すみませんまた紙風船をやる

2011年02月21日

『じゃぱどら!!』は終わった

『じゃぱどら!!』は終わった

というよりも
『じゃぱどら!!』は始まった

という感じがする



『犬は鎖につなぐべからず』については
このあとも色々と考えなければならないことがある

ああいう作品を
これから
どういう人たちと創作していくか

そういうことを考える

じゃあ
誰か人を集めてやってみようということは
あまり考えてはいない

プロデュース形式ってやつ

そこには
今は興味がない

時間を共有できる人たちと
ああいう作品を創作していくための方法を
我々に合った方法を見つけなければならない



だからと言って
時間を共有できる人たちだったら
誰とでも創作ができるかといえば
そうではないのだなということも分かってきた

そこを
これからどうやっていくかってことを
劇場でずっと考えていた



創作するには
厳しさが必要なのだよな

『ペール・ギュント』
『クリスマス・キャロル』
『近代戯曲研究』
『犬は鎖につなぐべからず』で体験したことは

次の現場の基礎になるだろう

俳優として考えること
演出家として考えること
脚本家として考えること
育成していくことについて考えること

この半年間
興味を持って考え続けたことだ



やりたいことがいっぱいある



kemumaki020415 at 14:58│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
すみませんまた紙風船をやる