2004年11月11日

★そろそろ当BLOGのベネフィットを明確にしておこうか

BLOGの魅力、それはそれが個人の日々雑感形式を取る限り、それを書く個人の魅力にほかならないのは論を待たないところだろう。であるならば、ここでわたしが当BLOGのベネフィットを明確にするという場合、わたし自身が一般的な人たちとどこに差異を持つか、ということを、開陳する事になる。

われながら、いささかダイレクトすぎるという気がするし、いささか性急すぎる、という気もする。少なくとも、通常の日常社会においては、斯くのごとき告白はしないものである事は十分承知の上であるが、あらゆる社会的拘束から自由になれるのがネットの可能性であり、また当然ながら、いたずらに時間を浪費しないことも優先されるべきことである事から、このタイミングで読者を「次の間」に誘引する事にしたのである。

わたしが相対的に特殊であるところ、それはその生活形態にもあるが、決定的なのは、わたしが突如得た精神の再構築においてである。あるいは、新たなる目、と単純に言った方が良いだろうか。そんなことは、前々回のエントリー「切込隊長はなぜ狂ったようにあれほど書くのか」を見れば分かる人は分かる。しかし、本当の意味でそこに何事が書いてあるのか理解できるのは、同一階層以上に上り詰めた人間だけに絞られる。当たり前の事だが、富士の8合目からの景色は、3合目にいる人には想像できないほど広大で美しい。それと同じこと。ただ、わたしは経験的に、この地に立つ人がごく少数である事を知っている。よく、「おれもおれも」という人がいるが、話を聞くとどうも違和感がある。なぜならばわたしが得たものは、禅で言えば「見性(けんしょう)」、浄土教で言えば「正定聚(しょうじょうじゅ)」にあたるからだ。つまり、釈迦が菩提樹の樹の下で得た世界、道元が天童山でホトトギスが鳴き山の竹が折れた音を聞いたときに得た世界、一休が命を捨てるつもりで月のない闇夜に琵琶湖に漕ぎ出したとき、闇に紛れたカラスの鳴く声を聞いたときに突如得た世界、これらと同一のものであるからだ。もちろん、現代社会においてこの種の世界を得た人は少数だけれども確かにいる。8合目からの景色を見た者は、同一の世界を得た者を、彼が発する周波によって「ああ、あいつもそうか」と感じる事ができるからだ。同一の視界を持つ者にしか発する事のできない周波、これはいつも独特の親和性を持って我が耳に響く。しかれば、分かり得ぬ人たちのことは「どうせ分かるはずもないのだから」と諦めればいいのか。いや、彼らは紛れもなく昨日のわたしであり、いつ目の前にある谷を飛び越えて、此岸からはインビジブルな向こう岸の大地の確かさをみずからの足に感じる時がくるやもしれない。できるならばわたしの言葉が、目に見えぬ大地に蒔かれる砂になればと願っている。

話を元に戻そう。当BLOGのベネフィット、つまりわたしの特異性。それは、この世界を得た者が、禅寺の奥に潜むじじいなのではなく、投資によって得た資金で世界中を旅し煩悩の限りを尽くす、ひとりのお調子者であるところだ。そこがチャーミングだとわれながら他人事のように思う。でも自分ならば、そういう人の話こそ聞きたいと思うから、このBLOGを立ち上げた。しかし愚かな人は、このエントリーを見ても何事が書いてあるのか理解できず、あるいは理解できないまでも、含有する情報の特異性を嗅ぎ分ける事もできず、誹謗するだけなんだろうな、きっと。わたしはただ、8合目からの景色の美しさ、さらには、そこからはまだ先がある事を知って欲しいだけなのに。


追伸:切込隊長どの 
今回でトラックバックの連発を控えますのでどうかご容赦ください。

 

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kemurin1/9156841
この記事へのトラックバック
 そこまで思い上がっちゃいない。  それに、無理して「狂ったように」書いてるつもりもない。単純に、連載ふたつと原作ものひとつが立て続けに10月に満了してかわりに4月以降の原作もののリサーチに入ったのと、大...
社会の「8合目に来ている」と思った瞬間に、人は転がり落ちるものである【切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダム】at 2004年11月11日 08:21
視界が劇的に変化するとき1の続きを書こうと思ったら、けむりんさんが関連記事を書いていたので、それを引用しながらハナシを進めます。つーか進めさせてください。 やわらかめに概説すると、 3つ目の眼が開くと太陽拳が使えるんだぜ! みたいなハナシ。 ――...
視界が劇的に変化するとき2【けん大佐独白blog】at 2004年11月11日 11:05
贅沢自慢か。結構なことで。 あんたの話は、特異的でもなんでもない。知り合いの三流芸能人の息子とそっくりだよ。 その人も「全国50番台の悩みが20000台に理解できないのは当然だが、1000番台の連中にもわからない」 「俺の感覚はなってみないとわからない」なんて、よく
旧けむりんBLOGの2004年11月11日のエントリに対する情緒的反応【Gingersnaps】at 2005年03月14日 01:43
この記事へのコメント
確かに8合目を実際見た人と見ていない人とは大きく違うと思う。
しかし、それを実際見た人とそれを容易に推測できる、あるいは目指してる人とになにか違いはあるのだろうか?
Posted by 課長大好き at 2004年11月11日 07:12
まんこ
Posted by まんこ at 2004年11月11日 08:28
ひさびさに面白い読み物読んだぜ、このやろう。
ガンガン書いてくれよ、このやろう。
Posted by 漫画太郎の大ファン at 2004年11月11日 09:02
8合目から転がり落ちないようがんばって下さい。

もし転がり落ちてまた8合目まで登ったら今と同じ景色が
見えたか教えて下さいね。
Posted by SkTY at 2004年11月11日 10:08
誹謗する=愚か者
2ちゃんねる式できやがったな!
こんにゃろー。
Posted by 漫画太郎のちょっとファン at 2004年11月11日 14:38
切込隊長にウザがられてるw
お互いリスクの臭いを知っているだけに
この違いが未来にどう出るかとても気になるな。






Posted by アル at 2004年11月11日 15:25
8合目の近くまで行ってから過去に何度も転げ落ちてるから、今の8合目より上にけむりんがいるんだろ? とオレは思ってきた。
それも、立ち直れないくらいのところまで堕ちた経験とその経験に基づいた確信があるから8合目を超えていけるんだと。

なんかムチャクチャ書き込みが爆発的に増加したんで、BLOGの中身の大半を読み切れてません。実は。オレほとんどけむりんのコメントしか読めてない。
こんなに Hitしたのは何はともあれ素晴らしいことで、おめでと〜。

 
Posted by たあ at 2004年11月11日 15:38
贅沢するだけのブタが偉そうに自慢話か。結構なことで。

あんたの話は、特異的でもなんでもない。知り合いの三流芸能人の息子とそっくりだよ。
その人も「全国50番台の悩みが20000台に理解できないのは当然だが、1000番台の連中にもわからない」
「俺の感覚はなってみないとわからない」なんて、よく嘆いてたっけ。
実際にやってたことはと言えば、都心で毎晩乱痴気騒ぎしてただけだったけどね。
人間のアイデンティティはその人の消費者としての役割で定義されるわけじゃないってこと、
あんたは本当に理解してるかい?
ま、理解してないだろうし、この先もできないだろうな。

とりあえず、あんたが見せびらかす8合目とやらも、みんなが8合目にきたら
8合目ではなくなってしまうんだぜ、ってことだけは指摘しとくよ。
それとも金が有限だってことくらいは知ってて、あえて忘れたふりしてんのかね。

ともかく、俺があんたみたいな博徒の駄文を定期的に読むのは、
あんたのような人がいることを忘れないようにするためであって、
それ以外にとくに意味はない(ハッキリ)。

たしかに放蕩し放題できる環境におかれた人が、
その立場をどのように正当化するか、どういう風に思い上がるか、
ということについて、あんたらは一つの良い例を示してくれたよ。
若くて勘違いした金持ちが思い上ったように振舞うことくらいは
特異的っちゃ特異的ですよ。
でも、あんたは教師でなく反面教師ですから。
そこんところ勘違いしないように。

つーことで、できるだけ早めに死んでください。ってことです。
Posted by dryginger105 at 2005年03月12日 21:44