をクリックすると、自前の通販サイトに飛びます。そこで返礼品を選んでカートに入れて購入手続き頂くと、応募完了となります。ご協力頂けるようでしたら、是非お願い致します。
というわけで、サンプルまでに路線バスの旅で寄ったラーメンショップを1軒、チョイ出ししときやす。

場所は東武東上線朝霞駅から徒歩10分程度だが、バスで行くとなると、大泉学園へ伸びる泉32という西武バス。青葉台公園なるバス停で下車すると、目の前にはバス停名通りの公園があり、小ぶりながら緑豊かで散歩したら気持ち良さそう。
ラショ朝霞外観
のんきに少し散策していると、この公園のバス通り挟んだ対面に、昔散々見かけた、あのエンヂに白地のテント看板が目に飛び込んで来た。
そうそう、こういう何でこんなところに?というロケーションよ、一発目のラーメンショップに入るぜ〜
ラショ朝霞外観正面
ラーメンショップ朝霞店【食べログ】
★★★★ 4
埼玉県朝霞市幸町1-3-4

入口のアルミ戸を引くと、L字カウンターと、時を経てコンクリが黒く煤けた壁が囲まれた空間が広がるという、ザ・ラーショな光景が待ち受けていた。恐らく昭和末期から3?40年経つであろう飲食店らしい色合いで、カウンターに仕切りがなく厨房丸見えなのもラーショの特徴。家族経営だろうか、ご夫婦と娘らしき数名で回している。L字カウンターというと奥に長いウナギの寝床なラーメン屋が多いが、ラーショの多くは横に長い、もしくは正方形に近く、間口を広く取っている。ロードサイドという特性上、通りからよく見えるようにと作られているのだろうか。
エンヂのカウンターに腰掛け、頭上の手書きの品書きから注文。ラーメンの並が600円で、中・大と百円ずつUPする。これにネギやチャーシューなどを乗せたバリエーションがあり、それぞれに並中大の価格が書かれている。さらに味噌味もあり、醤油と同額とは嬉しい。ネギミソを売りにしている系統もあるが(丼にご丁寧にネギミソラーメンと印刷されたものを使う店もある)、ここも別枠表記でネギミソをアピールしていた。
ラショ朝霞店内
待ってる間、厨房の様子が見れるのも仕切りのない席の醍醐味。タレに漬け込んだチャーシューの塊が実に旨そう。麺揚げも昔からの平ザルというラーショオールドスタイル。

1軒目は王道にと、ネギラーメン並750!
ラショ朝霞ネギラーメン
ラーメン屋でワカメが王道の具の座から退いて久しいが、ラーショはワカメがデフォルト。個人的にはスープにバラけて味の邪魔になるので好きじゃないが、ここのはワカメが山状にネギにへばりついてそそり立ってる。見るからに普通のものと違うが、試しに食べて見ると、コキコキとした歯応えのゴツいワカメで、これはスープに影響しないし、何よりウマイ! ラーショでもこんなの初めて食べた。
ラショ朝霞ネギラーメンUP
スープは若干白濁しているがさっぱり気味。スープの味が分かるようにヌルめのスープが好きだが、そんな自分でもチョット温度はぬるく感じる。飲んでくるとコクも感じられてくるが、標準的な豚骨醤油か。その分、背脂はノーコールでもしっかりチャッチャしてくれてる。
チャーシューは薄めだが大ぶり。見た目より味気なく、やや臭みあるが悪くない。甘めのタレで和えたラーショ定番のネギは、ラーショ基準でも甘めの味付け。ネギの辛さが立つところもあるので、これは嬉しい。シャキシャキが思う存分食べられる。

スープは標準だが、ネギと、殊更ワカメに個性を感じるラーショだった。普段使いする味として、客の年齢層の高さとマッタリ具合も納得だ。ラーショはこうでないとね。
というわけで一発目は定番ラーショで満腹満足! 美味しゅうございました。ごちそうさま〜

←クリック戴けると狂喜します