結婚や恋愛事情に関するニュース・レス等をまとめたブログです

女の敵は女

「女の敵は女」と言われてる理由って 男性優位社会が前提なんだって! お前らも気をつけろよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加  
WS000017

1:名無しさん@おーぷん:2018/10/10(水)19:50:21 ID:QYZ

WS000013

https://i.imgur.com/7uzSd8k.jpg
https://i.imgur.com/YLcqLi9.jpg
https://i.imgur.com/UQ3LS4n.jpg
https://i.imgur.com/Soi1q01.jpg

男性優位社会が前提なんだって!お前らも気をつけろよ!



元記事:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1539168621


⇒この記事の続きを読む

女同士ってほんとドロドロ 女性が多い職場にありがちな人間関係トラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加  
仕事しろ仕事

1:砂漠のマスカレード ★:2016/08/18(木) 18:15:13.20 ID:CAP_USER9.net
転職や仕事を辞める理由の上位に入るのが、人間関係のトラブル。女性が多い職場では、どんなことが原因や理由になっているのでしょうか? 
マンガやドラマにあるような、ドロドロとしたエピソードは本当にあるのでしょうか? 20代から30代前半の働く女性に聞いてみました。

■派閥争い!?

・「派閥、仕事へのモチベーションの差による争い」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「裏でお互いの悪口を言いあって、派閥ができる。ちょっとしたことで、派閥も壊れる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「派閥ができること。『あなたはどっちの味方なの?』みたいな人が必ず出てきていがみ合う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

一番多かった意見が、派閥やグループがいくつかできて対立するということでした。
派閥といっても、仕事に対する考え方の違いというものではなく、誰の味方になるかという学生時代の延長のようなもの。
大人げ無いと思いますが、きっと当人たちもそう思っているのではないでしょうか。


■職場でのイジメ

・「仕事とは無関係の、容姿による妬み僻みからくるイジメ」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「後輩が、お局からパワハラを受けやすい。男性の目がないから、女性のいじめが発生しやすい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「集団いじめ。ボスてきな人に嫌われている人は、ほかの人も巻き添えをくいたくないから無視しているのをみかける」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

これは女性が多いからという理由では片付けられない問題です。男性の目がないという影響はあるかもしれませんが、ただ単に派閥に入らないからターゲットになるということもあるようです。
派閥内に身をおいて自分を守るというやり方もありますが、大人の女性としてはどうなのでしょう……。


■うわさ話・悪口

・「人の悪口の言い合い。一部の人間が必ずスピーカー役になるから、すぐ拡散してしまう」( 33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「悪口ばっかり。仕事ができない人はキツイ注意をされてどんどんやめていった」(28歳/医療・福祉/専門)
・「うわさ話や愚痴。お昼の時間帯はその話で持ち切りです。その話をしないとその場にいられない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

うわさ話や悪口は蜜の味といいますが、人を呪わば穴2つとも言うように、いつか巡り巡って自分の身に降りかかってくるものです。
しかし、敵対すると仕事に支障が出るので、うわべではうまく接しているという声もありました。案外賢い方法なのかもしれませんね。


■嫉妬

・「女性どうしの嫉妬。仕事以外の年齢や容姿でもめる」(32歳/金融・証券/事務系専門職)
・「男性をめぐる競争から生まれるトラブル」(29歳/生保・損保/営業職)
・「嫉妬やマウンティング、ダンナや子供の学歴で競い合う」(33歳/不動産/事務系専門職)

嫉妬が原因で引き起こされることが、派閥争いだったり、イジメだったり、すべてのトラブルに関連しているように思います。
男女関係なく嫉妬心はありますが、女性のほうが嫉妬する対象が多いかもしれませんね。


■まとめ

人の性格はさまざまだし、気が合う人も入ればどうしても好きになれない人もいて当然ですよね。
職場は、年齢や趣味主張の違う人たちが集まっている場所です。女性が多いからといって、お互い分かりあえて仕事がやりやすいというわけには行かないようです。
派閥争いなど女性ならでは対立も見られましたが、うまく距離を保って働いていきたいですね。

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数123件(22歳〜35歳の働く女性)

http://dailynewsonline.jp/article/1181823/


元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471511713/

⇒この記事の続きを読む

産まない女子vs産んだ女子 職場では言えない「罵り」と「怒り」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
めんどくせ

1: 不知火(北海道):2016/03/19(土) 15:29:31.47 ID:KLxpGBqv0
「幸せオーラ」にイラッとしてしまう

 最初に配属された部門で産休や育休の取りやすさがまったく変わってくるという「育休格差」も女子たちにとっては大きな問題となる。
証券会社に勤める草野春香さん(29歳・独身・仮名)が自身の経験を振り返る。

 「ウチの会社は、管理部門に配属されると育休を取りやすいんですが、私がいる営業はプライベートを楽しむ余裕も全然ないくらい忙しい。
たまたま管理部門に配属された同期の子は去年出産して育休を取っていました。

 それは別にかまわないんですが、フェイスブックに子供の写真を上げていたり、『保育園どうしようか悩む』なんて書いていたりすると、
『幸せオーラ出しやがって』とちょっとイラッとする。

 それでも、そこまではまだ許せるんですが、『今の証券会社のあり方は……』なんて評論家みたいな文章を書き込んだりしだして。
調子ぶっこきやがって、現場で結果出してみろって感じですよ」

 一方で、「産んだ女子」たちの中にも、「産まない女子」の仕打ちに苦しんでいる人々がいる。家電量販店に勤める、石田良子さん(38歳・仮名)はこう言う。

 「世代間のWM観ギャップに悩まされました。妊娠を職場で報告したとき、同じ店舗の40代後半の女性の上司が『妊娠は病気じゃないでしょ
。ほかの人と同じくらい頑張らなきゃダメよ』と言って、重い荷物でもなんでも持たせようとする。

 私は、つわりがひどかったのですが、まさかお客様の前で吐くわけにもいかず、吐き気をこらえるのに苦労しました。その上司は、結婚はしていますが、
当時は制度が充実してなくて仕事のために出産を諦めた人だそうです。

 でも、私だって30を過ぎて子宝に恵まれず、不妊治療を重ねてやっと授かったんです。男性の上司がこんなことをしたら即ハラスメントなのに
、人事部も相手が女性だと言いづらいみたいで、助けてくれません」
こうした対立には、彼女たちの人生観や幸福そのものが懸けられているのだから解決はなかなか難しい。
 
 もとより子育ては国全体で支えていく意識が必要だが、ドロドロとした感情が絡んだ難しい問題だ。全員が幸せになるのには、まだまだ時間がかかるだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160319-00048196-gendaibiz-bus_all&p=3

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458368971/

⇒この記事の続きを読む

「女が嫌いなもの、それは自分より若い女」←これって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ふむふむ

1:野良ハムスター ★@\(^o^)/:2014/11/25(火) 08:45:05.75 ID:???0.net
■負けを感じてしまう相手

女性が苦手なもの、それは「自分よりも年下の女性」です。

体育会の部活に長年親しんできた女性、あるいは、面倒見のいいお母さんキャラの女性ならいざ知らず、
多くの女性にとって、年下の女の子はなんとなく疎ましい相手。
「自分よりも若い子とどう話せばいいかわからない」「相手から話しかけてくれるならまだいいけれど、
自分からはなかなか話しかけられない」と語る女性は少なくありません。

現在の日本社会において、女性は男性に比べて、圧倒的に若さを求められます。
経験と知性が求められるビジネスの現場でさえ、女性は「若い」というだけでチヤホヤされがち。
つまり女にとって「若さ」は「強さ」であり「力」というわけです。

ですから、自分よりも若い女の子を目にすると、意識せずとも「いいな」と羨望を感じ、
自分が若かった頃を懐かしみ、つい「ふん!」という気持ちになってしまうものです。
これは、一部の心の狭い女性だけに限った話ではありません。

■男性からのフォローは逆効果

ちなみにこのテーマは、おいそれと男性が踏み込むべきではない聖域。
「えー、まだ全然若いよ」とか「僕のストライクゾーンは40歳からだな」とか
「同じぐらいきれいだけどな」とか、下手なフォローをしても無駄。
というか逆効果です(たとえ本心からそう思っていようとも)。

よく「女性が思っている『やせている』は、男性が感じる『やせている』よりも極端」
と言いますが、若さは数値に表れるので、見た目以上にシビアなトピック。

結局、若さのパワーを誰よりもわかっているのは本人なので、
そこに複雑な気持ちが芽生えるのは避けられないということなのです。

ですから、職場の若い女性について「若くてかわいいね!」ともてはやすのはもってのほかですし、
「○○さんだってまだ全然、大丈夫」というのもよくないというわけ
(というか、そもそもセクハラになりかねません)。

「彼女はまだ経験不足だから、いろいろ教えてあげてね」と、
年長者を立てた発言ぐらいがかろうじて正解ということになるでしょう。

五百田 達成 :作家、心理カウンセラー
http://toyokeizai.net/articles/-/52840

元記事:
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416872705/
http://2ch.sc/

⇒この記事の続きを読む

女ってなんなの腹立つ 自分も女だけど女だらけの職場陰湿すぎ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
こわいこわい

1:名も無き被検体774号+:2014/10/17(金) 13:53:27.08 ID:AqKjTcEZi
当方も女だけど職場女だらけで陰湿過ぎワロタ

愚痴聞いてくれませんか?



4:名も無き被検体774号+:2014/10/17(金) 13:56:28.96 ID:AqKjTcEZi
今度会社のイベントがあって
立食パーティーみたいなのがあるんだけど
それに私たちのいる部署も参加することになった

ちなみに私は会社ではもっぱら
陰キャラ扱い



5:名も無き被検体774号+:2014/10/17(金) 13:56:32.32 ID:I8jXCuXU0
どーしたの


元記事:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1413521607/
http://2ch.sc/

⇒この記事の続きを読む

女性の敵は女性? ワーキングマザーvs独身女性・・・子供がいない30〜40代の女性の3割 「育児をしながら働く女性はお荷物」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
う〜む

1:影のたけし軍団ρ ★:2013/09/25(水) 12:12:02.31 ID:???0
「女性は救世主か疫病神か」「出産したら会社を辞めろ」と、一部メディアでは働く女性へのバッシングがかまびすしい。
しかし働く女性同士の間にも、相容れない部分があるようだ。

「弔電の文章、どうしたらいいんですか」

半導体メーカーD社の技術職のワーキングマザー(51)は取引先に不幸があった時、
弔電や供花の手配を頼んだ同年代の事務職の女性から、細かいことを何度も確認された。

「あなたが頼んだから、あなたに確認してるの」

男性上司からの頼みなら、突っかかってきたりしないのだろう。こんな時、妻が専業主婦の50代男性はたいてい、
「ケンカでもしてんの?」と的外れな反応で、「次から僕を使っていいから」と事情をくみ取ってくれるのは、
共働きの男性だ。妻が会社で苦労しているのを聞いているからだろう。

「女のヒエラルキーはつまらないからこそ、女だけで解決するには無理がある。
普段使えない50代の男性上司でも、ここで一言発してくれるだけで存在価値が出てくるんですが」

金融機関E社の男性部長(50)は、部下の40代の独身女性に課長への昇進を打診した時に初めて、女性の間に流れる深い川に気づいた。
「育児で早く帰る人たちが許せないから、あんな人たちのマネジメントはしたくない」と昇進を断られたのだ。

東レ経営研究所の渥美由喜(なおき)研究部長は、ワーキングマザーの社内での立場を「四面楚歌」と表現するが、
最も批判的なのは同世代の女性だ。「子どもの都合で急に休む」「休みや遅刻が多いくせに飲み会には必ずいる」などと、
本誌の調査では子どもがいない30〜40代の女性の3割が、育児をしながら働く女性を「お荷物だと思う」と回答した。

全体では「お荷物だと思わない」が過半数で、むしろワーキングマザーには寛容にみえるが、
リクルートキャリア特別研究員の海老原嗣生さんによると、不満は表面化していないだけでくすぶっている、という。

「育児で短時間しか働かない人と、そのフォローをさせられる人の評価や出世コースがほぼ同じなのはおかしいという本音は、
制度や社会的意義を建前にかき消されています」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130925-00000007-sasahi-soci

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1380078722/ より

⇒この記事の続きを読む

女が嫌いな女ランキング 1位「沢尻エリカ」 2位「和田アキ子」 3位「谷亮子」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ベッキー嫌いな男多いんだな【芸能】2011年度版「女が嫌いな女ランキング」発表 より

1:れいおφ ★:2011/11/18(金) 18:59:47.20 ID:???0
今月17日に発売された「週刊文春」(11月24日号)には、同誌が1000人にアンケートを行った、
2011年度版「女が嫌いな女ランキング」が掲載されている。

記事によると1位から30位のランキングは以下の通りとなった(カッコ内は前年度の順位)。

1位 沢尻エリカ(2位)
2位 和田アキ子(3位)
3位 谷亮子(1位)
4位 久本雅美(4位)
5位 前田敦子(41位)
6位 蓮舫(5位)
7位 藤原紀香(10位)
8位 神田うの(12位)
9位 磯野貴理子(8位)
10位 小宮山洋子(圏外)
11位 道重さゆみ
12位 芦田愛菜
12位 倖田來未
14位 ローラ
15位 麻木久仁子
16位 辻希美
17位 泉ピン子
18位 佐々木希
19位 米倉涼子
20位 板野友美
21位 ほしのあき
22位 北川景子
23位 松田聖子
24位 田中みな実
25位 小雪
25位 紗栄子
27位 西川史子
28位 田嶋陽子
29位 田中真紀子
30位 檀れい

詳細
http://news.livedoor.com/article/detail/6040029/

⇒この記事の続きを読む
About
follow us in feedly

・ 結婚や恋愛に関する
 スレッドやレス等を
 まとめたブログです

・ コメントありがとうございます



記事検索
最新記事
月別アーカイブ
Categories
スポンサードリンク
お世話になってるサイト
ブログパーツブログパーツ
真面目な婚活サイト
口コミランキングサイトで1位のネット婚活サイト

経済産業省 経営革新事業認定、口コミで評価の高いネット婚活サイト

国内最大級のネット婚活サイト

livedoorが運営する低料金のネット婚活サイト

結婚相談所で最大の会員数のサイト

真面目なパーティーサイト
全国で開催している日本最大の婚活パーティサイト

最近料金を値下げした会員数3万の婚活パーティサイト

日本最大の合コンサイト

会員数6万人の合コンサイト

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ