男も育休取れないとねぇ

1:丸井みどりの山手線 ★:2016/01/11(月) 13:10:08.21 ID:CAP_USER*.net
2016年1月11日 東京朝刊
育児と仕事の両立に悩む男性が増えている。政府は2020年までに男性の育休取得率13%を目標に掲げるが、14年度の取得率はわずか2・3%。「イクメン」を後押しする取り組みも増えてきた一方で、育児参加しようとする男性社員へのパタニティー・ハラスメント(パタハラ)の問題も表面化している。


●仕事か家庭か迫る

「君だけだぞ、何を考えているんだ」

建築関係の企業に勤める30代の男性は昨年、同僚の前で上司からこう叱責された。育児を理由にフレックス勤務しているため、職場の会合に参加できなかったからだ。欠席の理由を説明し、会合を出勤時間帯に変えてもらえないか頼んだが、聞き入れてもらえなかった。

男性は共働きの妻と2人の子どもを育てるため、会社の制度を利用して朝は6時台に出社し、午後4時過ぎに帰宅する生活を数年間続けている。同僚は理解してくれたが、上司は「チームワークが乱れる」と批判的だった。一方的に退社後に設定された会合は中身がなく、仕事か家庭かを迫る「踏み絵」だと感じた。

男性は「同僚を巻き込むわけにはいかず、誰にも味方してもらえないのがつらかった。それでも後輩のためにも、自分が風よけにならなくてはと思った」と振り返る。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で同じ悩みを持つ人とつながったことが、心の支えになったという。


●6割が泣き寝入り

「パタハラ」とは、男性が育児をする権利や機会を侵害する言動を指す。連合が13年末に行った調査では、子どもがいる男性の11・6%がパタハラを受けた経験があり、そのうち6割以上が誰にも相談せずに泣き寝入りしていたことが明らかになった。

だが、パタハラはようやく可視化されつつある問題で、この数字は氷山の一角に過ぎない。団体職員の佐藤士文さん(38)は昨春、連合の調査結果にショックを受けたのを機に「パパ友」らとともに「パタハラ対策プロジェクト」を発足。昨年6月から子育て中の男性らを対象に実態調査をする中でさらに衝撃を受けた。育休や時短・フレックス勤務を申請した際に降格などの不利益な待遇をされたことがある人は23%、同僚や上司から否定的な発言をされたことがある人は45%に上ったのだ。パタハラという言葉を知っていたのは、わずか33%だった。

佐藤さんは「育児は母親が担うべきもの、という意識がパタハラを生んでいる。パタハラが横行する状況が続けば、育児参加したくてもできない男性がどんどん増える。結局は少子化対策も女性活用も絵に描いた餅になってしまう」と危惧する。


●企業の意識改革を

男性の育児参加をめぐっては、政府は少子化対策として20年までに育休取得率13%、配偶者の出産後休暇取得率80%を数値目標として挙げている。企業として後押しする動きも出てきている。

キリンは昨夏から「イクメンイクボス実践委員」と題したプロジェクトを始めた。自薦他薦の委員11人が、職場と家庭で実践している両立の知恵を、社内に波及させようという取り組みだ。

委員の一人で5人の子どもの父親でもある福本太郎さん(39)は「思い返すと、男性同士で仕事と家庭の両立について話したことはなかった。良い情報共有の機会になったし、会社の方向性を知れたことは励みにもなる」と話す。

ヤフーでも昨秋行った育休取得者向けの座談会に、初めて男性社員が参加した。同社の昨年度の男性育休取得率は7・8%と、前年の約3倍。座談会では男性取得者同士で情報交換したり、育休中の女性社員と夫婦の協力体制について話し合ったりしていた。

ただこうした動きはまだ一部。NPO法人ファザーリング・ジャパンが昨年6月に行った調査では、1歳半以下の子どもを持つ20歳以上の男性1030人のうち46%は、妻の出産時に育休を取るのではなく、有給休暇など別の制度を利用して休んでいた。また大半が妻の入院中に1?3日間休んだだけで、取得の時期も期間も、希望(退院後、1週間から1カ月)にはほど遠い状況だった。

同法人理事の塚越学さんは「妻の妊娠を伝えられたら『育休はいつ取るの?』と必ず聞くなど、決まり事にしてしまうことが必要だ」と指摘している。

引用元:http://mainichi.jp/articles/20160111/ddm/013/100/047000c

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1452485408/



2:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:10:59.21 ID:UMogCPJB0.net
まーたヘンな用語を捏造か



4:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:11:59.94 ID:+JoUBOow0.net
パタニティーって何語?



7:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:13:28.62 ID:mKFcCVGc0.net
こういうのは法律で強制にしないとどうもならんぞ
日本人は基本的にブラック民族だから自分から率先して奴隷に成りたがる


11:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:14:29.49 ID:kbE2bsng0.net
>>7
法律作ってもどうにもならんよ
労働基準法が全然守られてない国だから


16:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:17:33.21 ID:mKFcCVGc0.net
>>11
罰則の強化が必要だな



19:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:19:56.91 ID:lkgHcMGD0.net
うちは男性社員でも普通に休んでるけどなあ



23:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:22:38.97 ID:QCNTgiDk0.net
子供産んだら会社も社会も協力してくれるっていうワガママ意識だろ



26:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:24:09.44 ID:uqShanih0.net
「イクメン」だの「森ガール」だの「ナントカ女子」「何とか男子」だのもでっち上げ。

もういいよこういう、全然流行っても定着もしていないのに無理やり流行らせようとしたりあたかも定着したかのように報道する流れ。



27:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:26:53.42 ID:QCNTgiDk0.net
嫁も稼いでるし出世考えてないとか社内の独身や嫁が子育てメインの家庭の人と社内競争って
意識の無い人は育休とか自由に取ればいいんじゃねーの



28:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:27:59.91 ID:dOJwSpTx0.net
日本は欧米に比べて遅れてるねえ
上司や同僚の意識が低いのが原因だよね



29:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:28:01.81 ID:KGeRRG9d0.net
もうキレイ事は通じない
現実見ようよ現実を



36:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:30:22.80 ID:ijxoasFR0.net
なんでもかんでもハラスメント化だな
“ハラスメント”と銘打てば、相手を貶めれる風潮



37:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:30:52.39 ID:ECndcbb30.net
一応書いておくけど、パタニティ(paternity)は英語だよ。



39:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:33:56.40 ID:WO4eLGZ40.net
育児休暇くらいとれよ。
ただし1週間までな。
上司が前職で普通に言ってたわ。
育児休暇取得率がゼロだとまずいんだとさ。
私は総務に言われて1日だけ使ったよ。


51:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:42:06.71 ID:ZiVBY7cv0.net
>>39
アホかw最低でも半年〜一年だろ
何のために育児休暇を取るのか?
1日〜1週間旦那が仕事休んで育児したら後は平日奥さんや親に丸投げかよwって女からは思われるぞ?


68:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 14:12:27.25 ID:WO4eLGZ40.net
>>51
育児休暇を取りました。
この事実が必要なのだよ。
男性社員の育児休暇取得率がゼロってのは
上場企業としては不味いそうだ。
同じく障害者雇用も一定数確保する必要があるらしい。
(笑)


74:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 14:30:21.20 ID:1/uGGE5d0.net
>>68
年末年始に何日かくっつけて「育児休暇」としていた上司がいたなあ。
たぶん会社の実績作りのため。



45:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:37:32.86 ID:bG2fOzdX0.net
こんな記事書いてる新聞社は、もちろん男性の育児休暇取得率は100%近くあるんだろうな。



46:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:38:46.46 ID:x+moDh5b0.net
うちの会社がそんな感じだ。
子どもや両親のために有給休暇を取得しようとしたら、上司に
言われた。そいつだけは許さん。
地獄を見せてやる。

と言うくらい憎しみが増長した。



48:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:39:14.11 ID:bDQaMEVD0.net
30名規模の小事業所の所長(40歳)だけど、平日の夕方に
女子社員に「子供のお迎えあるから15時以降いないよ?
早帰りさせてもらうわ」って言って帰ったことある。

その後「あれはないわー」みたいな空気になるかと思ったら
「所長からお迎えって言葉が出てびっくり!」ってむしろ
好意的だった。



50:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:40:06.03 ID:2NdjtnKb0.net
>育児参加しようとする男性社員へのパタニティー・ハラスメント(パタハラ)の問題
パワハラじゃいかんの?(´・ω・`)



52:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:43:23.27 ID:ilGOKyCU0.net
もう従業員数何人以上の会社は託児所併設して国が助成金出したら良いじゃんw


54:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:45:05.28 ID:ZiVBY7cv0.net
>>52
弱小企業「バイトと派遣だらけにすれば託児所作らなくて済むな」


55:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:45:51.01 ID:ijxoasFR0.net
>>52
従業員数何人以下の会社はどーなるんや?



57:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 13:47:48.66 ID:qkokVvZO0.net
まさかママの場合がマタニティで、パパだとパタニティとかってオチじゃねぇだろな?


61:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 14:04:22.81 ID:RTy2fYxR0.net
>>57
マタニティmaternityは「母性」、パタニティpaternityは「父性」
昔から存在する語だよ


80:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 14:43:11.86 ID:H1kcrVl30.net
>>57
語源をたどっていくとその考えでまあ間違ってないと思う



62:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 14:05:26.71 ID:Q/e+vgg30.net
その前に普通の有給が消化できるようにしてくれ



72:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 14:28:37.48 ID:TNhyBhpt0.net
労基法違反に莫大な反則金を課したら良いだけなんだがね。
・各種制度行使や有給取得をしぶったら1日あたり100万。
・賃金未払いは対象額の10倍。
とかの金額を労働者と国にそれぞれ納める。とかにしたら良い


77:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 14:34:24.23 ID:ilGOKyCU0.net
>>72
それは同意だな
日本には懲罰的賠償ないから
企業からすれば裁判で最悪負けても微々たる金払ってたいして痛くないからなあ



82:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 15:00:25.83 ID:dBOPmQXy0.net
会社の要望に応えた勤務態度だと
育児どころか人間としての最低限の生活すら難しいからな
仕事して食って寝る。


96:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 19:05:14.18 ID:3VBoiacL0.net
>>82
企業は企業で経営者や役員だけがっぽり儲かるシステムにして
部下は少ない賃金と残業しても終わらない過酷なノルマ強制的に
与えておいてサビ残を強制敢行するとか酷い話だ。
ワタミやすき家、セブン-イレブンといったブラック企業が横行するのもそうだろ
80年代のバブル時代までは経営者は大らかで残業代はきちんと
出してくれたり、いざとなれば経営陣が腹をくくって従業員を守ったり
対応良かったと思う



91:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 18:24:18.07 ID:6Hr7cYzY0.net
育休なんて他人に仕事押し付けてるだけの甘えだろ。
誰が他人の糞ガキのために助け合わなければいけないんだよ。
ベビシタに金払えよアホどもが


95:名無しさん@1周年:2016/01/11(月) 19:04:41.92 ID:hWeF7w0T0.net
>>91
お前も育休取っていいのに取らないのはお前の勝手だろ
他人のせいにするなや





アクセスの多かった記事

僕26歳 彼女(32歳)が妊娠したwww

婚活で知り合った完璧なまでの33歳の彼女がなぜ今まで独身で来たのか理由を暴くの手伝って!

2週間前に結婚式を挙げたばかりなのに嫁に離婚したいと言われた

“旦那が私のストーカーだった・・・

34歳の女がお見合いパーティーに参加するんだけど好印象なのはどっち?

38歳のBBAだが いよいよプロポースされたんだけど・・・

不倫の前科のある妻が最近あやしいのでスマホに仕掛けをしといた

妻の子宮がん検診などの検診結果が置いてあったので勝手に見たら・・・

ワイ結婚5年目サラリーマン 新築戸建購入翌月、嫁に浮気されて離婚へ