結婚や恋愛に関するニュース・レス等をまとめたブログです

生活・暮らし

ペット延命派のオカンVSペット安楽死派のワイ 戦争勃発する

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000032

1:名無しさん@おーぷん:22/11/30(水) 13:41:42 ID:AGnp
ペットは15歳ぐらいの猫や
大分省略するが医者の見たてやと猫の寿命は1カ月ぐらいしかもたんらしい
今、母が薬飲ませたり2日に一回ぐらいの点滴で延命してる
基本オカンが世話してるから猫の延命はオカンに任せてるんやけど、
「猫が苦しませないように安楽死とかどうや?」って提案したら
「なんでそんなひどい事言うの」的なこと言われた

結局ペットがなんも喋らんから何が正解かわからんねん



元記事:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1669783302


⇒この記事の続きを読む

いい歳した独身弱者男性「ポケモンおもしれー!w」←これ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000029

1:以下、VIPがお送りします:2022/11/30(水) 13:06:27.952 ID:IyDHbVVOp
めちゃくちゃ怖くね?
普通なら妻子がいてもおかしくないのにポケモンポケモン
いい加減現実見ようぜ?



元記事:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1669781187


⇒この記事の続きを読む

食事代やホテル代は自分持ち・・・ 48歳女性がハマった、「ママ活」という年下男性への「投資」と「割り切った関係」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000024

1:名無しさん+:2022/11/28 ID:???
年下男性と交際するのではなく、「ママ活」と割り切って関係を持つ女性もいる。その一人が会社経営者の弘美さん(48歳・仮名)だ。おっとりとしてかわいらしい雰囲気の弘美さんだが、飲食店やエステなどいくつかの事業を営む敏腕経営者の一面も持つ。彼女は今、19歳のアイドル志望の男性の「ママ」をしている。

「夢を応援するという意味もあり、彼には月20万円ほど渡しています」

彼とは月4回ほど会っており、デートの食事代やホテル代は、もちろん弘美さん持ちだ。

「あくまでも私は彼の『ママ』なので、彼氏ではないです。いつも甘えてくれるし、素直だし、なんといってもイケメン。買い物や食事に行ったり、一緒に歩いているだけで嬉しくなります(笑)」

(中略)

べた惚れかと思いきや、弘美さんは彼と交際するつもりはないという。

「好きですよ。でも、”恋愛”ではないんです。彼には同年代の彼女もいるし、彼女の愚痴もたまに聞いたりします(笑)。私は彼を応援しているだけの関係です」


全文はこちらから
https://gendai.media/articles/-/102572?imp=0

元記事


⇒この記事の続きを読む

「手作りしたものの失敗&手間がかった料理、食品」 お店で買った方がコスパ良いものは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000019

1:名無しさん+:2022/11/30 ID:???
■コロッケ
「コロッケは、作る手間がかかる割にはそれほど出来上がりが美味しくないので、売っているもののほうが手軽で美味しくて、コスパもいいと思います」(41歳/主婦)

■餃子
「最近の冷凍餃子は、安いだけでなくすごく美味しいので、手間やコストをかけてまで、わざわざ自分で作る意味はないと思います」(47歳/自営業)

■漬物
「二度と作らないと決めたのは、ぬか漬けです。毎日ぬか床を混ぜても、なぜかすぐにぬか床がダメになってしまうので、手作りは諦めて常に市販品を買うようになりました」(66歳/その他)

■納豆・豆腐・味噌
「豆腐を手作りしてみましたが、にがりの味がしてまずいうえに、一度にちょっとしか作れなくて微妙。市販の豆腐のほうが絶対に美味しいし、手軽でいいと思います」(57歳/主婦)

■ヨーグルト・チーズ
「自分でヨーグルトを作ってみたことがありますが、全然固まらず失敗してしまったので、やはりお店で買うのがいちばんだと思います」(39歳/専門職<医師・看護師・弁護士など>)

■スイーツ
「自分でスポンジケーキを作っても、膨らまない、食感が悪い、焼きムラがあるなど、大抵失敗してしまうので、材料費と手間を考えると割に合いません」(39歳/主婦)

市販品のほうが安くて美味しいことが多いように思います。


全文はこちらから
https://kufura.jp/life/handmade/256642

元記事


⇒この記事の続きを読む

【朗報】「デブに効く薬」、来春にも国内一般薬局で販売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000017

1:ぐれ ★:2022/11/29(火) 08:27:22.59 ID:R7eFyIaS9
 厚生労働省の専門家部会は28日、大正製薬(東京都)が申請していた肥満の改善を助ける飲み薬について、国内での製造販売の承認を了承した。腸で脂肪の吸収を減らすとされる。3月に正式に承認される見込みで、それ以降に一般販売される。薬剤師がいる薬局で販売できる、肥満を対象とした初めての薬になる。

 この薬は「アライ(一般名・オルリスタット)」。有効成分が消化管内の酵素に作用することで、食事によって得る脂肪を吸収しにくくする効果があるとされる。1日3回食中〜後に服用。運動や低カロリーな食事と組み合わせて使う。欧米ではすでに承認されており、英グラクソ・スミスクライン社が販売。国内では大正製薬が販売を担う。

続きは↓
11/28(月) 18:10配信 朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a266da443b8a067bdf1ded8b4b272f7bec8935f


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1669678042


⇒この記事の続きを読む

【若者の車離れ】車を持たない30代ママの“豊かな”生活 「20年間で1500万円浮く」「運動不足にならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000012

1:シャチ ★ :2022/11/29(火) 17:25:11.83 ID:g+1CPvJQ9
「若者の車離れ」という言葉を最近よく耳にする。子育て世帯にとっても、車の有無による生活パターンの変化は大きい。車を持っておらず、今後も持つ気がないという子育て中の女性に話を聞いた。

■所持しない一番の理由「節約」

 関西に住む会社員の30代女性は、3歳の子供と夫との3人暮らし。夫婦ともに運転免許は保有しているが、車は所有していない。普段の買い物はほとんどネットスーパーを使用しており、保育園などの送迎は徒歩。車をもたない一番の理由は「節約」だという。「もし買うなら事故したときが怖いので普通車以上」と決めているが、「週に1回乗るか乗らないか程度で、年間50万円くらいかかる。維持費が高すぎる」。車体代も含めると「20年間で1500万円は浮く。ちょうど子供の教育費分ぐらいになる」と計算しているという。

 車を持っていないことで日常生活ではほとんど不便を感じていないというが、困ったこともある。中距離に住む義理の両親の家に行きにくいことだ。在来線に乗って約2時間かかるが、「イヤイヤ期の子供を2時間も在来線に乗せるのはかなり難しい。新幹線なら、こだまなら空いているし、ぐずったら通路に出たりできるんですが…」。コロナ禍も相まって、まだ一度も義理の両親宅へ子供を連れて行っていないという。

 しかし、車を持たないからこその良い点も感じているという。どこへでも徒歩かバスで移動するため、「運動不足にはならない」。また、「近所の人とかと顔見知りになったり。子供がぐずって地面に寝そべったりすると、通りすがりのおじいちゃんおばあちゃんが声を掛けてくれて、助けてくれたり。うちは核家族で知り合いも少ないので、いろいろな人と交流できるのは徒歩生活の良さだと感じています」と、お金が貯まることとともに、人との交流で生活の豊かさを感じているという。

 日本トレンドリサーチが21年に行ったアンケートによると、免許を取得しない理由として「必要性を感じないから」が最も多く44・4%、「車に興味がないから」が29・9%、「お金がかかるから」が27・5%だった。一方、免許を取得した人のなかで、車を持っている人は77・4%。年代別に見ると、30代(73・0%)以降は70代以上(88・1%)まで70%以上の数字が出ているが、20代だけは55・2%にとどまっている。

 また、車を購入した人のなかで「良かった」と思う人は98・6%と大多数である一方、車を持たない人では「持ちたいと思わない」人が59・9%と約6割を占めた。経済的に不安を覚える若者が増えるにつれて、マイカー離れは自然な現象なのかもしれない。

引用元:日本トレンドリサーチ
報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/32db9841e782ebe1736ab727b8f028d944858a8c


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1669710311


⇒この記事の続きを読む

中国のEVタクシードライバーさん「夏は300キロ以上走れるけど一番寒い時期は性能が低下して120キロくらいしか走れない。雪が降るような寒い時はガソリン車がいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000010

1:パロスペシャル(宮崎県) [CL]:2022/11/29(火) 15:36:51.84 ID:pcBTXTZy0
大雪でEVの性能低下、バッテリー交換所に長蛇の列―中国

2022年11月21日、中国メディアの極目新聞は、大雪に見舞われた中国東北部で電気自動車(EV)の性能が低下し、バッテリー交換所に長蛇の列ができる事態が発生したと報じた。

記事は、吉林省長春市で11日夜に大雪が降り、気温が零下13度まで低下したと紹介。SNS上では多くのタクシー運転手が「EVのバッテリーを交換するのに数時間、数十時間並ばなければいけなかった」と愚痴をこぼしたと伝えた。

そして、50代のタクシー運転手である王(ワン)さんが12日午前にバッテリー交換所に赴いたところ、4時間かかっても交換できなかったため諦め、結局天気が回復した15日まで交換できず、その間営業をすることができなかったと語るとともに、「うちの車は急速充電に対応しておらず、充電するにも3時間以上かかるから充電には行かない。バッテリー交換所の数を増やしてほしい」と求めたことを紹介している。

また、同じくタクシー運転手の劉(リウ)さんも「バッテリー交換所の外で30台余りの車が並んでいるのが見えた。待っていてもなかなか列が前に進まないので、諦めて充電スポットに行くことにした。実際、列に並んでいた他の運転手も列から外れたかったようだが、バッテリーの残量がなくなってすでに走れなくなっていた。10時間も並んでいた運転手もいると聞いた。夏は300キロ以上走れたのに、寒くなった今は200キロも走れない。来月の一番寒い時期は120キロくらいしか走れないだろう。雪が降るような寒い時はガソリン車がいい。給油すれば走れるのだから」と語ったことを伝えた。

その上で、新エネ車分野の専門家が「自動車の選択は使用環境に基づき決めるべき。北方の冬場、山地などはハイブリッド車のほうが良い。普及直後に問題が発生するというのは理解できるが、しっかり原因を分析して改善を行わなければならない。EVが冬場に弱いというのは業界内の共通認識であり、解決にはバッテリー材料や充電技術の研究が必要。将来的には、使用シーンに応じて各種タイプの自動車が共存する状態になると思う」と解説したことを紹介した。

https://www.recordchina.co.jp/b904848-s25-c30-d0193.html


元記事:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1669703811


⇒この記事の続きを読む

子供がADHDと診断されて「自分もそうだ」と気づく親が増えているらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000008

1:名無しさん+:2022/11/27 ID:???
近年アメリカでは、ADHD(注意欠如・多動症)と診断される人が、子供のみならず、親世代でも増えているという。子育てを通して長年の悩みの原因に気づき、人生の転機を迎えた大人たちを米紙が取材した。

近年、ADHDと診断される子供は増えている。それに伴い、ADHDに関する情報がいまほどなかった時代に育った親世代が、自分もそうだと気づきはじめた。

臨床神経心理学者のウィリアム・スティクスルートは、ADHDの子を持つ親についてこう語る。

「ADHDの症状について話すと、彼らはこんな顔をします。『それって私のこと? この症状が何なのか、これまでわからなかったのに』とね。たいていの親はADHDについてあまり知識がなく、50年前と同様、自分の子供は落ち着きがなく多動で、衝動的なだけだと思っているのです」


全文はこちらから
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f1dcdef749e3e6279db8bb8141cdef7f790f89e

元記事


⇒この記事の続きを読む
About
follow us in feedly

・ 結婚や恋愛に関する
 スレッドやレス等を
 まとめたブログです

・ コメントありがとうございます



お世話になってるサイト
ブログパーツブログパーツ
最新記事
真面目な婚活サイト
口コミランキングサイトで1位のネット婚活サイト

経済産業省 経営革新事業認定、口コミで評価の高いネット婚活サイト

国内最大級のネット婚活サイト

livedoorが運営する低料金のネット婚活サイト

結婚相談所で最大の会員数のサイト

真面目なパーティーサイト
全国で開催している日本最大の婚活パーティサイト

最近料金を値下げした会員数3万の婚活パーティサイト

日本最大の合コンサイト

会員数6万人の合コンサイト

スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ