March 29, 2005

modi

噂の「SAW」をDVD借りて見ました。なんつーかけーすけさんの言ってたことはなんとなく分かる気がします。設定にしろ展開にしろあと謎とそれを解くために与えられるヒントにしろ、うまく考えたなあとは思うけど、深さみたいなもんは感じられませんでした。僕はこの映画を、「cube」みたいな、ほんとに限定された空間の中での恐怖を描いた映画なんだと思ったんだけど(バスルームでのシーンが最初から最後まで続くんだと思ってた)、そういった意味では意外と普通じゃん、と思ったし、特に映画にグイィっと引っ張られることは無くて、結構冷静に最後まで見れちゃいました。へぇ、ああ、そうなるんだ、みたいな。まあでもおもしろかったです。

あと同時に「あずみ」も見ました。これはあんまり期待してなかったんだけど予想以上に良かったです。最初の方はおおなんかバトルロワイヤルみたい展開だな、とか思ったけどそれは最初だけで、出てくるキャラクターとその死に方にしても、悲しいけどユーモアがあって、ユーモアがあるけどアホっぽくなくて(わざとアホっぽくしてある部分が逆にアホっぽくないっつーか。意味分かるかな・・・。まあ感じ方次第だけど、バトルロワイヤルなんかはシリアスにしようとしてるところがどうしようもなくアホっぽいじゃないですか)。個人的にはボス的キャラのオダギリジョーが演じる美女丸がすんげぇツボで、特にヒュウガを殺すシーンがかなり印象的でした。まあ、この映画楽しめない人はほんとにクソにしか見えないと思いますけど(笑)、僕は好きです、単純で。主人公であるあずみにあまり魅力が感じられなかったのがちょっと残念だったけど。2は映画館で見たいな。  
Posted by kemushi9999 at 01:47Comments(0)TrackBack(0)DIARY.etc

March 11, 2005

出会ってしまったんだ。

CD買いました。

・CALUSARI「jack in the 052
日本のニュースクールハードコアバンドで、前からちょっと気になってたので買ってみた。まだ聴き込んで無いのでなんともいえないけど、この音質あんまり好きでない。どうして日本の悪系ハードコアっていうのはこうモコモコした音にしたがるんだろう。
・sorrow of tranquillity「empire from darkness」
そういえばこんなバンドもあったなぁと思ってなんとなく買ってみた。ちょっと軽めのメロデスって印象だったけど、思った以上に軽すぎてパワーが乏しい。
・full brown chaos「wake the demons」
hatebreedをも少しスラッシュメタルっぽくした感じ。硬派で悪くて力強くてなかなかいい感じ。
・high on fire「blessed black wings」
大して派手なことをしてるわけでもないのにこんなにかっこよく聴こえるのは、全体的に荒々しい音質と泥沼で暴れまわるような汚らしい(良い意味)ドラムのためか。
・gratitude「gratitude」
久しぶりにこういうの聴いたな。僕はjonahという人間にそれほど思い入れはないけど、この声はすごく好き。  
Posted by kemushi9999 at 20:28Comments(0)TrackBack(0)DIARY.etc

February 15, 2005

今は自分の部屋は結構片付いているんですけど、実は先週まではアフォみたいに散らかってたわけですよ。先週の金、土と2連泊してまして、日曜に家に帰ってきたら部屋がキレーに片付いてたんですよ。そのうち片付ける片付けると言いながらいっこうに片付けない僕の態度に耐えかねてマイマザーが迷惑なことに僕の部屋を片付けやがったわけです。あの子たちはちゃんと手付かずのままでいるのだろうかとかなり焦ったのですが、残念ながら案の定机の下のエロリーブックたちも素敵におめかしされてました。この歳になって親にエロ本を触られてしまった僕はこれから一体どんな顔して親と接していけばいいのでしょうか。  
Posted by kemushi9999 at 22:14Comments(2)TrackBack(0)DIARY.etc

February 14, 2005

CD REVIEW:onsa「mizuiro sorairo」

onsa「mizuiro sorairo」 ★★★★☆
bluebeard+toe+oceanlane+アジカン。お涙必至の切ないアルペジオと決してうまくはないけれど精一杯の日本語ボーカルが複雑な曲展開をドラマティックに、情熱的に聴かせてくれる。歌メロと歌詞の乗せ方がややヘタクソな感はあるけど、逆にそれが純粋さを加味していてすごくセンチメンタル。馬鹿みたいにクサクサなんだけど爽やか。アップテンポで爽快な曲から、胸を鷲掴みにするような感傷的な曲まで、バラエティに富んだ飽きのこない全8曲。  
Posted by kemushi9999 at 05:58Comments(1)TrackBack(0)CD REVIEW

CD REVIEW:dark tranquillity「character」

dark tranquillity「character」 ★★★★☆
メロデス界で最も激情的なバンド、ダートラの最新作。今作は今まで以上にツインギターリフのアンサンブルの美しさと力強さの両方を意識し強調した仕上がりになっている。さらに大袈裟ではあるが嫌味を感じさせないシンセサイザーが曲の輪郭を整え、このジャンルの性質上似通りがちな曲を様々な悲痛の表情で飾る。このシンセサイザーの印象によって、ニューウェーブやテクノ・トランス的な風合いも微量だが感じられる。暴力的な曲を下からカッチリと支え、多彩なパターンで盛り上げるリズム隊も圧巻。ブルータリティの強化と精神性の深化で、新境地とも言えるほどの強力な進化を遂げた今作は、彼らの作品中最も退廃的で壮大。逃げ場の無い感情の闇が作品全体を包むようである。アルバム全体を象徴する△「through smudged lenses」は名曲。  
Posted by kemushi9999 at 05:56Comments(0)TrackBack(0)CD REVIEW

February 06, 2005

キタ

ダートラの新譜が半端無い。最高傑作かも。彼らの作品の中で、じゃなくて、俺が今まで聴いたメロデスの中で。普通にpunish my heavenを超える名曲だらけ。過去の作品のどれよりもアグレッシブで、エモーショナルで、プログレッシブで、テクニカル。ここに来てこんな作品を出しちゃってくれるとは。


まこつさんがメシガーの話してたから久々に聴きたくなったというのに、nothingのCDRが見つからない。chaosphereとdestroyなんちゃらはあるのに。マジどこいった。


CD購入メモ。
・the mars volta「frances the mute」
こいつらはat the drive inの頃から、毎回毎回想像もつかないことをしてくれるね。
・the dylan group「more adventures in lying down」
・dalek「from filthy tongue of gods and griots」
これこれ。前から欲しくてずっとアマゾンで入荷されるの待ってたんだよな。僕がラップもので「うお!?」って思うのは珍しいんだけど、これはとにかくトラックが超かっこいい。
・dark tranquillity「character」  
Posted by kemushi9999 at 22:29Comments(0)TrackBack(0)DIARY.etc

January 31, 2005

オバンコール

調子に乗って5弦ベースを買ってしまったKMCです。借金増えました。すぐ払える金額だけど。5弦ってのはネックの太さというより弦間の狭さがウザイのね。僕は手がでかいから慣れるのに苦労しそうです。


大学入ってからもうすぐ1年が経つけど、この1年で自分は随分集中力が無くなったなあと思う。高校の時は1日10時間ぐらい余裕で勉強できたけど、今はもう1時間教科書とにらめっこするのがやっとだ。継続して頭使ってないと、脳みそってのはどんどん働きが鈍くなっていくんだな。このまま堕ちていくのは嫌だ、って思うけど、春休みに入って長い間勉強する機会から遠ざかってしまうと、今のこの気持ちを忘れてしまってまた怠惰な生活を送ってしまうような気がする。頑張れ俺。  
Posted by kemushi9999 at 03:18Comments(0)TrackBack(0)DIARY.etc

January 29, 2005

砥用って何

勉強ってちゃんとやっておくべきだよな、って思った頃にはもう遅いんですよ、いつも。テスト1日からだっての。間に合うかっての。


ダークトランキュリティーの新譜をほんのちょっとだけ試聴したんですけども、最初の10秒くらいでああコレは買わなきゃだめだと思いました。あのダートラがのっけからブラストビートですよ。いやまだ買ってないんですけどね。近いうちに買います。ダートラはメロデスというよりエモデス。


体全体がカサカサでかゆい。熱いお湯でシャワーするからダメなんだろうな。だって寒いんだもんよー。  
Posted by kemushi9999 at 01:58Comments(0)TrackBack(0)DIARY.etc

January 15, 2005

ショコラ

最近甘いものが好きです。以前はそうでもなかったんですけどね。「俺は甘いものは苦手なんだぜ」が口癖のビターな男だったのに。そういえば最近自分にも甘くなったような気がします。  
Posted by kemushi9999 at 01:15Comments(0)TrackBack(0)DIARY.etc

January 14, 2005

ムカつく奴全員死ねばいいのに

誰かジャミロクワイのスコア持ってねぇかな。廃盤になってるんだよな。誰か持ってたら売ってください。


前に彼女と話してたんだけど、ニゴシックスだかネゴシックスだかいうしょーもないピン芸人いるじゃないですか。彼の芸って論理的におかしいですよね。普通コントだか漫才っていうのは、おかしなことをしている相方もしくは一般人に突っ込みを入れて笑いをとるものなんだけど、彼って自分で考えた意味不明なことを色紙に書いてそれに突っ込みをいれてるわけじゃないですか。それって自分で自分に突っ込みを入れてるってことで、なんだか見ててすげぇ違和感を覚えるんですよね。陣内智則や鉄拳も似たような感じじゃないのか、と思う人もいるかもしれませんが、陣内の場合は自身のコントという演技の中で「突っ込みの対象となる人物やモノ」が存在するかのように作り上げているし、鉄拳の場合は突っ込みは無しではじめから「自分はおかしなことを考えてきました」と言って笑いをとろうとしてるわけだから問題は無い。説明しづらいけど。現実に存在しないものなのに、それが実際にあるものとして紹介して突っ込みを入れてるみたいなおかしなやりかたをするから気持ち悪いんだよな。


いやまぁ別にだからどうというわけでもないのですが。  
Posted by kemushi9999 at 16:17Comments(0)TrackBack(0)DIARY.etc