カテゴリ: 音楽系

こちらでは恐ろしくお久しぶりです

去年の震災も一応被害もなく元気に過ごしております。
ビビもライコフも相変わらずです。

ピクシブから別のゲームにはまったり、
ピクシブさんでブログ機能が付いたので、
こっちから切り替えようかと長々と画策している間に、
ピクシブさんがブログから撤退してしまい、
( ゚Д゚)ポカーン
それなら別にこっちを消す必要ないんじゃないかと…

そんな経緯でこっちを存続させる方向に切り替えました。
どうぞよろしくお願いします。




犬神さんのワンマンを見てきました。
さいならツアーということで、(しかし別に解散するわけではない)
過去の公演の再演をやってくれるという嬉しいワンマンでした。
仙台は「スケ番ロックパーティー」。
懐かしいですね!!!
最近の曲も交えつつスケ番ロックの前後の曲が多くて、
リアルタイムでスケ番ロックツアーで聴いた感想などを思い出しながらとても楽しめました。

「サーカスの人魚」はやはりファンが多いバラードなんでしょうか
凶子さんが曲目を言うと会場から歓声が。
これは生の声と演奏で聴くと本当に切なくなるいい曲です。

あと個人的に思い入れがあるのが「最新型アンドロイド」
トリもケモノも…の歌詞の曲です。
僕あれから同人誌まったく作ってないよ………
と胸に去来するものが多々!

「開かずの踏み切り」
スケ番ロックからインディー転向して「形而上のエロス」の後に出た
「夜行列車極楽行き」の情次兄さんのvoの曲!
アルバムの内容がひたすら重くて涙目になったんだけど、
ライブに行ったら犬神さんは面白かったのを再認識した!
という旨の記事をここに書いた覚えがあります。
懐かしいですね!!
重い内容の中で車窓から見える一条の光のような印象の曲で好きです。
ので、この曲のチョイスも嬉しかったです。

「この世の終わり」
これも大好きな曲だ!!
今日は凶子さんがサビの部分をギターで頑張ってましたwww

何か今日は陰陽座さんがNHKホールでやってたらしくて、
ライブの冒頭MCで「アンタたちNHKホールに陰陽座見に行かなくていいの!」と凶子さんがww

うちは母が陰陽座さんを目当てに見に行って、
対バンで出てた犬神さんに洗脳されて帰ってきて、
そのとき買ってきたCDが「暗黒残酷劇場」で、
その中でも「この世の終わり」が好きだったので嬉しくて笑いが止まりません!

久しぶりに一緒に来た母は「もうライブ見る体力無い」と申告していたので、
今回割合知ってる曲が多いワンマン公演を見られて、これが最後?で良かったです。
お疲れ様でした!

私も最近はあまり曲も覚えられなくて、
犬神サーカス団が終わりならライブ参戦もこれで終わりでいいかなぁ、などと思っていましたが、
解散するわけでもなくメンバーが変わるわけでもなくバンド名表記が変わるだけなので、
今後参戦を見送る理由がどこにもないわけですよね!
これからもまったり見に行きたいです
犬神さんの活躍をこれからも期待しております

あとチェキの公式ファイルが地味に嬉しいです
今までのチェキを入れて一挙に見られるのが嬉しい!ニマニマ!!
今日の引き分は明兄さん2枚にジソ兄1枚でした
今回の明兄さんのメイクと角がかっこいいので嬉しい!
ジソ兄さんは定期的に当っているのでファイルに入れると変遷がよく分かっていいな!





昨日ツイッター経由で知ったCRUSH!-90’s V-Rock best hit cover songsの第三弾参加の報…!
…ラスティーネイルだ…と………!?
カーチャンがバンド最盛期の頃にコピーしてた曲で…!
なんというか奇縁を感じるというか楽しみなので早く聴きたいな!

でも曲知ってるけど演奏バンドさんほとんど知らなくて若干不安とかゴニョニョ グジュ

以上です!

公約どおり買いましたよ!

ヘビーメタルサンダー
クチコミを見る


何年前の公約かと!


とりあえずウィキペディアのサントラの項目から拾ってきたゲームの曲目

HEAVY METAL THUNDER - SEX MACHINEGUNS feat. Michael Schenker
ロボットのバラード - GARLIC BOYS
The Beauty Power - ROLLY & Komikurimo Pichnskey (森公美子)
流離い裏街道 - 時任三郎 with MARCY & SHARA from EARTHSHAKER
We are... - Delta Throb
出前道一直線 - SEX MACHINEGUNS
狂気 - 大谷幸 & 重住ひろこ from smooth ace
LOVE TERRORIST - 相川七瀬 with Marty Friedman
Mask of Glory〜栄光のマスク〜 - 難波弘之 & Michael Schenker
イルカに乗って - SEX MACHINEGUNS

この辺を見ても心のツボを付かれまくりの人選で、
さらに声優も物凄いゴージャスでスゴ素晴らしいのに、


バトルシステムがムシキング


という物凄くスゴ素晴らしい作品であります。
その辺の事情をネットで知ってしまったために今まで買えなかったのです。
でもこの間、家に帰ったらコレが置いてあって。
電器屋で中古500円になってたのを家族が買ってきてくれてたんですよ(笑)。
わーい嬉しい〜。

そういう事でプレイしてみた感想などを。


音楽はこういうの好きな人なら間違いなくエキサイト出来ます。
テーマソングの「ヘビーメタルサンダー」もとても燃える使い方で素敵。
むしろ音楽をちゃんと聴きたいのにバトルがあると集中できない位だ(笑)。
サントラに収録されていない、劇中の親友・四谷ラモンのバンド、
「ラモーンズ」の曲が秀逸なのに勿体無いです。
野良バトルの曲「チャンスの神様」とか軽快ですごく良いのにな〜。

バトルも私のようなトロいゲーマーには親切な設計です。
要するにじゃんけん方式なのだけど、相手がどの手を出すか事前に分かるんです。
が、一回技を繰り出すごとに体内に熱が溜まっていって、
熱ゲージが溜まりきってしまうと行動不能(相手の技を食らいます)。
相手によってはその一撃が猛烈に痛かったりして、
何だかんだで結構バランスは取れていました。

相手の技をガードで防いで熱を逃がしたり、
あえて相手と同じ技をぶつけてみたり、
(この場合レベルの高い方が優先?熱は溜まりません)
防御プロテクターの硬い相手は必殺技(ビート技)で装甲を削ったり、
最後の方になるとボスがやたらと連打が早くビートが決まらなくなるので、
必殺技を諦めて通常技オンリーで戦ったり。
(大変ショッパイ試合になります)
コツさえ覚えれば相手との駆け引き戦っぽくて、
音楽も相まってなんとなく熱い気分になれます。

放熱性能や装甲の硬さ、攻撃力もロボのパーツカスタムで選べます。
ランキングとか、この辺なんとなくアーマード・コアっぽいですが、
高いパーツを使えばそれなりに高性能になるので、
あまり深刻に選ばなくていいのもサクッと遊べるポイントです。

メインストーリーは最低10戦で終わってしまうので、
(パーツを買うお金のための野良試合は別)
豪華な歌手陣の曲が試合中に使われてても、
アッサリ勝つと曲を聴く機会が減ってしまって何か勿体無い…
で、でも、もう一度同じ試合のために長いストーリーのムービーを見るのもなぁ〜
…メインストーリーは「週刊ストーリーランド」とか楽しめる方なら、
きっと好きだと思います(笑)。

そんな感じで現在ランキングモードをちょっとやってます。
こっちは純粋にバトルを楽しめる感じ。
買えるパーツも本筋より多いみたいです。
選んだキャラは本編で好きだったローラで(笑)。
ローラもドールもカールも可愛いよ〜(笑)!


そういう訳で、上記のような項目に心当たりのある方は、
中古屋で投売りされてたら即買いですよ!
今ではサントラの方が高い不思議価格!
シンプル2000でも出せそうなゲームシステムにこれだけお金をかけた、
スクウェアさんのメタル魂がスゴ素晴らしいです(笑)。


取説の「鉱物チャンネル」がこっそり気になる…。

金曜日の夜が犬神さんの仙台ライブでした。
今年仙台3回目です。幸せだ。

今回は新ミニアルバム「夜行列車極楽行」のツアーなので、
当然それに合わせたセットリストでのライブなんですが、
実は今までになく内心ビクビクしておりました。
メジャーでうたばんとか出た後の人の多いライブでもこんなに緊張しなかった。

だ、だって、
ものすごくアルバムの内容が重くて暗かったんですもの…

バスの中とかで予習すべく聴く時も、周囲に音漏れがないよう必要以上に気を使い、
一通り聴くとドーンとココロが重くなる(笑)。
こんなにグルグルと光明の見えぬ中をのたうっているのに、
また生まれ変わって同じような苦痛と悩みに満ちた生を送らねばならないのか?
嗚呼、人生って何だろう。
嗚呼…
嗚呼…

…これは何かの修行か!?

と、アルバムの内容がある意味非常にクリーンヒットする内容であったが故、
正視したくない部分までクリーンヒットしてしまい、
場外満塁ホームランでワーなアレだったですよ。
あまり説明する気のない文でゴメン。
とにかく、予習の段階でもう気が重かったんだ。

…そういう風に前置きしておいて、
ライブの感想を「楽しかった!」と言うのは皆ズッコケるだろうか。

楽しかったのです。

今作のコンセプトと、今までの曲もすごくマッチしていて、
統一感もありつつ定番も新作も共棲しているいいライブだったです。
例によってノーマークの曲が生で聴くととても良かったり。
「殺戮峠」「念仏谷」とか犬神さんの中でも無闇に血生臭くて、
ひぇ〜!と思っていたんですが、アッサリ覆されました。
これはこのアルバムには必要な曲だ。
犬神さんにしかできない曲だ。

列車をテーマにした犬神さんアレンジのメドレー曲(「津軽海峡冬景色」とか)あり、
最後はひたすら凶子さんを「かーわーいい!」と賛辞する「かわいい音頭」あり、
ワンマンだからできるパフォーマンスをこれでもか!と、
余すところなく味わえた至福の時間でありました。

なんだろうな〜。
あれだけ自殺を肯定した曲とか血みどろな鬱々とした曲ばっかりで、
これだけ元気になるのは何か変じゃないか(笑)。
明兄さんの罠か?悪いのは明か?

予約して送られてきたチケットと一緒に入ってたチラシに、
情次2号が「沢山ストレスを溜めて来てください」的なことを書いてたけど、
いやあ、溜めておいて良かったです。
また次のライブためにストレスを溜めておこう!
次のライブまでそうそう死ねないぜ!

あっ、これも明兄さんの罠?続きを読む

ライブに備えて、犬神さんの新作ミニアルバムをゲットしたですよ。

夜行列車極楽行
夜行列車極楽行


夜行列車極楽行。
コンセプトアルバムとしては「神の犬」以来?
しかしながら、「神の犬」がメジャーに上りかけていた時期の、
割と面白路線の入った一枚だったわけですが…

こいつはのっけから暗いぜ!!

最初から最後まで暗いし救いがない。
終わりまで聞き終えて残る絶望感は、犬神の作品中でも屈指の部類だと思う。
グロ的な部分もあるけれど、もっと…精神的なやりきれなさ…
生まれてきた業さえ考えさせられるような重いミニアルバムですよ。
悪趣味を突き抜けた、犬神さん流の哲学がミッチリ詰まっております。
うう、重い。泣きそう。
決して一般受けはしないけど、犬神さんファンには大変深い一枚。

前回のライブで聴いたジョニちゃんの「開かずの踏切」は、
このアルバムでは唯一少しでも希望的なニオイのする曲でした。
だけど詩が何だか最近の明兄さんの日記に付いてる詩みたいだな(笑)。


「虚言村」あたりまで聴いてふと思い出したですが、

The Elder Scrolls IV: シヴァリング・アイルズ(拡張Disk)(発売日未定)
The Elder Scrolls IV: シヴァリング・アイルズ(拡張Disk)(発売日未定)


シヴァリング・アイルズ、いつ発売になるんだろう。
悪いお兄さん、頑張ってスタンバイしてるんだけどなぁ。

ところで年末に狙ってるソフトがことごとくCERO審査Zのツワモノ揃いで…
Zっていうとグランドセフトオートとかデッドライジングのイメージが強いので、
私はすごくこわい。
散々上記のようなものをプッシュしておきながらすごくこわいのだ。
ガクブル。
チキンですもの。

前々から楽しみだった犬神さんのライブに行ってきました。
今回は対バンさんが、ずっと気になっていたGargoyleさんだったので、
待ち通しさ倍増だったんですが、その価値は十二分だったと言える、
とても楽しいライブだったですよ〜

犬神さん、機材車の窓に穴が開いたそうです。
ジソ兄、寄付金ケチってスミマセンデシタ
今更、大変後悔しています。orz
またの来仙、楽しみにしてますから(泣)!

不確かなセットリストも書いておきます。

祝祭の行進
スケ番ロック
花嫁
夜が終わっちまう前に…
黒髪
屈辱の悲哀歌
開かずの踏切
自殺の唄
犬神天国〜ロックンロールファイヤー
白痴

順番的には合ってると思うんだけど抜けている曲があるかも知れない。
正確な情報は他の場所で探して下さい(苦笑)。

屈辱の悲哀歌とか最近はレア曲?
開かずの踏切はジョニちゃんのvoの曲。
明兄さんとかジソ兄の独立voの曲は今まで何曲かあったけど、
ジョニちゃんは「決死隊 其の壱」「三つの扉」以来?
今度のアルバムが楽しみです。


と、この辺まで書いて寝ます。
スイマセン。
ガーゴさんもカッコヨカタヨ、と今度追記するですよ。

一月ほど前に本と本を交換して頂く機会があったんですが、
私の持って行った夢枕獏さんの「黒塚」が非常に浮いてたので、
チクショウ土屋賢二さんの方を持ってくれば良かったか!

と思ったんですがツチヤ先生の方でも確実に浮いてたと思われますので、
私はこういう趣味なので仕方ないと後悔しないことにします。
と、自分に言い聞かせる。

「黒塚」、面白いんだけどな。
時と場所を選ぶな。うん。
あの場違いさはレジェンドだな。うん。
(やっぱり後悔している)


と、そのときに交換してもらった本なんですが。

からだは星からできている


光沢のある黒地にメタリックな青で楽譜の描かれた、
とても美しい装丁の本です。
内容もとても美しい本でした。

天文学の先生が書かれた本で、内容もやっぱり宇宙のことなんですが、
詩情があるというか、理数系なのにロマンティックで哲学的、というか。

何か、宇宙のことを考えると規模が大きすぎてモヤモヤっとすることありませんか。
逆に分子とか原子とか電子とかのことを考えると、
物質の最小の規模であるはずなのに何故か天体のようだなぁと思ったり。
宇宙って誰かの頭の中なんじゃないかと思ったり。
思いませんか?
思わなかったらスルーで。

最終的には文学も、理学も、数学も、芸術も、
何かひとつのところに収束するんじゃないかと思うんですよね。
我々を形作る分子をひとつ取ってしても、それは理科の分野でもあり、
ある部分は数学の分野であり、構造はデザインですよね。
そして最終的に到達するのが哲学なのかなぁ。
何故、自分は自分であるのか的な。
その中に宗教観なんかも含まれますよね。

と、いうモヤモヤした部分を天文学の先生の立場から見た視点で、
美しい詩などを引用しつつ解説してくれるので、
(でもやっぱり数学の部分なんかはヨクワカラナカッタ)
長年私が考えていたことを専門の先生も考えているのかな、と、
なかなか興味深く読ませて頂いた一冊でした。


この本に音楽で合わせるならこれだな!

宙の淵


fra-foaも宇宙的な世界観と哲学性のあるバンドで、
一枚目のアルバムのこれなんかはこの本と相性がピッタリだと思いますよ。
特に最後の「宙の淵」はイイカモ。
繊細でセンチメンタルな秋の夜長にどうぞ。



あ、陰陽座の魑魅魍魎、無事ゲットできました。
ジャケットの黒猫さんが何故蛇女なのか(ナーガ?ラミア?)と思いつつ聴いてみて、
「道成寺蛇ノ獄」で気付いたんですが、これは清姫なんですね。
そう思った途端に少し無気味なジャケットが壮絶な美しさを帯びました。

清姫なんてペルソナやってなかったらワカランかった。
ゲームで得た変な知識も案外いろんなところで役に立つもんです。

やっぱりアルバムの中では「道成寺蛇ノ獄」、長いけど狂おしくてステキ。
と、また心中モノの曲がお気に入りに入ってしまったと気付きました。

私はこういう趣味なので仕方ないということにします。
人前に持って行くのでなければ後悔はしません。

犬神さんのライブのチケットきたよ〜
わ〜い

今回はガーゴイルさんのところの主催のためか、
チケットが写真入りでカラー刷りで豪華です。
なんとなくうれしい。

そういや少し前にカラオケに行って、
ハイパージョイに犬神さんの曲が追加されてたのを書こうと思って、
そっくりそのまま忘れてたのですが。
選曲が微妙といえば微妙なんですよね。
「最新型アンドロイド」とか。

(この曲の歌詞からイヌトリ同人誌のタイトルをパクり…え、ええっと、
しゃ、借用させて頂いたんですが…汗
この後に続く歌詞がとてもペット本に使うのは不吉な雰囲気なのはhimitu
気になる方はカラオケで入れてみよう!)

ジョイの方が曲層は厚いですが、
DAMだと確か「花嫁」が入ってるのですよね〜。
「花嫁」は語りもスキ。
犬の人たちの良曲はことごとく人前で歌えない聞かせられない曲で勿体無い気持ち。
その中でよく「地獄の子守唄」はカラオケに入ったなぁ、と思います。


今さっきまで陰陽座のPVの放送を見ておったんですよ。
新曲でも兄者がカッコイイゼ!

魑魅魍魎


まだ入手してないけど陰陽座くらいならフツーにCDショップに入荷してるだろう。
という過信。


ところで、笑っていいともで
「デトロイト・メタル・ゲスト」と称して、
クラウザーさんの扮装をしたゲストを当てるのはアリなんだろうか。
ますますデスメタルの間違ったイメージが定着しそうなんだけどなぁ。
その間違ったイメージのままだと犬神さんもデスメタルに入れられそうだけど。

違うよなぁ?

ち、違うよね?

9/10に陰陽座のニューアルバム

10/30にシヴァリング・アイルズ

11/5に犬神さんのニューアルバム


と、来てお財布の中身に気を使う今日この頃ですが、
はたしてコレは買いなんだろうか。


魔界遊戯~for the movie~(初回限定盤)(DVD付)


教えてクラウザーさん!

コミックはとりあえず全巻持ってるライトDMC信者なんですが、
ファッキンガム宮殿とか入っているのが気に入らない。
シングルもカップリングに根岸くんの曲が入ってたりするのが許せない。
何故デスレコーズから根岸やテトラポットメロンティーの曲が出るのか。
社長は、いったいどうしちゃったんだろうか。
トリップ中?

そして、HMVの店頭に置いてあった300円のガシャポンを買うかどうかも迷う。
根岸とか当たったらヘコむもんな。
やっぱりクラウザーさん欲しいよなぁ。

どこか店で試聴できないだろうか。
というか映画も行くべきなんだろうか。

ゴートゥーDMC!
ゴートゥーDMC!


先日、うちの鸚哥がガッツキ肥溜さんをしててでビビった。
デズム信者だ…デズム鸚哥だ。

こんばんは。
好きなバンドでも仙台に来ないと見に行かない軟弱ファンです。

今年は3月・4月(ライブ&インストアライブ)と仙台で、
犬神サーカス団さんが3度も見られて「嗚呼、犬神ファン続けててヨカッタ」と、
大変幸せに浸っておりましたら、9月にも来仙ライブとのこと!
(しかも対バンさんが気になっていたバンドさんなので尚嬉しい)

とウハウハしておりましたら。


11月にニューアルバム発売。

11月にワンマンライブツアー。


1年で4回目!?
インストアも含めると5回目!?


わたくし、あまりに嬉しいと「本当なのか」と懐疑的になる根性の歪んだ人間ですが。
ちゃんと公式ページに書いてあったので本当のようです。

夢オチでないことを祈ります。←(どこまで懐疑的か!)

犬の病院と、犬神のインストアと、行って来ました。

まず、犬の容態なんですが…
先生の診察では、「てんかん」だそうです。

血液検査してもらいましたが、異常は無いそうです。
そうなると脳の何かとかの可能性はあるけど、
調べるにはこの病院には検査の機械がないし、
とりあえず経過観察、ということになりました。
頻度が高いようなら、投薬で症状をおさえることはできるそうです。

またひとつビビに持病が増えたか…とガッカリですが(苦笑)。

昨日の夜は、短い時間ですが足腰も立たなくて皆で非常に動揺しましたので。
病名とそのクスリがあると分かっただけでも安心です。
今日は異常なく雨の中散歩に行ったり、
ご飯もちゃんと食べて異常なし、ということでした。
普通の日常で何より。


で、病院から帰って急いで食パン食ってインストアライブの方に行きました。

スーパーレコードはいろは横丁にあるお店です。
決して広くはないお店ですが、品揃えは濃ゆいです(笑)。

犬神さんはライブもそんなに混み混みではないので、
インストアとなると(定員は満杯くらいでしたが)何だかアットホームで、
トークをはさみつつ演奏するのでとても和やかです。
いや…
曲の内容はアレなんですけども(笑)。

4曲ほどの演奏でも、アコースティックのアレンジで、
聞きなれた曲も新鮮で格好良かったです。
「赤猫」は好きな曲だけあって嬉しく。
「欲望」は今日もライブバージョンで(笑)。
「光と影のトッカータ」がちょっとフラメンコっぽくて、
あーそうかーそれで去年の凶子さんの衣装がそれっぽかったんだな〜と、
今更気付く私でした。(ダメファン!)
ラストが振り付けの苦手な「たからもの」でしたが、
ライブの時よりウヤムヤにやれたので楽しかったですよ〜。

握手をしてイベントは終わりました。
いつも通り頭に血が上って、
「ガンバッテクダサイ」と生後半年のインコのように犬神さんに告げ、
私は会場を後にしました。

…今度インストアがあるときは何か手土産を持って行こう。
…芯タンは買えなくても!

そういうことで。
ツアーガンバッテクダサイ、イヌガミサン。

↑このページのトップヘ