カテゴリ:ラーメン全般 > とんこつ

5

板橋西裏表紙●夏コミ無事終了、ありがとうございました!
『裏板橋メシ屋道中記・西地区篇』
80頁ALLカラー ¥900+税 【詳細ページ】

超ドローカル!!完全に大衆飲食店だけを巡った究極の地域密着ガイドブック『裏板橋メシ屋道中記』、1年前の東地区篇の続編がいよいよ完成!
夏コミ新刊セットの直通販、受付終了しました
コミケには昨年末発行の18年冬号『ラ・九州旅』【詳細ページ】も持ち込みますってことで、ブログ未UPド豚骨をば。

大牟田には炭鉱の廃墟があり、九州に行ったら絶対に行きたいとずっと訪れるのが夢だった。
というわけで、JRと西鉄の大牟田駅に降りて、レンタサイクルに跨ってスタート。まずは腹ごしらえと人から聞いた超濃厚豚骨ラーメンの店へ向かった。
外観
隣駅の新栄町近く、大きな交差点の角にあるのだが、しかしそこはどう見ても町中華。屋号もそんな感じだし。

入口
光華園【食べログ】 ★★★★★★★★★★ 豚骨遺産 
所在地:福岡県大牟田市東新町1-5-15

でもまぁ人の言うことを信じんべ、と暖簾をくぐると、いきなり芳醇な獣臭が備考を突いた。キタキタ、これぞモノホンの豚骨の証。九州でも屈指の匂いらしく、今ではここまで臭う店も少なくなり、常連などは愛情を込めて「便所ラーメン」と呼ぶらしい。ってもっと呼び方あるだろうに。
家族経営のような雰囲気で相当な老舗のようだが、手を入れているようで店内は白い壁が眩しくキレイに使われている様子が伺える。
店内
席はテーブルがメインで、テキトーに空いてるところに座る。
カウンタ上部に赤地に白文字の可愛らしい手書きメニューがあるが、ラーメン・ギョウザ・焼ブタ・にぎりめし・牛乳と、中華屋ではなくラーメン屋であることは知れるが、関東では見ないメニュー構成がとても新鮮に映る。ちなみに、関東でもヤキメシというワードはチャーハンを表すことはなんとなく知られているが、西日本、特に九州ではご飯物はなんでもメシという。なのでラーメン屋でもライスではなく「めし」と表記されている。なんにしても、フツーに地元の年配客とか来てるのにこの豚骨臭というのは異様な光景でしかない。

頼むと割り合い早くやってきた、ラーメン¥500。
ラーメン
まずスープに目を奪われた。もう真っ茶っ茶。赤茶色というより灰色がかっている。一瞬生コンにしか見えない。ラーメンUP
これぞボクのいう灰汁(はいじる)。何日も豚骨を煮出したものだけは行き着く、骨が砕け髄が出てそれらが渾然一体となった時に現れる色合いなのだ【参照:「御天」過去記事】。ここまで煮出すには相当の骨の量と光熱費が必要となるので、今では九州でも滅多にお目にかかれなくなってしまった。が、ここのは紛れもなく濃厚ド豚骨。
スープUP
ゲル状といっていいスープを掬って飲むと、滑らかとか粘度があるというのを超えて髄や骨片でザラッザラ。飲むというより食べる感じ。関東では豚骨でも作る時にラードを加える店が多いが、こちらでは寸胴(羽釜が多いようだが)に予め背脂やラードなど入れて煮るところはあっても、液体ラードを丼に加えるところはないみたい。豚骨の下処理も丁寧なようで、余計な脂っこさはない。骨から出るマロ脂だけで十分な飲みごたえ。
麺はやや平べったい細めで、このタイプは九州でよく出会う。もっと細くて断面の丸い長浜屋台のオールドスタイルの麺が好みだが、これはこれで味わい深い。なんにしても、このスープをもってこの値段、十分すぎる。
髄
最後に丼の底に大量の髄が大砂嵐状態で溜まっているのを確認し、店を後にした。

いやはや九州でコレが食えて大大大満足! バリウマシ!!!! ごちそうさまです!!

←クリック戴けると狂喜します

メシ通の新記事が公開されやした。
ラーメン系譜学もりやロゴ
関東のとんこつ狂いをとりこにした伝説のラーメン店「もりや」が千葉・松戸で再々スタートを切っていた

これまで当ブログで最多投稿数になると思う、金太郎からもりやへと至るド豚骨長浜ラーメン。その創造主たる守谷氏にこれまでの想いと変遷へと至る実情を徹底的に聞いてきたので是非読んでほしい。
関連記事:【14.08月移転後いっき】【11.8月いっき】【11.3月いっき】【10.3月今の守谷氏の八柱の店】【09.11月いっき】【09.9月いっきになる直前のもりや】【07.5月守谷氏がいた頃のもりや】【07.3月もりや初訪問】【06.11月田中商店】

主に板橋界隈で展開するローカル東京豚骨醤油ラーメンチェーンについてUPしやした。
半チャンセット
ほぼ板橋のみ!超ローカルラーメンチェーン『大番』の懐かし東京豚骨としっとりチャーハン

…ホープ軒本舗のような豚骨醤油ラーメンがリーズナブルに味わえる大番。上板橋店のコスパ抜群のモヤシ山盛りラーメンから、居酒屋状態と化す地元民が集う豚骨臭漂う謎の桜川店まで紹介しています。

※桜川店の魅惑のおつまみ一品の数々についてはコチラにUP済※
チューハイカレールー2019年7月:大番くっく@上板橋桜川〜ラーメン酒場としての本領
過去記事:2015年09月大番くっく2014年06月上板橋店

九州に行った際に立ち寄った、念願の昭和ドライブイン的ラーメン店のレポートが公開されました。
タイトル
【連載:ロードサイド探訪記】1杯400円の奇跡!豚骨ジャンキーから愛されて60年、久留米「丸星中華そばセンター」へ行ってきた

骨感がしっかりある本格ド豚骨でリーズナブル過ぎる、その経営の秘密に迫ります。

5

正直、期待はしていなかった。
というのも、なんでんかんでん(以下なんでん)閉店後に期間限定で開催されたラーメン花月のラーメン【過去記事】に始まり、あぺたいとで出されていたラーメン【過去記事】、はたまた歌舞伎町に出していた支店に遡っても、もう絶頂期の本格ド豚骨が出てくるなんて期待は持ちようがない。
それはもう自明の理というか、往時のなんでんの厨房にいた現・御天【過去記事】の岩佐氏にメシ通でインタビューして聞いたので【メシ通記事】、なんでんの看板を掲げてもあの当時のスープは味わえないことは分かりきっていることだった。
今回のなんでん復活も河原氏は厨房に立たないそうだし、だったら御天に行けばいい。

だのになぜ、人はなんでんと聞くと足を向けてしまうのか?

人類の不思議といえば大袈裟かもしれないが、実際自分も足を向けてしまったのだから弁解の余地はない。そこにはやはりなんでんが投下したド豚骨という魔性の香りがあり、99%別物が出てくるとわかっていても1%に望みをかけてしまう、ラヲタのMの部分をくすぐられるからに他ならない。

そして、高円寺のルック商店街からパル商店街へと歩みを進める自分がいた。JRの高架が見えた手前に、なんでんは佇んでいた。
商店街
外観
なんでんかんでん高円寺復活店【食べログ】
★★★★☆ 4.7
所在地:東京都杉並区高円寺南4-25-9
公式サイト:nandenkanden.tokyo

赤地に緑色のポップな書体で書かれたロゴはなんでんらしいが、その看板以外はフツーのテナント店といった風情で、店先でマジックをやったりといった往時の雰囲気は感じられない。にしても、「日本のラーメンブームはここから始まった!!」はちょっとJAROモノなような(ホープ軒とか味噌ラーメンはどうなるんだと。土佐っ子さえなんでんより前やで)。
ともあれ入店。半地下に降りていくと、屋台っぽい作りの店内にカウンター数席とテーブル3卓程という、意外なほど小ぢんまりとした空間となっていた。
店内
威勢のいい若い店員が数名で回していたが自分に気づく様子もないので(ラーメン屋ではよくあるんだ、ホント気付かれないのオレ)、空いていたので適当にテーブル席に着く。
メニュー
卓上にメニューがセットされている。アルコールやツマミも揃っていて、この辺もなんでん仕様(元々は御天のような飲める居酒屋ラーメンスタイルだった)。
軽く食べに来たので、ラーメンを注文。麺の硬さは選べるのかとふと辺りを見渡すと、壁のポスターに「粉落としを命名」と書かれていたので、出来そうだと思い店員に告げると、出来るとのこと。
ポスター
よく見たらメニュー下の方に小さく麺の硬さ表が書かれていた。

で、待つこと暫し、ラーメン粉落とし¥770の登場!
ラーメン
って、おおっ、これは想像を大きく裏切る灰色汁ではないか!!!? これはもしかしたらもしかするかもと、スープをズズっと啜ると・・・もしかしたよ、おい。
スープUP
これはかなり豚骨炊いてますよ。単にミキサーとかで粉々にして豚骨以外のものとドロドロに演出しただけのとは違う。店内には香しき豚骨臭が漂っているなとは思っていたが、ここまでとは。以前、工場でいいスープが作れてFC展開できるようになるみたいなことを河原氏がなにかのインタビューで言っていたのを覚えているが、これは工場スープなのだろうか? 店で炊いてる匂いがするし、店内一角の扉には「この奥スープ厨房」的なことが書いてあった。ある程度下ごしらえしたものを持ってきて沸かしているのか、それとも1から炊いているのか分からないが、何にしても今どきこれだけの豚骨スープ飲める店はまずない。
麺UP
続いて麺だが、スープから引っ張り出してみる。往時の麺よりかなり太くなっている。食べてみると、ネッチリ歯に粘るようなコシがある。ただ、コシがあるにはあるが弱く、ただ硬いというのとは違う、熟成が足らないような感じがする。気のせいかもしれないが、長浜の麺は今は本場でも殆ど見受けられなくなったので、ここはそれを望むべきじゃないかなぁと。
チャーシューは悪くないが、昨今のラーメン事情からするとショボさは否めないが、ネギはやっぱこういう濃厚スープには合うし、プリント海苔も往時のファンには郷愁を誘うものがある。ゲームの『鉄拳』だったかのロゴが入ったコラボ企画があったっけ。

なんだかんだで替え玉¥150も粉落としで。
替え玉
別皿で登場。往時は丼に茹でたてを入れてくれたのが懐かしい。まぁあの頃はカウンターだったからそれも出来たのかも。
替え玉UP
麺にはネギが散らしていある。まず麺だけ頂くも、やっぱりちょいコシが足りないかな。モキモキ食う感じにならない。
替え玉ドボン
そしてスープにドボン! 替え玉時にスープが薄くなった時のためのタレは卓上にあるが、デフォでタレは濃いめだし、オジサンには替え玉したくらいの味の濃さでちょうどいい。麺も何だ言ってもこういう硬さの麺はそうそう食べられないので、結局のところ2玉目をスープを飲み干しつつ完食。
髄?
最後、丼の底をみたところ、砂状の髄とは一見すると別物のような粉が溜まっていた。はて、これも髄なのだろうか。この辺が判明すると、スープの取り方の謎も解けるのかもしれない。

往時のピークからすると劣るというより別物感は多少あるものの、その後のなんでんからすれば遥かに濃い一杯となっている。環七ラーメン戦争時を知らない人からすると、こういうド豚骨はドロ系魚介豚骨とも違うので、ショッキングかもしれない。
ともあれ、食べられた方はこの機会にぜひ、岩佐御天との比較をお願いしたい。下井草までスグだから。どうもやっぱり人間ネームバリューに弱く、メシ通で幾ら往時のなんでんの本格長浜ド豚骨だと言っても、なかなか行ってくれないという歯がゆい思いをしているので、ここで中央線周辺が豚骨カルチャー圏として盛り上がってもらいたい。あ、無鉄砲【過去記事】も一緒に回ってもらえたら面白いかも。
というわけで、これはこれで驚きのウマシ! ごちそうさまでしたー。

←クリック戴けると狂喜します

↑このページのトップヘ