2007年11月

2007年11月30日

人を包み込む人

8931c3d1.jpg











前に一緒に働いていた
音楽家の寺西さんとご飯
寺西さんは同じ年の女性で
みんなからさっちんと呼ばれている
Latteというユニットで
ピアノとボーカルをやっている
ホームページはこちら

久しぶりにお話しでき
ジャンルは違うのだが
何だか考えはじめたことが似ていて
おお
同年代は似たようなことを考えるのだな
とにやりとしてみたり

事情が色々あって
何となく会えないような状況になってしまったので
昨日会えたことでとてもすっきりした
こういう小さなすっきりの後は
非常に幸せな気分になる

さっちんは本当に人を包み込む人で
僕は大好きなのだ
憧れるなあ
前にCDを買って聞いたのだが
Latteの音楽も聞く人を包み込む

お互い頑張りましょうと別れる
ちょっぴり雪が降っていてきれいだった



そういえば
前に書いたドラマが全国放送されるのだ
12月16日(日)16時半から
NHK総合テレビ「雪あかりの街」です
道外の皆様
是非ご覧下さい

今となっては実に恥ずかしいのですが
勢いで僕も少しだけ出演してます
勢いとは恐ろしいものですね

kemumaki020415 at 14:10|PermalinkComments(0)

2007年11月29日

こもりがちです

54137964.jpg











家にこもりがち
窓から見える雲を
たまにながめたり

クリスマスの台本も書き上げたし
前に書いたものを書き直したりした
溜まっていた仕事もなんとか追いついたぞ

今日から一週間かけて
リージョナルの初稿を手がけるぞ

決意表明

来週が締め切り
こもりがちな日々は続く


週末は遊戯祭か
これは全部観る予定

どれもこれも面白そう
皆様も週末はコンカリーニョへ
そして時間があれば
お休み処へ
1日4時から半日店長やってますよ



影千代は冬タイヤに履き替えた
でも
マフラーの調子が悪いし
バッテリーの調子も悪い
雪が積もる前に
なんとかしてあげなければなあ

kemumaki020415 at 11:08|PermalinkComments(0)

2007年11月25日

ガラガラと回すやつ

dd35e643.jpg











イレブン☆ナイン
「あっちこっち佐藤さん」
11月24日(土)14時から
サンピアザ劇場で見る

原作がレイ・クーニーの
「ラン・フォー・ユア・ワイフ」
かなり笑いまくる

イレブン☆ナインは
道内11箇所を
この芝居を持ってまわったそうで
その半分は無料の公演だそうで
ああ考えているんだなあと思い
僕らは僕らのやれることをやらなくちゃ
と思ったりした

いやいや
本当に面白かった
身近にこういう芝居をやる劇団があることは
なんとも刺激的だ



帰りに新札幌で買い物
年末なのだなあ
福引券をもらう
あのガラガラと回すやつだ
3回分の券をもらい
嫁がガラガラしに行った
まあ
どうせ何も当たらないだろうと
高をくくっていたら
はずれのティッシュひとつと
300円お買い物券を2枚持って戻ってきた

このあたりでしか使えない券なので
今日使ってしまおうということになったのだが
今しがた買い物は終わったところだし
何しろ手持ちは600円である

何を買うことが我々の得になるか
しばらく考える
何も買えなさそうで
何でも買えそうだぞ600円

結局近くに本屋さんをみつけ
「北海道の温泉」の本を買う

まあね
1300円したけれど

kemumaki020415 at 17:40|PermalinkComments(2)

2007年11月23日

半日店長やってます

965d5d41.jpg











もうすぐ遊戯祭がはじまる
11月29日〜12月2日まで
WATER33−39は参加しないのだが
おもしろそうなの目白押し
ぜひ琴似へ


僕はというと
遊戯祭お休み処で
半日店長やっているのだ

12月1日(土)16時〜19時半
コンカリーニョすぐ前レンガ館

何をやるかわからないけれど
とにかくこの時間はこの場所にいる
遊戯祭の合間など
ぜひ遊びに来てください

というか
みんなで集まっておしゃべりしましょう



昨日今日と
たまっていたしごとをこつこつと
なんとか目処がついた
ご迷惑おかけしたみなさますみません

なんだか
年末にかけてじわじわと
忙しくなってきた

できるかぎり
のんびりを心がけよう













kemumaki020415 at 18:37|PermalinkComments(0)

2007年11月22日

どういう顔をしていいかわからないあれこれ

2410210f.jpg











浦河の荻小劇場
本番前日リハーサルに行く

本当によくなっていて
最初に通してみせてもらったときに
ああ
これは明日うまく行くだろうなあ
と思う
途中からは
すっかりお客さんになってしまい
来てよかったなあと思う

休憩なしで
お昼までびっちり稽古したけれど
みんなの集中力は途切れることなく
本当にいとおしい

それでも
別れは来るもので
僕はこの別れが最近どうも苦手で
何と言ったらいいかわからないし
どんな顔をしたらいいかわからない

みんなが手をつないでつくってくれたアーチを
照れくさく歩いてさよならを言った

本番は大成功だったようで
札幌からほっとする

みなさんお疲れ様でした
またいつか会いたいですね
僕もその時までまだまだステップアップです



僕も若者なのだが
最近若者と飲むことが多く
若者は常に何かを悩んでいたりして
でも
僕は素敵なことを言ってあげられない
何と言ったらいいかわからないし
どんな顔をしたらいいかわからない
でも
聞くことはできるし
思いついたことを言うこともできる

青井さんが来札
すわで飲む

気が付けば
僕の悩み事を青井さんが
にこにこしながら聞いて下さっていて
ああ
こういうことなんだと思った

kemumaki020415 at 10:20|PermalinkComments(5)

2007年11月20日

さかなひろい

c5990688.jpg











嫁の実家へ
波は高いが釣り
打ち上げられたヌマガレイを拾う
持ち帰って刺身
波が高い
魚釣りというよりも
魚拾いだな

帰り道
もの凄い雪
遭難しそうになる
11月なのになあ
真冬はもうすぐそばにいる

WATER33−39ワークショップ
チェーホフを読む会
「かもめ」を読む
来週は「三人姉妹」
みんなで読むと楽しい
それにしても
チェーホフが面白い
でもやっぱり
名前がごっちゃになる

kemumaki020415 at 05:35|PermalinkComments(2)

2007年11月17日

写真はいつまで続くかわかりません

c4b5da5a.jpg











北海道はついに雪だ
今朝は大丈夫
よい天気
考え事をしながら眠ると
目が覚める
それを書き留める
リージョナルの本を
書き進めている

仕事と仕事の合間
中途半端に時間があいたので
仕事場の近くのたまゆらに行く
朝家を出るときに
準備万端
タオルも持参
寒い日は温泉に限る

お湯につかると
これもまた色々と考えることができ
あとは釣りだ
温泉あがりにマッサージチェアー
ちょっと高め
なかなかよい

駐車場に戻ると
携帯に着信あり
折り返し電話
暫くすると見慣れた車が
目の前を走り抜ける
すぐそばに駐車
怖そうな大人が降りて来る
たまゆらに入って行ったのは

イナダさんじゃん

恥ずかしくて声かけられず
いや
別に恥ずかしいことないのだけれど

油断しているときに
裸で出会わなくてよかった
逃げるように仕事場に戻った

kemumaki020415 at 06:25|PermalinkComments(0)

2007年11月13日

おかげでクリスマス気分

WATER33−39ワークショップ
チェーホフを読む会
「ワーニャおじさん」を読む

稽古場が一週間ごと
確実に寒くなっていく
もうすぐ冬が来るのだなあ

12月24日に
子どもたちのクリスマス会があり
その台本を書いている
おかげでクリスマス気分

そういえば
サンタクロースとか
久しぶりに言ったなあ

クリスマスソングを探したりしていて
思わず口ずさんでみたりすると
なんだかわくわくしたりして

そもそもクリスマスとは
とか
詳しいことはおいておいて
僕の中で
クリスマスはわくわくする日だった

わくわくさせたいなあ

kemumaki020415 at 09:44|PermalinkComments(2)

2007年11月12日

格段においしくなる

深津さんは大阪に戻られて
来月には初稿をあげるぞ

新作ということのだが
色々と書き物をする機会があって
でも
劇団にということになると
「隣りの王様」以来ということになるのだなあ

馴染みのメンバーの顔を
思い浮かべながら
イメージを膨らませていくぞ
詳細はまもなく発表します


そういえば
偶然雑誌で見て
最近コーヒーのいれかたを変えたのだが
もう
格段においしくなり
ああ
何にでもやりかたというものがあるよなと
妙に納得してみたり

格段においしくなったコーヒーを飲みながら
ブコウスキーを読んでいる




kemumaki020415 at 17:17|PermalinkComments(0)

2007年11月11日

アイスコーヒー

リージョナルシアターの打ち合わせのため
深津さんが来札

喫茶店に入り
アイスコーヒーを注文し
新作のプロットを見てもらう
深津さんは
煙草を吸いながら
40分くらい黙ったまま
僕の書いたプロットに目を通している

カノン、カノンのときに
僕はどうしても描いてみたい場所があって
そこをどうしても深津さんに見て欲しくて
お昼ご飯食べに行きましょうと誘い出し
オタモイの遊園地跡に行った

昭和のはじめ
そこには巨大な遊園地があり
断崖絶壁にそびえたつ建物は
龍宮城と呼ばれていた

何本目かの煙草に火をつけた深津さんは
やっと話し出す
アドバイスをもらい
すっと肩の荷がおり
考えることがもの凄く楽になる

時間をかけて
ものを考えることが出来るということ
なんて贅沢なのだろう

本当に思う

これからも宜しくお願いします

新しい冒険ははじまっているのだ

kemumaki020415 at 12:55|PermalinkComments(0)