古本屋巡り年表をつくっている

2010年12月17日

珍しく全員が揃う

本当に久しぶりに
WATER33-39の稽古に参加する



『じゃぱどら!!』
という
シアターZOOの新しい企画に参加するのだ

『じゃぱどら!!』

簡単に書けば
「日本の戯曲を上演し続ける企画」である

北海道の演劇事情を考えると
これは
札幌の演劇事情を考えると
の方が正しいかも知れないな

「日本の戯曲」を扱うことが多くなってきているし
おそらく来年度もその数は増えていくだろう

では
なぜ今
「日本の戯曲」を扱うことが多くなってきたのかといえば

なぜ今まで
「日本の戯曲」を扱うことがこんなにも少なかったのか


一つの答えだろう

別に
「日本の戯曲」をやったからって
えらいとか、すごいとか、文学的であるとか、芸術的であるとか

そんなことを書いているのではない

ただ今まで
「扱うことが少なすぎた」という事実を書いている




僕は大いにやった方がいいと思っているので

『じゃぱどら!!』
という企画に賛成だし
だからプロデューサーをやることにしたのだが

ここに
札幌の演劇の次の何かがあることは確かだと考えている

札幌にも
おもしろい本を書く人がたくさんいるのは知っているし


「札幌」と書くのは
僕が札幌に住んでるからね

だから
どんどんオリジナルの作品が誕生すればおもしろいし
僕もオリジナルの作品を創作し続けたいと思う

そのための
『じゃぱどら!!』でもあるのだ




久しぶりにみんなに会う

『犬は鎖に繫ぐべからず』を一度読む

そのあと
来年のことなどを話す

そういえば
珍しく劇団員が全員揃った

稽古場が狭く感じた

なんか嬉しい

kemumaki020415 at 09:10│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by しかうみ   2010年12月22日 21:55
清水さん、12月4日は素敵な楽しい時間をシアターZOOで過ごさせていただき、ありがとうございました。そして、大賞!!本当におめでとうございます。なのに私たちときたら、突然足を運び、予約をされていたお客さんたちにご迷惑をおかけしたのではないでしょうか…。お心遣い、ありがとうございました。限られた空間の中で、懸命にそして楽しんでありとあらゆる工夫を凝らす役者さんたちの表現力に感激しました。大きなシルバーのとんがり帽子が好きです。釧路にいたとき、北芸の芝居小屋に足を運んでいたころ(15年くらい前…)のことを思い出しました。また、新冠から感動を味わいに駆けつけます!今度は、ちゃんと予約をして…。ますますのご活躍、応援しています!!!
2. Posted by しみず   2011年01月05日 10:27
昨年は
楽しい時間をありがとうございました

またお会い出来るのを楽しみにしています

今年も札幌で
ちょくちょく劇をやっているので
お時間ありましたら是非遊びに来て下さい

ど・こ〜れの公演
行けなかったのが残念です

うまくいったのかなあ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
古本屋巡り年表をつくっている