WS000046

1:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
3歳の次男はいつからか「消防士さんになりたい!」「消防士さんになって消防車に乗る!」と言うようになった。

服もはじめてのパンツも靴下もズボンのつぎあても見事に消防車でそろえた。

お出かけといえば消防博物館。

消防署を見かければ大騒ぎ。

とにかく消防士と消防車に夢中なのだ。

長男がそういった小さい子にありがちな夢を口にしなかったこともあって、次男の消防士への熱い憧れがなんだか不思議だし、ほほえましく思っている。

自転車で走っているときに消防車に遭遇すると、もう大興奮。

チャイルドシートから落っこちるんじゃないかとはらはらするくらい必死でぶんぶん手を振る。

そんな時、消防士さんたちは、窓を開けて手を振りかえしてくれる。

もう何十回もそんなことがあったと思うが、少なくとも次男がすれ違った消防士さんたちは、手を振るだけでなく、毎回必ず窓を開けてくれるのだ。

それがどれだけ次男を喜ばせることか。

「消防士さんはやさしい!」「強い!かっこいい!」とますます憧れを強くしている。



元記事:
https://anond.hatelabo.jp/20180121155753
http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20180121155753




次男のように消防士にあこがれている子どもはたくさんいると思う。

消防車で走っていればそういった子どもに手を振られることも少なくないだろう。

そして、そうした子どもを見かけるたびに窓をあけて、熱い思いに応えて手をふり返しているのだと思う。

そう思うとなんだか胸が熱くなる。

そういえば、ホームで子ども二人が電車に手を振ると、最後尾の車両の車掌さんが手を降ったり敬礼したりしてくれる。

旅行先で車掌さんが自分のかぶっていた帽子を子どもにかぶせて一緒に写真を撮ってくれたこともあった。

タクシーの運転手さんが特製のシールをくれたこともある。

ボタンを押したいと言って泣く長男に特別にボタンを押させてくれたバスの運転手さんもいた。

育児の孤独感に苦しむことも少なくないけれど、ほんの一瞬触れ合ったそんな人たちの想いに慰められたり励まされたりしているなぁと感じるのだ。

次男は今日も消防車柄のパンツでトイレトレーニングに励んでいる。




2:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
あー。子どもが手を振って応援してくれる仕事って、いいなあ。


3:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
実家近くの機動隊の門番さんにブンブン手を振ると、こっそりちっちゃく手を振り返してくれるの嬉しかった。
窓を開けて手を振り返してくれる消防士さん、ステキすぎる。



4:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
絵が浮かんでほっこりした。



5:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
きっと、その息子さんの喜びは、手を振ってくれた消防士さんにも伝播していると思います。喜ばれる事が、その人の喜びになる。
もちろん仕事だけでなく、何かの一場面だけでも尊敬を表したい。誰にでも一つくらいは



6:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
次の世代の為に行動する大人達も、少年に負けず格好良いです。
来年の正月は、出初め式を見に行って下さい。又少年の夢が膨らむのを期待してます。



7:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
消防士じゃないけど手を振ってくれると振り返したくなる(´・_・`)



8:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
Jリーグクラブの用具トラックや、選手を下ろした後の空っぽのチームバスを試合帰りによく見かける。ユニフォームを着て手を振ると、運転手さんが手を振り返してくれる。嬉しい。



9:名無しさん+:2018/01/21 ID:xxxxxxxxx
手を振ってくれる消防士さん達も昔は次男みたいに消防士さんに手を振ってたんじゃないかなぁ



よく「複雑な家庭」ってきくけど大抵腹違いだと思うんだけど、うち程酷いのは無いと思う

夫に私より前から友人だった女のことが今も好きだと言われた

家の外に私を刺して逮捕された元カレが立ってるんだけどどうすればいいのこれ

入社一年目の女です 職場の先輩に誘われていて困ってます

ワイ既婚パチンカス 最近クズすぎて草も生えない

友「嫁とか子供らのスマホ代も払ってるから毎月4万くらいかかって死にそう」 俺「格安SIMにすれば?」

夫が昇進の話を断っていたことが発覚www

甘やかされて育った36歳院卒引きこもりの兄が就職したいと言ってきた

※コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼等のご連絡はメールでお願いいたします。