2005年06月

陰陽座のアルバム聞いてて、
コレが主題歌の「バジリスク」がとても気になるお年頃なわけです。

アニメ化も全然決まってない頃に一度マンガを立ち読みしたんだけど、
絵がちょっと恐かったのですぐ読むのやめちゃったんですよ。
今ではその書店、マンガは全部ビニールで封印されてます。
くそーちゃんと読んでおくんだった。

と、嘆いても欲求不満は募るばかりなので。

原作の「甲賀忍法帖 (山田風太郎)」の方を買ってきました。

…だってバジさんの方は巻数もあるし…。
こっちは文庫本なので590円で最後まで読めるし…ゲフンゲフン。

と、いうわけで、何か飛躍しつつも読みましたよ。





オモシロカタです。すごいな、みんな反則級の能力さんばっかりだ(笑)。
傍役が非常にいいキャラしてますね。
主役ふたりが消極的なだけに、傍役ひとりひとりがぐいぐい話を展開してナイス。
サブキャラひとりひとりの生きざま死にざまがとても切ない。
朱絹とか筑摩小四郎とか如月左衛門とか鵜殿丈助とか、お気に入りです。
陽炎や朧も脳内映像で壮絶に綺麗。

やっぱり「バジリスク」、アニメでも漫画でもいいから見てみたいなー。



と思って、9月公開らしい「忍-SHINOBI-」のHP見たら…
あ、あれ?

忍者5対5?

あの、最初から二分の一になってませんか?
地虫さんやナメクジさんとかは再現不可能なので削ったですか…!?

…オモロイ傍役好きにはちょっと切ない。

ケーブルテレビで毎週楽しみに見てた、聖闘士星矢(OVA)がついに最終回でした。
てっきり世の中が平和になって終わるのかと思いきや、
全然、宿敵であるはずのハーデスの姿が出ることもなく、
最後はズドーン!と

「冥界」

の文字でシメてくれました。

なんじゃぁぁぁ!あの中途半端な終わり方はー!
ちゃんと話の最後までアニメ作ってくれー!
本当にこれで終わりなのか!?ってネットで調べちゃったぞー!!
ファンディスク作る前に続編を作れってー!
一輝ニイサンとか最後これっぽっちも出演してなかったじゃないかー!

と、心の中で叫んでもラチがあかないので、
今度、古本屋で原作の方を買ってきて読もうと心に誓いました。

ハッ。それが真の目的なのか。



陰陽座の新アルバム、発売日に入手して聞いております。

「蛟龍の巫女」とか、速くてカッコイイので無条件降伏。
「甲賀忍法帖」や「月花」もいいなぁ。
(バジリスクはアニマックスとかで放送しないのかなー見たいなー)
基本的にあまりシングルは買わない派なので、義経シリーズが通しで聞けて嬉しいです。
それにしても「夢魔炎上」は長いですねー。13分…。

あと、今までガッツリ犬神の音楽に浸ってたもんだから、
黒猫さんの声がとても可愛く聞こえる気がします。

今年3月ころより始まった、ティランジア・マイブーム。

当初100円ショップのを買い漁ってただけだったのが、
ホームセンターの数百円のヤツを買い集めたりしてもう20株を超えました。
その中の一株が、花を咲かせました。

ふぃりふぉ開花1
地味すぎてわからないですか。
ホ、ホラ、よく見ると咲いてるんだってば!

ふぃりふぉ開花2
ティランジア・フィリフォーリアという品種です。
買った当時から花芽は伸びていたけど、
やっと、やっと、2ヶ月くらい待ちの開花です。長かった。

バラやガーベラなどの豪華な花に慣れた目には、
「花?こんなもんなの?」という感じかもしれないし、
ティランジア(エアープランツ)の中でも「地味」と紹介されるこの品種ですが、
はじめて目の前で咲いたこのティランジアの花、とても綺麗に見えます。
もうひとつ、上のつぼみが咲きそうなので楽しみです。
わくわく。

この株を買ったとこにもうひとつフィリフォーリアがあったんですが、
この前見に行ったらまだ売れ残ってて、
しかも水が足りて無いのかシオシオになってました…。
あの株も花芽が付いてたけど、今頃どうしてるかなぁ…。

犬神サーカス団の仙台ライブに行ってきましたー。
去年11月?のゴスロリイベントぶりの彼らのライブです。

再結成したマシンガンズや陰陽座などに浮気(?)をしていたマイ音楽生活ですが、
やっぱり犬神さんは別格なのであります。
なんてったって、距離が近い。
ライブが近くで見られるのもありますが、(今回はチケットの番号5番でした。近。)

会場入ったら、素顔のジンさんが普通に物販にいました。

庶民的というか、なんというか…
私にとってはスマップもキアヌ・リーブスも小泉首相も彼らも一緒なんですよ。
日常的に本や映像媒体なんかを通して見ているって点で。
それがなんか、ふつーに、そこにいますよ。
ミーハーな私にはそれだけでとても幸福な気分です。

お客さん少なかったのが、嬉しくもあり寂しくもあり。
曲の題材はアレだけどこんなにカッコイイのになー。
でも、規模が小さいからこそこんないいライブが近くで見られるのよね、ウヒヒ。
と、ひとりほくそ笑むわけです。
ラルクとか好きな頃は、ライブハウスのチケットとか取れる気しませんでしたからね、
競争率高すぎて。
現在は音楽趣味がマニアックに走ってるので、そういう心配は無くなりましたよ!
もうロッキンfくらいしか読む音楽雑誌が無い…(寂)。



で、幸せな気分でライブが始まったわけです。
共演はDOG GODさん、紅ノ壱パンダさん、PLANET GOLD 2006さん。

DOG GODさんは仙台の犬神のコピーバンドさん。
メイクばっちりで、イメージが崩れる云々の心配も無く、
楽器の方も皆上手く、見て聞いてとても楽しいです。
こんなバンドを組んで本家と共演できたらさぞ至福だろうなー、と思うんですが、
いざそんなことになったら死ぬほど緊張するだろうなー、とか。
いろいろ妄想しつつ楽しみました。

紅ノ壱パンダさんは高校生の女の子2人とサポートのドラムの方の3人バンドでした。
ベース側だったんでじっくり手元まで観察してましたが、
若い女の子が指弾きのベースで上手いってのはカッコイイですなぁ…。
無料配布のCDを頂いたので、メキメキ聞こうと思います。わーい。

PLANET GOLD 2006さんは、なんかすごかった。
サイバーコスプレのおねいさん2人と、同じくサイバーな太めのおにいさんの3人組。
ラジオの公開録音、という設定らしいです。
すごいな、ライブってこういう表現発表の仕方もあるのかー!と感心するも、
太い兄さんのTバックルックは目のやり場に困ります(笑)。

と、本音は犬神ワンマンがいいなーと思いつつ、共演バンドも楽しみました。
対バンでいろいろ見られるのも好きなんですが、弱いのですぐヘロヘロです。




そして、やっと犬神さんの番ですよー。
演奏した曲目などをメモっておきます。演奏順番、忘れましたので適当。

・スケ番ロック ・皆殺しのララバイ ・白痴 ・爆走All Night Long
・サーカスの人魚 ・太陽を待ってる ・最新型アンドロイド ・あいつ
(アンコール1)・命みぢかし恋せよ人類! (アンコール2)・花嫁
やっぱり、本家本元。圧倒的な迫力。カッコイイです。

特に良かったのが、全会場で演ってるという「サーカスの人魚」。
速い曲好きなのでアルバムの中でもそんなに気にとめなかったこの曲、
ナマで聞いてみるとなんなんですか、これは。
胸が締め付けられるような、切なくてすごくいい歌ですよ。

歌、ですね。歌。ナマの歌の魔力。

魔女の歌に聞き惚れた船乗りが海の中にドッボーンって、こういうことなのかな、と。
言葉では言い表せませんがそんな感じでした。


あと、特に思い入れのあったのが「太陽を待ってる」かな。
正直、嫌いだったんですよ歌詞が(笑)。リアルすぎていやん。
ライブで聞いてみるとギターと歌の掛け合いとかとてもイイですねー。
情次2号の表情がまた、官能的で素敵。
曲の前に凶子さんが「アタイ達はボスカム党員だったのよ!」と言ってたけど、
最初や最後の全員のコーラス部分とか、
メンバー全員歯を見せるような晴れやかな歌いっぷりが良かったなあ。
歌詞はものすごく暗くてウジウジしてるのになー(笑)。

で、2回目のアンコールの「花嫁」を終えて、皆でワーっとして、
犬神さんは全10曲やって終わりました。

あんまり疲れたのでヘロヘロ〜っと座って、ドリンクなど飲んでおりましたら、
少ししてからジンさんと情次2号さんが物販の方に来ました。
ワーオ!
(と思いつつ、心のどこかで待ち望んでおりましたよ)
今回は「赤猫」を買うぞと決心して来たので、意を決して買いに行きました。

あ、はい。
開演前に行かなかったのは、
「素顔のときの方がドキドキして近付けなかった」からです。

偶然CDの販売の方に居たジンさんに赤猫くださーいと言ったら、
普通ににっこり2000円ですと取ってくれました。
あまりに嬉しかったので地味に正気を無くして、財布からお金を出すのに手間取りました。
そのあと握手してもらいましたよ。
正気が無くなってたので「たのしかったです」くらいしか言えませんでしたよ。

無理矢理アンケートも書いて、情次2号の方にも行きました。
ジョニーちゃんもにこやかに「ありがとーございます」とか言ってたので、
頭に血が上ったひどい内容のアンケートを書いたことを非常に悔やみました。
誤字脱字多数だし陰陽座も「おんみょうざ」ってひらがな表記で書いたし。
ぁぁぁ、…アレは出来れば読まないで捨てて欲しい…。


そんなわけで、幸福感と疲労感と後悔に包まれながら帰途につきました。
この、握手したりライブ最後に汗まみれのジンさんをタッチした手を
どうしようかとひとしきり悩みましたが(笑)、
とりあえず家の壁に擦り付けてから、洗って普通にごはんたべました。

いつでもここの壁にタッチすれば汗まみれライブ気分!!←(あほ)
って、他の方はこういう場合どうしてるんでしょうか。なんかモッタイナイジャン。

それから、例のごとく今回もピックの神に嫌われたので収穫ブツは何もなしです。
隣のおねえさんがジョニーちゃんの飲んだペットボトルをキャッチしたのですが、
そういうのを取った場合にはどうするんでしょう。
やっぱ飲むの??
と、多くの疑問を残したライブでありました(笑)。

ティランジアを100円で買うようになってから、
あ、去年キャン・ドゥでガジュマルを買ってからか。(今、超元気です、ガジュマル)
100円ショップの植物を執拗に見て回っております。

最近、100円の雑貨屋さんで見つけたのがコイツ。
くろんこえ1
名前のタグは付いて無かったんですが、多分「クローンコエ」という植物。
クローン、という響きが、なんともマッドサイエンスな風味。
おまけにかなり禍々しい外見でツボです。

拡大図
くろんこえ2
この葉っぱに付いた芽の一つ一つが地面に落ちると、
それぞれ新たなクローンコエの小さい株となって育つのです…。

ヤバイヨー!
SF恐怖映画みたいだよー!

…現在落ちた子株も大量飼育中。

昨日いかレスラーを放送してた時間枠で、今日はえびボクサーをやってました。

イカの方のあまりの脱力具合にとてもクラクラしたので、
本家本元のエビの方はいったいどういう具合なのかと少々不安でしたが、
見てみたらこっちはちゃんと映画として成立してました。
人にすすめるなら断然こっちです。
下ネタ多いけど。

2夜続けて海産物を見たせいか、シーフードが食べたくなりました。
以前北陸に旅行したら、エビもカニも美味しかったです。
カニはズワイガニが一番好きであります。

夜、いかレスラーがデジタル放送でやってたので、K-1の決勝も見ずにそっちを見ました。
思った以上にユル〜イ映画でした。
こりゃ、頑張って映画館に見に行ってたら脱力しただろうなー(笑)。

西村修が主演ということだったけど、彼はだいたいイカの姿だったので、
出番はライバル役のAKIRAの方が目立ってる感じでした。
普通に街中にイカが闊歩してる画面はシュールでちょっとよかったです。

でも、ヌルい。

きっとそれを狙った映画なんだろうと思いつつ。
先走ってDVDを購入しなくてよかったな、と思ったり思わなかったり。

あちらのブログが、いろいろ写真が複数貼れなかったりしたので、こっちに借り直してみました。
再構築してもデザインが変更されてなかったりやや不安なのですが…
ちょっとテストしてみます。
くま

↑このページのトップヘ