結婚や恋愛事情に関するニュース・レス等をまとめたブログです

社会・政治

電車の列に割り込みをした女、注意した男性を痴漢呼ばわりし通報 ワンランク上の女子になる

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000031

1:名無しさん@涙目です。(庭) [KR]:2017/06/22(木) 03:31:54.59 ID:bzuzDCvG0.net
@AiC_ZOD
今、正に割り込んできた女と俺の後ろに並んでた初老男性が口論になった。
男性がちょっとトントン、て叩いて注意したらまんの者が
「今叩きましたよね?警察行きますか?」とか言ってて震えてる……やべーわこの思考回路……

welcome to the crazy train !このふざけた電車にようこそ!………
つーかそのまんさん俺の隣に座ってるんすよ………怖すぎる……なんかケータイでケーサツ呼ぼうとしてるしよー…

ちな今、当該の女性と男性が下北沢で駅員に降りるよう言われたが、
証人として俺が召喚されたので行ってきます\(^o^)/

駅員室なう\(^o^)/

http://i.imgur.com/lYkWn1a.jpg

http://image.news.livedoor.com/newsimage/4/7/47893_80_eac03a6b_9a08f5ad.jpg


WS000032

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498069914/


⇒この記事の続きを読む

実の娘を連れ去った疑い、父親と親族4人を逮捕 離婚調停中の妻の実家から 「母方の両親と話した上で連れ帰るつもりだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000009

1:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/06/17(土) 12:11:49.45 ID:CAP_USER9.net
実の娘2人を連れ去るなどしたとして、福岡県警は17日、
父親で仙台市太白区長町7丁目の自称会社員笠村道亮容疑者(40)と
その両親ら計5人を未成年者略取と未成年者略取未遂の疑いで逮捕し、発表した。

笠村容疑者は妻と離婚調停中で、
「母方の両親と話した上で連れ帰るつもりだった」と容疑を否認している。

八女署の発表によると、笠村容疑者らは共謀し、16日午後2時40分ごろ、
福岡県八女市の妻の実家で、長女(5)を車に乗せて連れ去り、次女(1)を連れ去ろうとした疑いがある。

他に逮捕されたのは、笠村容疑者の両親の無職笠村和男(73)=大分県中津市加来=、
無職笠村敏江(69)=同=の2容疑者と、敏江容疑者の弟の宮本洋幸容疑者(66)=
福岡県吉富町別府=、妹の宮本久美子容疑者(59)=大分県国東市武蔵町糸原。

http://www.asahi.com/articles/ASK6K3TKNK6KTIPE008.html


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497669109/


⇒この記事の続きを読む

妻出産、仕事休んだ夫は56% 政府目標80%には遠く 内閣府調査

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000041

1:ばーど ★:2017/06/16(金) 10:50:01.90 ID:CAP_USER9.net
妻の出産に合わせて仕事を休んだ男性の割合は約56%だったことが、内閣府の調査で分かった。政府目標の80%には遠く、計10日以上休んだ人は10%に満たない。

政府は16日、調査結果を盛り込んだ2017年版「少子化社会対策白書」を閣議決定した。

内閣府によると「企業独自の配偶者出産休暇の制度がある」「仕事と家庭生活の両立支援に前向き」「上司の理解」の3条件がそろった職場では81.1%が休暇を取得しており、「上司の意識改革など職場環境の整備が重要」と指摘している。
調査は15年に子どもが生まれた男性1118人を対象に実施。インターネットで回答を得た。(共同)

配信 2017年6月16日 10時05分
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170616/k00/00e/040/220000c


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497577801/


⇒この記事の続きを読む

「クルマ離れ」だけではない? 若者の「○○離れ」に共通する原因とは

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000031

1:ノチラ ★:2017/06/15(木) 14:08:39.95 ID:CAP_USER.net
「クルマはいらない、高級ブランドもいらない」
「酒は飲まないし、タバコも吸わない」
「旅行もそれほど行きたいとは思わない」
「欲しいものもあまりない」

近年、メディアで「若者の○○離れ」といったタイトルを見かけることがあります。○○には様々な言葉が入りますね。私はバブル時代を経験しているのですが、実際に最近の若者に話を聞いてみると「なんと低欲求なのだろうか」と驚かされます。時代背景の違いでしょうか……。ただ、消費には消極的なのですが、一方で貯蓄等には関心が高い印象も受けます。

今回は若者の「○○離れ」「低欲求」の背景について経済学の観点からアプローチします。

ユースフル労働統計によると、大卒・大学院卒の男子の一生涯に受け取る給料(生涯賃金)は2000年の時点で2億7900万円でした。それが2013年には2億5470万円に減少しています。つまり、生涯賃金は13年間で2400万円も少なくなっているのです。

ただし、上記は正社員の生涯賃金です。非正社員はさらに3割近くも賃金が低いと言われていますので、生涯賃金もさらに低くなります。

収入が少なければ、欲しいものがあっても購入できないのは「当たり前」です。また、年金の受取額も将来減っていくのは確実なので、老後に対する不安から消費を控え、貯蓄に回そうと考える側面もあるかも知れません。

しかし、バブル時代の若者はローンを組んでまでクルマを購入していました。クルマに限らず、欲しいものがあれば借金をしてでも手に入れていたのです。時代背景の違いが、消費行動の違いをもたらしているとも考えられるのですが、それは具体的にどういうことなのでしょうか。

若者の「○○離れ」を経済学で考える
人間の一生涯にわたる消費行動は、経済学の「ライフサイクル仮説」で説明することができます。

「ライフサイクル仮説」とは、人間は「いま持っているお金だけ」を考えて消費するのではなく、「将来のお金(※一生涯に手にするお金)」も考慮しながら消費行動をするという説です。

バブル時代の若者が、ローンを組んでまでクルマを購入したのは「いま持っているお金だけ」ではなく、「将来のお金」も考慮した結果の行動といえます。この時代は空前の好景気と呼ばれ、今年よりも来年、来年よりも再来年と給料がどんどん増えることが「当たり前」と考えられていました。そうした「将来のお金」を考慮し、返済が可能と考えていたからこそ「安心して」自動車ローンを組むことができたのです。また、当時は公的年金制度や企業年金についても、不安など一切ありませんでした。定年退職後は悠々自適な年金生活が「当たり前」と考えられていたのです。

一方、いまの時代はどうでしょうか。もはや毎年確実に給料が上がる保証などどこにもありません。5年後、10年後に自分の年収がどのくらい増えているか、具体的にイメージできる人がどれだけいるでしょうか。それどころか、特に非正社員は収入が「途絶える」リスクもないとはいえません。公的年金制度や企業年金についても破綻はしないまでも、やはり「将来への不安」は否めず、ある程度の蓄えが必要となります。

そう考えると昨今の若者の○○離れ、低欲求も「起こるべくして起こった」と言えるのかも知れません。

以下ソース
https://zuuonline.com/archives/155978


元記事:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497503319/


⇒この記事の続きを読む

「夫よ、もっと料理しろ!」 内閣府が「おとう飯(はん)」キャンペーン

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000019

1:ジャッジメント ★:2017/06/13(火) 15:24:12.18 ID:CAP_USER9.net
男性にもっと料理をしてもらおうと、内閣府は12日、「“おとう飯(はん)”始めよう」と題したキャンペーンを始め、お笑いコンビ「イシバシハザマ」の石橋尊久さん(41)を大使に任命した。イベントや動画配信などを通じて、料理に不慣れな男性でも手軽にできるレシピなどを紹介する。

石橋さんは6歳の娘と2歳の息子の育児に積極的で、週に3〜4回は料理をする「イクメン」芸人として知られる。加藤勝信・男女共同参画担当相から任命を受けた後、大臣室でエプロン姿になり、電子レンジで「鶏モモ肉のうま煮」を調理。10分ほどのお手軽レシピだが、加藤大臣は「味がしみていておいしい」とほおを緩めた。

2011年の総務省調査によると、6歳未満の子どもがいる家庭で夫が家事や育児などにあてる時間は1日あたり平均67分で、妻の約7分の1。政府は20年までに150分に伸ばすことを目標に掲げている。(平林大輔)

http://www.asahi.com/articles/ASK6D65WVK6DULFA02S.html


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497335052/


⇒この記事の続きを読む

無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 夫らが京都の産婦人科医院に9億4千万円の損害賠償を求め提訴

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000007

1:孤高の旅人 ★:2017/06/13(火) 07:26:39.93 ID:CAP_USER9.net
出産時に麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で、麻酔のミスで妊婦だったロシア人女性(40)=京都市左京区=と生まれた長女(4)が植物状態になったとして、
2人と大学教授の夫(55)、親族の計4人が、京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に計約9億4千万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こした。
代理人弁護士が12日、明らかにした。提訴は昨年12月28日。

訴状などによると、女性は平成24年11月、同医院で長女を無痛分娩により出産するため、脊髄を保護する硬膜の外側(硬膜外腔)に腰から注射し、局所麻酔薬を投与する硬膜外麻酔を受けた。
だが約20分後に容体が急変し、意識を消失。救急搬送先の病院で帝王切開で長女を出産した。

女性は「心肺停止後脳症」と診断され、現在まで意識が回復せず植物状態。長女も出産直後から植物状態のままだという。

原告側は、麻酔の針が本来より深い位置の「くも膜下腔」に達していたミスが疑われるほか、高濃度の麻酔薬を過剰投与したことが原因と訴えている。
一方、同医院は「取材はお受けしません」としている。

同医院をめぐっては1月、帝王切開の際の麻酔ミスがあったとして計約3億3千万円の損害賠償請求訴訟を起こされている。

http://www.sankei.com/west/news/170612/wst1706120047-n1.html
2017.6.12 20:40


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497306399/


⇒この記事の続きを読む

栃木県「男が多すぎて女が足りない。助けて!」 男余り全国一の苦悩

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000024

1:名無しさん@涙目です。(東京都)[CN]:2017/06/10(土) 14:20:22.56 ID:m6YyWpeo0.net
女性1人に対し男性は1.8人――。栃木県は30〜44歳の未婚女性に対する未婚男性の割合が全国一多い。人口減少を抑えようと、
県は出生率を5年間で1.46から1.62に引き上げることを目標に掲げ、婚姻件数を1割強増やすとうたう。だが、肝心の女性がいなくては
出産・子育てはおろか、結婚すらおぼつかない。「男余り全国一」で苦悩する実態を探った。

まず、数字を確認しよう。少子化や男女共同参画などに詳しい白河…

続きはサイトで
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB09H68_Z00C17A6L60000/


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497072022/


⇒この記事の続きを読む

新婚さんに最大30万円、神戸市が補助金要件緩和 経済的な理由で結婚に踏み切れない人たちを後押しするため

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000007

1:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/06/09(金) 13:25:49.48 ID:CAP_USER9.net
経済的な理由で結婚に踏み切れない人たちを後押しするため、
神戸市が神戸で新婚生活を始める夫婦を対象に最大30万円を補助する「市結婚新生活支援事業」の受け付けを始めた。

国の補助金を活用し2016年度に始めた事業だが、市独自の上乗せで市外からの転入者らへの
支給額を増やすなどしたことで、若年層の定着に効果がみられた。17年度も上乗せを続ける。

17年度は所得要件が緩和され、年収の上限が340万円未満になった。
ほかの条件は、17年1月31日から18年3月上旬までに婚姻届を出し、その時の合計年齢が70歳以下の夫婦。

2年間神戸市内に住めば最大で24万円を補助する。
市独自分として、市内で親世帯と近居・同居か、夫婦のいずれかが市外から転入した場合は6万円を追加する。

新居の住居費や引っ越し代などの利用を想定している。
おおむね170件の支給を予定し、受け付けは18年3月上旬までで先着順。
16年度は81組が利用し、夫婦162人のうち約3割が市外からの転入だったという。

事業の詳細や申請書類は市ホームページで閲覧できる。市住宅政策課TEL(電話番号はソース元で)

https://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/201706/0010266828.shtml


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496982349/


⇒この記事の続きを読む
About
follow us in feedly

・ 結婚や恋愛に関する
 スレッドやレス等を
 まとめたブログです

・ コメントありがとうございます



記事検索
月別アーカイブ
Categories

お世話になってるサイト
ブログパーツブログパーツ

真面目な婚活サイト
口コミランキングサイトで1位のネット婚活サイト

経済産業省 経営革新事業認定、口コミで評価の高いネット婚活サイト

国内最大級のネット婚活サイト

livedoorが運営する低料金のネット婚活サイト

結婚相談所で最大の会員数のサイト

真面目なパーティーサイト
全国で開催している日本最大の婚活パーティサイト

最近料金を値下げした会員数3万の婚活パーティサイト

日本最大の合コンサイト

会員数6万人の合コンサイト

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ