結婚や恋愛事情に関するニュース・レス等をまとめたブログです

仕事

人手不足の日本・・・あなたの職場に「外国人」の方はいますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000005

1:名無しさん@涙目です。:2018/06/24(日) 15:02:04.46 ID:zu2VhniR0.net
中西哲生・速水健朗がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。「クロノスVote」のコーナーでは、さまざまなテーマで
リスナーの投票と意見を募集しています。6月7日(木)のテーマは「アナタの職場に外国人の方はいますか?」でした。
その投票結果とリスナーから届いた声を紹介します。

Q. アナタの職場に外国人の方はいますか?
います 52.9%
いません 47.1%

ほぼ半数の人が「います」と回答。ではどのように職場の外国人の方と接しているのでしょうか。

「コンビニで働いています。オーナーは複数の店舗を経営していますが、その中の半数以上の店舗で、外国人の方を採用しています。
国は中国、フィリピン、ベトナム、ネパールなどいろんな国の方々なんですが、そういった方々と関われるのは貴重な経験だと思っています。
真面目で頭がいい人も多く、助けてもらっています。外国人の方なしではシフトがまわりません」(30代女性)

「私の職場は観光施設ですが、近年外国人観光客が多くなってきたのを受けて、去年から中国人とベトナム人のスタッフがいます。
案内などをしてくれるので、私たちも助けられているし、観光客のみなさまも同郷ということで安心していろいろ話かけています」(30代男性)

「勤務先に外国人はいません。これからはどうかな? 入っていただいて職場に活力を与えてほしいです。とくにぐうたら営業部の
起爆剤になってほしいです」

「我が家は製造業を経営する中小企業ですが、従業員も高齢化していて、外国人研修生の導入を考えています。不安もあります。
今職場に外国人研修生がいる方の良いところや悪いところの声が聞きたいです」

「私は建設業に携わっていますが、建設現場に来ているインドネシアからの研修生を受け入れて工事を進めています」

「中国から技能実習生を雇用していますが、技能実習ではなく単に安い労働力として雇われているように思います」

「外資なので外国人と一緒に働いています。最近ではトリリンガルが増え、英語だけでも大変な純日本人の私は大変です」

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00010001-tokyofm-life


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1529820124/


⇒この記事の続きを読む

よく使われるけど正直意味が分かってないビジネス用語やカタカナ語

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000048

1:名無し募集中。。。:2018/06/23(土) 12:18:48.40 ID:0.net
アテンド



2:名無し募集中。。。:2018/06/23(土) 12:19:04.16 ID:0.net
フレキシブル



4:名無し募集中。。。:2018/06/23(土) 12:20:25.02 ID:0.net
エビデンス


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1529723928/


⇒この記事の続きを読む

女性が結婚したくなる男性の勤め先ランキング トヨタ・ANAなどが人気 1位は安定の・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000047

1:名無しさん@涙目です。:2018/06/23(土) 09:33:18.61 ID:Hhiv/LFT0
結婚相手の勤務先として望む会社は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターの調査によると、1位は国家公務員(13.6%)だった。2位は地方公務員(12.7%)。
同社は「公務員の安定した人気がうかがえる」とみる。

【結婚したくなる男性の勤め先 トップ100社】

3位はトヨタ自動車(8.1%)、4位は全日本空輸(ANA、5.6%)、5位はGoogle(4.5%)。以下、パナソニック(4.4%)、伊藤忠商事(4.2%)、楽天(3.6%)
、任天堂・三菱商事(ともに3.5%)――と続いた。

2017年の調査から大きく順位を上げたのは、楽天(22位→8位)、タニタ(30位→12位)、アマゾンジャパン(48位→15位)など。一方、三菱UFJ銀行(8位→19位)、
東日本旅客鉄道(JR東日本、13位→25位)
、三井住友銀行(19位→27位)などがランクダウンしていた。

●大切なのは「給与」

結婚相手の勤務先として重視するポイントは「給与額」(47.1%)がトップ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000049-zdn_mkt-bus_all


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1529713998/


⇒この記事の続きを読む

ニートだけど就職して人生一発逆転したい せめて父親の年収240万円以上は稼ぎたいんだが方法を教えろ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000035

1:名無しさん@涙目です。:2018/06/20(水) 12:37:24.69 ID:nCjCAKqw0.net
※あまり関係ない記事なので省略



7:名無しさん@涙目です。:2018/06/20(水) 12:39:37.91 ID:Ky1Jbx3s0.net
それぐらいなら稼げるだろ



9:名無しさん@涙目です。:2018/06/20(水) 12:40:33.02 ID:6gv5GuHD0.net
お父さんアルバイトかな?(´・ω・`)



24:名無しさん@涙目です。:2018/06/20(水) 12:50:54.62 ID:95oEV9FQ0.net
>>9
年金かもね
年金ならよくある金額



元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1529465844/


⇒この記事の続きを読む

兄嫁の仕事に対しての生温さにイラつく

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000033

920:名無しさん@おーぷん:2018/06/17(日)22:21:58 ID:kXF
兄嫁の生温さにイラつく。

私は離婚してシングルマザーの身。
社会人として職場はコロコロ変えたくないから吟味しまくり、面接の時も状況を嘘偽りなく話して採用されてる。
最初のうちは短時間→子供が小学校入学して勤務時間を延ばす→今は準社員として働いてる。
参観日の時は午前中だけ出勤して早退、振替なんかで月曜日に学校が休みの時は私も休みを貰う、子供がインフルエンザになった時は突然にも関わらず2週間近くも休みを貰えたりとありがたい環境に身を置けてる。



元記事:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1526697651


⇒この記事の続きを読む

バイト先の女先輩「あ、俺くん!今日ちょっとバイト終わってから時間ある?」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000027

1:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)18:42:02 ID:7Gh
俺「え、ああ、あ、いいっすよ(なんだこれフラグ!?)」

バイト後

先輩「すぐ終わるから聞いてほしいんだけど」

俺「は、は、はい!」

先輩「俺くんワキガだよね?みんな臭いって言ってるよ」

俺「え」

先輩「別にバイト辞めなくても良いけどさ、せめて制汗剤使ったり着る服の柔軟剤の香り強いのにしたりしてその臭い匂い出ないようにして欲しい」

俺「あ、あの…あ…あ…」

先輩「じゃ、おつかれさまー私はちゃんと言ったからねー」



死にたい



元記事:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1498210922


⇒この記事の続きを読む

【大阪直下地震】「出社困難」その時出社すべき?帰宅する?

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000023

1:みつを ★:2018/06/20(水) 03:33:30.04 ID:CAP_USER9.net
「出社困難」その時出社すべき?帰宅する?
2018年6月20日 2時27分地震 生活・支援

震度6弱を観測した今回の「大阪直下地震」。発生した午前7時58分ごろ、関西地方は通勤ラッシュのまっただ中でした。ネット上では通勤中に電車に閉じ込められたとか、長時間歩いて出社することになったという声が数多く上がりました。さらには、そもそも災害時に出社する必要があるのか?という議論も起きています。東日本大震災では「帰宅困難者」への対応が課題となりましたが、今回、浮き彫りになったのは「出社困難」。どうすればいいのか、企業はどう対応すべきか、取材しました。
(ネットワーク報道部記者 伊賀亮人・吉永なつみ)

歩いて出社が議論に

通勤時間帯に起きた今回の地震。在来線の中には10時間以上、運転を見合わせる路線があり、駅には運転再開を座って待つ人やタクシー待ちで長蛇の列ができ、関西地方の公共交通機関がマヒしました。

ツイッター上ではこんな声が…

「2時間大阪まで歩いて仕事した」
「電車が緊急停車。線路歩かされて駅へ。駅から会社まで5キロ歩いた」

中には、自宅に帰ったら会社からタクシーで出社するよう指示されたことや、一刻も早く出勤すべきだったと叱責されたという投稿も寄せられています。

こうした声に「そもそも出社させる必要があるのか」といった声や、「社員が無理してでも出社しようとする社会はおかしいのではないか」といった疑問が投げかけられています。

また、医療関係者や消防など、緊急対応しなければいけない人たちが出勤できるよう、不急な出社は控えるべきだ、などという意見もあります。

出社した人の中には、結果的に、帰宅が困難になり避難所で一晩過ごした人の姿も見受けられました。

(リンク先に続きあり)

JR大阪駅では座り込む人も 18日午前9時20分ごろ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/K10011485871_1806191830_1806191842_01_03.jpg

歩いて帰宅を急ぐ人の姿も多く見られました 大阪市

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/K10011485871_1806191850_1806191858_01_04.jpg


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011485871000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_073

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529433210/


⇒この記事の続きを読む

「私さばさばしてるから」「男っぽいとよく言われる」ということをよく口にする職場の自称サバサバ女

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000011

891:名無しさん@おーぷん:2018/06/17(日)11:37:48 ID:v4O
職場の同僚は「私さばさばしてるから」「男っぽいとよく言われる」ということをよく口にする
「恋愛する意味なんてよくわからないけど押しには弱くて」と強引に告白された相手?と交際中
「彼氏の連絡がしつこい」と愚痴るけど、LINEが少ないと「雑に扱われるのは嫌」と怒る

自分は性同一性障害で、去年戸籍を女性から男性に変更した
女性の頃から長年働いてきた職場なので周囲は事情を知っている
気持ち悪いという人もいれば、理解してくれて男性として接してくれる人もいる
この同僚は「〇くんは女と男の両方を経験した貴重な人」と言ってはくれるが
結局「女を脱落して男になった」というふうに思ってるらしく、うっかりその本音を知ってからは
どうもこの同僚が好きになれない

関わらないようにしてきたが「〇くんなら私の気持ちわかるよね?」としつこくしてきたときに
「女の子になりきれないんだよね…私ドライで、男の理想の女の子にもなれないし…〇くんもそうでしょ」
みたいなことを言われたので、もう我慢の限界で
「僕と同じなの?じゃあうちの先生(精神科)紹介しようか?」と言ってみたところ
唖然とした後にぎゃんぎゃん泣いて「オカマにキチガイ扱いされた!」と怒鳴られて叩かれた
周囲が止めに入って引き離されて、先輩に事情を聴かれたので説明をしたら
「よく言った」と笑ってくれた
一応こちらが喧嘩を吹っ掛けた形になるので、喧嘩両成敗ということで2人とも1日の出勤停止
昨日停止が明けて出勤したら同僚は来てなかった
上司宛に電話があって、退職の意思を伝えてきたそうだ
上司が「じゃあ退職願の様式メールするから会社に持ってくるか郵送を」と退職処理を進めようとしたら
「なんで引き留めてくれないんですか!」と怒鳴り返されたらしいw
普段「察してちゃんの女って一番きらーい」って言ってたのは誰だよw



元記事:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1526697651


⇒この記事の続きを読む
About
follow us in feedly

・ 結婚や恋愛に関する
 スレッドやレス等を
 まとめたブログです

・ コメントありがとうございます



記事検索
月別アーカイブ
Categories

お世話になってるサイト
ブログパーツブログパーツ

真面目な婚活サイト
口コミランキングサイトで1位のネット婚活サイト

経済産業省 経営革新事業認定、口コミで評価の高いネット婚活サイト

国内最大級のネット婚活サイト

livedoorが運営する低料金のネット婚活サイト

結婚相談所で最大の会員数のサイト

真面目なパーティーサイト
全国で開催している日本最大の婚活パーティサイト

最近料金を値下げした会員数3万の婚活パーティサイト

日本最大の合コンサイト

会員数6万人の合コンサイト

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ