2005年02月07日

きみに読む物語


先週の土曜日、映画『きみに読む物語』をレイトショーで観て
「涙腺が壊れた?」というくらい映画館で泣いた。
さっきネットで予告編を見たら、また泣けてきた。
涙がとにかくとまらない。もともと涙もろいタイプだが、
こんなに引きずるなんて・・・。

愛することって素晴らしい、愛されることって素晴らしい。

書いてて恥ずかしくけど、
愛について深く考えさせられた。

この映画を観る時は、ぜひ大切な人と一緒に観てほしい。

今年観た映画の中では一番の気に入っている。
私の中で今年一番は、『ターンレフト・ターンライト』だったけど、
今は、『きみに読む物語』が一番だ。

たとえ平凡な人生でも、大切な人を全身全霊を傾けて
愛し続けた事実さえあれば、それだけで十分だと私も思う。

私には愛する人がいる。その人と一緒に人生を歩んでいる。
時々、喧嘩もするけど、もっと今を大切にしていかなきゃと思った。

たとえこの映画のヒロインのように年老いて、
若かりし頃の記憶が消えてしまっても、
私にはサイトがある。
これからもその時々の気持ちや考えをサイトに書きとめようと思った。






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kekkonseikatu/13830257
この記事へのトラックバック
ファボーレ東宝で2月5日公開の『きみに読む物語』を観て来ました。 『北の零年』にするか『アレキサンダー』にするか迷ったんですが、今回は感動を選びました。 原作は『マディソン郡の橋』をも超えたベストセラー「ニコラス・スパークス」著『The NoteBook きみに読む物語
「きみに読む物語」劇場にて【xina-shinのぷちシネマレビュー?】at 2005年02月08日 22:07
昨日からロードショーされてますよねv チャイムが使われていたLUKIAのCMより...
きみに読む物語ロードショー【ashitaekaeru.us BLOG】at 2005年02月09日 02:54
 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、『今、会いにゆきます』、『ぼくの彼女を紹介します』、『君に読む物語』・・・さてどれが正しい送り仮名でしょうか?  恋人同士で観に行くのはやめたほうがいいのかもしれない。80歳になる主人公と比べたら、彼の愛情の深さにかなうわけが
きみに読む物語【ネタバレ映画館】at 2005年02月09日 15:36
きみに読む物語原題:The Notebook監督:ニック・カサヴェテス脚本:ジャン・サーディ、ジェレミー・レヴェン音楽:アーロン・ジグマン出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー、ジョーン・アレン製作:2004年、ア
映画『きみに読む物語』【EVERSMILE(エバースマイル)】at 2005年02月09日 15:47