このところ、当ブログのカテゴリーを見直していて……というか手を付けず放置状態だったのだが、ラーメン以外のサブカテゴリーを設けておらず、いい加減「中華」から「チャーハン」はサブカテゴリーとして作らなきゃマズかんべぇと。
ついでに、この1〜2年でWEB連載の仕事も増えたので、「メシ通などWEB記事執筆の仕事」というそのまんまのカテも作ってみた。
中でも一番新しい「favy」の記事は、このブログであまり紹介できてないので、今年2月に公開された大番くっくでfavyには書ききれなかったネタを公開しておきたい。

半チャンセット
favy:ほぼ板橋のみ!超ローカルラーメンチェーン『大番』の懐かし東京豚骨としっとりチャーハン

過去記事:2015年09月大番くっく2014年06月上板橋店

外観
東京ラーメン大番 桜川店【食べログ】 ★★★★ 4.0 
所在地:東京都板橋区桜川3-13-10

過去記事でも触れているが、昼間から常連のオッサンが大挙して押し寄せ、カウンターに陣取ってはチューハイを飲んでいる。
店内
厨房には中年の女性が居て、話し相手になっている。完全に居酒屋状態。
頭上メニュー
メニューを見ると他の大番と同じく、ラーメンのバリエーションにカレーなどセットメニューが並ぶが、卓上のメニューを見ると、ツマミがズラリと並んでいる。チャーシューや冷奴は定番だが、サバみそやエビチリまであるのに驚く。
卓上メニュー
にしても、台なしとは何だ!?
つけ麺のスープとあるが、蕎麦屋で飲む時の天抜きみたいな感じだろうか。もしや、頼むと食事が台無しになるとか。とくれば、頼むしかなるまい。

まずは酎ハイで喉を潤す。
チューハイ
メニューにはレモンサワーはあれど酎ハイはないのだが、この雰囲気なら出来るだろうとサラッと注文してみると難なく通った。値段はレモンサワー¥350と一緒だろう。
スッキリと飲めるので、食事を楽しみたい時は焼酎を炭酸で割っただけのプレーンで飲めると助かる。

そしてついに台なし¥300の登場!
台なし
出てきたそれはまんまつけ汁。しかも塩っぱい。微かに豚骨臭漂うのはこの大番ならでは。
具はメンマ・ワカメ・チャーシューと本当につけ麺のつけ汁と一緒。メンマもチャーシューも味付けがしっかりショッパめなので、完全に飲み助のアテだ。
チューハイだけでは飲むのにシンドイので、申し訳ないがスープ割りをお願いしてしまった。快諾してくれるのもまたラーメン居酒屋ならでは。

さらにカレールー¥250だけでアテにするのだから恐れ入る。
カレールー
トロミのある家庭的な味と思いきや、結構後からビターな感じも出てきて、コク深いがサラッと食べられる。

さすがにアテが液体のみだとツライので、メニューにあって気になったバタコー¥200も追加。
バタコー
やっぱしバターコーンだったか。ツマミとしては十分な量ながら、これを逐一フライパンで炒めて出してくれるのだから、それで200円は申し訳なくなる。ショッパーが続いたので、甘さが染み渡る。

そしてここに来たならチャーハンは頼まねば。
半チャーハン
飲み食いしたなら、セット用の小チャーハン¥350での注文もできるので、〆にもってこい。
相変わらずここのしっとり加減は半端ない。小くらいの量だと、ベチャベチャにならず、適度にこちらの水分多めのチャーハンを堪能できる(以前大盛りで少々失敗してるので^^;)。

いやはや、常連が飲んで盛り上がってる横でアレコレ注文して申し訳なかったが、これだけ個性的なアテを味わいつつ、賑わう店内の雰囲気を楽しみつつ、隅っこにいさせてくれるのは何とも居心地がいい。
町中華飲みとはまた少し違ったラーメン屋飲みの醍醐味が感じられた気がした。
とはいえ大番くっくが特別なのではあるが、ここはこことしていつまでもこのままであってほしい。いやはやウマシ! ごちそうさまでした〜

←クリック戴けると狂喜します