カテゴリ: 酒場・ホルモン・串モノ

5

前回のスパ銭【過去記事】後に寄った中華屋をば。

湯処葛西を出て、さて、折角コミケ一人打ち上げ状態だし風呂上がりだしってことで、一杯飲んでメシ食って帰りたい。とはいえ時期はお盆。チェーン系以外はまず開いてないと思った方がいい。案の定、スパ銭の斜向かいの中華屋はお休み。環七に出たところに気になる中華屋をマークしていたので、そこやってなかったら駅近くの大勝軒にしよう。風呂にいたニイちゃんも大勝軒行くって言ってたから、開いてんだろう。
トボトボ夜の住宅街を横切る小さなバス通りを歩くと、ネオンと騒音が近づいて来た。やっぱどこに出ても環七って環七感あるよね。特に夜は。
ここから少し南下すると、ビルテナントだろうか、何軒か飲食店が連なってて開いてる。最初に出会ったのは目的と違う中華屋だったが、これで保険が出来た。
合合環七
さらに少し進むと同じようなテナントが幾つかあってそこに目的地を発見!...って、えぇ、外に派手なメニュー写真がベタベタと...てことは大陸系!? リサーチ不足だったか。でも他に行っても今日やってるところは似たり寄ったりだろうし、折角ここまで来たんだと、エイッと飛び込んだ。
合合外観
中華料理 合合【食べログ】
★★★★★ 5
東京都江戸川区中葛西8-21-14

案の定、片言の日本語でお出迎え。厨房にも中国人らしき料理人が2人、忙しく注文を捌いているが、威勢よく如何にも出来そうな鍋さばき。店は地元らしき客でほぼ満席状態。外見に反して中はデキそうな空気に満ち満ちている。
入口すぐのカウンターが開いてたのでそこに着く。席の下はダンボールとか置かれ鞄置けなそうな感じも如何にもか。
卓上にメニューがあるが、厨房との仕切りの壁にも手書きメニューがあって、そこにニンニクチャーハンなるヤバいワードが記されていた。これ絶対スルーできないやつじゃん。
興奮を抑えつつ、まず飲み物とパウチされたドリンクメニューを。

グラスビールとかでいいんだけどもと見ると、なんと生ビールのジョッキが250円!? マジか。それだろ、とオーダー。
合合ルービー
細めのジョッキながら十分な大きさがあり、250円とはとても思えない。本当にいいのか、なんだか申し訳なくなってくる。そう思いながら飲みつつ、周囲に目をやると、大抵の客は数人で来て一品料理をつまみに飲みながらワイワイやっている。空芯菜だろうか、青菜の炒めもんとかメッチャうまそう。
合合メニュー
う〜ん、ここは数人でシェアすべき店か。少し飲んで、後はチャーハンのお供にとビール頼んだか、こうなるとツマミが欲しくなる。さっきニンニクチャーハンの上にニンニクの揚げなるメニューを発見してしまい、頼もうか悩んでいる。ここはチャーハンの量しだいだな。
と思ったら、目の前にチャーハンが運ばれてきた。おおっ、これなら追加しても食べられそうだ・・・ってあれ? なんかカレーの臭いするぞ! と思ったら、別のお客さんのだったようで、店員がさっさと下げに来た。危ない、口に運ぶところだった。だが幸い、チャーハン量もわかったし、このタイミングで追加オーダーもできた。

というわけで、暫くしてニンニクチャーハン¥600の登場!
合合ニンニクチャーハン
運ばれた瞬間に鼻腔を突くニンニク臭がもうヤヴァイ!!
ぱっと見でも伺えるが、茶色いチャーハンを解すと、中にもニンニクがゴロゴロはいってるのがわかる。
見た目からしてマズイ訳なさそうだが、口に入れた瞬間、確信に変わった。そんな柔らかくはないが適度に水気を帯び、中のほうは蒸されてホクホクとしたチャーハンに出来上がっている。色が濃い割りに味付けはおとなしく、油っけも控えめで、サクサク食べられてしまう。
合合ニンニクチャーハンUP
解してわかったが、皿の形状と盛り方的に少なく見えただけで、量は一般的な大盛りくらいある。そして芋状にホクホクになったニンニクは、意外と臭みがなく、刺激としては隠し味的なポジションに留まっている。が、全体に食欲を増進させる要因しかなく、食べやすさも手伝って、あっという間にチャーハンの山がなくなっていった。

あまりに夢中に食べていたので、ちょっと残していたルービーが余ってしまった。
そこに、ナイスタイミングで、ニンニクの揚げ¥100が登場!
合合ニンニク
おいおい、丸々1個で百円って!? ここ大丈夫か。とはいえ出してくれてんだから有難く頂戴する。殻ごと素揚げにしてあって、外側の薄皮が縦にスッと筋が入り、そこからパカっと中のニンニクが出てくるって寸法。
さっきのチャーハン同様、ホクホクのニンニクで、これだけ単体、もしくはチョット塩をつけるだけで十分食べられる。う〜ん、ここぞとばかりにニンニクを堪能してるな、自分。
一緒に出てきた味噌はそのまま食う。東松山式やきとんの味噌ダレ状態で、ショッパイ味噌だけで十分酒のアテになる。これを舐め舐めルービーを飲むのが格別。いいね〜

というわけで、オレ的ニンニクコース完食。会計はメニュー通り千円で釣りが来た。当然なんだろうけど、改めてスゲーな。
思い切って飛び込んで大正解。最高のコミケ明け風呂上りメシとなった。こりゃまた平日の風呂からの複数人での中華ってルートで来ないと、なんて思いつつ、環七沿いの駅までの道のりを歩くのだった。
というわけで、満腹満足! ウマシ!! ごちそうさまでした〜

←クリック戴けると狂喜します

高速バスや夜行バスの格安・最安値予約情報サイト「バスサガス」【公式サイト】での、スパ施設で汗を流してからの酒場等での飲み食い紀行文、その第5回がUPされました。

【府中―府中本町】再開発の街中のビルで温泉とサウナ…からの…競馬場への途中で一杯
縄文の湯TOP
きりや
きりやは少し前に当ブログでUP済みですが【過去記事】縄文の湯はだいぶ前なので【過去記事】、要点を読みやすくまとめて再構成してみました。

5

滅多に来ない東急目黒線沿線。しかし武蔵小山は昔から何故か縁があって、片手に余るほど来ている。モチロン有名なアーケード商店街も何度か通っているが、最も印象的だったのは、駅前の肉屋の軒先で焼かれる焼き鳥を立ち食ってる下町以上に下町らしい光景だった。
近年、武蔵小山には渋好みの大衆酒場が結構あるという話を聞いて久々に行きたいと思っていた。話題となっているのはテッキリその駅前の立ち飲み肉屋とばかり思っていた。
そんな矢先、駅前が再開発されると聞いて調べてみると、駅前のその肉屋のあった辺りがゴッソリなくなっているようなのだ。もういい感じの飲み屋は壊滅状態かと思いきや、一番名の通った酒場はこの区画から少し離れたところにあって、現存しているという。
駅前の状況確かめるのも含めて行ってみんべ。

武蔵小山の駅は踏切があって、商店街から踏切のある駅舎を眺めるのが何とも絵になっていたが、今はその雰囲気は微塵もない。
そして駅前はやはり白く高いフェンスに覆われ、重機の姿が垣間見られる。
牛太郎武蔵小山駅前
しかしフェンスの先を見ると、狭小の飲食店が軒を連ねた飲み屋街が残っていて(じらい屋の辺り)、例の肉屋もコッチの方に移転して営業していた【みやこや:食べログ】
牛太郎武蔵小山開発脇
肉屋の写真を撮り忘れて申し訳ないが、それは次の機会に突入するとして、当初の目的を達成させるべく、駅から南へ進む。
大きめの通りを渡った先に、木造の民家や商店が密集したエリアがあった。
牛太郎周辺
この辺も開発対象のようだが、今はまだ手が入っていないようだ。
グルッと一角を巡ると、通り沿いの白い建物に、「働く人の酒場」という何とも熱い文句の書かれた看板を発見! ここだ!!
牛太郎外観
牛太郎入口
牛太郎 武蔵小山店【食べログ】
★★★★★★★★★★ ここも文化遺産!
所在地:東京都品川区小山4-3-13

入るとそこは想像以上に焦げ茶色に全体が燻された超S級の激渋空間が広がっていた。
使い込まれた木のカウンターが広い厨房を大きくコの字に取り囲んでいる。
夕方前の空いてそうな時間帯を狙ってきたので、5割も埋まってなかったが、それでも日がある内の平日の住宅街にこれだけの人が飲んでるというのもスゴイ。
牛太郎店内
事前に、注文は聞かれるまで待てという情報を入れていたので、壁のメニューを眺めつつ待っていると、店の人から声がかかった。
牛太郎メニュー
飲み物を頼んで、それが来たタイミングで焼き物をオーダー。周りを見ていると一人できた男性客は特段聞かれるまで待たず、店のオッチャンの手が空いてそうな頃合いを見てオーダーしていた。この辺は状況判断次第ということのようだ。

で、まずは同行者とハイッピー&レモンサワー各¥390で乾杯。
牛太郎サワーハイッピー
グラスの焼酎は結構多めで、博水社の駄菓子のような大衆酒場定番のビンに入ったレモンサワーで割る(「浮気はだめよ」と書いてある)。
牛太郎レモンサワー
ホッピーもあるが、これまた博水社のハイッピーがあったのでコチラで。
牛太郎ハイッピー
ホッピー同様にビールテイストになる酎ハイの割り材だが、ホッピーより苦味が軽くマイルドで飲みやすい。
どちらも定番の味わいで、ここまで来た疲れた身体と頭をスッキリさせてくれる。

スグ出てくるアテにと頼んだ、ポテトサラダとニラキムチ各¥120も追って登場。
牛太郎ポテサラニラキムチ
そんなに多くはないとはいえ、とにかく申し訳なくなるくらい安い。完全に飲みのアテで、適量がこの値段でチビチビやれるのが嬉しい。
ポテサラのポテトはゴロッとしてあんまネチッコクないのも好みだし、キムチも粘度のあるタイプで酎ハイで口をサッパリさせながら飲むと止まらなくなる。

そろそろ焼き物が来るかなぁと店正面に対峙するように備え付けられた焼台を見ていると、どうも焼き専門のニイチャンがいる様子。この人、ホントに焼きしかしない。後から無粋なリーマン集団が来て、全く店の流れを汲まない注文してて、コイツらが焼台の前に陣取ってて、焼いてるニイチャン店員に注文するんだけど、一切聞く耳持たないの。もう一人のオッチャン店員が見かねて注文聞いたり、ちょっと注意みたいなこと入れてたんだけど、傍から見ててムカツクの通り越して、リーマン見事に撃沈してて面白かった。
牛太郎店内モツメニュー
ちなみにもつ焼きのメニューは入口上にある(写真がこれ以上拡大できなくて申し訳ない)。

そんなこんなで、もつ焼き1本¥100の登場!
牛太郎もつ焼きハイッピー
ナンコツ・カシラ、それとタンだったかな。2本ずつ塩で頂いた。
牛太郎もつ焼き
これがもう見た通り、かなり肉肉しいゴロッとしたブツで、カリッと焼かれて中モチモチで、噛むともう旨みジュワ〜で、どれも王道の食べ応え抜群のもつ焼きですわ。これ100円はお値打ち。いや〜、定番過ぎて適当な言葉が見つからなくて申し訳ない。もうね、男の子味爆発ゴロウ。

そういえば、後から来た客の殆どがアレを頼んでいるのをみて、あぁ、名物忘れてた!と後になってから慌てて追加したのが、とんちゃん¥120!
牛太郎とんちゃん
ガツ・ニンニク・生姜・ニラ・味噌等を蒸し焼きしたものとのこと。焼台裏、店のほぼ中央に大量に焼かれてストックされていて、注文が入るとソコからグワッと掬って盛り付ける。
いわゆる、こてっちゃんタイプの料理で、味はかなり濃くショッパめ。辛さもあってガツンとインパクトがある。バクバク食べるもんではなく、完全なアテ。あぁ、これ完全に一品目でしたわ。
牛太郎ハイサワーとんちゃん扉絵
その後、中のオカワリやら、ねぎ焼き¥100などチョコチョコ追加して、〆。
牛太郎ねぎ焼き

ノンアルコール飲料もあるが、一品の量や味付けからしても完全に飲み仕様。サックリ飲んで食べて、1人千円チョット。この空間でそれを楽しめるのなら、初心者とか常連とか関係なく、これはかなり通いたくなる良店となるでしょう。必要十分条件が揃っているというか。今日まで愛されるのが非常によく分かる一時だった。
まぁルールとかあるっちゃあるかもしれないが、気にすることなく多くのこうした酒場同様、店の流れに身を任せて、様子見ながら頼めば問題なし。
この一帯も再開発が入ったらどーなっちゃうのか。ともあれある内にまたふらっと立ち寄ってみたい(あ、クーラーはないので、暑い日は注意されたし)。
こういう店ならではの、日常から隔絶されたような時空の歪みみたいのが何とも快感ですわ。店出た時の現実に戻った感じね。やめられません! というわけで、おいしかったー。ごちそうさまでした!

←クリック戴けると狂喜します

5

JRの上野から新橋あたりにかけての線路下高架部分が老朽化して耐久性がヤバイというのはだいぶ前から言われてたが、いよいよ、上野〜御徒町間のアメ横に隣接する部分もXデーが近づいているらしい。
となると、たきおか【過去記事】等、立ち飲みや外飲み酒場が犇めく一帯にあって最古参と思しき文化遺産クラスの大統領がモロに直撃を食らうのではないか。そんな危惧は杞憂ではないということを、今年に入って知らされた。耐震化工事に伴い、2月上旬を持って閉店という情報が自分の耳に入ってきたのだ。
これは急行するしかあるまい!

【前回記事2012年05月:大統領@上野〜ガード下最高位地点!】

今回は上野広小路から中央通りを上野駅に向かって北上、ヨドバシ2号店の脇を入ってスグ、JRの高架下にぶつかる。
大統領外観
もつ焼き 大統領【食べログ】
★★★★★★★★★★ ガード下遺産
所在地:東京都台東区上野6-10-14

着いたのは15時半頃。ここは常に満席状態で外待ちを覚悟していたが、丁度団体が帰った後のようで、2人がけの外飲み席が3卓空いたところだった。冬なので外飲み席もビニールで覆われて、防寒対策がされているから厳密には外飲みではないが、こう寒いと風情もクソもない。本当は店内カウンターが良かったんだけど、まぁいいでしょう。
席について振り返ると、カウンターは前来た時のまんま(なので店内写真は前回のもの)。

店内の壁にも味のある字の品書きが並ぶが、卓上のメニューの方が見やすいので、そっちから品定め。この手の大衆酒場は壁のメニューとか日替わりがメインで卓上メニューはない品が多いパターンが殆どだが、コチラは壁も卓上もほぼ一緒なのが助かる。
一通り目を通すと、あれ、以前来た時と値段変わってないじゃん!
メニュー1@大統領メニュー2@大統領
前回から5年程とはいえ、多くの店がそうであるように消費税もUPして材料費も値上げしてるってのに、こりゃスゴイ! というわけで、メニューも前回の写真で失敬。

とりあえず、二級酒大統領¥240を常温で頂く。
大統領二級酒カクテキ
入口に立って客を捌くオニイさんに注文したのだが、この人、八百屋さんみたいに声がガラガラ。ずっとコチラで仕事されているのだろう。カッコイイね。
二級酒はコップ酒で、大統領とラベルの貼られた一升瓶からコポコポと表面張力いっぱいに注がれる。ちなみに二級酒とは前回UP時も書いたが、昔は酒の等級によって酒税が異なり、税率の低い二級酒が安酒として大衆酒場などで親しめれてきたが、平成に変わるとともに等級制が撤廃、まさに昭和の遺産となった。
で、これがいわゆる日本酒の味ながら、日本酒苦手な人が感じる独特のシンナーっぽいキツさはあるけど弱く、つか全体にマイルドで甘みもあって軽めの味わい。これくらいで、何杯も飲んだり肴を楽しむには丁度いい。もっとチャント飲みたければ、一級酒もブランド焼酎もあるわけだしね。ここではこの二級酒がデフォルト。いづみや【過去記事】の梅割りにポジションやね。大衆酒場はこうでないと。
アテにカクテキ¥280をつけてみた。ここはキムチ系のメニューが地味に充実してて気になっていたのだ。量は多くないが、小さめのコロコロとカットされた大人しめの辛みのカクテキは、ゆる〜い甘酸っぱさで、何も考えずに食べるのに最適。完全なザ・アテ。
大統領ニコミ
そしてコレも頼まなきゃ始まらない、煮込み¥420! やっぱりモツはトロトロ。汁はまったりと煮詰まっていい感じだが、深みのある感じではないものの、思いっきり飲み干したくなる味。底が浅い皿というのもあるが、もうちょっと汁多めでガブガブ飲みたいと思ってしまう。

こうしてツマんでる間に頼んだ焼き物は、ニンニク焼一串¥150!
大統領ニンニク焼き
それと地鶏二串¥400!
大統領地鶏
ホルモン系は2串¥180とお値打ちだが、少々値は張っても二串¥300オーバーのものが何気に実力派と前回学習したので、今回はイキナリ地鶏を行ってみた。
やはりこれが当たりで、基本はホクホクとしているものの、しっかり粘りのような肉の歯ごたえもあって、ナチュラルな甘みがじんわり口中に広がる。
ニンニクはそもそも大好物だが、東松山っぽく味噌ダレがついてるのも嬉しい。ニンニク自体は焼いてサツマイモみたいになるほどホクホクでもうタマラナイ!! あとでもう2本追加してしまった。

ここは他にクサヤなど焼き魚も意外とあって、追加の二級酒にししゃも丸干し¥350をオーダー。
大統領ししゃも
そんなに大ぶりではないが、ムダに苦くなく、やはり二級酒にはこういうのをチビチビかじりながら飲むのが最強に合う。
で、二杯目の二級酒は熱燗にしてみた。余りチンチンに熱いとスグ飲めないので一杯目は常温にしたが、周り見てるとポットで注いでるのでそんなに熱くない気がして試してみたわけだが、これがぬる燗よりチョイ熱いくらいで、丁度いい温度。熱いと刺激がキツくなる印象があるが、不思議とまろやかに甘みが増した気がした。

というのも入店時、団体が帰った後に滑り込めたと書いたが、自分の他に空いた隣席に、30くらいの若いリーマン氏が座って、その後常連らしきオッサンと相席になった。リーマン氏は関西から来たようで、前に来て感銘をうけたので再訪したという。折角常連と相席になったからと、店のことを低姿勢に色々聞くという見上げた懐の飛び込み方をした。こういうところでの立ち居振る舞いが分かってらっしゃる。ナイスだ、リーマン氏!
オッサン&リーマン氏の熱燗お代わりにコッチも乗ったというわけだが、そんな距離感で今回の閉店にまつわる色々なことを、店のオニイさんを交えて聞くことが出来た。
要約すると、厳密には閉店ではなく、一時休業で、今のこの店での最終営業は2/8。耐震化工事が8ヶ月ほどで終わるそうで、1年っていう声もあったけど、兎に角1年位で再びこの場所で営業を再開するそうだ。とはいえ、耐震化工事後、綺麗なイマドキの店になっちゃったらツマラナイと誰しも思う所でよく言われるそうだが、それはないと店の方は言ってくれた。実は6年前にも一旦スケルトンにまでして改装したそうだが、壁のメニューは一度剥がしたのをそのままつけたそうで、いくら手を入れてもこの店はこうにしかならないというのだ。これは実に頼もしい話が聞けた。

それは一安心と、二級酒を飲みつつ、前回HITだった牛ハラミ焼2串¥350で〆。
大統領牛ハラミ
もうマンマ焼肉のハラミ食ってる状態。専用の焼肉のタレ的なものがかかり、甘酢パイようなのと一味的な辛みも効いている気がする。昨年ドHITだった野毛の福田フライ【過去記事】のニンニクダレに似てる気がする。あすこまでニンニクスパークじゃないけど。

今回は最後になるかもしれないと思って、頼みたいものは殆ど頼んだので、この店としては少々贅沢したが、それでも一般的な居酒屋より全然安く済んでしまった。
本当にこの感じが1年後、また味わえたらシアワセだ。再開後、様子見に訪れるとしよう。
いやはや満足! しみじみイイわ〜旨し。ご馳走様でした。

←クリック戴けると狂喜します

★冬コミ新刊3冊セット 通販受付〆切ました
※委託先【取扱書店一覧】ほか、直通販は16年冬号本誌『半チャン食いズ』は単品のみ承ってます【通販ページ】
★1/31発売の雑誌『酒場人vol.3』にギャンブルイーターが行く!掲載
…連載第3回はテッパンの京王閣。お馴染みオニギリもつ串セット&串カツでホッピー飲み!【Amazon】【紹介サイト】
高速バスや夜行バスの格安・最安値予約情報サイト「バスサガス」【公式サイト】での、スパ施設で汗を流してからの酒場等での飲み食い紀行文、その第4回がUPされました。

【和光市−成増】ロードサイドの典型的スーパー銭湯で濃厚黒湯を堪能…からの…老舗駅前大衆食堂の厚焼玉子で一杯!
極楽湯TOP
やまだや

極楽湯は初訪問時のレポは当ブログでUP済みですが【過去記事】、それから何度か訪問して、変わった点(一番かわったのは送迎バスできたことかな)などを加えて再構成しています。そうの送迎バスで成増でたら、やまだや【過去記事】はやっぱり外せないってわけで、要点を抑えてまとめてみました。

↑このページのトップヘ