カテゴリ: カレー

5

ブログネタ
インドカレー に参加中!
今回は超久々のカレー記事、それも自宅で食べたものなのだが、このカレー、かなりの曰く付きなのだ。当ブログの初期に時折触れていたもので、オールド(といってもこの10年位?)カレーファンには垂涎の一皿となろうものなので、報告しておきたい。

ウチの店があるのと同じ千駄木にあった喫茶店ラ・カンパネラ。
千駄木の駅からD坂こと団子坂を上がり切った辺りの交差点脇にあって、自分が店をやるより前、町屋に住んでいた頃に1〜2ヶ月に1回のペースで行っていた。今はエスプレッソファクトリーという店になっている場所。
おすすめ!小野員裕の絶品カレー食べ歩きガイド―東京・横浜&近郊編喫茶店ながらカレーでも知られ、初代カレーミュージアム館長だった小野員裕氏も自著で取り上げており、かなりサラサラのスパイシーカレーが食べられた【参照ブログ:ayanologはてな館|千駄木「カフェ・ラ・カンパネラ」閉店】
マダムとその息子さんで営まれる小さいお店なので、日によっては売切れることもあった。今の家人とディナーに寄っていたので、事前に電話で取置しておいてもらうようになった。
店内には閲覧用のマガジンラックがあり、『旅と鉄道』が最新号まで揃っていたので、カレーが出来るまでと食後にマッタリとした珈琲を飲む時間にこの雑誌を読んで1時間チョット過ごすのがお決まりのコースとなっていた。

その後店を始めるようになって、忙しかったり、そもそもカンパネラの開いてる時間は店で仕事してるので行けずじまいのままにしていたら、閉店してしまった。
もうあのカレーが食べられないと思うとショックだったが、ある時ひょんなことからマダムと再開することとなる。軽く挨拶する間柄になって数年が経ったある日、カレーを作ったので分けて頂けるという話になった。どうも息子さんがこのブログでカンパネラのカレーのことに触れているのを見てくれていたようで、それを覚えててくれていたというのだ。申し訳ないやら嬉しいやらで何とも恐縮してしまうが、折角のご厚意なので、頂くことにした。

んで、これが自宅で温めたそのカレー。
カレー@カンパネラ
温めるとあの独特のスパーシーな香りが香ってくる。嗅いだ瞬間、一気に十年以上前の記憶が甦る。
カレーUP@カンパネラ
そうそう、世界地図みたいになった黄土色と、この(油の?)赤い感じ!
サラッとしたソースだが、野菜とかミキサーにかけるのだろうか、ザラッとした食感が残る。正直、一昔前の記憶なので、味を覚えているか不安だったが、一口食べただけで鮮烈に記憶が甦るものだ。スゴイ、そのまんま、何ら変わらない味。これだけは断言できる。
今回はチキンだけだとマダムは仰っていたが、もう何でも大丈夫です、十分。
チキンオンザライス@カンパネラ
ここのチキンは骨付きなのだが、スプーンだけで身が簡単に取れるほどホロホロに煮こまれている。これがもうタマランですわ。
お店ではご飯にマスカットの干しブドウが乗ってて、普通の干しブドウが苦手な自分でも食べられて、これがまたよかったが、今回それはなくとも十分当時の味を堪能できた。

メニューはチキンの他に野菜カレーがあって、後半はナスのとかバリエーションが増えた。カレーのレシピは常連のカレーマニアの方から教わったそうで、マダムは教わった通り作ってるだけと謙遜されていたのを思い出す。ある時カンパネラのお店の中でたまたまそのレシピを作った方と一緒になったことがあり、その時、丁度新しいレシピを教えてもらうところだったと聞いた。
そんなこんなも思い出す味だった。

後日、御礼方々タッパーを返しにお伺いした際、当時と同じ味でもうメチャメチャ美味しかった旨をお伝えした。
カンパネラ閉店の際、最後の一言が伝えられなかったのが心残りだったので、今やっと言えて、つかえていたものが取れた気がした。
ありがとうございました。

←クリック戴けると狂喜します

5

ブログネタ
喫茶店のランチ に参加中!
水道橋の駅から明治大学にかけての一帯は意外と路地が入り組んで、しかも坂のキツイ地形とあって、慣れないと迷いやすい場所だ。
随分前になるがこの辺でバイトをしていたことがあるので地理には多少明るいのだが、コチラの喫茶店は知ってはいたものの、イマヒトツ何処にあるのか分からないでいた。まぁ当時は今ほど昭和気質の喫茶店に興味がなかったので、そこまで真剣に調べなかったからかもしれない。
今になって場所を検索してみると、蕎麦の松翁【過去記事】の裏手あたりと分かった。とある平日の昼下がり、用事を済ませた後の昼飯&小休止がてら寄ってみるとしよう。

ガソリンスタンドの脇を抜けて路地を進むと、どこにでもあるような雑居ビルの1Fに喫茶店らしき店舗が見受けられる。
外観@クレオール
外に主張するものがなにもないので、目掛けてこなければコリャ分からんかも。

正面入口@クレオールクレオール【食べログ】
★★★★☆ 4.5
東京都千代田区猿楽町2-5-2

メニュー@クレオール正面の入口までくればかなり店らしくなる。テイストとしては80年代っぽいかな。結構メディア露出も多いようで、外の写真付きメニューには◯◯で紹介されました的なカキコミも見受けられる。
テイクアウトコーナーもあり、食事には力を入れている様子。
中に入ると薄暗く昭和からの喫茶店らしい雰囲気ながら、いわゆる純喫茶のようなゴージャスだったり仰々しい感じではなく、装飾は観葉植物などが飾られる程度で木調の壁など落ち着いた感じ。経営もご家族なのかしらないが2世代っぽい構成で、家庭的な雰囲気もある。
店内@クレオール
食事がてらマッタリしにきているリタイヤ組のオッサンや営業マン風、近くの熟練OLっぽい客でかなり埋まっている。
店のご婦人にオーダーを通すと、奥の厨房から炒める心地いいサウンドが聞こえてくる。それをBGMにスポーツ新聞やさっき書泉で買ってきた雑誌を読むとなしに待つこと暫し。

カレースパゲティセット¥900!
看板メニューのようだが、意外とやってるところ少なく案外好物だったりするので注文してみた。
カレースパゲティセット@クレオール
おおっ、これは結構な大皿にたっぷりカレーがかかってますなぁ!!
サラダも多めで、ヘタレてないのが嬉しい。
サラダ@クレオール
まずはしっかり野菜補給してカレースタンバイ。
最初は少しだけ混ぜて頂くとしよう。
カレースパゲティ@クレオール
ズズッと啜ると、思いのほか硬めの麺に粘度の低いカレーがスパイシーに香る。おっ、これは予想外の展開。喫茶店のスパゲティといえばグデングデンの麺というのが定石というか、寧ろそれを期待している節もあるのだが、コチラはしっかりコシを感じされる茹で具合。かといって専門店っぽいとか、粉の風味がどうこうというシロモノではない。やや細めのしっかりした食感の喫茶店スパといった趣がいい。
カレーまぜまぜUP@クレオール
そしてカレーはルー主体の重いものではなく、ややペースト系のドライカレー的な具の混ざり具合で、味もスパイスのパンチが感じられ、辛さもしっかりある。かといってこれまたカレー専門店的な本格スパイシーカレーではなく、適度に粘度も残した汁気があり、その上でスパイスが顔を出すといったバランスが憎い。具は野菜と挽肉が刻まれたものがタップリ。麺とのバランスが良く、そこそこ量あったがあっという間に完食。

食後はアイスコーヒー。いつも思うのだが、この手の喫茶店は何も言わないと飲み物が後で出てくる。喫茶店へは休憩してキューっと喉を潤したくて外から涼しい所にやってくるのだから、飲み物は最初に飲みたい。でも多くの方は〆に飲む習慣が強いようだ。まぁ注文時に先にって言えばいいのだが、つい忘れてしまう。カレーにコーヒーも合うから、一緒に飲みたかったなぁって。まぁこればかりは自分の落ち度。ここは自戒としておきましょう。

ともあれ、これだけのものが食べられて飲めて一休みできてこの値段なら上出来すぎでしょう。グリーンカレーなんかもあるようで、カレーに力が注がれているのだろうか。グリーンカレーでもスパゲティに出来るようなので、次はそれいってみようかな。
というわけで、ここにもカレーの町・神保町の影が色濃く落ちていると思うのだった。いやはやイイね〜。ウマかったッス。ごちそうさまでした〜

クレオール ( 水道橋 / 喫茶店 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

←クリック戴けると狂喜します

4

ブログネタ
カレーを食べに行こう! に参加中!
だいぶ前にUPした「いろは」【過去記事】で飲んだ後に〆の一杯に食したカレーをレポするのを忘れていた。いつの話だよってツッコまれそうだが、未だ、酔っぱらった頭でも覚えている、スタンドカレー系の味わいだった。

戦後闇市の面影を辛うじて残す、溝の口駅西口商店街。そこが火災と再開発の憂き目にあった件はその「いろは」の記事に譲るが、こちらデリーは荒波を生き残った1軒。以前はケンタッキーの辺りにあったそうだが、今は再開発ビル脇にひっそりと佇んでいる。

外観@デリー溝の口カレーハウス デリー【食べログ】
★★★★ 4.0
所在地:神奈川県川崎市高津区溝口2-7-3【ワイワイマップ】

ショーケース@デリー溝の口ショーケースにはカレーのサンプルが並び、エビカレーといったトッピング主体の構成とわかるが、カレー以外にも生姜焼きやトンカツ定食といったトッピング派生系のメニューも窺える。カレー専門店というより大衆洋食に近いか。
店内@デリー溝の口
店内は椅子はあるがスタンドカレーといった雰囲気で、秋葉原駅脇にあったラーメンのいすゞをどこか思い起こさせるものがある。水色のタイル見ながら食べる感じとか。
メニュー@デリー溝の口
改めて頭上のメニューを見直すと、カツカレーがイチオシらしいが、どうもコロッケやハンバーグといった方向性のメニューが気になる。ここはエイッ!あれをいってやろう。
というわけで、一人で切り盛りされている線の細く、こっちが申し訳無くなるほど腰の低いご主人に注文。

ウインナーカレー¥650!
ウインナーカレー@デリー溝の口
デタっ、銀のペカペカの皿。ベチャーっとした感じのカレーの盛りといい、なくなったなぁ、こういう見た目のカレー。
ルーが妙に黒いが、特段ビターでもコクが強いわけでもない。サラっとしているがどこか粉っぽさも感じるような(気のせい?)日本の大衆カレー寄りではありながら、結構辛めで、その直線的な辛さがじわじわと効いてくる。ガラでとったスープに野菜や果物を煮込んでいるそうで【参照ブログ】、味の奥行きはさほどではないながら、食べ進むに十分たる満足感がある。
さてウインナーだが、なんてことないヒョロッとしたウインナーながら適度に皮パリ感もある。まぁ箸休め的にカレーに添えられてても良いかとは思うが、それ以上に男子的にはこれが如何ともし難い形状となっている。噛むたびにピリリとどうにも股の間に低刺激が走るともうしますか、あれ?なんか?痛くね??となんともキュッとなる錯覚に陥る。そこはかとなく悶々としてくるのはスパイスマジックではあるまい。

あくまで大衆的なスタンドカレーの馴染みある味の延長線上にありながら、しっかりと仕事をされただけの味わいがあり、量もさほど多くないとはいえ(飲んだ後には助かったが)、それを低価格で供するという努力は買いたい。
このルーにはカツが合うそうなので、次こそ名物のカツカレーといきたい。溝の口ボーイのソウルフードは伊達じゃないってところか。
いやはや満足!ウマシ!ごちそうさんでした〜

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←1日1回クリックしてくれたらHAPPY直前!

5

最近カレーづいてるので、COMIC ZIN完売記念として、1年前の拙著10年冬号『立喰いの挽歌』より未UPカレーネタをば。

御徒町駅と上野駅の間には、ガード下も脇道も小規模店が犇めき合っているが、チェーン系や飲み屋でも真新しい店が目立つ。老舗も新店舗展開なんぞしているのが目に付くようになる中、魔境喫茶丘【参照:◆純喫茶Hippie◆】の近く、角地にポツンとなんてことない白壁のレストランが見えてくる。
外観@好養軒
植木に覆われ見過ごしてしまうほどだが、実は創業90年程になる老舗洋食店なのだ。

入口@好養軒好養軒【食べログ】
★★★★☆ 4.5
所在地:東京都台東区上野6-5-1

ビルに建て替える20年ほど前は非常に存在感のある店構えだったそうで、写真でも拝めないのが残念だが、今でも店内は至ってシンプル。
何らの飾り気も要さない、老舗洋食店の凛とした空気が感じられる。といっても老舗で売ってる感じはなく、夜営業の口開けに覗くと、旦那さんが客席でくつろいでるほどだ。
店内@好養軒
こちらに気づくと営業開始。奥から女将さんがお茶と新聞を持ってきてくれた。この辺がやはり古くからの地域密着店やね。
メニュー表@好養軒
メニューを見ると、トンカツ・メンチ・カツ丼・カレーと定番メニューに絞った潔さ。しかし裏を見ると「あとのせ」なるメニューが存在する。
メニュー裏@好養軒
これはオーダーした定食や丼モノへの追加トッピング。もちろんお願いすると、厨房で旦那と女将さんがあとのせかどうか確認してる。つーかちょっとモメてる感じ。メニューにあとのせとあるのでそう頼んだが、別皿かONするか選べるようなので、「あ、乗せちゃっていいです!」とフォロー。

そんでやってきました、カレーライス¥540+メンチカツ¥130の1枚乗せ!
カレーライス+メンチカツ1枚乗せ@好養軒
どーよ、計670円とは思えないボリューム感。盛りっぷりがいいでしょ。ONして大正解!
カレーはザ・昭和のライスカレーといったテイストで、小麦粉仕立て。ドロドロというかモソモソで全然辛くない。なのに香りが立って脂のコクも感じられる。こういうベタなカレーはもう10年以上食べてなかったが、たまに食べるとこれはこれで味わい深い。ここのが特別なのだろうか。
メンチ断面@好養軒
メンチは綺麗に均等に揚がったキツネ色。ミンチはやや細めながら肉汁もたたえ、ふっくらと揚がっている。衣も細めながら超サクサク。で、基本的にはこういうよく揚がったものにカレーなどをかけてしまうと、折角のサクサク感が死んでしまうので好きではないのだが、ここのは別。ドロドロのカレーが衣を生かし、絶妙なバランスを保っている。試しにカレーのかかってない部分にソースと醤油を試してみたが、これがイマヒトツ。カレーがかかったのを食べた後では物足りない。最初からかけてない定食を食べてたらまた印象が変わったとは思うが。
ご飯も気持ち固めながら瑞々しく炊きあがっていて、カレーとマッチしているし、付け合せの味噌汁もしっかりした味。そして手作り感あふれるポテサラがまた量が多く、カレーとメンチだけなら見た目ほど量は多くないのだが、このポテサラですっかり満腹になってしまった。

途中でご近所の常連と思しきオッサンが入店。なにやら日本橋三越で並んで買ってきたスイーツをお裾分けしている。次々来る客でごった返すような店ではないが(昔はそうだったのかもしれない)、外の喧騒が嘘に思えるほど、のんびりとした居心地のよさがある。美味しかったと告げ、笑顔に見送られ店を後にした。
華麗まんてん【過去記事】と比較される向きもあるようだが、全然違うとだけ言っておこう。こちらの方が、いわゆる黄色い昔なじみのカレーの延長線上にある感じ。でもココならではの味わい深さはあるし、ココイチなんかより遙か昔からトッピングがなされていたことを考えても、周りの煌びやかさに埋没しているのが勿体無く思えた。特別なものは何もないが、こういうのが好きな方にはわざわざ行くだけの価値はあると思う。
いやはや感慨深い一杯だった。う〜ん、オイシイ! ごちそうさまでした〜

好養軒 ( 御徒町 / とんかつ )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

←1日1回クリックしてくれたらHAPPY直前!

5

さて、2012年一発目のネタはまぁなんともショボいといってはお店に失礼だが、今年も変わらずこれまでの姿勢を貫きますよってことで、正月松の内からスタンドカレー。

昨年末のコミケ帰り、急行の都バスでビッグサイトから東京駅八重洲口に降り立つ。いつもここの大丸で正月用の鱒の寿司を調達する。戦場帰りとあって一休みしてから家路に着くのだが、最近では東京ラーメンストリートがあるので、地下街といえどもチェーン系の店で諦めずに済むようになった。しかし大晦日といえども行列ができちゃったりなんかしてるわけで(なぜ広川太一郎…)、並ぶ気力もない。番外地という貢みたいな北海道らーめんの店が古くからあるが、そこを含め多くのテナントが大晦日営業で18時で店じまいとなり、続々とシャッターを下ろしている。
そんな中、立ちそばならやってるだろうと思って、

あ、鮎川・・・

なオレンジロードをテクテク進むと、越後そばと梅もとは案の定まだやっていたわけで。でもよく考えると今夜年越しそばを食うわけで。。。
と戸惑っていたら、梅もとの隣のスタンドカレーが目についた。カツやコロッケなど、トッピングの写真パネルが並ぶ由緒正しそうな駅地下カレーだ。聞いたことない店名ということもあり、よし、これにしよう。

外観@アルプス八重洲地下街カレーショップ アルプス【食べログ】
★★★★☆ 4.2くらい
所在地:東京都中央区八重洲地下街北1号 八重洲地下街 オレンジロード
公式サイト:八重洲地下街

後から知ることになるが、ビッグと銘打たれたカツやハンバーグは本当にデカいらしい。しかし疲労困憊していたのでプレーンをとも思ったが、スタンドカレーでポークカレー¥380のみを年の瀬に食うというのもなんとなく寂しい。
入口@アルプス八重洲地下街
よしこれだ!とボタンをポチ。15:00〜17:00はサービスタイムのようで、チキンカレー・コロッケカレー・チーズカレーが280円になるのだが、後から写真で券売機の上をよく見るとこの日は19時まで適応とあるのに、現地では全く目に入っていなかった。またやらかしてるよ、オイラ。

ともあれ店内へ。もう半ば閉店ムードで照明も暗く、後から入ってくる常連客にも奥半分はクローズにしていると説明していた。
大きめの島状のテーブルにスツールが対面に3つずつ、それが2つあるだけの狭さ。カウンターにはチケットを出して受け取る口と、返却口がある、学食スタイル。食券を預け暫くするとすぐ呼ばれた。

メンチカツカレー¥450!
メンチカツカレー@アルプス八重洲地下街
じゃじゃーん。器自体がそんなに大きくないとはいえ、メンチがしっかり大きめのが1つ乗っかってますなぁ。赤茶けてトロみのありそうなカレーといい、お盆に乗っかってるとホント学食というフェイス。
カレーUP@アルプス八重洲地下街
で、食べてみると正しく家庭的な小麦粉のトロトロカレー。シャバいカレーにキレ気味のお父さんが喜びそうな塩梅。最初は辛みも殆ど感じないのだが、食べ進むと結構ピリっとした辛さが感じられてくる。カレー自体にトロみはあってもコクは殆どないので、辛さが立ってきちゃってるのかと。よく見るとツブツブ状のものがソースの中に散見できるので、具が煮込まれている(予めミキシングされているか)のだろうが、味自体は食べてても飽きはこないので、いろいろ入っているのかもしれない。深みはないが単なる安価なカレーに堕さず、値段相応、いやそれ以上のカレーソースに、なんだか嬉しくなってきた。米も柔らかめながらベチャついてないのも好みだ。
メンチ断面@アルプス八重洲地下街
そしてなんといってもカツ。写真は寄りすぎてなんだかわかんなくなっているが、スプーンでメンチを割ったところ。そんなハードではなく粗めのパン粉がきつね色にカラッとフライヤーで揚がった、たまに弁当チェーンなんかで見かけるような塩梅のシロモノながら、この手のフライは今日びなかなか侮れない。激安惣菜店で本当に1個30円とかのコロッケは中身にがっかりなことも多いが、このメンチはコロッケにしたら60円以上するタイプで、ガリッとした軽い中にもしっかりとした衣の食感と香ばしさが生きている。中もタマネギの甘味が濃く残っており、ミンチの油が出てくるタイプではないが、目の細かいミンチの肉のややネチっとした舌触りが優しく肉食ってる感を与えてくれる。またこの揚げはカレーソースでビチャビチャになりにくく、カレーにトロみがあることも手伝って、最後までカレーに浸らずガリっと完食することができた。

この手のカレーだと、下手に揚げたてだったりしても、衣が剥離してカレーに混ざってベチャベチャになって台なしとケースも少なくない。あまりメンチで揚げたてはお目にかかったことないが、ある程度冷めた上での肉と玉ねぎの甘みがキモになってくるので、これくらいが本当にちょうどいい。
そうそう、食べてる間、隣にJRの女性職員が来られた。これが2011年最後のご飯だろうか。端からすると寂しい感じもするが、店の方との喋り口調からすると常連のようで、こちらの味が好きなのだろう。これはこれで幸せな年越しな気がしてきた。大晦日でも事故が今のところ起きてないなんて話をされていたが、本当にご苦労さんです。
安価な外食チェーン系だと餌場的に殺伐とした雰囲気があるところもあって、どうも一人だろうが楽しく食事という雰囲気になれないことが多いが、立ちそばなんかでもそうだが、どうして駅地下の店ってこう体温が感じられるのだろう。無言の同族意識みたいのが底に通じている気がしてならないんだよなぁ。
そんなこんなも含めて、非常に自分の好きな空間で、そして意外に美味しく、昨年の外食の食べ納めができた。今度こそビッグメニュー、それもトンカツとチキンカツのハーフハーフがあるようなので、今度それを大盛りで行ってみよう! いやはや、よかった。うまかったッス。2011年、ごちそうさまでした〜

アルプス ( 東京 / カレー・カレーライス )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

←1日1回クリックしてくれたらHAPPY直前!

↑このページのトップヘ