カテゴリ:

いぬにクロ−バ−輪

少し前に撮った写真。
庭にクローバーの葉がいっぱい生えていたので首輪を編んでやった。
この上なく迷惑そうなイヌ。


気温が安定したので種を蒔いたと思ったら、それから段々寒くなってきまして、
まだストーブが活躍している東北地方よりお送りします。
皆様お元気ですか。

この前蒔いた種が発芽してまいりました。
嬉しいものです。

でも、苗と違って、発芽する前は植えた場所に何の目印も無いため、
ヘブンリーブルーを蒔いた場所を父が見事に掘り起こして、花の苗を植えていました。
我が家の花壇は群雄割拠です。


・写真解説

左:100均で買ったフラワ−ミックス種の発芽。
  これからどんなカオスになるのか楽しみです。

中央:ヘブンリーブルー(西洋朝顔)の発芽。
   確かに小学生の頃やった朝顔の双葉に似ている。感動。

右:近所の公園で採ってきた赤クローバー。花が咲きました。

有象無象の芽ヘブンリーブルー芽赤クローバー

犬の病院と、犬神のインストアと、行って来ました。

まず、犬の容態なんですが…
先生の診察では、「てんかん」だそうです。

血液検査してもらいましたが、異常は無いそうです。
そうなると脳の何かとかの可能性はあるけど、
調べるにはこの病院には検査の機械がないし、
とりあえず経過観察、ということになりました。
頻度が高いようなら、投薬で症状をおさえることはできるそうです。

またひとつビビに持病が増えたか…とガッカリですが(苦笑)。

昨日の夜は、短い時間ですが足腰も立たなくて皆で非常に動揺しましたので。
病名とそのクスリがあると分かっただけでも安心です。
今日は異常なく雨の中散歩に行ったり、
ご飯もちゃんと食べて異常なし、ということでした。
普通の日常で何より。


で、病院から帰って急いで食パン食ってインストアライブの方に行きました。

スーパーレコードはいろは横丁にあるお店です。
決して広くはないお店ですが、品揃えは濃ゆいです(笑)。

犬神さんはライブもそんなに混み混みではないので、
インストアとなると(定員は満杯くらいでしたが)何だかアットホームで、
トークをはさみつつ演奏するのでとても和やかです。
いや…
曲の内容はアレなんですけども(笑)。

4曲ほどの演奏でも、アコースティックのアレンジで、
聞きなれた曲も新鮮で格好良かったです。
「赤猫」は好きな曲だけあって嬉しく。
「欲望」は今日もライブバージョンで(笑)。
「光と影のトッカータ」がちょっとフラメンコっぽくて、
あーそうかーそれで去年の凶子さんの衣装がそれっぽかったんだな〜と、
今更気付く私でした。(ダメファン!)
ラストが振り付けの苦手な「たからもの」でしたが、
ライブの時よりウヤムヤにやれたので楽しかったですよ〜。

握手をしてイベントは終わりました。
いつも通り頭に血が上って、
「ガンバッテクダサイ」と生後半年のインコのように犬神さんに告げ、
私は会場を後にしました。

…今度インストアがあるときは何か手土産を持って行こう。
…芯タンは買えなくても!

そういうことで。
ツアーガンバッテクダサイ、イヌガミサン。

犬の手作りごはんの本を買いました。

犬のデリカのお店の方が書かれた本だけあって、
手も込んでいるし綺麗です。
でも、時々材料が…

「オーストリッチ(ダチョウ)肉」
「なまず」
「ルーミート(野生のカンガルー肉)」

そんなん手に入るか〜い!

と、軽くツッこんでしまいましたが(笑)。
いいな、こんなお店が近くにあったらなぁ〜。
月に一度…いや、半年に一度くらいはこんなご馳走をやってもイイヨナ〜


うちのいぬは、朝食にドライフードを。(たまに昼食も食う)
夕食には手作りのイヌメシを食べます。

飼って1年か2年目くらいの頃は、
こっちも犬の教則本通りにやらなきゃとガチガチだったし、
イヌもイヌであんなに痩せてるのに餌に見向きもしなくて、
ヌォォォォどうすればいいんじゃい!的などん詰まり状態にもなりました。
餌、変えても食いつかないし。
鶏肉炒めて混ぜても残すし。

しかし、ひどい下痢と吐き気が続いて、入院も経験し。
心を痛めつつ絶食させる生活も続いたある日、気付いたようです。

次のメシはいつ出てくるか保証がない。
故に、出てきたら何でも食わねば死ぬ!

…そのおかげで、ドライも缶詰もちゃんと食べるイヌになりました。


で、でもさ、いくら全体の栄養素が整ってて、
それだけ食ってても一生暮らせるヨ!っていう合成食品…。
ニンゲンだったら、何かヤじゃないですか。

うん、なんとなく擬人化してモノを見てるなという自覚はあります。

けど、白米のご飯のニオイを嗅いだ時の、ビビの期待に満ちた顔を見たら!
…穀物ってイヌにはあんまり消化がよくないそうなんですけど…
ドッグフードでもお腹壊すときは壊すし、
インコの「シードと菜っ葉と果物とか以外は絶対ダメ」よりは
犬のほうがまだ許容範囲広そうですし、
せめて一食くらいは喜んで食べるもの出してもいいかなと。
一日の半分の食事が既成のフードなら、極端な栄養の偏りも出ないかな、なんて。
…うーん、我ながら素晴らしい中途半端野郎ですな!!

イヌに絶対ダメな食材(玉ねぎ、ねぎ、チョコレートとか)以外の
グレーゾーン食材が、あっちではOK、こっちではNGと、
どれを信じていいものか分からなくて。
基本的にお医者さんはドッグフード推奨なので、
「どれがOKなんですか?」と聞きづらいし…(汗)

味付けなしの肉、魚、ブロッコリーや菜っ葉類。
ジャガイモにサツマイモにカボチャ、大根、ニンジン。
ごはん、麺(つまみ食い程度)、お豆腐。

この辺ならまあ大丈夫かな〜と、適当にチョイスしてるんですが。
今回の本の料理みたいに、卵なんかも使えると料理の幅が広がりますよね。
一回イヌパンでも作ってみようかな。
あとはカルシウム強化が課題だなぁ。


ある日のイヌメシ 
・カボチャ雑炊
カボチャ、白菜、鶏胸肉、カツブシ、冷ご飯を煮込んだもの

戦時中のニンゲンよりいいもの食べてませんか?このモングレルめ!

c51d81a6.jpgビビに今年の狂犬病の注射のハガキがきました。
犬種のところをよく見ると「モングレル」…。ナニソレ?初めて聞く言葉です。
いつからビビはそんなおフランスな感じの犬種になったのか?不審に思って調べてみたら、モングレル=雑種だということが判明しました。(ちなみに英語らしい)何だァ、単に横文字にしただけなんですね。
今度から「何の犬種ですか?」って聞かれたら、モングレルですわオホホ、と答えてみようかな(笑)。で、でも、話が面倒になるから、やっぱり、雑種とストレートに答えた方がいいですね。横文字はビビには似合わないです。なんとなく。

fb658cc5.jpg昨日あたりに降った雪が溶け始めて、庭は水浸しです。
で、我が家には水が増えると、セノーテと愛称される水溜まりが出来るのですが。

イヌはニンゲンの与えた水道水よりセノーテの泥水を好んで飲みます。

何故だ!


注…セノーテとは南米か中米あたりのぽっかり地面に空いた泉です。
うちの泥水とは正反対の素晴らしい清水!憧れ。憧れ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%86

もみじと犬の散歩

いぬを連れて少し散歩を遠出しました。
もうそろそろ紅葉がいい感じになってきたので。

落ち葉舞い散る森の中で、ああ、ここでモミジイチゴを採ったよなぁ、とか、
ここらへんでビビがヤマカガシに突撃していったよなぁ、とか、
緑深い頃の思い出が蘇るのです。
…もう、あと一ヶ月ほどで次の年なんですよね。

お目当てのもみじは、黄色、オレンジ、赤と様々な色合いになっていて、
とても綺麗でした。
晴れていればもっと綺麗だったんだけどな。あいにくの曇天。

写真は紅葉の下を歩く母といぬ。
いぬはおやつに小さいビスケットを4個食べました。

51f9e9d3.jpg今日は犬が家から公園まで逃走しました。
公園で知り合いの犬にまとわり付いている所をチーズを使っておびき寄せ、やっと捕縛されたそうです。私は現場にいなかったので気楽ですが、実際は一家総出の大事件だったそうな。
ビビよ、そんなにうちが嫌なのか?

49cfd474.jpg今日はメガテリヤキの時以来の台風がきてたので、こっちの方もかなり荒れていました。
犬もとばっちりを受けてレインコートです。
耳あてをするといつも以上にショボく見えます。

山にきいちごがなっている。

最初に見つけたのは偶然だった。
バス停の目の前の斜面にぽつぽつと赤いものがなっている。
近寄って見に行くと木いちごだった。

その日は見るだけだった。

が。

次の日には金属製のボウルを持って木いちご採りに繰り出したのだった。
民家も道路も目の前だけどね!
食欲の前には人目もはばかってられないのさ!

斜面で木がとげだらけのこともあり、そう多くは採れなかったが、
酸味と甘味と苦味がほどよい木いちごをしばし堪能したのだった。

いぬも欲しがっていたのでお裾分けした。

夕方、吐いた。


ちくしょうめ!

なかなか梅雨入りしないので、雨が降る前にレジャーに行こう!と
昨日、仙台市が誇る(?)Y木山動物園に行ってきました。

面白かったのでぽつぽつと写真を貼ってみます。

ワオキツネザル親子

ワオキツネザルの親子。
ニホンザルにも赤ちゃんがいたのですが、私はこっちの方が好み。
ワオキツネザルをそのまま2〜3回り小さくした感じで、とても可愛いです。


しろくま

しろくま。
この方は暑そうながらも起きてましたが、もう片方のくまは寝ていました。
しろくまだけでなく、ライオンもトラもイノシシも他多数も、
暑さに耐えかねたのか寝ていました。
寝ているとどんな猛獣もイヌの寝姿に似て見えるのが不思議です。


物欲しげなハワイガン

ハワイガン。
こいつら本当に絶滅寸前だったんだろうかと疑いたくなる団体ぶりです。
とても人なつこく、網の手前まで寄ってきて餌を要求します。
そこで、人は「雑草ならいいよね」とその辺の草を引っこ抜いて与えるわけです。
餌付けはなんでこんなに楽しいのでしょう。


しつこいと嫌われますよ

亀。
なぜか折り重なっています。
なぜかスッポン的な上のが下のに猛烈アピールしています。
ミドリガメ的な下のは物凄く迷惑そうです。
種族を越えた愛と憎しみを垣間見た気がしました。


ふくろう

ふくろう!
Y木山動物園では、土日に動物とふれあいイベントを実施しているので、
アニマル好きの方は土日を狙って行くのがよろしいでしょう。
ふくろうの触り心地は至上のヤワラカサです。
ああ…(恍惚)



おまけ

いぬ

うちのいぬ。
動物園とは関係がありません。
最近はそれなりに元気です。
冬毛が束になって抜けています。
それを庭に放置しておくとスズメがくわえて持って行くのが面白いです。
抜け毛が巣材に…自然のリサイクルですね。
どこかでスズメの赤ちゃんがビビの毛に包まれて眠っているのかしら。

↑このページのトップヘ