カテゴリ:ラーメン全般 > 背脂

3

前回、告知させてもらった自著ですが、
5/31(木)19時〜 トークイベント@書泉グランデ
裏町メシ屋表紙『東京「裏町メシ屋」探訪記』
光文社知恵の森文庫 ¥820+税【Amazon】

発行記念として開催します。

お相手頂くのは、『愛しの街場中華』『名門高校青春グルメ』の著者、鈴木隆祐さん。
本著で紹介しきれなかったお店や風景の話をさせて貰う予定です。質疑応答も時間大きく取れそうなので、御暇ございましたら是非ご参加下さい。

場所:書泉グランデ7F イベントスペース

入場無料:要参加券(書泉グランデ1Fにて配付中。書泉へ電話・メールで当日交換もOK)
詳しくは【書泉イベントページまで】
というわけで、bayfmの金つぶ【詳細記事】で拙著について触れてもらったこともあり、その帰りに寄った話をUPしておこう。

せっかく幕張まで来たんでこの辺で食べて帰りたい。しかし、幕張でずっとの宿題だった元祖大王SL【食べログ】はとっくに閉店していた。
高層ビルが並ぶような臨海部の街って行きたいタイプの店が全然ないのは重々承知。ならばと帰り道で寄れそうなところを調べてみたら、西船橋で乗り換えることが判明。
西船といえばラーメンZ【過去記事】! しかしこちらも閉店している。となれば、確かこの界隈で独自に展開しているラーショがあったはず。

西船で南口に降りる。目の前に喫茶グレース【食べログ】を発見。営業時間外だが船橋の店【過去記事】は閉店したんだよな、なんて思いながら歩みを進めると、飲食店が数軒建ち並ぶ一角に、かいざんを発見した。
外観
あぁ、隣の焼き鳥屋のほうが佇まい的に惹かれるのだけど、腹が減っていてガッツリ食いたいので泣く泣く断念。
正面
かいざん 西船橋店【食べログ】
★★★☆ 3.7
所在地:千葉県船橋市印内町599-3

かいざんは西船以外に東船橋や新小岩にもある。谷津が本店らしい。元々はニューラーメンショップを名乗っていたようだが、なるほど駅前店舗なのにロードサイド店チックなド派手さがある。
店内
入ると中待ちが数人いる! ラーショ系で待ちは昔の戸田ドモン以来かも。本当に地元人気店なんだな。
暫くすると威勢のいい店員が空いた席へ案内してくれる。
卓上
卓上にゆで卵がカゴに入って置いてあるのもソレっぽい。

そんなんを眺めていると、ラーメンネギ丼付¥850の登場!
ラーメンネギ丼付
う〜ん、まさしくラーショな見た目。まずはラーメンから。
ラーメン
脂多めにして正解。やや白濁したスープに背脂が満遍なく浮かぶ。デフォだったら余り背脂が感じられなかったことだろう。
背脂
スープをずずっといかせてもらうと、確かに豚骨を炊いたまろやかさが感じられるが、タレもそんなにキツくないこともあって、やや薄めというか物足りなさは否めない。
麺も中細というか、プリッとした至ってフツーのラーショタイプ。デフォでもやや硬めなのは、昨今のお客さんの好みに合わせてか。
ラーショ定番の短冊に切られたネギとブリブリのチャーシューはここでも健在。ネギの油はやや強めながらタレの味付けはそこまで強くなく、背脂とのコンビネーションを楽しんだ。

ネギ丼はザーサイが付いてるのがニクい。
ネギ丼
ご飯は柔らかめでコメのコンディションがイイ! 海苔が敷かれてて、ネギ丼はちょっとヒットだなぁ。

ラーメンのスープとネギ丼のご飯を交互に食べて完食。
かいざんならではの特徴は取り立てて感じられなかったが、期待しすぎたか。スープの濃さはブレる部分あるので、こればかりは初見では判断しかねる。これは本店行くしかないか。でもまぁこれだけ混めば、これくらいの濃度にしないと捌けないかな。
というわけで、ラーショなラーメンを食べたくなった時は駅前で重宝するかも。いわゆるラーショとして美味しく頂いた。ごちそうさまでした。

←クリック戴けると狂喜します

5

夏新刊『ラーメンショップ路線バスの旅』【詳細】からブログ未UPラーショをば。

志木から埼玉大学を経由して北浦和へと進むバスがある。荒川を渡ってからの道は埼大通りと呼ばれ、日本一長いケヤキ並木で有名なのだが、沿道は家電店やFC系の飲食店(伝説のすた丼まである)が軒を連ねるザ・ロードサイドといった光景となっている。
この中に、ケヤキに埋もれるようにエンジ色の看板を見つけた。
埼大通り
外観
ラーメンショップ 埼大店【食べログ】
★★★★★ 4.8
埼玉県さいたま市桜区栄和4-24-3
県南ラーショ系昨今記事:朝霞店東宮原店青木亭戸田店

ラーショとしては珍しく縦長の作り。こんだけ店が並んでる立地なので仕方ないのだろうが、隣が空いてるので車からでも辛うじて捕捉できようか。
目印となる看板にはこれまでと違って「◯椿」と書かれている。ラーメンショップの1号店の前身が椿食堂といって、現在も椿食品という会社が卓上の業務用ニンニクなどを製造してラーショに卸しているので、その椿と関係ありそう。
店内ともあれ、一部のFCグループは椿ブランドを掲げており、県内の椿に入るのは初めて(東京では鐘ヶ淵で食べたことがある【過去記事】)。
中はL字カウンターメインで、厨房の中のお父さんと娘さんらしき2人が微笑ましく映る。だいぶ前からその存在を耳にするラーショだけに、冷水機のほかテレビや壁などに使い込まれた歴史を感じさせる。朝霞同様昔ながらのラーショの風情を留めている。そういえば、保冷庫にオシボリ詰め込んでるラーメン屋も少なくなったね。
スポーツ新聞を見るとなしにそんなんを漠然と眺めていると、目の前のカウンター上に丼が置かれた。

キャベツラーメンこってり¥700+ミニネギ丼¥200!
キャベツラーメン+ネギ丼
まずラーメン。
キャベツラーメン
キャベツトッピングは結構珍しいんじゃないかな。家系では幾つか名物にしてる店あるけど(ちなみに家系も元を辿ればラーショとなるしね)、試してみたくなった。好きなんだよね、キャベツと豚骨主体のラーメンの組み合わせ。カットされたキャベツがたくさんとほぐし肉状態のブロック状の煮豚がドサっとラーメンに乗っかってる。キャベツは茹でるなりしてシッカリ熱を通さないと硬くて食べるのシンドくなるが、結構柔らかくなってて、緑の濃い部分も多く、いい塩梅。
キャベツラーメンUP
脂多めは「こってり」とコールするらしくそれで頼んだが、ゴロゴロのキャベツと煮豚に背脂が混ざり、独特の自然な甘みが口中でジンワリ広がる。スープはあまじょっぱい透明度ある非乳化醤油スープながら、スープ自体のコクと旨み抜群で甘みもあってかなり旨い! 最後の方飲み干すとややしょっぱさ立つが、キャベツと煮豚と背脂の甘味でバランス取れてる。
麺はやや丸っぽいちょっと粉っぽいもの。柔らかすぎず丁度いい。

サイドメニューにミニネギ丼200も頼んだ。
ネギ丼UP
深さのある丼でビビるが、ご飯は少なく、甘辛の定番味のネギに細切れチャーシューが定番の旨さ。ネギ丼は温かい米に限る。

サクッと比較的あっさり食べられるが キャベツと煮豚が思った以上にボディブローのようにきいて、最後はかなりお腹がきつかった。非乳化でここまで満足度があるのはそうそうないのでは。古くから耳にするのも納得の一杯だった。
いやはやバス乗り継いで来てヨカッタ〜 ウマウマシ!! ごっそうさんです!

←クリック戴けると狂喜します

5

10/28(土)はおもしろ同人バザール神保町【サークルブログ】【公式サイト】
拙ミニコミ同人誌は通常、夏と冬のコミケで新刊を出して参加しているのだが、これまでも何度かコミケ以外の即売会に参加してきた。しかしここ数年疎かにしていたが、土日時間取れるようになったので、久々に参加してみることにした。
自分がやっているタイプの本は、評論・情報系といわれ、二郎巡りなど食べ歩きレポート以外にも怪しい缶ジュースを集めたり、自販機うどんなどのオートスナックを紹介する食べ物系以外にも、色んな独自研究をしている、いわば勝手に夏休みの自由研究をやっているような人たちが本を作って集まるようなジャンルとなっている。
なかなかコミケに行けない人、行ってみたいけどなんか怖そうと二の足踏んでいる人など、神保町は古本祭り開催期間なので、ついでに是非覗いてみて頂きたい。
というわけで、当日持ち込む直近刊『ラーメンショップ路線バスの旅』【詳細】から、1つラーショネタをば。

宮原ラーショはニューシャトルの駅高架直下というチョット変わった立地にある。高崎線の宮原へと続く道路沿いにあり、駐車場も完備されているので、ラーショらしく車でのアクセスのよさも兼ね備えている。
ロードサイド
場所柄薄暗く映るが、派手めのライトに浮かび上がり、郊外のラーショ感がかえって際立って感じられる。
外観
ラーメンショップ ニューシャトル東宮原駅前店【食べログ】
★★★★★ 4.8
埼玉県さいたま市北区宮原2-109

店内はほぼ正方形の厨房をL字カウンターが取り囲む他、小上がりも充実していて、スエット上下の地元ニーチャンネーチャンがタバコ吸ったり飲んだりしながらマッタリしている光景に出くわす。コッチがラーショの正しい客層ね。余所者はカウンターの端に陣取る。
威勢のいい兄ちゃん店員が主人のようで、フロアにはそのお母さんらしきマダム。カウンターは仕切りのない由緒正しきラーショタイプなので、上部の品書きなどキョロキョロしているとご主人に睨まれてるようで、アウェーの洗礼を受けてる気がしてくる。
店内
にしても猪木の闘魂タオルみたいなラーショの布、ほしいよね〜
メニュー
ネギトロロ丼なる丼メニューがあると聞いていたのでそれを探していたのだが、聞いてみると終わったという。ならば王道でお願いする。

ネギラーメン¥730!
ネギラーメン
俄かに乳化した茶濁した超オールドスタイルの豚骨醤油スープ。失礼ながら見た目的にそう期待してなかったが、飲んでみるとこれが絶妙なバランス重視の一杯! 豚骨のダシが嫌味ないほどに円やかに出ていて、タレも立ちすぎず、背脂粒が小さくもしっかり固形で甘みもバツグン。ややぬるいが、かえってここんちのジンワリくるスープが堪能できる。
ネギラーメンUP
麺は細めの、角ばったストレート。最初はノーコールで硬めだが、次第にちょうど良い硬さなり、最後はネギと背脂とスープクチャクチャ状態にして三位一体になったのを楽しめる。器は白いが定番の底浅タイプ。チャーシューは赤身主体で大きくなく厚くもないがトロトロで実によく煮込まれている。ネギは味付けは甘めだがやや辛味も残っていて、いい塩梅。わかめは通常タイプだったが。

具も麺もスープも全体のバランスが素晴らしい。ラーショ云々抜きにしても、郊外のロードサイド豚骨醤油の王道という味で、これが今、堪能できる喜びを噛み締めつつ店を後にするのだった。
ラーショの中でもかなり好みのタイプっつーことで、ウマウマシ! ごちそうさまでした!!

←クリック戴けると狂喜します

4

★クラウドファンディングの一旦の目標は達成できました!!
ご協力くださった皆様のお陰て、無事発行でき、コミケ分は完売となりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m 只今通常の通販を受付中です【通販ページ】。8月中に委託先への納品も済ます予定です。近況はSNSで随時お知らせします。
●自前でクラウドファンディング募ります!
3日目 東2 X-01a ガキ帝国@東京ビッグサイトC92カラー
サークルブログ:【夏コミ新刊発行実現のためのクラウドファンディング募集】の詳しい内容

新刊告知が押しに押して申し訳ない! キャンプファイヤーというクラウドファンディングサイトで登録作業をしていたのだが、なんとリターンを3千円以上にしないといけなく、さらに3千円にするために既刊本のセットにしたら、定価のある一般商品はダメだと突っぱねられてしまった。
同人の夏コミ新刊で1000円で登録してる人がいたので大丈夫かと思ったら、規定が変わったと言われたし、それ以上に同人誌という自主制作物を一般商品と判断されたことが頭に来た。それじゃデカいプロジェクトでバックに企業があるような単価の大きいものでないとダメで、本来の個人では難しいことを達成できるものじゃなくなっている。
他のクラウドファンディングは手数料が高くて手が出せなく、これじゃ埒があかないと、いっそのこと個人で募ることにしました。
【クラウドファンディング募集ページ】
↑をクリックすると、自前の通販サイトに飛びます。そこで返礼品を選んでカートに入れて購入手続き頂くと、応募完了となります。ご協力頂けるようでしたら、是非お願い致します。
というわけで、サンプルまでに路線バスの旅で寄ったラーメンショップを1軒、チョイ出ししときやす。

場所は東武東上線朝霞駅から徒歩10分程度だが、バスで行くとなると、大泉学園へ伸びる泉32という西武バス。青葉台公園なるバス停で下車すると、目の前にはバス停名通りの公園があり、小ぶりながら緑豊かで散歩したら気持ち良さそう。
ラショ朝霞外観
のんきに少し散策していると、この公園のバス通り挟んだ対面に、昔散々見かけた、あのエンヂに白地のテント看板が目に飛び込んで来た。
そうそう、こういう何でこんなところに?というロケーションよ、一発目のラーメンショップに入るぜ〜
ラショ朝霞外観正面
ラーメンショップ朝霞店【食べログ】
★★★★ 4
埼玉県朝霞市幸町1-3-4

入口のアルミ戸を引くと、L字カウンターと、時を経てコンクリが黒く煤けた壁が囲まれた空間が広がるという、ザ・ラーショな光景が待ち受けていた。恐らく昭和末期から3?40年経つであろう飲食店らしい色合いで、カウンターに仕切りがなく厨房丸見えなのもラーショの特徴。家族経営だろうか、ご夫婦と娘らしき数名で回している。L字カウンターというと奥に長いウナギの寝床なラーメン屋が多いが、ラーショの多くは横に長い、もしくは正方形に近く、間口を広く取っている。ロードサイドという特性上、通りからよく見えるようにと作られているのだろうか。
エンヂのカウンターに腰掛け、頭上の手書きの品書きから注文。ラーメンの並が600円で、中・大と百円ずつUPする。これにネギやチャーシューなどを乗せたバリエーションがあり、それぞれに並中大の価格が書かれている。さらに味噌味もあり、醤油と同額とは嬉しい。ネギミソを売りにしている系統もあるが(丼にご丁寧にネギミソラーメンと印刷されたものを使う店もある)、ここも別枠表記でネギミソをアピールしていた。
ラショ朝霞店内
待ってる間、厨房の様子が見れるのも仕切りのない席の醍醐味。タレに漬け込んだチャーシューの塊が実に旨そう。麺揚げも昔からの平ザルというラーショオールドスタイル。

1軒目は王道にと、ネギラーメン並750!
ラショ朝霞ネギラーメン
ラーメン屋でワカメが王道の具の座から退いて久しいが、ラーショはワカメがデフォルト。個人的にはスープにバラけて味の邪魔になるので好きじゃないが、ここのはワカメが山状にネギにへばりついてそそり立ってる。見るからに普通のものと違うが、試しに食べて見ると、コキコキとした歯応えのゴツいワカメで、これはスープに影響しないし、何よりウマイ! ラーショでもこんなの初めて食べた。
ラショ朝霞ネギラーメンUP
スープは若干白濁しているがさっぱり気味。スープの味が分かるようにヌルめのスープが好きだが、そんな自分でもチョット温度はぬるく感じる。飲んでくるとコクも感じられてくるが、標準的な豚骨醤油か。その分、背脂はノーコールでもしっかりチャッチャしてくれてる。
チャーシューは薄めだが大ぶり。見た目より味気なく、やや臭みあるが悪くない。甘めのタレで和えたラーショ定番のネギは、ラーショ基準でも甘めの味付け。ネギの辛さが立つところもあるので、これは嬉しい。シャキシャキが思う存分食べられる。

スープは標準だが、ネギと、殊更ワカメに個性を感じるラーショだった。普段使いする味として、客の年齢層の高さとマッタリ具合も納得だ。ラーショはこうでないとね。
というわけで一発目は定番ラーショで満腹満足! 美味しゅうございました。ごちそうさま〜

←クリック戴けると狂喜します

5

7月にブログ再開するといいながら、半分も過ぎてしまい申し訳ない!
徐々にこれまでのペースに戻していくので、とりあえずの再開1発目は、前回お知らせした『ラーメン系譜学』↓
●【背脂チャッチャ系】伝説の環七「土佐っ子」のDNAを受け継ぎし「じょっぱりラーメン」

このじょっぱりラーメンの追加レポをば(次から新ネタやっていきます)。

じょっぱり外観
じょっぱりラーメン【食べログ】
★★★★★★★★★★ トータルで
東京都板橋区赤塚新町1-24-8

過去記事:16年01月09年2月

これまでカオス状態でなかなか店内の様子を写真でお伝えすることが困難だったが、営業前にインタビューを行ったので、その時撮れた店内写真をまずUPしときやす。

じょっぱり店内

メシ通の取材後も原稿確認やら掲載報告やらで伺う度にラーメンを頂いたのだが、まずはメシ通記事中でも触れた触は塩ラーメン¥700は衝撃だった。
じょっぱり塩
土佐っ子系の塩はそもそも平太周で食べていて、醤油よりあっさりした食べやすいバージョン程度の認識だったが、一秀で最近になって食べてみたら【過去記事】、背脂が前より多くなってるのかガツンとハッキリ感じられつつ、醤油だとタレの濃さでマスクされがちなスープの味わいが前に出てて、背脂とイイ感じでバランスが取れていた。
じょっぱりは一秀に比べ全般にスープの比重が高いのだが、醤油だとタレの濃さ+液体油に背脂が大量に混ざってる感じになり、スープもあるが、脂と油と醤油の混ざり合ったドカンとくるパンチを味わう仕様になっている。それの方が土佐っ子ぽいっといえば土佐っ子ぽいのだが、構成するパーツの個性がそれぞれ立ってるというより、混然一体となってよくわかんないけどウマイなぁという仕上がりなので、塩だと背脂が少なめな分、液体油も殆どなく、スープがしっかり味わえるので、各パーツがハッキリと感じられる。まろやかでしっかり豚骨だろう動物系メインの適度に乳化したマイルドスープがじんわりと口中に広がる。それでいて背脂もそれなりにあるので、背脂も堪能できる。
じょっぱり塩UP
太めのぽっくりとした断面の丸っこい麺が、心なしか塩の方が太い気がする(気持ち良く茹ってるだけかも^^;)。スープに馴染んで美味しく味わえる。

実はこの時、本当はあっさりラーメン正油¥600を食べるつもりだったのだが売切れだったので、後日リトライしてみた。
じょっぱりあっさり醤油
チャーシューが多いのはサービスしていただいたのだが、だからか、見た目がみんみん【過去記事】みたい。
じょっぱりあっさり醤油UP
これはベースのスープが全然違くて、鶏ダシなのかわからないけど、豚骨の炊きだしたダシの旨みとかコクの類はほとんど感じられない。
じょっぱりあっさり醤油スープUP
背脂はかかっているけどしつこさは皆無。醤油ダレ由来だろうか、ニガ甘いような味を感じるだけで、麺も細く、完全に飲みの〆仕様。
パーツごとの味わいがどうこうというより、これ一杯としての旨みはあるので、これはこれで美味しく頂けた。

最後は、暑くなったのでつけ麺正油¥800をトライしようかと。
じょっぱりつけ麺
一秀のつけ麺は大好物なのだが、如何せん麺が多いのと背脂のパンチで、さっぱり食うつもりが完食後はグロッキー状態になる非常に危険な食べ物【過去記事】
しかし、じょっぱりのは見た目にも麺量は控えめで、つけ汁がジャンボだが、これなら最後まで安全に食べられそう。
じょっぱりつけ麺つけ汁UP
つけ汁は先の塩同様スープの比重が高いタイプで、背脂は控えめ。つけ麺なのでタレが濃いめと思いきや思ったほどではなく、そのままでも美味しく食べられる。
じょっぱりつけ麺UP
麺は加水率の高いモチモチとしたもので、完全にラーメンのとは別使用。聞くとやはりつけ麺用の特注品。個人的にはつけ麺はゴワッとした粉感の強いタイプの方が好みだが、これはこのつけ汁にスッとなじみ、とれはこれで麺を堪能出来てイイ。
つかこのつけ汁、あまりにスルスル飲めちゃうので、麺だけ食べつつ、つけ汁単体でグイグイ飲んでしまう。飲んでて気になったのだが、飲みやすいのはスープの比重だけでなく、なんか口の中がサッパリする要素があるからじゃないか。最初は酢がちょっと入れてあるのかと思ったが、ご主人に聞いてみると、生姜だという。なんと、大好物の生姜に気づかなかったとは!? 言われれば正しく生姜。生姜ラーメンを売りにしてるのに全然生姜感がない某有名行列店なんかより全然生姜してる。つーか、めっちゃウマい!! つけ麺で醤油ダレと背脂にこう合わせてくるのって意外とないかも。ご主人は、生姜焼きにヒントを得て、醤油と生姜のバランスって嫌いな人いないでしょ?っていうのだけど、いやはや、これは発明ですよ(あっさりに生姜入れたら某店顔負けかも^^;)。
麺の馴染といい、生姜といい、ご主人のいう三位一体は寧ろつけ麺で開花している気がした。
じょっぱりつけ麺スープ割
スープ割をしてもらい、飲みやすくなった(醤油ダレだけど塩ラーメン的なバランスになった)ところを飲み干して完食。

ここで、メシ通記事内で泣く泣く割愛となったエピソードを。
土佐っ子がなくなって練馬ラーメンとして独立された約6年。
大将
最後の方の1年は人に任せていたそうだが(店名が確か練馬ラーメン大将といった)、この時任された土佐っ子時代の同僚というのが、実は後に御徒町の貫ろくで腕を振るった人。貫ろくもなくなってしまい、この人は御徒町駅近くのガード下の居酒屋で働いたものの、そこも辞めて、その後どこかの富士そばに勤められてるとか。
土佐っ子がらみは商標含め色々あるんで、いつか平山さんのインタビューもしたいし、今回他にも割愛したエピソードあるんで、いつかそういうのをまとめて公開できたらなぁと。

ともあれ、じょっぱりのご主人はラーメンがあくまでメインとしてやりたい意向もあるようなので、是非気兼ねなくラーメンのみ食べに行ってもらいたい。
というわけで、フォーエバー土佐っ子! ウマシ!! ごちそうさまでした〜

←クリック戴けると狂喜します

↑このページのトップヘ