うーむ

1:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:07:58.20 ID:RkygN+c80
叩き落されたのは俺だけじゃなくて家族全体
酔った勢いで色々書き散らしていく。書き溜めは無いからちょっとグダるかもしれない



2:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:08:39.57 ID:/w1MPekII
期待



4:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:11:45.14 ID:RkygN+c80
家族構成を書いておく
父親 定年間近。単身赴任で関西に居る
母親 パートやってる
姉 アラサー
兄 社会人。福岡に今住んでる
俺 大学3年生、実家暮らし

今回の話はアラサーの姉がメインで引き起こす、というか巻き込まれる事だ


元記事:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1410444478/
http://2ch.sc/



5:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:16:18.36 ID:RkygN+c80
それまで俺の家族はそこそこ裕福でそこそこ幸せな家だったと思う。
父親と母親の仲も良くて、銀婚式迎えてからは毎年2回海外旅行に行ったりしてたし
俺たち兄弟の仲は際立って仲が良いわけでもないけど仲が悪いわけでもない。お互い不干渉な感じだった
転機が訪れたのは俺が大学一年生の冬。姉が婚約者を家に連れてきた。
兄弟仲はこんなんだったから俺も兄も姉が結婚するって聞いても「ふーん」って感じで
両親は結構海外旅行行ったりと比較的遊び歩いていた姉が身を固めるってことでホッとした感じだった



8:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:22:06.50 ID:RkygN+c80
婚約者を見た時の印象は「チャラい」だった。
まあちゃんと仕事に就いてるし、姉とは友達同士の合コンで出会ったとはいえ5年間付き合っているとのこと
第一印象はチャラいだったけど、何回か話をしていくと単にフランクな人だってのが分かって父親も母親も何事もなく二人の仲を歓迎。
俺と兄もまあいんじゃん?って感じで2人は年明けに入籍。
結婚式は偶然その日程が空いていたってことで、7月7日の七夕になったんだ
そのあと俺たち家族と義兄の関係は普通に良好だった



9:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:29:19.40 ID:RkygN+c80
結婚式は豪勢だった。俺が結婚式と披露宴に参加するのが初めてだったってのもあるんだけど
姉も義兄も交友関係が広いってのもあって、招待客で来た友人が凄く多かったな
あとフォワグラとかも初めて食ったし、庭でシャンパンパーティっていうの?それをしたのも初めてだった
ただ披露宴で姉と義兄の馴れ初めから始まるイチャイチャビデオを見せられた時は、友人たちは盛り上がってたけど俺たち家族はさすがに苦笑いだった
両方の母親から姉と義兄にそれぞれウエディングケーキをあーんして食べさせて、そのあと姉と義兄であーんしあうっていうイベントもあった。これは最近ポピュラーらしいけど
お決まりだけど姉から両親への手紙で姉が泣いたりとか色々あったけど、披露宴は笑顔で溢れてた。
披露宴の終わり際にビデオレターが流れ始めて、それぞれの友人や仕事場への人にメッセージを送って
最後に姉から俺と兄宛に「これからも一緒に家族で支えて行こうね!」っていう言葉があったのを覚えてる
みんな笑ってたし、俺も結婚式って良いもんだなっておぼろげながら思ってた。
これは今も変わらない



12:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:37:55.93 ID:RkygN+c80
どうでもいいけどその結婚式の見積もり書を見たとき300万円近くかかってて本気で目玉が飛び出そうになった。

披露宴が終わって4か月くらい経って、11月になった。
姉が妊娠4か月だということが判明した。とっさに俺は逆算して、新婚旅行の時にヤッたのか…って思った。
父親も母親も大喜びだった。
俺も兄も「まだ若いのにおじさんになるのかぁ」って思ってた。
姉は出産したらまた実家に3か月くらい世話になる気らしく、俺に「あんたも赤ちゃんの世話するんだからね」って言ってきて俺はかなりげんなりした。
姉は昔からジャイアニズムっていうか暴君って感じで、俺も兄も逆らえない感じがあったんだよね。1言うと100言われるから
義兄はニコニコしながら「そうなったら家が寂しくなるから、僕も頻繁にお邪魔して良いですか」ってよく言ってた
それからしばらくして赤ちゃんの性別が判明した。女の子だった。



13:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:40:11.37 ID:+fzDjz0j0
暴君って所が気になるな



14:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:43:15.87 ID:RkygN+c80
姉と義兄は結婚前から子供の名前を決めてたらしくて、詳しくは言えないけど
男の子だったら義兄の名前から一部抜き取る、女の子だったら姉の母親の名前から一部抜き取るって感じ
いまどきのDQNネームって感じじゃない、普通に良い名前だ。
姉は元々公務員で保育士だったんだけど、産休育休で3年くらいがっつり休んでからまた職場復帰という計画を立てているらしかった
そんな感じで元々姉は実家の近くに義兄と住んでいたんだけど、妊娠の経過報告や母親への相談とかで頻繁に家に寄るようになった。
そして俺どころか家族の誰もがもう二度と忘れもしない4月10日、俺の姪の誕生日を迎えた



16:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:49:41.30 ID:RkygN+c80
4月10日の早朝に母親が俺をたたき起こして、「今から姉の居る病院に行ってくる」と言ってきた。
10分おきの陣痛が始まったってことで、いよいよ出産の為に姉が入院をすることになったらしい。
母親は「今からなら多分昼間辺りに生まれるかもしれないね」って言っていて
その日俺は大学が午後からだったから、もし生まれたら病院に見に行ってやるかって思って二度寝をした。
昼前に起きたら母親が家に戻ってきていた。
俺が「生まれたん?」って聞くと首を振って「全然まだだから一度戻ってきちゃった。午後からは旦那さんが付き添うし、大丈夫でしょ」
と言っていた。俺は午後から夜まで大学があるからじゃあ今日は見れないのかって残念に思って家を出たのを覚えている
授業の後、サークルに参加していた俺は携帯に母親から3件の着信が来ているのに気付いた。



17:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:56:57.79 ID:KlH5xlddi
気になる



18:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:58:25.39 ID:WbDngKTF0
気になるな・・・



20:名も無き被検体774号+:2014/09/11(木) 23:59:53.95 ID:RkygN+c80
時計を見たら19時半。さすがに生まれている時間だ。
サークルの友達に俺が姪が生まれるって言いふらしていたのもあってそれに気づいた友達が「生まれたって報告じゃね?」と言っていた。
俺も(そうだろうな。別にラインとかで良いのに)と思ったけどやっぱり初孫って事でフィーバーしてるんだろうと思って母親に折り返しの電話をした
出て早々母親は「あんた今どこにいるの!?」って切羽詰まった感じだった。
俺「いや、大学だけど……」
母親「そんなところに居る場合じゃないでしょ!今すぐ家に戻って!」
俺(孫生まれたからって普通そこまでか?)
俺「なんで?今日サークルあるって言ったじゃん」
母親「お姉ちゃんが病院に運ばれたの!」
俺(病院に運ばれた?だから最初から病院に入院してんだろ???)
俺「どういうこと?」
母親「ちょっと待って、今先生からお話があるって言うから切る。そのあとすぐ電話するから」ブチッ
俺「????」
訳が分からなくて戻ってきた俺の様子を見た友達が「どうしたん?」って聞いてきても俺は「よく分からん」としか返せなかった
ただ、何か不穏なことが起きているっていうのは何となくわかった



22:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:02:36.78 ID:ceNbg+GE0
混沌としてきたな



23:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:03:23.13 ID:kxuUSLdQ0
肌の色か…


25:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:04:51.73 ID:SdTVDiDy0
赤ん坊の肌の色で病院に運ばれるってあるのか?


27:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:06:39.70 ID:vzkW0+kz0
>>25
旦那に殴られるとか



24:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:04:35.07 ID:3h+nLN+60
気になるん



26:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:06:31.52 ID:0YYKQaz10
5分くらい経って母親からまた着信があった。母親の声はさっきとは打って変わって落ち着いていて、涙声だった
俺「なんなの?」
母親「お姉ちゃんがね、出産のときに脳出血を起こしたの……」
俺「え、なにそれ大丈夫なの!?」
母親「大丈夫じゃない……ついさっき救急車で救命センターに運ばれて」
俺「」
母親「本当に命が危ないっていうことで、今緊急手術が始まって、」
母親「お姉ちゃんが本当に死んじゃうかもしれないの……お父さんの携帯もずっと電話してるけど繋がらなくて……」
本当に頭が真っ白になって、思考が停止した。



28:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:07:13.47 ID:vzkW0+kz0
あら、本格的にヤバいやつか



29:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:07:34.22 ID:kxuUSLdQ0
産科の病院から総合病院へ行ったのかな?



31:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:08:02.35 ID:KDBZQIC20
マジか



33:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:08:28.21 ID:xDM2ST+U0
これは辛い…



34:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:09:07.95 ID:SX5UFavUi
ねぇちゃん…



35:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:09:38.02 ID:kxuUSLdQ0
いきみ過ぎてじゃないよな
巻き込まれたって事だからなんだろ
気になる



37:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:11:08.86 ID:vzkW0+kz0
出産の時に母体が危なくなるのはよくある事。本当に命懸けで子供を産む。お前らかーちゃんに感謝しろよ



40:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:12:56.05 ID:0YYKQaz10
「あんたのほうからもお父さんのほうに何とか連絡取って!」って言われたけど、携帯が繋がらないんじゃどうしようもない
ふと俺は財布に父親の名刺が入っているのを思い出した。もう職業言っちゃうけど父親は自衛官で、俺は基地に電話をすることにした
電話をすると、今父親は基地クラブで宴会をしているとのことだった。
俺(こんな時に宴会なんかしてんじゃねえよ!!!)
基地の人「あの、何か伝言があるなら伝えにいきますが」
俺「今すぐ、緊急で、家族に折り返し電話をしろって伝えてください。本当に緊急なんです。急いでください!」
基地の人「わかりました」
俺はサークルを途中で抜けて、電車に飛び乗った。
病院に行こうかと思ったんだけど病院の詳しい名称とか聞くの忘れていて、結局家に帰ることにした。
電車に乗ってる間ずっと電話がくるかもしれないって、スマホを握りしめていた。
検索履歴は「妊婦 脳出血」とか「脳出血 緊急手術」とかでその時は埋まっていた



41:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:19:26.07 ID:0YYKQaz10
家に着いたのは9時すぎだった。帰ってから10分くらいして父親から電話があった。
父親はあの後すぐに母親に電話して、今新幹線に乗って直接病院に行くところだと言っていた。
母親の話だと手術は数時間で終わるらしい。何かあったら連絡するから、お前は家で待機していなさい。とだけ言われて俺は自宅待機になった。
自宅待機だって言われたって、家族が死にかけてるわけで俺はテレビとか付けないでただじっとソファーに座っていた。
晩飯を食べてない事に気づいたけど、腹は減っていなかった。
しばらくして家の電話が鳴って飛びついた。父親だった。
父親「今、お姉ちゃんの赤ちゃんが帝王切開で無事に生まれたそうだ」
俺「姉ちゃんは?」
父親「これからまた処置に移るらしい。とりあえず赤ちゃんは麻酔で眠っているけど元気だってことだ」
正直もう姪の事はどうでもよかった。ただ姉のことが気になった



43:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:23:42.11 ID:SX5UFavUi
赤ちゃんに麻酔って初耳だよ



44:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:25:21.73 ID:kxuUSLdQ0
いや、赤ちゃんは母体への麻酔を胎盤通じて取り込んじゃってる訳でしょ?
普通じゃん?


50:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:33:58.54 ID:SX5UFavUi
>>44
把握

続きどぞー



45:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:25:48.21 ID:0YYKQaz10
赤ちゃんは姉の手術で全身麻酔をした影響で眠ってたみたい


電話を切って俺はPCを開いた。正直もう普通の精神じゃなかったと思う。
脳出血のことを調べ続けたり、2chにスレ立てたりそういう事をまた電話が鳴るまで一心不乱に続けていた。
そして、0時近くに電話が来た。姉の手術は無事終わった。
無事に終わったと聞いて俺は受話器を持ったままその場に座り込んだ。
とりあえず今日の所は家族は家に帰ってもらって、明日の10時に姉の容態の詳しい説明をするそうだった。
1時すぎに父親と母親がタクシーで帰ってきた。
父親は「もう寝ろ。明日はお前も行くんだからな」
父親「あと、明日お姉ちゃんの姿を見る時覚悟しとけよ」
俺は部屋に戻ったけど不安で眠れないままだった。リビングからは母親の泣き叫ぶ声が聞こえてきていた。



46:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:29:49.15 ID:9GKNksIX0
覚悟ってなんだよ…



47:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:31:15.85 ID:0YYKQaz10
結局ほとんど眠れないまま朝を迎えた。それは両親も同じで、3人とも隈を作って酷い顔をしていた
病院で義兄と合流したんだが、義兄は本当に憔悴した感じだった
兄は、連絡を受けて朝一の新幹線に乗って午後にこっちに来るということだった。
姉は今ICUに入っているとのことで、10時から話があるってことで9時からICU病棟の待合室でしばらく待っていた
その間全員が無言だった。9時55分頃に、30代くらいの若い医者が入ってきた。
医者「(姉)さんのご家族の方ですね。これで全員ですか」
母「あと弟がもう一人午後から来る予定です」
医者「そうですか。ではとりあえず今いる人たちに説明をしますね。こっちにどうぞ」
といって俺たちは別室の会議室?みたいな所に案内をされた。



53:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:38:39.39 ID:0YYKQaz10
そこには看護師が2人と、脳神経外科医というその若い医者と産婦人科医という女性が立っていた。

医者「まず、(姉)さんには2つの手術をしました。赤ちゃんを取り出すための帝王切開と、本人の命を救うための脳外科手術です」
医者「応急処置を施しとりあえず容態が安定し、帝王切開をしても問題ないと判断したところで手術を施しそしてそのまま脳手術に移りました」
義兄「あの、(姉)の命は大丈夫なんですか」
医者「……それを説明する為にまずは順番に説明しますね」PCを操作
医者「これが運ばれてきた直後のCTスキャンの結果です」
テレビでよく見るやつだった。姉の片側の脳の8割が黒く染まっていた。
医者「この左脳の黒いところ、ここが脳出血です。(姉)さんの場合は出血範囲がかなり広い」
医者「大体7センチ前後の出血でした。僕の握りこぶし大くらい、というとわかりやすいでしょうか」
7センチとか握りこぶし大とか言われてもいまいちピンと来なかったが、重症なことだけは分かった



54:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:39:20.68 ID:kxuUSLdQ0
アカン…これ以上聞くのが怖い



55:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:40:47.38 ID:4BLSjfqiO
8割…



57:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:43:21.25 ID:ceNbg+GE0
アカンやつだこれ



60:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:44:39.60 ID:4BLSjfqiO
釣りって事にしてくれ頼む



61:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:45:21.51 ID:0YYKQaz10
医者「ここに運ばれてきた時、(姉)さんの瞳孔は二つとも違う方向に向き、そして大きさが違いました」
医者「これは僕たちの中だと本当に危険な状態を表しているんです」
義兄「あの、でも手術は成功したんですよね?」
医者「はい。あの時、命を失う危険があった(姉)さんをとりあえず救う、という意味では」
母「……どういうことですか?」
医者「正直に言いますと、こちらとしてもまだ(姉)さんの命の保証はしていません。大丈夫だとも、ダメだともいえない状況なんです」
医者「これから良い方向に傾くかもしれない、悪い方向に傾くかもしれない。この2,3日が山場と言っても良いでしょう」
医者「特に手術直後は脳が腫れますから。そういう影響ももちろんあります」
医者「そしてあの時僕たちは(姉)さんの命を救う、その点だけに着目して手術をしました」
医者「……後遺症がどの程度かはまだ判断できないですが、少なくとも以前の生活に戻る事は絶対にありません」

うろ覚えだけど大体こんな感じ。
産婦人科医からは「赤ちゃんを帝王切開で無事取り出しました。念のためにNICUに入れているけど大丈夫でしょう」ということだけだった



64:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:48:08.38 ID:2mZiyXqy0
(アカン)



67:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:52:44.15 ID:0YYKQaz10
そのあとICUに入っている姉の所に行くことになった。
病室は隔離されていて、入るときに消毒液で手を洗う事とマスクの着用を義務付けられた。
この時俺の心臓は破裂しそうなくらいに早かったんだけど、部屋に入って姉の姿を見たとき逆に止まるかと思うくらいだった。
姉はベッドに横たわっていたんだけど、体の至る所に無数の管が繋がっていた。
頭の左側には厳重に大きいガーゼが貼ってある感じで、顔っていうか鼻と口に管が沢山繋がっていて顔はむくんでいるのか本当に別人だった
変わり果てた姿ってのはこういう時に言うんだと思った。
俺は初めて見たとき(別人じゃないのか)って思うくらいだった。
姉だと認識した瞬間、本当に涙が自然と溢れてきてしゃくりあげが止まらなくなった。
それは皆同じだったけど、俺以外は昨日の夜に見てるからか俺よりは冷静だった。
看護師が「何か呼びかけても大丈夫ですよ」って言っていて
義兄を筆頭に「俺だよ、(姉)ちゃん」とか「絶対大丈夫だからね」とか「お母さん来たよ」って語りかけていた。
俺は語りかけようにも何も浮かばないし、何も言えなくてずっとそれを見ていた



69:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:56:06.73 ID:1poVpFHi0
1……
いかん、感情移入してしまって、本気で涙でた



66:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:51:21.38 ID:CilMxnUz0
http://ikeike2ch.jp/archives/37527476.html


73:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:59:38.09 ID:0YYKQaz10
>>66懐かしいな。俺が立てたスレだ
当時の俺の状態が知りたいならこっち見ると良いと思う



70:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:56:57.33 ID:ceNbg+GE0
4月にスレ立てして今はどうなってんだろうな…



72:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:59:36.26 ID:kxuUSLdQ0
脳溢血の原因も気になる
純粋に出産だけが原因なのかな?



73:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 00:59:38.09 ID:0YYKQaz10
午後から兄が到着したけど、兄も俺と同じような反応だった。
夕方、俺と兄だけ先に帰された。帰りのタクシーの中はずっと無言だった。
「お前何か食うか」って聞かれて昨日の夜から何も食べてない事に初めて気付いて、食パンを食べた。

次の日も病院に行った。
姉の様子は変わらない
NICUに居る赤ちゃんと対面できるよって事で、家族で順番にあった。
もちろん一番は義兄だと母親だったけど。
姪はカプセル?みたいなものの中に居た。本当に、ビックリするくらい手足が小さい。
腕だけ穴から入れて触れるんだけど、壊れちゃうんじゃないかってくらい柔らかくてスベスベしていたのを覚えてる
NICUから出た直後、義兄は泣き崩れていた



74:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:00:37.15 ID:ciAvzXWa0
妊娠出産が恐ろしくなる



75:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:03:54.87 ID:kxuUSLdQ0
言葉が出んな…



77:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:08:04.15 ID:0YYKQaz10
2日目となるとさすがに皆ちょっとは冷静になって色々なことに気が回り始めるようになった。
ICUの面談時間まで、待合室で俺たちはどうして姉がこんなことになったのか、という話を義兄から聞いていた。
義兄の話によると、お昼ごろに母親とバトンタッチした後もしばらく姉の出産の気配は遠かったらしい。
出産はしないが、陣痛は続くという状態なので医者から陣痛促進剤というもののの投与を薦められてそれをすることにしたそうだ。
それを投与してから1時間ぐらい経って姉が「頭が痛い」と言い出したそうだ。思えば、ここから出血は始まっていたんだと思う。
それでも出産の時は近づいて、陣痛も頂点まで達しているはずなのに姉が言う事は「頭が痛い」。
義兄も助産婦もおかしいってことで色々あったらしいが、その産婦人科の病院ってのが新しい病院でそういう経験が無い人だらけだったらしい
医者が呼ばれてくるまで、7人の助産婦さんが何をするでもなくただ呻く姉の周りに棒立ちをしていたそうだ
様子がおかしい、と義兄は母親に電話。母親は病院にすぐ駆けつけたがその時丁度救急車が来ていて救命センターに搬送、という流れだったそうだ
姉の脳出血は、陣痛促進剤をしたことで血圧が異常に高まったことからの事故だった



78:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:10:36.92 ID:1poVpFHi0
うちは赤ちゃんいるから、こういう話は特に辛い
陣痛より頭が痛いなんてよっぽどだろ!
なんでもっと早く対処できなかったんだよ…
うぅ



79:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:11:05.37 ID:QQhX/4Zl0
事故か…ああああああ…



80:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:12:29.02 ID:ceNbg+GE0
自分も促進剤使ったから他人事ではないな



81:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:14:00.20 ID:1poVpFHi0
うちも嫁が促進剤使ったから、他人事とは思えん



82:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:15:48.62 ID:0YYKQaz10
救急車で搬送するときの姉はもう義兄の名前と、お母さん、と繰り返すだけ
それも搬送中に無くなって何も言わなくなっていた、らしい。
姉の出血範囲は左脳のほぼ全域。右半身麻痺は確実、言語障害も恐らく出るだろうというのが医者の言葉だった。
ただ「ただ(姉)さんは若い。若いっていうのは脳外科において奇跡を引き起こす事に十分な説得力を持つものなんです」っていう言葉に俺たちはすがるしかなかった。
そして1週間後、姉の命はもう大丈夫ということで一般病棟に移ることになった


姪が生まれて一か月。姪は俺たち実家の方で引き取ることになった。
義兄1人じゃ乳児を育てることも不可能だしな。
父親と兄は違う所に住んでいるし、主に母親と俺が姪の面倒を見ることになって
俺は大学が無い時はいつも姪の面倒を見て、母親はパートをやめて姪の世話と姉の見舞い
父親は今まで月1で帰ってきていたのが週2で姉の為に帰ってくるようになり
義兄は毎日仕事が終わったら姉の所にいき、そして俺たちの家に来るという生活を繰り返すようになった
この乳幼児の世話ってのがほんとうに大変で、俺と母親は姪の泣き声の幻聴を聞くレベルにまでなっていた



83:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:16:59.06 ID:KDBZQIC20
かける言葉が、見つからんスマン



84:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:17:17.81 ID:UufFtZCo0
CTで脳出血は黒にならんがー
8割が真っ黒っていう意味も分からんー
医者の説明あってるの?1の記憶違い?


88:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:23:13.13 ID:0YYKQaz10
>>84
CTに関してはもう覚えてないけど、8割が出血だから色が逆なのかもしれないな



86:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:20:56.28 ID:1poVpFHi0
分かる
赤ちゃんが泣いてる時にどんなに抱っこしても、あやしてもダメな時が殆どだ
胸欲しがってる時以外でも、ただ甘えてるだけでも母親の抱っこじゃないといけなかったりな
本当に大変だったろうな



88:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:23:13.13 ID:0YYKQaz10
一か月。一か月が経つのに、姉の意識は一向に戻らなかった。
医者曰く「医学的に意識レベルを分けると、(姉)さんは下から2番目と3番目の間くらい」
と言われた。俺はその時初めてこのまま意識が戻らない、という選択があったことに気づいて愕然とした
身体障害くらいなら大丈夫、みんなで支えれば普通に生きていける。言語障害だって、リハビリすれば何とかなる。そう前向きに考え始めていた時だったから
そこで医者が「そろそろ頭蓋骨を(姉)さんの頭に戻す手術をしようと思っています」と言ってきた。
今は意識レベルが低くても、頭蓋骨をはめて脳を密閉状態にすることで回復することがよくあるらしい。
ただもう元の骨ではなくて、人工骨を入れますということだった



92:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:29:17.82 ID:0YYKQaz10
時系列がちょっと変わるけど、病院の計らいで一度だけ、ICUに居た姉とNICUに居た姪を会わせる事が出来た。
その時姪がわんわん泣いてたんだけど、看護師さんが色々安全なように姉の胸に置いた瞬間泣き止んで
意識が無いはずなのに姉の乳首から母乳が滲み出てきたのを見て、ああ母親ってこういうの分かるんだって思って更に泣いた


骨を入れてから2週間。相変わらず姉は変わらない。
痰も自分で飲み込めないから痰吸引っていうのをするんだけど、反射なのか姉の体が強張って暴れるから見ているのが凄く辛かった
姉はリハビリセンターに転院をすることになった。
意識が無いのに何をリハビリするんだって思ったが、ある時期を過ぎると病院ってのは転院しないといけないらしい
それとリハビリってのは早いうちにやればやるほど成果が出るって事で、なるべく早いうちにそういうリハビリセンターに入った方が良いとのこと。
リハビリにもガンガン社会復帰を目指すリハビリと、老人がやるような寝たきりの静養型リハビリってのがあって
ガンガンやるリハビリセンターに転院するには、倒れた日から3か月以内じゃないと転院が不可能になるらしい
これはどうにもならない、日本医療の制度だと言っていた



94:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:32:24.96 ID:SX5UFavUi
本当に母親って偉大だよな



95:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:34:55.13 ID:Er5S+78G0
原因は脳出血による圧迫なのか?
ドクターKがアイスピックで頭骨に穴あけて救助してたやつと同じ?


99:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:40:55.75 ID:0YYKQaz10
>>95
そう。手術は開頭手術としか聞いてないから具体的にどうやったのかとかよく分からないわ



97:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:35:46.69 ID:0YYKQaz10
このころは6月だな。リハビリセンターは本当にいろんなリハビリをしていた
意識の無い姉の腕や足を動かしたりそういう事をずっとやってくれた
転院して1週間くらいして、姉の意識がゆっくりと戻り始めた。
俺たちは喜んだが、姉は意識が戻り始めてからずっと泣きっぱなしだった。体は動かないのに顔だけ歪めるんだ。
声も、姉は気管切開をしてしまっていたから今出すことが不可能だった。
俺たちが2か月前に向き合った問題と、姉は今から向き合わなくちゃいけない。しかも自分の体だ。
それでも俺たちはこの時まだ希望に満ちていた。だってずっと戻らなかった姉の意識がとりあえず戻ったんだ。
これは絶対に良くなっていることだって



99:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:40:55.75 ID:0YYKQaz10
姉の意識レベルを確かめる為に色々なことをやった。
姉の海外旅行の写真を見せて、「これはどこ?一番、アメリカ、2番イギリス……」って感じでゆっくり言って該当するところを瞬きしてもらってね
そういう事を何度もやった。
姉は姪の写真をいつも見ていたし、時々姪を連れてくると姪の事をじっと見つめていた。
俺たちの前ではあまり泣かなかったけど、義兄だけが病室に居るときだけは頻繁に泣くと義兄から聞いた
これらから俺たちは、姉は今までの記憶がちゃんとあるし思考は今まで通り正常だと判断した。
姪はビックリするくらい順調に成長してった。身内贔屓が入ってるかもしれないけど、髪がフサフサで目が大きくて本当に可愛い。



98:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:38:47.64 ID:1poVpFHi0
お姉さん回復したのか!
良かった!…と思ったけど、なんか雲行きが怪しいな



100:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:48:56.16 ID:0YYKQaz10
そんで現在だ。
姪は今生後5か月なんだが体重8キロ超えというとんでもない赤ちゃんだ。
保育園にも預けられるようになったんだけど、他の赤ちゃんと比べて明らかにでかい。
5分で200ミリのミルクを飲み干すレベルになっている。

姉は、あれから何も変わらない。良くもならないし悪くもならない。
あんなにリハビリをしているのにだ。
俺はふと思った。もしこのままだったらどうしようと。
姉は凄いアウトドア派でスキューバダイビングの資格とかも持っていたんだ。
そんな姉が娘が生まれた幸せな瞬間にあんなことになってしまった
指一本でさえ自分の思い通りにならずに動かない。
瞬きしか出来ず、声も出せない。
流動食を流され、排泄物は垂れ流しでそれを看護師さんたちに変えてもらう
娘を一度もだけない上に育てることなんて当然出来ない
そして記憶も意識もしっかりと持っていて、自分から命を絶つことも出来ない。
俺たちは命が助かって、意識が戻って喜んでいたけど
姉にとったらあのまま死んでいた方が、意識が戻らない方が良かったんじゃないかと



101:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:54:58.96 ID:CilMxnUz0
その疑問にお前が答えを出すことはできないな
お母さんが生命力を燃やして娘を無事守ってくれたんだ


102:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:56:10.13 ID:e+MZJOv40
>>100
そう思ってしまうよね
お姉さんほんとうにつらいだろうね
その状態でおそらく意識や記憶がしっかりあるってのは生き地獄だよ
んー…言葉にならないや…



103:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 01:57:03.44 ID:0YYKQaz10
姉は瞬き以外に意志を伝達出来ないから、本当のところどう思っているのか分からないけどな

そして現実的な話をするとこれからかかる医療費。
父親はもうすぐ定年退職を迎える。父親、母親が居るうちはまだ良い。
2人が死んでしまった後はどうする。義兄だけで姉と姪の面倒を見ることは不可能だ
姉は病院を出て自宅介護でさえ絶望的な状態になっている。
そして今は何も知らない姪が大きくなったら。
兄が「もう俺たちも見舞い結婚は出来ないな。あと恋愛結婚もどうかな。俺は彼女居ないし予定もないからまだいいけど」と言っていた。
障がいを持つ家族を持つ者の宿命のようなものだと兄は言っていた。
医者の言う奇跡なんてものは起きないのかもしれない
これからどうなるのか分からない、正直に言うとお先真っ暗だが俺たちは姉の回復を諦めていない



104:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:01:03.26 ID:ceNbg+GE0
ヘビーだな。
仮に姉が死なせてくれと頼んでも、日本じゃそれはできないだろうし
でも状況は姉の死が全員を解放するという事態に近づいて行くわけだ



105:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:04:35.75 ID:gmUktue3i
もう手遅れっちゃ手遅れだけど、諦めてないなら今後も諦めるなよ
後から見捨てられるのが一番堪えるだろ
それと相手が諦めてくれって思ってない確信は無いわけだから、生きる喜びが持てるような関わり方をしてやってくれ


109:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:13:37.27 ID:0YYKQaz10
>>105
暗くなってもどうにもならないからな



106:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:07:12.82 ID:kPWH27Gn0
他人事だが考えさせられてまうな。で、あんたは今、姉が元気だった頃と同じ感じで大学生活おくれてるのか?


109:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:13:37.27 ID:0YYKQaz10
>>106
概ね以前と同じ生活。サークルも続けてるし、家庭が暗いなんてことも無い。
普通に笑顔があるし、ただふと姉のことで影がよぎる感じ



107:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:08:01.43 ID:+25S1EnUO
それ産婦人科訴えて慰謝料請求できるレベルだろ
助産師に何度も頭が痛いって言ってたんだろ?


109:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:13:37.27 ID:0YYKQaz10
>>107
俺はその場にいなかったし蚊帳の外にされてるんだけど、色々それってどうなの?みたいな対応があったらしくて弁護士入れるみたい。
ただ慰謝料とかは難しいと思う。決定的なものがないから
弁護士入れてやり合うのはあくまで第三者に誰かのせいにしたい、このやり場のない気持ちに決着をつけたいからだって父親が言ってたし


111:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:14:32.91 ID:e+MZJOv40
>>107
確かに訴えられそうだよね
人を恨むのは良くないけど、明らかに産婦人科が要因を産んでるよねしかも重ね重ね

あとお姉さんは娘さんの顔をみて、この子の為にも絶対生きなきゃって思ってる…んじゃないかなと思う
母親ってそういうもんだから
奇跡も起こり得るかもしれない


116:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:22:05.12 ID:+25S1EnUO
>>111
たしかにおかあさんっていう生き物はおれらの考えを凌駕した考え方するもんな
あとはおねえさんがお金とかの心配なく生きることに集中できるようになれば良いよな
そのためにもしっかり慰謝料請求した方が良いと思うな
産婦人科だけじゃなくて医者ってこういう損害賠償求められたときのための保険に入ってるんだよ



108:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:09:08.11 ID:0YYKQaz10
外に出れば電車に乗れば若いお母さんが赤ちゃんを抱いたりしているのが嫌でも目に入る。
何で俺たちなんだ、なんで姉なんだってずっと思ってる
姉が子育てをするつもりで残していたものが色々と姉の家に残ってるんだよ。事細かに書き込まれた母子手帳とか、育児雑誌とか。
虐待のニュースとか堕胎とかそういうの見ると、なんで姉がこうなってお前たちが健康なんだって当り散らしたい気持ちもある
人生って本当に何が起こるか分からないんだよ。それまで姉も俺たち家族も順調でそれなりに幸せだったんだ。
程度の差はあれど簡単に崩れていくもんなんだな。誰が悪いとかじゃなくて、単純に運の悪さで。
大地震の時は他人事に近かったけど今痛いほど痛感している。
今普通に歩けてパソコン出来るってのがどれだけ幸せなことかっての、もう一度噛み締めとけよ
何気なく居る家族がどれだけ大切な存在なのかってこととか。
これは俺たちに限らず、交通事故とか天災とかそういうのでゴロゴロ居ると思う。
ある日突然それが出来なくなるなんてことが世の中当たり前なんだからな。



112:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:16:24.08 ID:0YYKQaz10
全部ぶちまけてスッキリしたから寝るわ
身近に妊婦が居る奴はマジで大切にしてやれよ
あと産婦人科を選ぶなら新しい場所はやめとけ。俺たちみたいになった時リカバリーが効かなくなるかもしれない
ホテルみたいな環境とかがウリの産婦人科もあるが、あれは健康に生まれてから傍受できるものだ。
もしもの時対応できない可能性があるから、普通に地元で信頼されている病院を選んだ方が無難だぞ



113:名も無き被検体774号+:2014/09/12(金) 02:18:06.27 ID:a5ognxye0
お疲れ様
聞かせてくれてありがとう
微弱ながら祈らせていただきます


産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK-プレ妊娠編から産後編まで! (専門医ママの本)