2006年11月

2006年11月30日

あたふたする

記者会見というものを
生まれて初めて体験した。

NHK札幌局制作の
ドラマの脚本を書いたのだ。
北海道から全国へということで
ドラマなんか一度も書いたことがない僕に
大きな挑戦の場を与えてもらったのだ。
脚本はすでに完成していて
来年2月にクランクインの予定。

会場の下見をすると
「雪あかりの街」制作発表会見と
書いた大きな看板が。
テレビでよくみるあれだ。

本当に人前が苦手なのだ。
何をしゃべったのか覚えていない。

隣りにいたヒロイン役の
高校2年生の女の子の
なんと堂々としたことか!

一難去って
夕方のほくほくテレビに出演。
本当に人前が苦手なのだ。
レポーターで出演の岩尾に
「相変わらずだね・・・」
と言われた。

隣りにいたヒロイン役の
高校2年生の女の子の
なんと堂々としたことか!!

どんな作品になっていくのか。
とても楽しみである。

kemumaki020415 at 09:36|PermalinkComments(3)

2006年11月27日

やるせない

またブログが
休みがちだが
今は
1月の恵庭のイベントの
台本の書き直しをしていて
昨日が僕の目標だったのだが
一幕分しかできあがらず
やるせない気持ちで
いつもの恵庭路を
影千代でドライブ。

前にも書いたが
小学生から高校生までいる
恵庭のスタジオで
来年の1月7日に
「5th Forest」
というイベントがあるのだ。
ドラッグやエイズや自殺について
考えようというテーマのもと
二年前くらいから
作品をつくりつづけているのだ。
次回作はその5回目。

僕は脚本と演出をやっているのだが
子どもたちとの作品づくりは刺激的で
ああ
本当に彼らは
学校という社会の中で
一生懸命戦っているのだなあと
実感する。

WATER33-39では信じられないが
歌ったり踊ったりする作品です。
大人と子どもと一緒に見て欲しい作品です。

そういえば
今日なのだが
5時頃NHKのほくほくテレビに出演します。
これも前にここに書いたが
ドラマの脚本を書いたのだが
それに関してちょっと出演します。
恥ずかしいけど。


kemumaki020415 at 09:18|PermalinkComments(3)

2006年11月19日

だれかをおもうこと

深川に行ってきた。

昨年ワークショップで
一緒に作品をつくったメンバーと
一年ぶりに会ってきた。

相変わらず
子どもたちは
元気のかたまりで

お母さんたちも
愛のかたまりで

ああ
幸せだと思った。

僕が昨日みたのは
みんなのほんの一部分で
みんながみたのは
僕のほんの一部分なのだけれど
それでもいいと思う。

ふとしたときに
気になる人がいるということ。

この世から
自殺やいじめなんて
なくなってしまえばいいのに

帰りの車の中で
ずっと
そのことばかり考えた。

たくさんの
手紙と絵をもらった。
ほんのその瞬間は
きっと
僕のことを思い出してくれたのだ。

誰かを思って
作品をつくること。

忘れちゃいけない。

kemumaki020415 at 10:07|PermalinkComments(2)

2006年11月14日

ハードをとりかえたい

先日日曜日。
アリスのフライヤー用の
写真撮影。
てきぱきとした現場。
心地よいなあ。

あわせて
きたえーるに
チアリーディングフェスティバルを
みにいく。
生でみたのは
初めてで
なんだか
自分が応援されているみたいで
嬉しくなる。
どのチームも笑顔が素敵だったなあ。

明日からアリスの稽古。
今は
脚本の仕上げ作業。
明日が楽しみ。
頑張ろう。

せりふの時代から
小さな原稿の依頼が来る。
どうやら次の冬の号に載るらしい。
そいつも書かないと。

順番に順番に。


kemumaki020415 at 18:34|PermalinkComments(3)

2006年11月13日

もっともっと

fringeの荻野さんと橋口と
制作についてのトークセッション。
面白いお話しを聞かせてもらう。
なんというか
北海道は頑張れるなあという感想。
よい刺激になったなあ。

動かしていきたい。
もっともっと北海道を。

kemumaki020415 at 17:29|PermalinkComments(0)

2006年11月10日

はげまされる

音楽を聴いて
はげまされるということは
あまりないのだが
「ブルーハーツ」と
「札幌千歳間」には
なんどもはげまされているのだ。

前にも書いたが
ブルーハーツを車で聞いていて
涙が止まらなくなり
前が見えなくなって
それはそれで
困ったことなのだが
最近はもっぱら
札幌千歳間である。

「小っちゃくて、大っきいの。」で
音楽を担当してもらったのだが
とうとうCDを出したのだ。
おめでとうございます。

遊戯祭を見に来てくれて
その時CDを持ってきてくれたのだ。
感激。
彼らのホームページにも
是非遊びに行ってみてください。
彼らのやさしさに触れられる
ホームページです。

明日はラジオドラマしゃべってます。
北海道の放送ですが。
FMノースウェーブ
17時15分から
ドライビングシアターです。
今回は
歳相応の役です。
お時間あるかたはぜひ。




kemumaki020415 at 18:13|PermalinkComments(0)

2006年11月09日

あなにおちろ

そういえば
アリスはもうすでに動き出していて
遊戯祭のパンフレットにも
チラシが折り込まれていたので
どきりとしたのだが
いや
もちろんチラシの打ち合わせとか
キャスティングとか
色々と平行してやっていたのだが
ひとつひとつすっきりすると
次がしっかり見えてきて
さあ
頑張るぞという気持ちになっている。

もうすぐ台本もできあがるのだ
今年は結構書く機会をいただき
嬉しい限りなのだが
もう一本残っていて
そいつが書き終わると
お正月な雰囲気だ。

アリスのチラシを見て
あらためて
また
色々な人たちとの出会いがあるのだなと
わくわくするのだ。
来週から稽古はスタートするのだ。
スタッフも今回初顔合わせの方が
何名かいらっしゃるので
そちらもあわせて楽しみだ。

来年の三月の公演に向けて
今度はうさぎの穴に深く深くおちてやるのだ。


kemumaki020415 at 20:53|PermalinkComments(2)

2006年11月08日

小太郎くん

川を下ってきた。
鮭の産卵を見に
カヌーで川をくだるのだ。
相棒の小太郎くんと一緒に。

雨と風のせいで
見事に撮影は中止。
せっかく途中まで下ったのに
お蔵入りになってしまったのだが。

ここで問題は
撮影が中止になったことではなく
小太郎くんが犬だということだ。
ゴールデンレトリバーで
2歳のオスだ。
そして
何より重要なのが
僕は犬が苦手だということだ。

ケムマキ(うちのももんが)のおかげで
僕はかなり動物好きになったのだ。
近付くことも出来なかった犬にも
最近はなでなでできるようになっていた。
しかし
おそるおそるなでなでできたからといって
誰が一緒に川を下ろうと思うだろう。
なぜこの仕事をオッケーしたのか
よく分からないが
もの凄く忙しかった時期で
わけがわからなくなっていたのだと思う。

僕の友だちはよく知っていると思うが
本当に僕は犬が苦手で
狭いカヌーで一緒に川を下るなんて
どうにも考えられないことなのだ。

ロケの朝
現場に行き
小太郎と会う。
いきなり
トレーナーの方が
コマンド(指示)の仕方を教えてくれてる。
「撮影の間はあなたが飼い主です」
「えーと・・・」
「いつも通り、自分の犬のように」
「えーと・・・」
「じゃ、僕、見えないところ行きますから」
「・・・はい」
少なくともいつもは犬を飼っていないので
いつも通りすることは不可能である。
二人きりの小太郎と僕。
技術さんが準備しているときに
必死に仲良くなろうとする。
命がけ。
犬好きの人が見たら
なんて羨ましい現場だろうと思うだろう。
「犬と一緒にカヌーに乗り川くだり」

下ったね。
一緒に。
「シット」っていったら
座ったね、小太郎は。
「ダウン」っていったら
伏せたね、小太郎は。
なんて賢いんだ君は。

「小太郎!」
「わーん!(実際は吠えないようにしつけられている)」
確かに恋した。
同性だけど。

お蔵入りになったけど。
いい思い出になった秋の一日なのだ。

犬が飼いたい。

kemumaki020415 at 16:37|PermalinkComments(0)

2006年11月06日

つづいていく

近松殺札幌心中
全公演無事終了しました。
本当にありがとうございました。

自分の中では
手ごたえのある作品で
WATER33-39の1回目の公演としては
大成功で。

この作品は
かたちをかえて
つづいていくのだ。
また
上演しようと思う。
上演しないといけないと思う。

そのためには
課題が山積みで
しかし
「言葉」と「肉体」というものが
しっかりと見えてきて
そこを
もっともっと追求しなければ
ならないのだなあと思うのだ。

出演者のみなさま。
ありがとうございました。
怪我だらけでごめんなさい。
お互いもっともっと
磨きをかけて
また戦えたらと思います。
とまってはいけないのだと
思うのです。
また会いたいです。

今日から
道東に仕事で
なぜだか
川くだりをしてくるのだが
詳しいことは後ほど書くが
とにかく
水の流れにのりながら
色々と考えられる時間が
用意されているので
嬉しいな。

あと二ヶ月
油断すると
あっという間に終わりそうなので
色々と整理してみたいと思う。

やっと整理する時間がとれそうで
嬉しいな。

その前に
できることなら
温泉にいきたいなあ。

kemumaki020415 at 08:49|PermalinkComments(0)

2006年11月05日

あさの公演

昨日は11時の公演。
出演者も大変だが
お客さんも大変だなあ。
ありがとうございます。

初日、二日目
予想通りまったく違うものに仕上がり
それはこんかいの醍醐味でもあるのだが
今日は誰が勝つのか楽しみである。

それにしても。
みんな傷だらけで
流血した人とか
脱臼した人とか
膝をやっちゃった人とか。
あと一日。
壊れないで頑張って欲しい。

今日は15時半の公演。
遊戯祭06最後の公演である。
その後にはコンカリーニョで
後夜祭があります。
お酒のみながら
ああだこうだ話すようです。
時間のある方はぜひ。


kemumaki020415 at 09:08|PermalinkComments(2)