カテゴリ: パン・惣菜・TakeOut

5

街歩き会やります!
OB外観★町中華実食つき街歩きの第3弾、開催予定!
昨年、vol.1vol.2と平日に企画してきましたが、仕事も変わり土日動けるようになりましたので、希望曜日のアンケートをSNSで取っています。宜しければ協力下さい。
【Twitterアンケートページ】
【Facebookページ アンケートページ】


■vol.3 阿佐ヶ谷〜中村橋:五街道縦断半チャン散歩【詳細サークルページ】
…17年夏号『五街道縦断半チャン食いズ』【詳細】で巡ったルートを散策し、当ブログやSNSの読者間の交流が図れればと思っています。オフ会的なざっくばらんとした会にしたいので、気軽にご参加下さい。
それはそれとして、今回はようやっと正月話の最終章!

1/3の昼に赤羽で同い年の旧友と待ち合わせ。ここから佐野厄除け大師へ、宇都宮線を乗り継いで向かうことに。
過去にもUPしたが、一昨年の本厄【過去記事】、昨年の後厄【過去記事】と2年続けて佐野厄除け大師で厄除け祈願をした。今年は無事厄も抜け、昨年の古札を納めに行くことに。これで暫くは佐野に行くこともないだろう。

久喜で東武伊勢崎線で乗り換えるが、乗り継ぎに30分近くあるので、初めて久喜の駅前の風景も見ておこうと改札外へ。西口に出ると、デッキで商業施設に繋がっている。そこに珈琲OBがあるので、一休みしていくべと入ることに。
OB外観
珈琲屋 OB 久喜店【食べログ】
★★★★☆ 4.3
埼玉県久喜市久喜中央1-1-20 クッキープラザ 2F
公式サイト:http://coffee-ob.com/kuki/

OBは以前八潮店に行ってるが【過去記事】、久喜店はフルサービスではなく簡易セルフ店で、珈琲(自家焙煎OBブレンドコーヒー)の量も常識的だった。
珈琲+チーズトースト
チーズトーストも普通サイズで、チョット休憩に寄るには丁度いいのだが、やはりマジなヤツを食べているから、どうにも物足りなさを感じる。
とはいえ、この内容で、どっちも200円というのは脅威だ。店内はログハウス調なのは何処も変わらないが、客層はほぼ1人客で、皆読書やスマホ、ノーパソに勤しんでいる。とても静かで、作業して過ごすにはサイコーかもしれない。

駅に戻って伊勢崎線へ。館林で佐野線に乗り換えて、佐野市駅で下車。
厄除け大師へ入る前に、佐野ラーメンのほりこしで昼食。前回厄除け後に立ち寄ったら閉まってたので、今回は先に寄ることに。
外
中華そば ほりこし【食べログ】
★★★★★ 5.0
栃木県佐野市金井上町2248-3

そしたら、なんと外待ち。スグに食べられたけど。味の詳細は一昨年のレポに譲るとして、初回ほどの感動はなくも、寒い日に啜る温かいラーメンはやっぱ染みますわ〜
佐野ラーメン
今回もお店の方からお年賀を頂き、厄除け大師で古札を納める。
賽銭は自販機形式になっていて、10円から券売機で購入する。最先端というより、観光地の記念メダル的キッチュさがあっていい。さすがオートスナックが残るエリアだけある。

昨年は帰りに温泉によって帰ったが、今年は私の生まれ育った川口へ直行。嘗ての同級生とるーぱんで待ち合わせすることになっているのだ。
最寄りだった西川口の隣の蕨駅で下車。北口から歩くこと数分、節電か知らんが相変わらずやってんだかわからないほど暗く照明を落として営業する姿が見えた。
るーぱん外観
るーぱん 蕨西口店【食べログ】
★★★★☆ 4.5
埼玉県蕨市中央3-5-1
公式サイト:http://www.ru-pan.com

るーぱんは埼玉を中心に展開するピザのローカルチェーン。デリバリーとか流行る前からやっていて、ワンコインちょっとで食べられるピザから、盛りのいいパスタ、チキンバスケットやハンバーグ、ドリンクバー、アルコールに至るまで格安で楽しめる。サイゼリアがここまで広まる前から埼玉で根付いていた。
るーぱんサンプルケース
前金制で、入口のカウンターで注文する。来るのは正月くらいなので普段は知らないが、店員のおねえさんがほぼ1オペ状態でこの日もテンパってた。一応、奥の厨房に調理人が一人いるのだが、これが安さの秘密だろうとはいえ、気の毒になる。
るーぱん店内様子
店内はやや薄暗いがファミレスチックなソファーのテーブル席が10卓はあるかな。レジで渡された番号札を席においておくと、先ほどのテンパったおねえさんが品を持ってきてくれる。
メニュー
卓上にもメニューがあるが、追加の際はまた入口カウンターで注文する。

入口カウンターで家族連れの渋滞が出来ていたので、ピザが焼けてもなかなか持ってこれなかったのだろう、出てきたマルゲリータ¥640は、文字通り冷めたピザになっていた。
マルゲリータ
前にも書いたかもしれないが、ピザとかパスタって殆ど食べないっつーか、食べる習慣がないのでいつ食べていいかよくわかんないのだけど、こうしてたまに食べるものから推測するに、るーぱんのピザはかなり悪くない。昨今のデリバリーの、生地の耳にチーズ入ってたりとか、やたらボリューミーだったりするのとは対局にあるようなピザ。
マルゲリータだからそりゃバキバキの薄焼きで実にクリスピーで焦げた感じも相当香ばしいのだが、薄焼きタイプじゃなくても、そんなに厚くない。ソースも酸味がちょっとあって、少しオイリーでそんなにクセのないチーズと合ってるし。

アルコールはビールほかチューハイなど一通り揃っているが、ラムコーク¥280を頂く。
ラムハイカシス
甘めでスッキリした想定通りの味。こちらは、甘めのチューハイが多く、以前飲んだチューハイカシス¥310もかなり量が多く、チキンバスケットなんぞもツマミつつ、飲み過ぎ注意なほどカプカプ飲めてしまう。
チキンバスケット
この日は2枚めのマルゲリータ(今度は焼き立てだった)に合わせて2杯めはラムハイにしたが、悪くないものの、やっぱコークのほうがこの店には合ってる。

〆に何か食おうと、ハンバーグステーキ¥480を注文。
ハンバーグ
熱々の鉄板にジュージューいってやってきた。この値段で!?と驚くが、ハンバーグもビッグサイズ。結構肉肉しい食感もあって、ファミレス的な出来とはいえ、かなり悪くない。シンプルなデミグラスソースも好感触。下手なところで、変なソースとかで食わされるより全然イイ!

久々に同級生とダベりながらマッタリ過ごすには最適な店だが、やっぱり20年以上会ってないと、それぞれ違う仕事、違う生活環境だったりするから、共通の話題が付きてしまう。学生の頃のように、毎日顔合わせて同じような生活送ってるのとでは全然違うもので、自分は15くらいから成長してないつもりでいたが、月日は確実に流れているんだなと、実感させられた夜だった。
そんなこんなも含め地元飲みなのだろう。その現場がるーぱんというのも、埼玉らしいっちゃらしいか。この日は昼にOB行ったりしたし、気づけば埼玉を満喫した1日だった。
うん、まったりイイですわ。オイシかったッス。ごちそうさま〜

←クリック戴けると狂喜します

5

C92カラー夏コミ無事終了、ありがとうございました!!
新刊『ラーメンショップ路線バスの旅』、委託先には納品済みです。東京近郊にローカルチェーンが残る今の姿と、ロードサイドの現状を肌感覚で追った内容です。都市部の食事情との差が浮き彫りになっていると思います。そういうのに興味ある方にオススメです。
『パトめし!×∞』は一部委託先のみ納品完了しています【委託先一覧:下部】。自分の食と世界に対する考え方を理詰め(?)で述べた1冊なので、パトレイバー関係なく読んでもらえる内容になってます。手前の考えに興味ある方、是非手にとって欲しいッス。
というわけで、メシ通のラーメン系譜学の新記事【代々木上原大勝軒】がUPされたものの(今度詳しくやります)、先に新刊でスペースの関係で詳しく紹介できなかったオートレストランUPしときやす。

高崎線北上尾駅の北口に降りてすぐの道路が旧中仙道。その先に現中山道の国道17号があるのだが、そこへ至る道には派手な看板が目に痛いほどのドンキやらが入るショッピングセンターが。
オートパーラー上尾北上尾駅前ドンキ
この裏に個室ビデオがあって、その表通りが17号というザ・郊外なロードサイド風景が展開する。
オートパーラー上尾17号
17号沿いに歩くと、ケーズデンキの向かい、チェーン系大型ロードサイド店に混ざって、一際異彩を放つ怪しげなネオンが浮かび上がる。惹かれて近づいてみると、なんと現役のオートレストランだった。
オートパーラー上尾外観
オートパーラー上尾【食べログ】
★★★★★★★★★★ これもガキ帝国
埼玉県上尾市久保70-2

24時間営業で、ジュース類のほかカップ麺やパンといった自販機が並ぶ、こうしたドライブインは昭和末期までは都内でも環七などで見かけたが、今でも東京近郊・北関東には結構残っている。
ゲーム台が置かれる所も多いが、ここはその台数がかなり多く、地元のヤンキーの溜まり場臭がプンプンする。
オートパーラー上尾ゲームコーナー
ゲームコーナーの一番奥に自販機が10台ほど並ぶ一角が。
オートパーラー上尾自販機コーナー
中でも目を引くのがトーストとうどん。
オートパーラー上尾うどん自販機
オートパーラー上尾トースト自販機
同じ17号沿いでは行田の鉄剣タロー【過去記事】には今や絶滅危惧種に等しいハンバーガーがあるが、そこまでレアじゃないにしろ、トーストもうどんも少なくなってしまった。自販機の仕組みは単純で、プラスチックの器ごとうどんが入っていて、コインを投入すると内部で熱湯が注がれ、湯切りされ、スープが注がれて1分程で出てくる。
オートパーラー上尾うどん取り出し口
ちゃんと七味も取る場所があって1つ失敬し、休憩用のテーブルで頂く。
オートパーラー上尾七味

天ぷらうどん¥250!
オートパーラー上尾うどんと自販機
天ぷらの形状を保ちたくてかき混ぜをそこそこに啜ったら、汁が薄くて面食らった。かき揚げは衣ぐちゃぐちゃだけど、うどんだってコシなんか関係ねー感じがたまらない(それでも意外とヘバってないよ)。かき揚げも玉ねぎや桜エビも入ってる。
オートパーラー上尾うどん
食ってる内に段々味が濃くなってきて、下の方にタレが溜まっているのに気付いた。今度はしっかりかき混ぜる。
オートパーラー上尾うどん混ぜたあと
すると塩気がいい塩梅になった。どん兵衛にしろ立ちそばにしろ、麺も汁もぐちゃぐちゃに混ぜた渾然一体となったのが醍醐味。二昔前の一端の立ちそばのうどんになってる。

さてお次はトースト¥200!
オートパーラー上尾トースト銀紙
これも自販機の中にヒーターが入っていて、アルミに巻かれたパンがトーストされるって寸法。以前ハムチーズを食べているので、今回はコンビーフ。
オートパーラー上尾トースト自販機ボタン
ボタンを押すと、トースト中のランプが点灯。
オートパーラー上尾トースト自販機ランプ
暫く待つとアルミホイルに包まれたのが出てくる。
飲み物に瓶コーラの自販機があったのでそれを付ける。
オートパーラー上尾トースト自販機とコーラ
アルミを開けると、ホッカホカのトーストがお目見え。適度な焦げ目がついてるが、焼けすぎてないのがミソ。
オートパーラー上尾トーストUP
8枚切り程の薄めのパン2枚にマーガリンの塗られた上に乗ったコンビーフがサンドされてるだけだが、しっとりしたパンの甘みがジュワ〜ンと口中に広がって、あぁ、なんでただのパンなのにこんなに旨いんだろうってなる。
オートパーラー上尾トースト中身
こういうのにまたコーラが合うんだ。瓶だと2割増しくらいによく感じる。喫茶店のパンと一緒で、自販機トーストは不思議なマジックがある気がする。

ゴミをゴミ箱に入れて退散。改めてこのカルチャーが都内から駆逐されたのが悔やまれるが、ニーズがなくなったんだから仕方ない。またこっち方面に来たら寄るとしよう。
掛け値なしに純粋にウマシ! ごちそうさまでした。

←クリック戴けると狂喜します

5

東京メトロ銀座駅の改札のほぼ真向かい、壁に隠れて、さらに少し窪んだ場所にあるので気づきづらいが、数寄屋橋交差点から新橋方面へ伸びる外堀通り直下に地下2層に及ぶ巨大駐車場の入口が口を開けている。
待合室地下中
駅を出てスグ暗い空間に車が行き来しているので初めて見た時はビックリしたが、これはもしや嘗ての川跡を利用した空間なんじゃないかとピンと閃いた。しかし調べてみたら、川跡ではなかったが、知らないと気づきづらい巨大地下空間があることに間違いない。
で、この西銀座駐車場入口脇に、待合室というベタすぎて店名と気づかないような喫茶店がある。
待合室外観
待合室【食べログ】
★★★★ 4.5
東京都中央区銀座7-3-16

近くには待合室2という2号店まであるが、イマドキ喫煙OKで銀座のど真ん中でコーヒー400円で釣りが来るという時代錯誤甚だしい店なのだ。駐車場見ながら一服するには最高でしょ。
店内はほぼテーブル席で、一応禁煙席が1〜2あってそこについたが、衝立があるわけでも何でもないので、何の意味もない。
待合室店内
待合室アイスコーヒー客はオッサンやヤサグレた感じの細長いメンソールタバコ吸ってそうな女性が出ては入っていき、常に3〜4割の席が埋まってる状態。外はしょっちゅう車が行き来しているし、メニューはクリームソーダとかトーストとかベタな純喫茶メニューだし、本当に現代の銀座か疑いたくなる。

そんな中で気になったハチミツトースト¥430にアイスを+50円でトッピングしてみた。ハニートーストといえばカラオケのパセラで一斤まるごとに切り目を入れた上にアイスに蜂蜜をかけたのが溶けてパンに染みていくので認知度が上がった感があるが、ここのはどうだろう。
待合室フードメニュー
待合室ドリンクメニュー
アイスコーヒー¥380を飲みながら(黙ってても先に出してくれた!)、やってきた。
待合室ハニートースト
うわっ、たぶんここんちでフツーに出してるトースト、恐らく4枚切りくらいの厚めのパンの上に、アイスが乗っている。
蜂蜜は別に来て、温かくなってるからと店のオバチャンが告げて去っていった。この、つっけんどんじゃないけど、しつこくない昭和からの喫茶店らしい接客がいいね。
温かいので、アイスの上から回しがけるとアイスが溶けていくのかと思いきや、ドーム状の形を保ったまま、アイスはびくともしない。アイスだけ食べてみるとベタな、恐らく業務用のバニラアイスながら、甘すぎずサラっとしててイイ感じ。なんでもない感じが嬉しい。なんでこういうのってこういう喫茶店で出てくるんだろう。コジャレたカフェとかだとこういうのはないんだよなぁ。妙に美味しいんだけど。
待合室ハニートーストUP
で、気づくとアイスの下のパンが、格子状に切れ込み入ってるというのもあって、異様に陥没していた。パンがペチャンコになると味気ないかと思って慌ててアイスヘラでパン全体に均してみた。あまりキレイに行かなかったが、思いの外サッパリしたはちみつがクドくなく、サラっとしたアイスとトーストの組み合わせがナカナカのもの。贅沢言えば、もうちょっとトーストが強めに焼きが入ってったらパンの甘みもそうだし、アイスも溶けていい塩梅になったかもしれない。

ともあれ、意外な場所でそのロケーションを楽しみながら、意外なメニューが楽しめて、とてもウキウキする休息になった。昭和の時代は有楽町周辺のビルには地下の飲食街が今の比じゃないほど、それこそ新橋より沢山あって地下迷宮状態だったが、そういうところには必ずこうした喫茶店があった。銀座にはこういう喫茶店が似合う。やはり地下に忘れ去れれたように蓋されてたんだね。
つーわけで、これぞの穴場に満足! ごちそうさま〜

←クリック戴けると狂喜します

5

パトめし!読者にはお馴染み(?)聖橋を作った建築家、山田守。晩年を過ごした住宅が今週末まで公開となっている。
【「建築家・山田守の住宅」展 − 没後50周年・自邸公開 −】
実はココ、青山で名の通った蔦珈琲が入ってる建物なのだ。というわけで、以前伺った時のレポが未UPだったので公開しておきたい。

行ったのが夜なので外観が分かりづらいが、青山通りから路地に入った先、周囲が真っ暗な中、ポツンと蔦と案内板がライトに浮かび上がっている。
蔦珈琲店外観
蔦珈琲店建物
蔦珈琲店【食べログ】
★★★★☆ 4.5
所在地:東京都港区南青山5-11-20
※昼間の様子はこのブログ【レトロな建物を訪ねて|蔦サロン】等を参照あれ。

蔦珈琲店入口入口はゲートからさらに入ったところ。
重い扉をグイッと開けると、薄ぼんやりとライトに照らされる焦げ茶色の満席の店内が広がる。
ここは元々ガレージのような場所で、2Fから上が住居兼事務所だったが、没後暫くして1F部分をカフェにしたという。
蔦珈琲店内観店内は年季の入った喫茶店という風情だが、椅子や壁などよくみるとそんなに古色蒼然とはしていないのは、開業して20年ほどとそんなに古くはないからのようだ。
蔦珈琲といえば何と言っても、大きく取られたガラス窓から見る庭の景色。本来は2F以上から見下ろす形で作られたらしいが、横から見ても見事。
店自体は縦に長い構造で、カウンターがビヤーっと奥に向かって伸び、向かい合うように厨房があって、マスターが珈琲を点てているが、その対面が2人席で、入口手前側がそのガラス席になっている。たまたま空いてたのが奥の2人席だったので、席からは庭が全く望めなかった。
その反面、店内が見渡せて、マスターの所作や常連とのやり取りが窺えて楽しかった。
蔦珈琲店メニュー
フロアは基本ニイチャン従業員の対応。壁にあるメニューからセットを選び、告げる。
平日の夕方だが兎に角混んでいて、後から来る客もだいぶ断られている。入れてラッキーだったが、出てくるまでの時間は覚悟していた。だが、今回もまた珈琲を先に持ってきてもらうのを言うの忘れてしまった。やらかしたー。30分位水以外飲むものなくて喉カラカラ。

そんな状態でやってきました、クロックムッシュ¥1300(セット価格)!
蔦珈琲店クロックムッシュ
スゲーデカい皿でボーン!とやってきた。
蔦珈琲店クロックムッシュ横から
写真ではサイズ感分かりづらいと思うが、一般的なサイズのイギリスパンそのまま輪切りにしたのでサンドしてあるクロックムッシュが皿の半分、もう半分は切ったオレンジの上にクレソンがこれでもかとテンコ盛り。しかも葉っぱで隠れているが、ヤクルトのオマケ付き。

クロックムッシュの方は、厚み自体はそれほどでもないが、ガリッとしっかり焼けてて、チーズの上にまぶされたガーリックパウダーが焦げていい香りを漂わせている。
蔦珈琲店クロックムッシュUP
中はハムとチーズと至ってオーソドックス。イマドキなカフェというよりは味にしろベタな喫茶店なんだろうな。

水しか飲んでない状態で、これを食べるのはシンドイなぁと思った矢先、ようやっと珈琲の登場。
蔦珈琲店コーヒー
メニューにコーヒーとだけ書かれた一番オーソドックスなものだろうが、これが適度に深炒りで濃いめに丁寧にシッカリ淹れてあって(ネルだったかな)、久々に喫茶店でちゃんとしたコーヒー飲めて嬉しくなった。まろやかで甘みも感じられる。
この辺だとどうしても無くなった大坊珈琲【過去記事】と比較してしまうが、アッチが超個性派で攻めてる珈琲としたら、コッチはオーソドックスな味を丁寧に出してるってところか。濃いけどクセなく飲める。

これを飲みながら、クロックムッシュをパクつくと、やっぱりいい塩梅になる。刺激があると思ったら、中には粗挽きのコショウがまぶされていた。適度なスパイシーさが余計に食欲をそそる。
蔦珈琲店クロックムッシュ中身
クレソン他の野菜は口直し的にツマんでいたつもりが、二郎じゃないけど、メインのサンドパンにこの量のヤサイとなると、これだけでちょっとした食事。でもシャキっとして瑞々しいので、美味しく頂けた。

ヤクルトは正直、これだけの後に飲むには余韻的に甘くてキツイので、持ち帰ることに。
マスターにまたいらっしゃいと気持ちよく見送られ、店を後にした。
カレーも人気のようで、この味だし、全面喫煙可とあって、この辺の人らがしけこむには持って来いの場所なんだろうな。それに庭とか吸引力のある要素あるから、自分もそうだが他所者もやってくるしで、そら混むわ。
大坊がなくなってショゲていたが、またチョット違った感じで、この辺らしいカルチャーの吹き溜まりがあって、ホッとした。
次は運良く入れるか分からないが、近くに来たらまたフラッと立ち寄りたい。
というわけで、美味しゅうございました。ごちそうさまです。

←クリック戴けると狂喜します

3

ついこの間、豊洲の珈琲館をUP【過去記事】し、キノミ系銅板手焼きホットケーキにようやくありつけ、一応の決着を見た話を書いたが、その前にも幾つか銅板手焼きを求め彷徨っていた。
その中で訪れた香咲について今回触れておきたい。

ホットケーキが有名な都内の喫茶店ということでまず名前に挙がる一軒。外苑前駅から外苑西通りを北上し、ワタリウム美術館のところを明治神宮方面へと路地を入ったところにある。青山と行っても特段気張った感じではなく、路地に入れば住宅街に個人店がパラパラとある程度。まぁそりゃそんじょそこらの個人商店とは趣を異にするが、落ち着いてゆったりした空気が流れている。
香咲外観
そんな中に一軒、喫茶店というか古くからのカフェといったチョット重厚感のある面持ちで佇んでいるのがコチラ。
香咲入口
珈琲専門店 香咲【食べログ】
★★★☆ 3.7
所在地:東京都渋谷区神宮前3-41-1

厚めの木の扉を開けると、中は照明を落とした大人の空間。恰好だけでシックに作った最近の店にはない、ある程度の歳月を重ねた重みを感じる洞窟のような店内。この店だけでずっとやっているのか、それとも以前の店の居抜きかしらないが、壁だけでも使い込まれた雰囲気がある。
香咲店内
客席は手前カウンター向かいのテーブル席の他、奥にもテーブル席がある。カウンターには常連らしきオッサン。手前テーブルには熟年カップル。後から近所の工事現場で働く兄ちゃんらが遅い昼を取りに奥の席に着くなど、完全に普段遣いに皆さん来ている様子。オッサンの話し相手をする厨房のオネエサンも一朝一夕には行かないだろう客あしらいで、ある程度のキャリアを感じさせる。
自分が着いた席に、もう一人のサポート的オネエサンがメニューとお冷を持って登場。
香咲メニュー
注文は決まっているのでお願いすると、既に外のメニューで確認済みだったが、今から焼くので時間頂く旨を告げられる。
コーヒーでも飲みながらゆっくり待つべ、と思っていたが、一向にコーヒーが来ない。あ、シマッタ! こりゃドリンク食後パターンか。またやっちまったかオレ。
お冷があるとはいえ、外を歩いてきた身にはシンドイ。ヒーコーで一息つきたかったのに。初めての店で、注文は順々にこなしてる感じだから後から順番狂わすようなこと言えなそうな様子。喉カラッカラな状態でのホットケーキ待ちは長かった〜。その所為かしらないが、なんだかんだで2〜30分待っただろうか。実はこの数週間前に映画の前に来る予定だったが、その時来ていたら危うく上映時間間に合わないところだった。予定ずらして正解。

で、ついにやってきた、ホットケーキ¥750!
香咲ホットケーキ
おおっ、綺麗にこんがりと焼き上がってるねぇ〜
でもこの口の状態でホットケーキはシロップ掛けてもシンドイなぁ、なんて思ってたら追って珈琲がやってきた! 
香咲ブレンド¥660! 同行者のアイスコーヒー¥710!
香咲ブレンド香咲アイスコーヒー
淹れ置きだろうが、深炒り豆をかなり濃厚にドリップしたもの。最初激熱だが、甘いもんにはこれくらい濃いコーヒーの方が合う。
さて、ようやく落ち着いたところで、ホットケーキを頂きますか。
香咲ホットケーキ横から
って、あら、角がエッジ立ってる・・・手作りではあるけど、こりゃ多分スフレ型的なもんでオーブンとかで焼いたタイプだなと。どうりで待ってる間、ホットケーキをひっくり返したりしてる様子が感じられなかったわけだ。
いや、別に店側が銅板手焼きを謳ってるわけでもなんでもないので、勝手に思い込んでいたコッチが悪い。そっか、手作りだったら違いないもんね。
香咲ホットケーキカット
ともあれ食べましょと、パクっと行かせてもらうと、うん、フワフワに焼き上がって、相当厚みがあるのに中はふっくら適度な軽さで外はカリッとめに焼けてて、イイ感じ。丁寧に作られた感はある。
香咲ホイップクリーム
塗るのは確かマーガリンにシロップだったと思ったが、ホイップクリームがついてて、こういう一手間は嬉しい。

かな〜り悪くない。ないんだけど、あんまクセがないというか、フツーによく出来てて美味しく感じられるけど、印象があんま残んない。過度な期待をしたコッチがまたまた悪いんだけど、この時は知り得様もないが、豊洲の珈琲館を食べた後では、銅板手焼きかどうかではなく、生地自体というか、焼き上がりの食べた重厚さによる満足感がキモなんだろうなって気がした。豊洲の珈琲館よりは生地は重めに感じたが、バランス的にフツーに感じられちゃったかなと。某珈◯家みたいにふっくら火が入ってないのもただ重いだけだし、難しいやね〜。
ともあれ、またまたいい経験が出来やした。ふっくらして食べ応えもあってってのはホントなかなか出会えないんだなと。まだまだ色々食べて経験積んでいかな。
というわけで、美味しゅうございました。ごちそうさまです。

←クリック戴けると狂喜します

↑このページのトップヘ