2008年02月

もう2年です。
このまえのことのような、大昔だったような。
淡く切ない気持ちです。

そんなおセンチな気分なのはうちでは私だけのようで(苦笑)、
家族皆「えーそんなこともあったっけ」状態ですよ!

みんな、あの愛と恐怖とインコ臭の日々を忘れたのかい!?
あの、迫り来るクチバシと羽音を忘れたのかい!?
イヌに首っ丈でインコなんかアウトオブ眼中なのかい!?



…しかし決して全てがそんなワケでもなく、皆、時々、
キーボードを弾いたり(健二さんはよく聴きに来て踊っていた)、
みかんを食べたり(何か食べると飛んで寄って来ていた)、
父の居眠りを見たり(よくメガネに飛んできては何やらいじっていた)、
たわいのないことで生前の様子をありありと思い出すのです。

羽音。
口笛。
鈴の音。
感情豊かな目。
スカイブルーの羽根。
小さなシルエット。

ここ見て悼んでくれてる方、ありがとうございます。
心の中で生きてるって、こんなことですかね。健二さん。

実は、去年の末に、でかい買い物をしました。

い、いや、お金も姉と弟と私で共同で出したんで、
懐が痛かったのは私だけじゃないんですが…(苦笑)。


XBOX360です…。


ソニーやニンテンドーと、国産のハードが出ている今!
何故!
マックユーザーの宿敵(?)とも言えるマイクロソフトのハードを買うのか!?



…地球防衛軍の3がコレでしか出ていなかったからです…。

地球防衛軍3 Xbox 360 プラチナコレクション

恐るべし



と、当初は地球を侵略者から守るべくスナイパ−ライフル片手に奮闘しておりましたが、
初売りで中古で買ってきたコッチにすっかり心を奪われてしまいました。


The Elder ScrollsIV:オブリビオン


オブリビオン。
ファンタジーのRPGです。シングルプレイオンリー。

何がスゴいって「結構なんでもやれる」んですよ。

普通RPGって、「王様の命を受けて世界を救う」とかで、
この作品もメインシナリオもそんな感じなんですけど、


世界の存亡すらかかった皇帝の最後の頼みをほっぽって、勝手にどこかへ行くのも可。
(むしろメイン以外のシナリオが膨大)

皆の憧れとなるべく戦士ギルドのマスターを目指すも可。

山菜採りにふけるのも可。

ナントカのアトリエのごとく錬金術でクスリを作りまくるも可。

豪邸を買ってメイドの手料理を食うも可。

遺跡を訪ねてトレジャーハンターになるも可。

他人様の家に勝手に侵入してコソ泥を重ねるも可。

罪もない町の人々をSATUGAIするも可。

犯罪を通報されてブタバコへぶち込まれるも可。

エトセトラエトセトラ。


広ーい世界を、自分の作ったキャラが動き回ります。
ロマサガっぽい自由度と、シムピープルっぽい箱庭感。
町の人も、勝手に何か考えてリアルタイムで動いているので、
住人どうしで喧嘩して、そこに警備隊が乱入してきて、
何が何やら分からぬまま両者殺されちゃった、とか、不測の事態が度々起こります。
(もちろん死んだら復活しません、クエスト関連のキャラや店の人とかも容赦なく…)

ファンタジーとはいえ、国産の生易しい幻想世界とは違う次元です。
道ばたに脳みそむき出しの生首(ウッ…)とか刺さってたりします。
ゾンビもかなりリアルです。
全裸です。腐ってます。暗いところで出会うと恐いです。
バイオハザードとかホラー苦手な自分にはキビシー世界ですが、もう慣れました。
CEROの基準ではDだそうです。よくZにならなかったなあ。

また、洋ゲーらしく、キャラもどこ見ても美形だらけなんてこともなく、
町の人も自分もニンゲンらしい生々しいリアル感に溢れています。


そんな中、
ハードを買うに当たっては銀髪のオニイサンが絶対必要だ!!が信条のワタシ。
PSではセフィロス、PS2はダンテが購入を決めさせただけに、
今回、それに肩を並べるべくどんな美形のオニイサンが製作されたのでしょう。

出来上がり、ドン。

オブリマイキャラ1




…(決して美形ではない)
…(微妙、というか、漂う中途半端感)
…(全体的な何コレ?感)
…(レゴラス王子を目指していたなんて口が裂けても言えない)

…しかし、顔造りに一時間くらいかかっただけに、捨てるに捨てられない…(泣)。

もうコレでいいやァ、あはははは(壊)!
名前はパズルクエストで使ってた主人公と同じ「サーマス」君でいいや!
あーもーてきとーてきとー!
あ、職業は魔法も剣も使いたいから「魔戦士」で決定!

…はい、FFでは赤魔道士が好きなタイプです。←(中途半端の極み!)

ということで、新年3日目から今までサ−マス君になりきって世界をのほほん珍道中。
お金も貯まって家も買えました。
ようこそ我が家へ!

わたしの部屋

散らかり具合がリアル自分の部屋とシンクロしててかなり痛い感じです。

ちなみにファーストキャラのサーマス君は、プレイヤーのチキンハートそのままに、
盗みも最小限で人殺し(山賊とかは別)もしないヘタレな小心者です。
世界も全然救ってません。
折角入った魔法大学も入学してからほとんど行ってません。
おまけに極度の方向音痴です。
うっ、方向音痴はプレイヤーがそうなんだから仕方ないじゃないか!



そんな現実の自分を抜け切れない生活にガックリして、
現実では絶対にしないであろう悪の道を歩もうと作ったセカンドオニイサン。

オブリマイキャラ2

…(もちろん美形を目指して作った。)
…(肌と目の色が種族固定だから、とはいえ、恐い。物凄い不機嫌そう。)
…(サーマスよりマシだからこれでいいや、との妥協心)

彼(ドーマさんと命名)は、順調に暗殺者ギルドにスカウトされ、悪の道を進んでいます。
しかし、殺しも盗みも人に見つかると罰金か懲役刑が課せられるので、
物凄くセコい暗殺者稼業に勤しんでいます。
そして、方向音痴の達人。
…いくらロールプレイを頑張ってもこれだけは直しようがありません…(泣)。



と、いうわけで、国産の甘いファンタジーに飽きた方にオススメです。(グロは覚悟で!)
重厚で硬骨なシナリオも、広大な世界も、
頑張って好みのキャラに近付けようと努力できるキャラメイクもお気に入りですが、
欲を言えば、鎧兜にもっとバリエーションがあったらなぁ。
サークレットとか欲しかったですよ。

エルフにサークレットは永遠のロマンですから!

ロードオブザリングのアルウェンの父ちゃんとか最高。

fb658cc5.jpg昨日あたりに降った雪が溶け始めて、庭は水浸しです。
で、我が家には水が増えると、セノーテと愛称される水溜まりが出来るのですが。

イヌはニンゲンの与えた水道水よりセノーテの泥水を好んで飲みます。

何故だ!


注…セノーテとは南米か中米あたりのぽっかり地面に空いた泉です。
うちの泥水とは正反対の素晴らしい清水!憧れ。憧れ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%86

aa71561a.jpg先月のカレンダーの裏がペーパークラフトの型紙になっていたので、早速作りました。ラッコですラッコ。
出来上がったのが写真のブツです。

つくりかたではカッターでちゃんと紙を切るよう書いてありましたが、楽をしようとしてハサミで切ったため、なんか断面が白く見えたり、曲面がカクカクして、プレステ時代のポリゴンみたいです。
でも、制作お手本写真には遠く及ばないものの、実際完成して手元に出来てみると嬉しくなりますね、うへへ。

↑このページのトップヘ