昔のやつも30cm以内に近づけなければよかったみたいね

1:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
ペースメーカーとスマホ。電車内のマナーの話。

3連休最終日の昨日、旅行先からの帰宅中、
電車の中での出来事。

特に席を譲る必要のある人が周囲に見当たらなかった為、
僕はいくつか空いていた優先席の1つに腰掛け、本を読んでいた。

しばらくすると、突然くぐもった男の人の大きな声で
「ペースメーカーが入っています!携帯を使わないでください!」
と聞こえ、驚いた僕は本を落としてしまった。

顔を上げると、初老の男の人が胸を押さえてハァハァと息を切らしながら、
向かいの席に座っていた青年にスマホの使用を止める様に訴えていた。

周囲の人も「え?なになに?」と顔を見合わせ、
言われたであろう青年はバツが悪そうに携帯(スマホ)をしまった。

次の駅に着く。乗り込んできた人の内、数人はスマホをいじっている。
当たり前だ。今の日本でスマホをいじっている乗客がいない電車なんてありえない。

するとまたその男性は、
「携帯を使わないでください!以前倒れたことがあります!」と、
なにやら証明書のようなカードをホラ、ホラと言わんばかりに周囲に見せていた。

僕はなんだかなぁ。と居たたまれない気持ちで、特に携帯を使っていないにも関わらず、
その席を離れた。それ以上そこにいたくなかったから。



元記事:http://anond.hatelabo.jp/20140722124917



僕は以前からこの手の話に興味があり、自分なりに調べたことがあった。
その時に得た情報に拠れば、以前の携帯電話(所謂movaなど2Gと呼ばれた携帯)で
使用されていた電波には微弱ではあるが、ペースメーカーへの影響が認められていた。


「ペースメーカー等の医療機器の誤作動に繋がるため・・・」


という車内アナウンスが聞かれたのもこの頃だ。
しかし、気がつくと最近は上記の文言を聞くことはない。
それは何故か。


現在使用されている携帯電波(3G、4GLTE)の電波、またはモバイルWifi等の電波は、
ペースメーカーへの影響が認められていないからである。これは、
現行で使用されているペースメーカーに対して行われた検証に基づく結果であり、
総務省が公式にホームページで発表している。


更に言えば、過去の実例(携帯が2G以前の時代も含む)で、携帯の電波が原因で起こった
ペースメーカー誤作動による死亡事故件数は"ゼロ"。
気分が悪くなった。という例はあったものの、『倒れた』等の重大な事故もないのである。


そういったことを知っていたからこそ、僕はその初老の男性が哀れに思えて仕方がなかった。
「倒れたことがある」と言う話は恐らく作り話であるし、嘘つき、とまでは言わないが、
胸を押さえて苦しそうにするのも「先入観による勘違い」に過ぎないと思ったからだ。


一方で、彼のような人を作り出しているのは鉄道会社各社をはじめとする社会では?とも思う。
いつまでも必要以上に車内での携帯電話の使用を制限することによって、
こういった人たちに必要以上の恐怖を与えていることは、否めないんじゃないだろうか。
通話の問題は別として、今この時代に車内の携帯電話使用を制限する明確な理由はあるのだろうか。


確かに、僕自身も電車内の人が一様にスマホをいじっている光景を見て、異様に思うことはある。
しかし一昔前(今も一部の人では)はそれが、新聞や文庫本だっただけであり、それが電子機器になると
アレルギーを感じ、ヒステリーを起こすのは理に適ってないと思う。そういう人に対する、
正しい知識の提供・教育を行わずして進めている昨今の「地下鉄でも電波が入る!」等の
インフラ整備は、こういった問題を助長するだけなのではないだろうか。


時代・人・技術が変わればマナーも変わる。今やらなくてはいけないことは、
現代にそぐわないマナーの見直しを行い、誰もがハッピーになれる
「正しい・理屈の通ったマナー」をしっかりと提示することではないのだろうか。




2:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
これは酷い。。

「倒れたことがある」と言う話は恐らく作り話であるし、嘘つき、とまでは言わないが、
胸を押さえて苦しそうにするのも「先入観による勘違い」に過ぎないと思ったからだ。


心因性の、ただのプラシーボだったとしても、
本人が困っているのなら、電源を切るフリぐらいしてあげるのが親切ってもんだと思う。。


3:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
だからそんな不要な不安を抱かないように、正しい情報共有をもって
なぁなぁにしている現状を是正しなければいけないって話でしょ。



4:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
これはノセボ効果(プラシーボ効果の逆)だと思う



5:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
関西の鉄道では先日から「優先座席付近では、"混雑時"には携帯電話の電源をお切りください」に変わっているみたい
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/26/news035.html



6:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
「携帯(を使っている姿を見て倒れるのではないかという不安がつのり、それ)が原因で倒れた」が正しいよね、きっと。正しい事実を知ればいいんだろうけど…この手の人は信じないからなぁ



7:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
ACのCMあたりで周知すべき



8:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
それぞれが嫌な思いをしないように、正しい情報とマナーの周知が必要ですね。



9:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
このまえ強面のタトゥー入りまくりの人が隣に座ってきて、情けないが怖くて目的地着くまで緊張しまくりだった。頭では害は無いと分かっても、何か不安を感じることはあるんだろうなと思う。



10:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
こういう人を生み出してしまったの、2G停波以後も惰性で「電源を切るのがマナー」だと言い続けてきた鉄道各社の責任大きいと思う。そして今からそれを正しい知識で上書きできるのも、鉄道会社だけだと思うんだよね。



11:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
その通り。害がないものを「気にする人がいるから」といって避けるのは間違った態度。相手の強迫観念を助長するだけ。ちゃんと「害はない」ことを啓蒙するべき。



12:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
以前、全く同じケースに出会った。ものすごく必死に訴えてて、その行動の方が心臓に悪そうで気の毒に見えた。妄信に達していると、いくら真実を伝えてももう手遅れだったりするからなぁ・・。



13:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
まあペースメーカー入れてる人はペースメーカーをまず信用してないだろうからねぇ…これ本当に根深い



14:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
似たような事が病院であった。機内モードにして使用していたら、さんざん大声で文句言われた。説明しても聞かないし、周囲も騒いで警備員まで来たので、こちらが折れたけど…。ちなみに場所は会計・薬剤待合所。



15:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
本当のペースメーカー持ちなら、電池の交換等でその際医師から正しい知識教わってると思うんだがね



16:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
今も、古い機種は密着(3CM以内)させると危険である可能性が僅かながらあるとされてる。
普通に使っていれば大丈夫なんだけど、そもそも、何故携帯電話普及期初期に、ペースメーカーが危ないとなったんだろう。




17:名無しさん+:2014/07/22 ID:xxxxxxxxx
病院内は一部OKになったみたいだね。 あとペットボトルの分別、燃やした方が環境負荷が低いのに、一度自治体でキャンペーン張っちまったもんだから引っ込められないという理由だけのクソルール。


[図解] 電車通勤の作法 (メディアファクトリー新書)

※コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼等のご連絡はメールでお願いいたします。