結婚や恋愛事情に関するニュース・レス等をまとめたブログです

中絶

少し前に別れた彼女が妊娠してた・・・ 妊娠中期に入ってるらしくておろすのに60万必要なんだけどどうしよう・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000059

1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/19(水) 07:41:26.710 ID:l7nJVlF10.net
今4ヶ月で中期?に入ってるらしくておろすのに60万は必要なんだけどどうしよう。。。
今日の深夜連絡来て頭が回ってないんだけど逃げた方がいいかな?



元記事:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1537310486/


⇒この記事の続きを読む

中期中絶したけれど流産だと周りに言っている

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000033

725:可愛い奥様:2018/09/07(金) 19:12:01.42 ID:2aqT0aMF0.net
もしかしたらよくある話なのかもしれないけれど

中絶したけれど流産だと周りに言っていること
それなりの年で、ちゃんと夫と話合って妊娠に至った
私は元々望んでいなかったから夫の願いに折れた形ではあったけど
それでも覚悟をしたつもりでいたし、出産育児のことを前向きに考えて過ごしてた

でも6ヵ月目の健診で性別を告げられた瞬間、
はっきり心の底から「要らない」と思った
あの感覚は忘れられない
もう中期だし出産して養子に出すことも検討したけれど
夫の家族にどう伝えるかとかどう騙すかとか難しくて
(一人っ子の初孫で大フィーバー中&高齢の祖父母も相当喜んでた)
結局流産と伝えて中絶がいちばんショックが少ないだろうということで
本当にギリギリで慌てて病院を探して中期中絶をした

夫婦二人で墓場に持っていく



元記事:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1532926907/


⇒この記事の続きを読む

悪阻が酷くて出勤できない日が続いていたら夫に「そんなに休んで会社クビにならないよね? 専業主婦になろうなんて思ってないよね?」と言われた

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000018

943:可愛い奥様:2018/08/09(木) 13:43:14.60 ID:aE9y2kp90.net
結婚2年目、30代、フルタイム共稼ぎ、自宅は結婚する前に既に夫がローン組んで購入した家に半ば嫌々ながら住んでいました。

生活費は、夫が住宅や自分の車のローン、光熱費、自分の保険や通信費を払い、家計に3万入れて、
私も自分の保険や通信費は自分で払い、家計には基本的に10万入れて、旦那の車検や固定資産税などの支払いやレジャーなどに行って足りない月は、私の貯金から出しています。
ちなみに、結婚してから私の貯金は減りました。

私は妊娠して仕事は続けるつもりでいましたが、悪阻が酷くて出勤できない日が続いていました。
夫は、「そんなに休んで会社クビにならないよね?」と、私の体調よりも、私の収入が減ることを気にする発言をしていました。

「まさか子供が出来たからって専業主婦になろうなんて思ってないよね?」
「万一、仕事辞めたとしても今までどおり家計は平等に負担してもらうからね」
「妊娠は病気じゃないからね(だから怠けるな」等の発言もあり、正直なところ、彼に対する気持ちが急に冷めて嫌悪を覚えるようになりました。

そうなると、そんな男の子供を妊娠してること自体が嫌になり、
そのせいで悪阻に苦しんでいるのも、旦那が頭金もなしに勝手に買った使いづらくて通勤に不便な家に住んでるのも、
その家のローン返済を支えるために私の貯金をすり減らしていることも我慢できなくなり、妊婦検診の時に病院で中絶同意書をもらってきました。

長くなるので、一度切ります。



元記事:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1531480953/


⇒この記事の続きを読む

彼女が妊娠したっぽいんだが何とか堕ろしてもらうよう説得できないだろうか

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000012

1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/06/21(木) 00:49:29.979 ID:R6JqqpqF0.net
俺22社会人
彼女19専門学校生

彼女は「絶対産む」っていって聞かないんだよ




3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/06/21(木) 00:49:54.716 ID:LV4RZ/2da.net
ぱぱー



4:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/06/21(木) 00:50:34.475 ID:wHgTuUtWd.net
おめでとう


元記事:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1529509769/


⇒この記事の続きを読む

32歳で三人目懐妊 現在嫁と産むか堕ろすかの論争中

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000030

923:名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/15(火) 03:42:02.43 ID:VwG3JZpla.net
32歳で三人目懐妊。
現在産むか堕ろすかの論争中
嫁は「赤ちゃんを殺した上で自分の幸せは成り立たない」と言ってる
出来たの分かった直後は俺が喜んで嫁が嫌な顔してたのに…
不安そうだし、子育て終わった後は二人で色んな時間を過ごしたいとか宣ってたから、
俺が悪者になるつもりで「堕ろそう」って言ったら上記の台詞。
結局コイツはいつもいつも俺の逆張りしなきゃ死んじゃう病なんだよな

だからなんだって話だよな。スマンどっかに吐き出したかっただけです



元記事:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1523128347/


⇒この記事の続きを読む

新入社員、入社1ヶ月で妊娠→女性上司が堕ろせと脅す→悩み抜いた末に中絶

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000032

1:名無し募集中。。。:2018/05/02(水) 15:11:51.54 ID:0.net
新入社員へのマタハラ事例、若くて弱い立場なため中絶強要も

4月に入社した新入社員も1ヶ月を迎え、そろそろ職場にも慣れて来る頃だろう。
先日、入社1ヶ月での妊娠が物議を醸した。

上述は中途社員の妊娠ケースだが、新入社員が妊娠するという可能性も勿論ある。
仕事も覚えないうちから休業に入られるということで、会社からの理解は得られづらく、マタハラされる可能性も高い。
以下に新卒社員が受けたマタハラ事例をご紹介する。

新卒で入った会社で、早々に妊娠しました。
自分の中では妊娠イコール出産で、堕ろすなんて選択肢は一切ありませんでした。
「一年も働いていないので申し訳ない」と思いながら、上司に産休の相談に行きました。

女性上司2人に打ち明けた所、
「入社早々、何を言っているんだ!」と注意され、
「会社説明会やら入社試験で多方面から人選してベストと思ってあなたを入れたのに。
来年からは試験に貞操観念の項目も加えなきゃならないわ」と嫌味を言われました。
ほかにも、
「新入社員募集の広告に1000万円払って、結果コレか!!」
「堕ろさないなら退職してもらう」と言われ、

女性課長からは
「私も中絶した経験があるが、10数えている間に麻酔効いて終わってるから!」とも言われました。

毎日、産む堕ろす、産む堕ろすと悩み続け、そのうち悪阻が始まり嘔吐を繰り返しました。

「2週間で結論出せ」と女性上司言われ、
毎日悩みましたが、
「新入社員募集の広告に1000万円」というのが重くのしかかり、悩み抜いた末に、堕ろすことにしました。

堕ろす当日まで、
「まだ間に合う」「今なら間に合う」と、もう一人の自分が叫んでいましたが、会社の重圧には勝てませんでした。
自分も若気の至りで、予期せず妊娠してしまったという負い目があったので、会社にはただただ謝罪するしかありませんでした。

中絶手術は興奮し過ぎて麻酔が全く効かず、看護師3人に取り押さえられた状態で行われました。
意識があったので、手術の様子を見ることになり、取り出された胎児の塊(かたまり)も見ることになり、自分で手術台を降りることになりました。
手術台を降りた後、あまりの痛さに四つん這いでのたうち回り、床に嘔吐してしまいました。

未だにこの時の恐怖がトラウマで、力が抜けません。
そして、未だに中絶したことを後悔しています。

この事例は「昔のことですが…」と教えてもらった内容だ。その後、この会社は倒産している。
ご本人は、自分にも非があったので、相手をマタハラだと責め切れないとおっしゃっていた。
けれど、20代前半の新入社員に、中絶か退職かを迫るのは、あまりに酷いと思ってしまう。
入社してすぐの妊娠に対する会社の対応は難しいが、このような悲しい事例をきっかけに考えてもらえたらと思う。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20180428-00084573/


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1525241511/


⇒この記事の続きを読む

中絶手術の帰りから着信拒否 手術費用も払わず逃げた男を訴えたい

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000018

1:名無しさん@涙目です。:2018/03/21(水) 09:49:44.35 ID:OT7NdK9f0
無責任カレシ「中絶」に同行するもお金払わず、直後に「着信拒否」…費用請求できる?

「中絶した後、急に彼と連絡が取れなくなりました。ショックで身も心もボロボロです」ーー。弁護士ドットコムの法律相談コーナーに20代の女性から質問が寄せられました。

彼女には付き合って1か月ほどの交際相手がおり、妊娠が判明。しかし、話し合いの結果、相手の要求を受け入れ、中絶することにしました。手術当日は一緒に病院にいき、説明を受け、2人で中絶同意書にサインしたといいます。

しかし、その帰り道、電車に乗ったあと、彼に連絡しますが、すでに「着信拒否」されていたそうです。彼は当日、お金も用意しておらず、中絶費用は彼女が立て替えていました。

「怒りがおさまらないため、費用全額を請求したいのですが可能でしょうか」。鈴木徳太郎弁護士に聞きました。

●男性にも支払義務はある

ーーそもそも男性に中絶費用を負担する義務はあるのでしょうか?

多くの手術の場合、医療機関側に費用負担の念書などを出すことになろうかと思われます。今回は、女性と男性の双方が中絶に同意する書面に署名していることから、費用負担の念書などについても二人とも署名し、二人とも医療機関に支払義務があるものとして話を進めます。

二人の間における費用負担割合は、原則としては折半と考えられます。もっとも、この割合は二人の間の合意によって変えることもできますし、男性側の責任が重いような事情があれば、男性側が全額負担すべきような場合もあり得るでしょう。例えば、男性側が避妊するといいながら避妊しなかったケースなどが考えられると思います。

ーー男性にも支払義務はあるということですね。それにしても、着信拒否はひどいと思うのですが…

中絶手術後、男性が着信拒否にして女性側からの連絡に応答しない点については、倫理上の問題はあるものの、両者の責任割合を決める事情ではなく、費用負担の増減には影響しないでしょう。

●訴訟は必ずしも金銭的メリットのためだけに行なうわけではない

ーー女性は裁判を起こすつもりのようです。ただ、相手の名刺は持っているものの住所が分からないそうです

訴状等の送達は原則、相手方の住所・居所に対して行なう必要があります。ただ、例外的に、就業場所への送達が認められることがあります。この場合、裁判所に相手方の住所・居所が分からないこと等の説明が必要となります。

ーーとはいえ、中絶手術の相場は10万円ほど。訴訟を起こしたらマイナスになりませんか?

中絶費用10万円のために訴訟を提起するかどうかですが、一般的には負担感の割には得るものは少ない、といった結果となろうかと思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00007591-bengocom-life

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521593384/


⇒この記事の続きを読む

彼女から私は2人堕ろしてると告白された

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000016

1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 10:40:27.998 ID:v3sv0RWDd.net
別れようかな



2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 10:41:05.817 ID:zpC1TPNsM.net
考えてる時点でお前も相当あほ



4:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 10:41:48.751 ID:v3sv0RWDd.net
なおメンヘラ


元記事:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1518486027/


⇒この記事の続きを読む
About
follow us in feedly

・ 結婚や恋愛に関する
 スレッドやレス等を
 まとめたブログです

・ コメントありがとうございます



記事検索
最新記事
月別アーカイブ
Categories
スポンサードリンク
お世話になってるサイト
ブログパーツブログパーツ
真面目な婚活サイト
口コミランキングサイトで1位のネット婚活サイト

経済産業省 経営革新事業認定、口コミで評価の高いネット婚活サイト

国内最大級のネット婚活サイト

livedoorが運営する低料金のネット婚活サイト

結婚相談所で最大の会員数のサイト

真面目なパーティーサイト
全国で開催している日本最大の婚活パーティサイト

最近料金を値下げした会員数3万の婚活パーティサイト

日本最大の合コンサイト

会員数6万人の合コンサイト

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ