韓国の大統領が決まり、日本政府は日韓合意の着実な履行を求めたと言う。この報道を聞いても、「日本政府何をしているんだ」と怒る人がほとんどいないのが不思議で仕方ない。日本のマスコミも日韓合意の履行を求めるのが正しい事のような報じ方をしているが、そもそも日韓合意の履行ってなんだ?韓国は何をしてくれるんだ?私にはそれがよくわからない。

慰安婦問題を蒸し返さない。そして慰安婦像を動かすよう努力する。たぶん、そのぐらいだったのではないか。韓国が頑に拒否しているからすごいことのように思ってしまうが、たったそれだけなのだ。

その代償として日本は何を約束させられたか?やってもいないことで謝罪させられた。具体的には国の関与を認め10億円も払わされたのだ。しかも、日韓合意の報道を見て、世界の国々は「日本がやっと軍の関与を認めて謝罪し賠償金として10億円を払ったのか。やっぱり日本が悪かったんだ」と誤解してしまった。

そりゃ、あんな謝り方をしたんだ。誤解もするだろ。普通に考えれば、売春婦などに謝る馬鹿はいないし、ましてや売春婦に10億円も払う馬鹿もいない。それを日本は、軍の関与があったと認めて謝罪し10億円も払ったんだから、日本が悪い事をしたから謝罪し賠償したんだと考えるのが普通だろ。やっぱり日本軍が女性達を強制的に売春婦にしていたのかと考えるに決まっている。ようするに日韓合意とは、韓国側は慰安婦像をちょっと動かすだけ。日本側はとんでもない汚名を着せられて謝罪させられ10億円まで踏んだくられたというものなのだ。

日韓合意で最終的不可逆的を認めさせたのが凄いことなんだと言う人もいるかもしれない。この合意で韓国はゴールポストを動かせなくなった。韓国は慰安婦問題で日本に文句を言えなくなったんだ。と、日韓合意を高く評価するかもしれない。ただ、韓国にとっては、慰安婦問題で日本を糾弾できなくなっても言いがかりなど無限に作り出せるのだから痛くも痒くもない。実際、徴用工など他のネタも用意していたわけだし。

つまり日韓合意で韓国は失う物などなにもなかったのだ。日本が馬鹿を見ただけなのだ。それなのに、韓国が日韓合意で駄々とこねているのを見て、まるで日本が勝ったような錯覚に陥っている人がいるのが不思議だ。しかも、ネット上では、安倍総理は最初から韓国が日韓合意を破棄するのが分かっていて罠にかけたんだというようなトンデモ話がまことしやかに語られている。もちろん韓国が合意を破棄する可能性は極めて高かったのは事実だ。韓国を少しでも知っている人たちは誰でも予想していただろう。しかしそんな不確かな希望的観測だけで日本政府が外交していたとしたらそれこそ問題だろ。

もし韓国がここまでアホではなくて日韓合意をきちんと守っていたらどうしたのか?慰安婦像をちょっと動かして慰安婦問題を口にしなくなっていたらどうしたのか?日本は慰安婦問題での反論を封じられ未来永劫日本人が鬼畜民族だったという汚名を着せられて生きて行かないといけなくなっていた。しかも、何度もいうようだが日韓合意で韓国の言いがかりが終わるわけではなかったのだ。韓国は日本に対する言いがかりを無限に作り出せる。慰安婦問題を口にしなくなっても他のネタで難癖つけては金をたかってきていたはずだ。慰安婦像だって大使館前から動かすだけで、大使館前でない所には世界中至る所に設置されていた可能性が高い。そうなっても日本は文句が言えなかったのだ。それのどこが日本の勝利なのか?で、今回もまた安倍総理をはじめとして日本政府は日韓合意の履行を求めている。一体何がしたいのか?まったくわからない。日本政府は日韓合意の着実な履行などと言ってないで、いい加減日韓合意を結んだ事自体が大きな間違いだったと認めろよと言いたくなる。

最後にちょっとだけ付け加えておくと私は安倍総理を叩きたいわけではない。日韓合意を結んだ安倍総理だけを非難するのは間違っている。今年の正論3月号によると、安倍総理は「さすがの米国も、日本に(韓国側に譲歩しろなどと)がんがん言わなくなった」と言っていたようだ。つまり日韓関係をなんとかしろとアメリカから相当なプレッシャーがかかっていたようなのだ。ということは日韓合意を結ばざるを得なかった原因はオバマでありアメリカと言える。

では日韓合意に関して安倍総理は何をしたらいいのか?日韓合意を結ばれたときからの私の主張は日本と同様に他の国の軍隊にも謝罪させていくべきだというものである。昔このブログで書いた文章をコピペしておくと次のような感じだ。

ここ数日、このブログで繰り返し言っているように、今回の合意を逆手にとって、日本が世界で初めて女性の名誉と尊厳を尊重した国であることをアピールする。女性の名誉と尊厳を尊重したがゆえに、国家のトップが売春婦にまで頭を下げたということをアピールする。その上で、世界のすべての国の慰安婦の名誉と尊厳を回復するという大義名分のもと、世界の女性達にかわって、日本が世界中の軍隊に反省と謝罪を求めていく。安倍総理には「2016年は世界の女性の名誉と尊厳を取り戻す年にする」と高らかに謳い揚げて、すべての国に謝罪と賠償を求めていく年にしてほしい。

米軍や韓国軍が一体何をしたのか?慰安所だけでは飽きたらず無抵抗な女性達を強姦しまくったのではないか?そのような人道に対する許されざる罪を次々と告発し断罪する年にしていってほしい。女性の名誉と尊厳を取り戻すために日本軍を断罪してきた左派系知識人・言論人たちは、ことあるごとに「他の国がやっているから日本も許されると考えるのはおかしい」とか「他の国のことはいいから、日本はまず日本がしたことを謝罪しろ」とか言っていたわけだが、日本が謝罪した今、今度は韓国を含む世界中の軍隊の負の歴史を告発したとしても、反対するはずもないし、したくてもできるはずがない。というよりも、左派系知識人・言論人がもし本当に女性の名誉と尊厳を取り戻すためにがんばってきたと言うのであれば、日本が謝罪したいま、彼らこそ世界の軍隊を断罪していく先兵になるべきなのだ。

そして、他のすべての国を謝罪に追い込んで、日本だけが特別ではなかったと認めさせた上で、日本は強制連行などしていないし、性奴隷など認めていないと表明すればいい。その状況になってもなお自分のことを棚にあげて日本を非難できる恥知らずなど、あの国以外にはないはずだからだ。


応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング