カテゴリ: プロレスとか

どうぞお幸せに!

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/njpw/?1232362027

金本選手の公式ブログのリング上で結婚発表の時の写真?が、
ジュニア時代のあの3人の顔ぶれで何だかジ〜ンとしてしまいました。

新日本ジュニアのあの6人からプロレスを見始めた自分には、
金本さんの結婚も「ああ、もうそんな時代になったんだなぁ…」と、
なんとなく安心したような、寂しいような、嬉しいような、
時間の流れと彼らの人生を感じるニュースでした。


新日本プロレス学習帳 (カミプロブックスシリーズ)
新日本プロレス学習帳 (カミプロブックスシリーズ)
クチコミを見る


この間本屋さんに行ってふらふら立ち読み歩いてたらこんなものがありました。
女性関係の講師は金本さんですよ(笑)。

カシンファンは中西学先生の項を熟読しましょう。
そして寝る前に思い出し笑いするといいと思います。

ハッピ−ニューイヤー!

大晦日は格闘技もそこそこに紅白観てました。
年始は「年越し三沢光晴18時間スペシャル」をずっと14時間位見続けて、
その合間にカリカリ年賀状を書き続けていたのはヒミツですよ。
流れでスポーツマン選手権も見てしまった。
跳び箱を跳んだあと律儀に受け身を取る社長萌え。

ということで今年も無事年賀状を出し終えられました。
ありがとう三沢。
ありがとうランニングエルボー。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

トリケモレスリング

トリモケモノモプロレスリング
現在選手が一匹しかおりませんので試合は出来ません。
それってなんあのよ。


カレーの懸賞の、
「あなただけの世界に一枚だけのオリジナルカレンダーを作ります」
という賞を毋が当てました。
写真を送るとB3のポスター状になった2008/7〜2009/8のカレンダーになるそうです。

ん〜、でも、これ、ファミリーで楽しく写った写真とかを使って、
1年間ほのぼのと眺める企画として立ち上げられたんでしょうが、
うちは恨みつらみだけの愛のない家族(笑)ですので、
みんなでニッコリ集合した写真を茶の間に飾られようものなら、

何か、ぐわぁぁぁぁ!って。

半ば拷問のようなものですよ(苦笑)。


と、いうことで、冒頭の画像を自作して投函してきました。
イヌとトリ写真で行こうと決定し、チョイチョイいじっていたら、
あんな仕上がりになりました。
こんな画像を用意するのはうちだけだろうな。
そういや、専門学校でも一回プロレスのポスターを自作しました。
こんな感じの(笑)。

センターは三沢さんがエメラルドフロウジョンを決める写真で、
小橋さんのバーニングハンマーとかね!ガツンと!
でも秋山さんはフロントネックロックだったので地味だったな…。←失敗

この前たまたまオールスタープロレスリング2のトーナメントか何かをクリアしたら、
エンディング画面にその時コッソリ素材として使わせて頂いた写真が、
何枚も出てきて懐かしかったです。
学校の課題として作って世に出さない作品でも、やっぱり作り手としては、
あの写真の格好良さを活かして、選手もバーンと良く見えるように!!!
と、いう想いが強すぎたのか興行ポスターとしては上手い出来ではなかったな、と、
夜中にこっそり出して眺めて思ったりするですよ。
難しい。

うちのいぬは片足タックルを仕掛けると喜びます。



新日本プロレスの金本選手が人身事故を起こした、とニュースで聞いて、
心臓がキューッと縮む思いでした。
金本さん自身も軽傷だそうで、怪我をされた相手方の方も、
早くよくなることをネットの片隅で祈っております…。

かしんといんこ
今度はコイツとジュニアタッグ(うそ)


修羅場にプロレスソングとか聞いていたら、無性にプロレスが見たくなって、
プロレスラー名鑑が2003年版くらいで止まってるくらい久しぶりに、
モソモソ新日本の放送とか見たら思った以上にわからなくて困った。

技の名前もさっぱりわからない。
選手とかも半分くらいわからない。

8年ぶりスーパージュニア出場であの頃よりも光り輝いてる高岩さんとか見て、
和んでいる場合ではないのはよくわかった。
世の中は世代交代が進んでいるのだ。

それでも頑張ってるライガーとか金本さんとかイイネ!

プロレスは試合以外のバックボーンとか分かった上で見て、
初めてその試合の意味とか見えてくるので、
もうちょっと頑張って今の状況がどうなっているのか、
理解しようと試みることにします。

明日の夜のノアの試合も見ようっと。



全日時代のカシンTシャツが叩き売られてるのを買って喜んでいたら、
1300エン?イイナー私にも買って、と母。

ちょっと待って下さい

母子でカシンTシャツは

痛くないか?

かなりペインじゃないか?

ピース

たぶん全日時代にこんな写真があったんだけど、
その写真がとても可愛いので、
やる気を増すためにデスクトップ壁紙にしたよ。
だけど描いてるマンガと違う方向に萌えが向いてしまう。
トリ描けトリ!


トリ中心よろずというジャンルが何に入るのかよくわからなかったので、
「その他」のジャンルにマルを付けて送ったのだが、
今日、仙コミのチケットが送られてきて、

動物・ペットは「創作一般」に入れてね

と訂正があった。

うーん、そうなのか。


ところで話は変わるが、私の好きなレスラーは大体女性に人気のあるレスラーである。
ところが、好きなキャラになると途端にマイナーなのが好きだ。

ポツポツと適当に例を上げてみて気が付いた。

三国無双→典韋、魏延
ワイルドアームズ2→ブラッドさん
ゼノギアス→リコさん

あっ。
みんなそのままプロレスラーとしてイケるな!


オタクが皆プロレスファンなら私は王道ジャンルとキャラで活動できると思った。

ところでプロレスって芸能?その他?

カシンフィギュアと鳥
昨日の写真がカシンが暗くてイマイチだったので取り直しました。
そしたら逆光…(汗)。補正で何とか。

このフィギュア、マスクがこの他二枚付いていて、気分でマスクチェンジ出来て楽しいんですけど、カシンのチャームポイントのあごが露出しにくいのが難点かな。
もちろん、マスクを脱がせて素顔が出てると、なんか見てはいけないものを見てしまったようでドキドキ(笑)。
カシンのマスクは数あれど、個人的にはこの青マスクとコスチュームが馴染みがあって好きですよ。
目下の悩みは、この前、横丁の小さいフィギュア屋で、新日時代のフィギュアセットの中にカシンを発見してしまった事。カシンは…欲しいけど…全部セットで買わないといけないのは痛いなあ…。

ケンドー・カシンが


早稲田の大学院生になって


「中西学はなぜバカなのか 2」

「身近なバカから見るプロレスの問題点」


を研究すると発表して


教授に怒られたらしい。




…久々のそんなカシンニュースを聞いて、
秘蔵のカシン特集DVDの、
あの、ライガーの制止を振り切ってマスクを脱ぐシーンを見たら、
やっぱり何度見てもどきどきしてしまって、


…この感情は萌え以外の何者でもないとオモッタ。



勢いでカシンTシャツを注文したら、

「えええぇ?何でまた…」

と、母に物凄くヒかれたのだが、

母ちゃん。


「ケンドー・カシン」と
「ケンドー・コバヤシ」は違うよ。


というかそんなにケンコバさん嫌いなの?

ダイナマイトで石澤さん負けちゃった…切ない年の暮れ…(涙)


最近ノアも新日も見てなかったもんでさ、
たまたま大晦日の格闘技つけたら石沢さんが出てて興奮したんだけどさ、

   1回2分48秒 
○金泰泳  KO 石沢常光×

…(T△T)
…KO負け…。
…切ねぇぇぇぇぇぇ…。

ショック
↑夜中に年賀状描きつつらくがいたもの

音楽系や作家さんだと、
事故で骨折したとか、声帯痛めたとかでいろいろ心配したりはするけれど、
それでも本業で死ぬ危険とかあまり無いわけです。

しかし、格闘家さんだと、負けた試合を見た後、
ケガしてないかしら、大丈夫かしら、と
不安が雪崩式フランケンシュタイナーのごとく押し寄せます。
石沢さん大丈夫だったかな…

と、少々暗くなりながらも年越しですよ。

今年も年賀状も年越しだ!←(すいません)

HEROS、テレビで見ましたよー。

総合格闘技はプライドだけのものじゃなくなってきたので、
だいぶ混乱気味の今日この頃。
K-1の試合でも総合ルールでやったりしますからね。
HEROSはK-1の流れを組んでるんでしょうか?
うぬぬ、勉強不足なのでワカラナイ…

大晦日の試合見て「おお、フリーターの星!」と感動(?)した所 英男選手や、
トリッキーな動きで妙に気になる須藤 元気選手とかも出てましたが、
今回の私のお目当てはこのカードでした。


秋山 成勲       vs        石澤 常光
(日本/フリー)            (日本/TEAM JAPAN)

いしざわさーん!!!
プロレス自体最近はあまり見てないので、大変久しぶりです。
しかも素顔状態はもっと久しぶりです。※

だけどなにか不安を感じるこの組み合わせ…。



…orz

結果は「良くて判定」かなーと思ってたので、結末に不満はありませんが…。
微妙に寂しくなる一戦でありました。
入場シーンも放送しなかったよ…入場時の曲、好きなのになぁ。

石沢さん、プロレス含めた格闘技引退するとか言わないよね?

新日と全日、両方と仲が悪くなってあんまり試合に出られないとか
カシンが言ってたらしいけど、(なのであまり信用できない)
それならNOAHに定期参戦してくれたらいいのになー。
杉浦氏と組んだ以前のGHC戦、楽しかったのでまだ録画してとっておいてます。

DVD見てても思うんだけど、あんなに見ててニヤリとする悪どいファイトと、
お茶目さとナイス関節技の同居するレスラー他に見当たらないですよ。
そのマスク時の状態を知ってるからこそ、
素顔時の堅実で生真面目なファイトもドキドキするですよ。


カムバックイシザワサーン!



だけど今回の「最強のグレイシーハンター」って呼び名…うーん(苦笑)。
うん、確かに、確かにグレイシーには勝ったけど、
その前にグレイシーに負けゲホッケゲホッ…(汗)!
当時リアルタイムで一喜一憂していたので複雑な気持ちです。
今回の試合でも当時のKO負けを彷佛とさせるシーンが一瞬あって、
血の気が引きました。
総合格闘技は気を抜いて見られないなぁ、ドキドキ。

何気なくケーブルテレビをザッピングしてたら、ノアの大会が生中継してたので
なんだかひさしぶりにプロレスを見ました。

大阪府立体育会館での試合だそうです。
メインの試合がやたらと豪華な顔ぶれでした。

┌ 斎藤 彰俊     天龍源一郎 ┐
│ 三沢 光晴  VS  秋山  準 │
└ 力皇  猛     小橋 建太 ┘
 
庶民派料理にも高級食材をこれでもか!これでもか!と入れて、
今夜のご注文はDOTCH!な感じの6人タッグだなぁ〜と思いました。
まだちょっと、コールの最後が力皇選手なのが違和感ありますが…。

総合格闘技は一瞬目を離したスキに勝負が決まったりするので、
テレビの前を離れられずとてもピリピリするのですが、(それも魅力なんだけど)
その点、プロレスはまったりしてて良いですね〜。
6人タッグだとさらに悠々と構えられます。
序盤のうちにトイレ行ったりとか、お茶煎れたりできますよ。

天龍さんと小橋さんに気を使う秋山さんとか見てニヤニヤしたり。
三沢さんの静かなキレ具合にニヤニヤしたり。
ムシキング・テリーの前に出てきた人を見て、「あっネブ博士だ!」と言ってみたり。
試合中に「ネブ博士もKENTAに蹴りのひとつくらい入れろよー」とヤジを飛ばしたり。
小橋さんのテーマソングに胸を熱くしたり。

音楽にしてもプロレスにしてもライブ(生)で見るのはアツくて楽しいけど、
お茶の間のテレビの前に陣取って、まったりと勝手に楽しむのもオツですね。
(嫌がる家族がいたりすると、なかなか実現できないんですけどねー)



そういや、明日、近くの本屋さんに須藤元気選手が来るんですよ。
本を出版したそうなので、それの促販のサイン会っぽいです。
参加するかどうかは別として、ちょっと偵察に行って来ようかな、と。

K-1のミドル級ってあまり見ないんだけど、
例外的に須藤選手はレイ・セフォー等と並んでK-1で最も好きな選手のひとりです。
あの妙な動き、とてもナイス!!
最近、CMとかでもよく見かけてるけど、一度ナマで見てみたいですよ。
どんな本なのか興味はあるので、本を買ってサインしてもらうのもいいけど、
至近距離で会う度胸は無いので、たぶん物陰からコソコソと見ます。

別に○○さんに顔覚えられたら恥ずかしいわキャ〜ッ!なワケではなく、
自分、人の顔に真っ向から向き合うの非常に苦手で。(- -;)
マシンガンズの出入りに遭遇した時も硬直したし…。
犬神さんたちは白塗りなので辛うじて大丈夫だったけど(苦笑)。
↑(ヒトより2次元キャラに近いと脳が判断したんだろうか)

と、いうわけで、偵察に成功したらまた報告いたします。
では。

↑このページのトップヘ