日々、ゴルガリ

Magic the Gathering素人による、Magicな日々を綴るブログ。

盾魔道士 VS 一騎打ち

久しぶりに記事を書きます。
実は昨日、数年ぶりにマジックをやったのです!

新しい職場に、マジック仲間を発見して実現したわけですが、みんなブランクがありすぎて、リハビリ的にルールを確認しながらのプレイ。楽しかったー。
で、その中での出来事。
我々的には難しかったので、どなたかわかる方、教えてください。

状況:私は「盾魔道士、テヨ」を召喚しており、「呪禁」を持っています。
終盤、盤面には大量のクリーチャーが展開している状況で、対戦相手が、
ソーサリー「一騎打ち」をとなえる。

cardimage-1cardimage





















一騎打ち

各プレイヤーは、自分がコントロールしているクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を選び、その後残りを生け贄に捧げる。次のあなたのターンの終了時まで、プレイヤーはクリーチャーやプレインズウォーカーである呪文を唱えられない。

えー、
①呪禁を持っているのは「僕」であって、「僕のクリーチャー」ではないので、生け贄に捧げなくてはならない
のか
②「各プレイヤー」対象の呪文であるから、呪禁を持っている「僕」にはこのソーサリーは無効であり、僕は僕のクリーチャーを生け贄に捧げる必要はない
のか
どちらが正しい?

まもなく「タルキール覇王譚」開幕。

まもなく、「タルキール覇王譚」はじまりますね。
マジックからすこし離れてしまって久しいですが、
この「タルキール」「覇王」「譚」ということばは、もう直球ですね。わくわくします。
うーん、心動くなあ・・・

jpeg


(なんかとりあえず公式ハンドブックを買ってしまいそう・・・)

ktk-early-bird-jp


土地カードおおお

久しぶりの更新がこんなので申し訳ないですが、
しばらく諸事情でマジックを離れていました(まだしばらくその状況は続くのですが)
でも、ネットで「タルキールなんたら」の情報をちらりとみたので、またとりあえず耳はひらいて、おいかけはしておきたいと思ってます。
ときどき更新しますので、よろしくお願いします。
またマジックな日々が戻ってきますように。

tomoe_mami_plains_by_shivan_dragon-d7islxb
mtg_island_idolmaster_by_shivan_dragon-d5ardj9

mtg_islands_2_by_shivan_dragon-d5ala4i
mtg_islands_by_shivan_dragon-d5agw2h
 
idolmaster_mountain_by_shivan_dragon-d7nbjs7

http://asliceofunagi.deviantart.com/より

ktk-early-bird-jp
 

「アクト・オブ・キリング」観ました。

「アクト・オブ・キリング」全長版166分を渋谷シアター・イメージ・フォーラムで観て帰宅すると24:00まわってる。さすがにハードである。通常劇場公開版を一度観て、どうしてももう一度観たいと思っていた映画・なんとか再び映画館で見れて嬉しいです。
「アクト・オブ・キリング」は、60年代におきたインドネシアの大虐殺・・その実行者たちに、当時の虐殺行為の演じてもらう、という衝撃的なドキュメンタリーです。
この映画の恐ろしさは、たんにインドネシアで起きた虐殺の告発・・であるだけではなくて、スクリーンに映し出される腐敗した国家と、殺人者たちの姿が、まったく他人事、他国の話ではなくて、それはグロテスクな自分自身、自分達自身の映し鏡であることにいつのまにか気がつかされてしまうことです。
幸いにして、今のところ僕は人を殺したこともないし、殺されたこともありません。でもある意味ではそれは僕自身の手柄ではなくて、時と場所が違えば、簡単に自分自身が迫害者/殺人者として虐殺を行ったり、それに協力しているかもしれないし、あるいは逆に、被害者として虐殺され迫害されているかもしれない。
幸いにして今僕が住んでいる日本は、今は戦争をしていないし内乱状態にもないし民主国家で先進国で文化的に豊かであると思っている。でも現実には現政権は憲法を無視し、秘密保護法は成立し、福島原発事故がまったく解決のめどすらたたないのに原発再開を急いでいる・・そんな国になっていることを皆知りつつも平気な顔をして生活をしている。
人間であるということはどういうことなのか、人間の悪とか業とはどういうことなのか、を、この映画はとても深いところから問いかけて来て、深い深い根底から自分の存在をゆりうごかされる気がする。
恐ろしい映画だと思います。
坂本龍一さんの言葉を借りるなら「マスト・シー」の映画です。観るべき映画です。http://www.aok-movie.com/

各色スリヴァーたち登場。

さて、5色5マナの「巣主スリヴァー」で個人的に非常にもりあがり、もちろんM15にはスリヴァーが他にも当然!収録されるだろうと待っていましたが、各色出ました。はい、いろんなスリヴァー。

JP_ezogrk0bypJP_yzkfbsc92q
JP_y4759599px
JP_fa11vpg6dfJP_5g7w2quw19


とりあうず5色でそろったわけですが・・

緑が「毒牙スリヴァー」2マナ1/1の接死。
赤が「好戦スリヴァー」3マナ2/2の「2体以上でのブロック」
黒が「血吸いスリヴァー」2マナ1/1、攻撃するたびライフを奪う。
白が「束縛スリヴァー」6マナ3/3、「戦場に出るたび、追放」!
青が「拡散スリヴァー」2マナ1/1、2を支払わないかぎり打ち消す。

と、面白いですね。白の「束縛」、重いだけあって、出たらやっかい。
まあ緑と黒のあたりが一番コスト的にも能力的にも実用度が高いのだろうか?先発しやすいし。
でも、M14のスリヴァーたちにくらべると一癖二癖ありすぎてこの5体だけだと使いにくい感じもします。スリヴァーに特化したデッキをつくって、「巣主」を採用するにはもう少しなにか欲しい・・・と僕なんか素人考えに思ってしまいます。もう何体が出るといいな、汎用性の高そうな能力のが。
単にM14のときにつくったスリヴァーデッキにこれらを混ぜるのなら、それはそれで普通に楽しむけど。



m15-singles-preorder


 
プロフィール

kemonoda

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
コメントいただきました
メッセージ
QRコード
QRコード
Twitter
  • ライブドアブログ