制度の見直しを早くしないとねぇ

1:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
無理なことを言われた話

妊娠後、しばらく経って、母子手帳をもらった。検索すると、ネット上にも、妊娠中の心得みたいな記事が山ほど見つかる。
いわく、無理をせず、十分な睡眠・休息を取り、つわりが治まったら(ない人は当初から)、栄養バランスを整え、必要な栄養素を過不足なく摂取すること。

・主食・主菜・副菜を組み合わせてバランスの良い食事を(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/


フルタイム勤務の一般的な社会人で、このガイドに沿ったバランスの整った食生活を送っている人は、どれだけいるだろう。
朝6時、7時台に起床し、1時間強かけて通勤し、外食またはコンビニなどで昼食を食べ、夜22時〜24時に帰宅する毎日。
自炊はほとんどできず、食事はどうしても主食+お菓子のみとなる。割高なので野菜・果物は食べず、割安なヨーグルトやチーズは食べている。
昼や夜に、外食や弁当でガッツリ食べれば、カロリーは得られるだろう。
しかし、満腹状態だと仕事の効率が悪い/寝付きが悪いので、ほとんど食べない。その結果、いつも空腹で、どんどん痩せていった。
食べないことが一番の節約法、「肥満」より「痩せ」のほうがマシ。



元記事:http://anond.hatelabo.jp/20140608065421



医者から、母子のリスクを低減するため、現状より出産までに10〜12キロ程度体重を増やすこと、
仕事をいわゆる「定時」で終わらせ、早い時間帯に帰宅すること、
通勤や仕事の負担を減らすため、産休に入るまで、週5日勤務のうちの1日を休みor在宅勤務にすることを勧められた。
体重増加に関しては、絶対的な指示だ。


今の日本に、1日わずか8時間の勤務時間で、一人暮らしできるだけの給与が得られる会社が存在しているのだろうか。
毎日8時間以上働いて、ようやく貯金できるレベルの水準の収入が得られる。
今の年収は、30代の平均よりやや下で、東京勤務としては少ないほうだろう。大卒にも関わらず、男女あわせた年収偏差値は48程度だ。
この業界では、会社滞在時間は1日12時間前後が当たり前。定時という概念はなく、裁量労働制のため残業代は出ない。
それでも成果と自己満足のため、睡眠と食事の時間を削って長時間働く。


少人数の職場で、一人欠けると厳しい状況はわかるが、今は無理せず、身体を再優先にするべきと医師は話した。
理想をいえば、妊娠中に限らず、誰でも毎日自炊できる程度の勤務時間にするべきだろう。
現状ではマタハラは起きて当たり前。勤務時間の少ない人と多い人が同じ給与なら、不満を抱かざるを得ない。
成果がすべてとはいえ、時間をかけたほうが得られる成果は大きく、その成果が今の給与水準を維持できる最低ラインになっている。


今の日本で、一人で生きていこうと思うならば、やはり子どもは重荷だった。無理ゲー。二人目なんて、とうてい無理だ。
医者のアドバイスを受け、どうすればいいのか、少し悩んでいる。リスクなんて気にせず、仕事優先でいいか。
フルタイム共稼ぎを一生続けなければ、生まれてくる子どもに大学に入学できるレベルの教育を受けさせることはできない。
8時間労働では、一人分の収入は得られない。共稼ぎならば生活できるが、貯金が出来ないため、将来的に詰む。
健康で文化的な生活を送り、真っ当に子どもを育てるため、もっと稼げる人/時給の高い人になりたい。
どういう人生を歩めばよかったのだろうか。




2:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
なんか色々情報不足



3:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
旦那さんは……?



4:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
こういうことを事前に考える層が増えた結果が少子化



5:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
職場が遠すぎる。私は比較的近かったので(車で15分ほどの距離)普通に朝ご飯も晩ご飯も作ってたな。
帰宅も残業しても7時過ぎには帰れてたしな。外回りが多い夫より帰りは早かった。



6:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
アドバイス求めて書いてるんじゃないからかもしれないが、シングルマザーなのかどうかも不明瞭な文章だな。
安易な回答としては休職か辞職して実家に帰るとか。



7:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
すげー社畜でワロタ。何でこんな発想になるのか意味不明。
奴隷とは恐ろしい物だ。
頭壊れてるっぽいから会社辞めて生活保護受けたらいいんじゃないの?



8:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
ここで自民党議員のワタミさんから一言



9:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
多分シングルだと思うんだけど、ごめん、仕事辞めたほうがいいと思う。



10:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
裁量労働が前提になってる割に低収入っぽいし、ブラック以外の何物でもないですな



11:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
子供を産むのは無理ゲーというのはよくわかる。
IT系の会社なのかな。
責任感で子供産もうとしなくてもいいんだよ



12:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
恐らくシンママになろうとしているとみて。
産んだ後の問題もそうだけど現状の生む前の母体にかかる肉体的、精神的ストレスは出産にはかなりのリスクです。
自分の体、子供、仕事、何が大切かを考えて然るべき選択を。



13:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
旦那の存在見えないのと、そのお菓子代で野菜と果物買えるだろとしか



14:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
今の日本に存在するあらゆる問題の内、50%ぐらいは異常なまでの長時間労働が原因で発生していると思う。



15:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
それ産めても育てられないだろ・・・



16:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
「この業界では」という根拠で「今の日本は」って言っちゃいかんよ。
あと大事なことを書いてない感がすごくしてモヤモヤする。



17:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
完璧主義っぽいけど生まれてもない子どもの大学進学を考えるより今日明日健康に生きる事を考えた方が良いのでは



18:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
“朝6時、7時台に起床し、1時間強かけて通勤し、外食またはコンビニなどで昼食を食べ、夜22時〜24時に帰宅する毎日。”
節子それフルタイム勤務の一般的な社会人やない、ブラックや



19:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
栄養なんてものは2,3日の合計でバランスしてれば許容範囲、と考える方が何かと楽。
まあ妊婦なら葉酸やDHAなどはサプリメントで摂取しておくべき。
あと妊娠中は歯が弱る&治しに行く暇がないから菓子は程々に。



20:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
完璧にしようとすれば育児なんかできない



21:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
その職場子ども生まれたらもっとキツイと思う。
生活自体を見直せという子どもからのメッセージでは。
案ずるより産むが易し。



22:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
医者っていうのは患者の事情より、医者としての意見を強く言うだけ。職を失ったり、職場で気まずい思いをして病んだりしてもまた医者が儲ける。
とはいえ、この筆者も図々しく医者の言うことを聞くのをお勧めする。



23:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
妊婦が過労せざるを得ないってのは、誰のための21世紀なのやら。



24:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
社畜だな、とは思うけどこういう環境で働いている人は多いと思う。
あと金に困ってると果物よりもお腹が膨れる菓子を優先してしまう気持ちは分かる。
働いている人だけを非難していたらこの問題は解決しないよ。



25:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
母子手帳の後ろにある相談窓口に電話を勧める。
心身共に健康を害しているように見える。
国を頼ろう。税金払ってるんだから、元取ろう。



26:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
パートに落ちるのは不本意かもしれないけど、子供との時間も取れるようになるよ。
問題はいつ辞めるかだけど…。
とにかく無理はしないでとしか言えない。
思ってる以上に妊婦は無理できません。
周囲に頼ってね。



27:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
なぜこの増田が叩かれるのか?
こういう境遇のシングルマザーが「楽な仕事にシフトできる」「十分な出産育児支援」「出産前後から産後2年程度は仕事を休める」「仕事復帰できる」を実現できずに何が社会保障か?



28:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
貧乏暇無しが増えたのだから保育教育費は全て無料とかしてほしい。
子供増えるわけない。
お金なくて妊娠は不安の塊になるだろうなぁ。
良い方向に行くといいね。がんばってね。



29:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
ほんと思うんだけど、夫婦なら一日八時間働いて子供を大学出せるくらいの収入なるっつーのが、
最低限の文化的生活なんじゃないだろか。
それができてないから、少子化で国が成り立たなくなる。



30:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
もう破滅に向かってるよこの国は。
子供に金が全く回ってない。
子供の権利やセキュリティ、教育に何のリソースも配分されてない。
伊達や酔狂でしか子供なんか産めん。
せめて夫は養育費払えよ市なすぞ。



31:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
とりあえず健康な子を産む事を優先させて、そっから先はその時に考えたら?
子供が増田の想定通りに育つわけでも無いし。
あと実家でも国でも会社でも頼れるものは頼って利用する知恵をつけよう。



32:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
一人目妊娠中、自分もこんな悲観的なことばっかり考えては夜中に泣いたもんだ。
一種のマタニティブルーよ。ホルモンバランスとやらがそうさせてるの。ホルモンに負けないで。



33:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
経済優先、未来は後回し。組織重視、個人軽視がこの国の総意、民意でございます。
お諦めくださいませ。
もしくは社会を変える動きをみんながするか。



34:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
これ会社やめるしかなさそうだし会社やめたらやめたで幼児抱えた女をわざわざフルタイムで雇うような会社なんてそうそうないし聞いてて辛い…。



35:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
切迫早産で長期入院中だけど、自分含め患者は妊娠中ガンガン働いていた人ばかりだなぁ。
みんな仕事は休職か、辞めるかになってる。
結局のところ、子供の命を守れるのは自分だけだと感じてる。



36:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
大学に子供通わせるのが先進国中でもおそらくもっともハイコストな部類なのに、大学に行くのがデフォみたいな状態になってるのがクソなんだろうな。
もちろん、高卒で十分で大学は無駄、というわけではない。



37:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
確かにブラックもしくは類する環境での出産・育児は無理ゲー。
その現状で取り得る方法としては環境改善しかなく、労基相談と他リソースにも頼るしかない訳で、そこを指摘されるのは当然。
アドバイス罪ではあるかも。



38:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
ブラック企業で働いてる人って感覚が麻痺して自分の置かれている環境が異常だと気づかなくなるケースが多いよね。
今どき妊娠出産を応援してくれない会社は辞めた方がいいかもしれんね



39:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
何が社会保障か?って言ってる人いるけどだからその社会保障パラメータは高齢者に全振りしてるじゃん…予算見れば分かるでしょう.



40:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
子供を産み育てるところまでが健康で文化的な生活だと思うので、もちょっといい社会にしたいよね



41:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
読んでいてすごくつらいし気持ちもわかるけど、妊婦さんなんだからお菓子じゃなくて、せめてバナナとかカロリーメイトにしようよ。。。
会社ブラックなんだろうけど、こんな生活していたら流産しちゃう。



42:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
おれは単身者ではないしたぶんこの人よりも収入多いけど似たような不安を感じることはある。
不安に思う人がいるということは出産をあきらめている人もいるってことなんだから社会として解決策を考えるべきだろう



43:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
核家族化をすすめておいて家事育児は祖父母親戚をあてにしているシステムなんだよな



44:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
この人割りと普通の人だと思うんだけど、普通の人が子供を二人育てるのが無理な国って詰んでると思う



45:名無しさん+:2014/06/08 ID:xxxxxxxxx
こういう弱者でも満足に生活出来るようにするってのが、政治の仕事なんだよなぁ、ほんと。


池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)

※コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼等のご連絡はメールでお願いいたします。