結婚や恋愛事情に関するニュース・レス等をまとめたブログです

出産

親に比較されて生きてきた 子供を産んだら今度は孫同士を比較しそうだから産みたくない

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000003

1:名無しさん@おーぷん:2018/09/14(金)07:22:21 ID:tcG
私が比べられて育ったから、きっとまた両親は孫同士を比べるんだろうな
って思ってしまう
今から比べる気満々の風吹かせてて怖い




7:名無しさん@おーぷん:2018/09/14(金)07:28:24 ID:84h
親が育てるんじゃないんなら見せなきゃいい



8:名無しさん@おーぷん:2018/09/14(金)07:28:45 ID:tcG
夫婦仲はめちゃくちゃいいからシングルとか離婚とかはないよ
旦那もどんな親か知ってるし、私に対する言動がひどいな、あれ?と思ったこともあるみたい
美形で頭のいい子を育てるべきって気持ちスケスケなんだよね…こえーよ



元記事:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1536877341


⇒この記事の続きを読む

“産後うつ“か 出産後1年未満の女性の死因は自殺が最多

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000077

1:みつを ★:2018/09/05(水) 17:10:10.18 ID:CAP_USER9.net
“産後うつ“か 出産後1年未満の女性の死因は自殺が最多
2018年9月5日 17時00分医療

出産したあと1年未満の間に自殺した女性はおととしまでの2年間に少なくとも92人に上ることが、国立成育医療研究センターの調査で初めてわかりました。出産後1年未満の女性の死因では最も多く、専門家は、多くが産後のうつが関係しているとみて、母親の支援体制を充実させることが必要だとしています。

出産したあとの女性は体調や生活リズムが大きく変化することなどで10人に1人の割合でうつになると指摘されていますが、自殺にまで至るケースがどれくらいあるのか、実態はわかっていませんでした。

国立成育医療研究センターのグループは、おととしまでの2年間のデータを使って、出産後1年未満に死亡した女性の死因を調べた結果、自殺が92人と最も多く、次いで、がんが70人、心疾患が24人と続きました。

自殺のあった時期では、出産後1か月ですでに10人に上り、1年を通して起きていたほか、年齢別にみると、35歳以上で自殺に至る割合が高くなっていました。

グループによりますと、出産後の女性の自殺の実態が明らかになるのは初めてで、多くが産後のうつなどが関係しているとみています。

産後のうつの対策をめぐっては、国は昨年度から、出産まもない母親の心の問題を含めた健康状態を把握する取り組みを支援する制度を始めましたが、初年度に実施した自治体は4%にとどまっていて、国立成育医療研究センター研究所の森臨太郎部長は「自殺の背景にある産後のうつのリスクの高い人を早期に見つけて支援につなげることが必要で、早急に対策を実施していくことが大切だ」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180905/k10011610531000.html


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536135010/


⇒この記事の続きを読む

女さん「子ども産むなら女の子がいいな」 俺「どうして?」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000049

1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/02(日) 09:33:42.354 ID:JsOaDdYR0.net
女さん「男の子の方が活発に動くから子育て大変だし、そこそこ大きくなったら力じゃ手に負えなくなるし・・・」

俺「うんうん」

女さん「オタク化したら結婚してくれなくなるかもだし、老後の介護もしてくれない可能性高いし・・・」

俺「う、うん・・・」

女さん「女の子よりグレやすいと思うし、男性の方が犯罪起こしやすいし・・・」

俺「!?!?!?」

俺「おまえらこれどう思うよ?」



元記事:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1535848422/


⇒この記事の続きを読む

児童虐待死、1位は「10代で出産し、男に逃げられた孤独な母親」 防ぐ方法はあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000013

1:名無しさん@涙目です。:2018/08/31(金) 07:46:40.89 ID:A7zhA7AI0.net
 厚生労働省は30日、2016年度に虐待で死亡したと確認された18歳未満の子どもが前年度比7人減の77人だったと発表した。

 心中の28人を除く虐待死は0歳児が65.3%を占め、うち11人が生後24時間以内に死亡していた。

 全国の自治体から情報提供を受け、厚労省の専門委員会がそれぞれの事案を分析した。
予期しない妊娠や、妊婦健診が未受診のケースが目立ち、10代で妊娠していたのは5人だった。

 専門委は、予期せず妊娠をした人は周囲に相談しづらく、特に若年層は養育能力が不足しているため医療機関などの支援を通じて、孤立しないようにする必要があると指摘。
「妊娠中から相談機関につなぎ、継続的に支援することが重要だ」と話している。

 心中を除く49人を年齢別に見ると、0歳児が32人と最も多く、1歳児が6人、2歳と3歳児がそれぞれ2人で、3歳未満だけで全体の8割を超えた。

http://or2.mobi/data/img/209333.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000057-jij-pol


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1535669200/


⇒この記事の続きを読む

「出産退職で1.2兆円の損失」民間シンクタンクが試算 働き方改革

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000005

1:孤高の旅人 ★:2018/08/20(月) 06:32:43.19 ID:CAP_USER9.net
「出産退職で1.2兆円の損失」民間シンクタンクが試算

出産を機に仕事を辞めてしまう女性は年間20万人に上り、これにともなう経済的な損失はおよそ1兆2000億円に達するとする試算がまとまりました。民間のシンクタンクは、育児休暇のさらなる充実など女性が働き続けられる環境整備の重要性を指摘しています。
これは、第一生命経済研究所が、厚生労働省の出生動向基本調査などのデータをもとに試算しました。

それによりますと、1年間に出産を機に仕事を辞めてしまう女性は、正社員やパートなどすべて合わせるとおよそ20万人に上るとしています。

そのうえで、こうした女性たちが仕事を続けていれば得られたはずのおよそ6000億円の収入が失われるほか、キャリアを持った女性が退職することで企業の生産性が低下する影響などでもおよそ6000億円の損失が生じるとしています。

こうしたことから、経済的な損失額は全体でおよそ1兆2000億円に達すると試算しています。

また、子育てが一段落してから再就職しても、収入の低下に直面するケースが多く、そのことも経済の成長力をそいでいると指摘しています。

第一生命経済研究所は「女性が出産後も働き続けられるよう、育児休暇のさらなる充実や保育施設の整備などの環境づくりが重要だ」としています。

2018年8月20日 5時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180820/k10011582451000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534714363/


⇒この記事の続きを読む

【生まれ月格差】「4月生まれ有利」 「翌3月生まれ不利」は本当か 生まれ月の格差はほぼ縮小しない

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ff3a9b44

1:ばーど ★:2018/08/14(火) 16:45:26.42 ID:CAP_USER9.net
教育経済学者・中室牧子慶應大学准教授監修による新連載「経済学で読み解く現代社会のリアル」では、気鋭の経済学者(と博士課程に在籍する学生)が、最新の研究成果をわかりやすく解説していきます(連載の趣旨はこちらをお読みください)。記念すべき第1回は、中室准教授が「生まれ月の格差」について検証します。

 プロスポーツ選手に4月生まれが多いという話を聞いたことはないだろうか。

 同じ学年に属していても、4月生まれと翌年3月生まれでは、生まれ月に約1年の差がある。特に学齢が小さい間は1年の差はとてつもなく大きい。体格はもちろんのこと、情緒や精神面での発達にも大きな差があるだろうことは想像に難くない。
.
 同じ学年での実年齢の違いは「相対年齢」と呼ばれる。たとえば日本では、4月生まれの生徒は相対年齢が高く、翌年3月生まれの生徒は相対年齢が低いということになる。

 この相対年齢の高低がスポーツでのパフォーマンスや学力に与える影響については、多くの研究が行われてきた。イギリスとオランダのサッカー選手には相対年齢が高い者が多いことを示す研究は有名だ[1]。そして、世界中の国々のプロスポーツ選手について、同様の傾向が認められている。

以下全文はソース先で

8/14(火) 12:30
東洋経済オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180814-00233182-toyo-bus_all&p=1


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534232726/


⇒この記事の続きを読む

「妊娠中も働いてほしい」彼氏の言葉に批判殺到 「絶対地雷」「独身のほうがマシ」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000026

1:名無しさん@涙目です。:2018/08/13(月) 21:36:49.79 ID:UaTpVWNG0
結婚後の将来について、婚姻関係を結ぶ前から2人で話し合っておくことはとても大切なこと。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』にて、彼氏との「重大な価値観の違い」が発覚してしまった、という女性からの投稿が、波紋を広げている。

■「妊娠中も働いてほしい」

投稿者は、現在交際中の彼氏から「将来のこと」について言われたひと言について打ち明けた。彼は投稿者に…

「俺の職場は妊娠中や、子供が産まれたら保育所に預けて頑張って働いている人がたくさんいる。 夜勤はやらなくていいけど、自分だけの給料だけでは心配だから主も頑張ってほしい」

と、言われたのだそう。しかし、投稿者は体力を使う仕事をしていることから、「正直、妊娠中も働く自信はない」というのが実情のようで、投稿者としては「(子供が)3歳までは預けずに自分で育てたい」という希望もあるという。

自分の希望を叶えるため、投稿者は現在貯金を頑張っているそうだが、「妊娠中も働いてほしいといわれたら受け入れますか?」と他ユーザーに意見を求めている。

■「受け入れられない」厳しい意見相次ぐ

投稿者からの切実な相談に、こちらの投稿には多くの女性ユーザーからのコメントが寄せられている。

・女は妊娠中も働いて男をサポートするとして、相手側はどう妊娠中の妻をサポートするつもりか、はっきりしてもらいたい。流産とか入院の可能性とか含めて、考えを聞かせてもらいたい

・主がつわり酷いタイプで入院したりして働けなかったら、その彼氏さんは主のことボロクソ言いそうだよね。妊娠出産って簡単そうだけど奇跡の連続なんだよ

・お金は大事だけど、妻や子の体より先に考えることじゃないんだよな

・絶対地雷 。嫁子供養っていく気概がない男は生活全般において責任を取りたがらない

子供を育てていくうえで、収入はとても大切。しかし、「妻と子供の体調を気遣うより先に、妻の稼ぎをあてにしている」かのような彼の発言が、気になってしまったユーザーが多いようだ。

■「独身のほうがマシ」との声も

また、投稿者と彼とでは価値観が大きく違っている点を懸念し、「無理に今の彼と結婚しなくても…」といった意見もあげられている。

・価値観の違いでうまくいかないのでは

・はじめから頼ってるじゃん

・そんな頼りない男と結婚するぐらいなら独身の方がマシと思う日がくるよ

・結婚する前にそういう男だって分かって良かったじゃん

・やめたほうがいい。収入的にも微妙なんでしょ?

価値観が大きく違うことから「考え直したほうが…」といった声が目立つ。

https://sirabee.com/2018/08/13/20161749803/


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1534163809/


⇒この記事の続きを読む

大下アナ「子どもを産まなきゃ産まないで生産性が低い、産んだら産んだで離職する可能性、女性はどうしたらいい?」に賛同の声

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000026

1:メアリー ★:2018/08/03(金) 18:16:10.36 ID:CAP_USER9.net
女性に対する社会の風潮 大下アナの鋭い指摘に、視聴者「よくいった!」

東京医科大学の医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点が一律減点されていた問題。女子の合格者数を抑えていたとして、世間から非難の声が上がっています。

特に批判の的になっているのは、女子の合格者数を抑えていた目的。

東京医科大学の合格者数操作を報じた読売新聞は、「女性医師は結婚や出産などで離職率が高いため」という関係者の話を伝えています。

2018年8月3日現在、東京医科大学側からの公式な説明はなく、1日も早い事実関係の確認と会見が待たれます。

今回の騒動は各情報番組でも報じられ、8月2日放送の『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)でも、東京医科大学の疑惑を特集。

番組中、テレビ朝日の大下容子アナウンサーは「いいたいことが、いっぱいある」とし、このように苦言を呈しました。

「子どもを産まなきゃ産まないで『生産性が低い』といわれてね、産んだら産んだで『離職する可能性が男性より高くて困る』と差別され、女性はどうしたらいい?」

ワイド!スクランブル ーより引用
社会の矛盾を指摘した大下アナウンサーに、視聴者も共感。反響は大きく、さまざまな反応がネット上に寄せられています。

・社会のそうした風潮は、問題だと思います。

・子どもを産んだ後も、仕事は続けられます。ただ、環境が整っていないだけ。

・社会は、どうすれば満足するんだよ。

・その通り、よくぞいってくれた。

女性が働き続けるには、いまの社会では難しいという現実が、徐々に浮き彫りになってきました。労働環境をはじめ、解決すべき問題は数多く残されています。

しかし、そうした問題の解決を先延ばしにして、「子どもを産め」そして「働き続けろ」と求めるのは無理があります。

東京医科大学の騒動がここまで大きくなっているのも、「女性だから、男性だから」といった問題以上に、大下アナウンサーが指摘した『矛盾』に、多くの人が気付いているからなのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

https://grapee.jp/540396
作成:2018-08-03


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533287770/


⇒この記事の続きを読む
About
follow us in feedly

・ 結婚や恋愛に関する
 スレッドやレス等を
 まとめたブログです

・ コメントありがとうございます



記事検索
月別アーカイブ
Categories
スポンサードリンク
お世話になってるサイト
ブログパーツブログパーツ
真面目な婚活サイト
口コミランキングサイトで1位のネット婚活サイト

経済産業省 経営革新事業認定、口コミで評価の高いネット婚活サイト

国内最大級のネット婚活サイト

livedoorが運営する低料金のネット婚活サイト

結婚相談所で最大の会員数のサイト

真面目なパーティーサイト
全国で開催している日本最大の婚活パーティサイト

最近料金を値下げした会員数3万の婚活パーティサイト

日本最大の合コンサイト

会員数6万人の合コンサイト

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ