2005年04月06日

誰も知らない? 「ペイオフ」で本当に困ること

いよいよ4月からペイオフがスタートしました。
さすがに、ペイオフという言葉は浸透したと思いますが、その本当の中身を知っている人はどれぐらい居るのでしょうか。

http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/yoho/yoho.html#q6

実は当社では3月から4月にかけて、お客さんである地主さん向けに各地で「ペイオフ&財産防衛セミナー」というセミナーを実施中なのですが、その講師の話を聞いてビックリしました。

おそらく、ペイオフ対策として一般に知られているのは、
1.一つの金融機関に1000万円を超える額は預けないで分散する。
2.金利ゼロの「決済性預金」に預けておく。
ということ程度だと思います。(私もそうでした)

ところが、1000万円以下しか預けてなくても、かなりのリスクがあることがわかりました。

仮にその金融機関が破綻した場合には、まず名寄せと言って同一人物の口座を集める作業が行われます。
対策を打つ時間稼ぎと混乱を避けるために、金融機関の破綻発表は金曜日の15時以降(窓口営業時間終了)に行われることが決まっているらしいですが、月曜日の開店時間までに名寄せが間に合わない金融機関がたくさんあるのではないかというリスクがあります。

この名寄せが終わると、預金者一人あたり(口座がいくつあっても一人あたりです)60万円までが仮払い可能となります。
言い換えると1000万円以下の預金でも当初は60万円しか下ろせないということです。
そして、60万円を超える残金が下ろせるのはかなり先になるようです。

もし、その間に臨時支出するものがあっても下ろせないのですから、60万円を超える近々使う予定のあるお金は例え1000万円以下でも金融機関に預けてあるとリスクがあるということになります。

さらに、決済性預金の中には金利がゼロなだけでなく、口座維持に手数料を取る金融機関が多いようです。つまり預金者が金利を払って預けているようなものなのです。

もう一つ気をつけなければならないのは、借入金がある場合です。
一般的には、その金融機関に2000万円の借入残があって、3000万円の預金があれば相殺されて、差額の預金は1000万円なので保護されると考えるのが常識です。
ところが、金融機関の中には約款で相殺されないようになっている、つまり、2000万円の借入金はそのまま残り、預金は1000万円しか戻らないというケースもあるようです。
これについては、預金者が銀行の預金約款(誰も見たがことないでしょうが細かい字でビッシリ書かれたものがあるはずです)を調べておく必要があります。

それではペイオフ対策はどうしたら良いのでしょうか。
絶対に潰れない金融機関だけを選んで1000万円以下に分散して預金し、なおかつ使う予定のある金は現金で持つ。
あるいは手数料がかかっても決済性預金に預ける。
いずれにしても金利はほぼゼロか持ち出しですし、現金は保管リスクもあります。

ペイオフ対策で国債が売れているらしいですが、国債は日本国の借金。日本の借金がどんなレベルか日本人以外は知っているから日本の格付けは先進国で最下位、もう少しで投資不適格レベルというところまで来ている実態を冷静に考えたら手を出すべきではないと思います。

低金利時代だからこそ、少しでも増やしたいが、投資のリスクはミニマイズしたいし、万一の時には全額が確実に換金できる方法はないものか。
セミナーはそんなことをテーマに実施しています。
地主さんの場合には、所有するマンション・アパートの敷金・保証金等を保全しながら運用できると良いですよね。
建設会社は建てておしまいという概念を捨て、地主さんのためになることとして情報提供している訳です。
(ご関心ある方はご連絡いただければお教えします)




ken123atara456 at 10:17│Comments(5)TrackBack(0)雑感 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by santa   2005年04月06日 19:05
僕は、プルデンシャルなんですが、解約し、掛け捨ての保険にして、嫌いですがドルで100万円ぐらい家に置いておくつもりです。
…はあ?
読んでくれて感謝です。流石社長!いいスタンスです。
振れない芯をお持ちの様だ、ひいきにさせて頂きます。
2. Posted by extremejustice   2005年04月06日 21:31
社長殿、はじめまして。
ご訪問並びにTBありがとうございます。
ペイオフの本当に困る別の問題は週刊誌等で知ってから
すぐには引き出せない問題があると言うので手持ち
(自宅金庫)用に引き出して入れておきました。
震災等の災害時にも利用できなくなるでしょうから
今迄金地金と書類しか入れてなかった金庫に初めて
現金入れておきました(苦笑)
3. Posted by nappie   2005年04月06日 21:35
 はじめまして。TBありがとうございます。
 ペイオフにあたり、テレビでも色々と騒がれておりましたが、やはり解決策は「預金額を1000万以下にする」というのと、「ペイオフ対象外の決済性預金に預ける」といったレベルのことしかやっておりませんでした…。
 多分、日本国民のほとんどは、この2つのうちの1つ目しか知らず、ちょっと知っている方で、2つ目を知っているといったレベルなんでしょうね。
 戦後、預金するというのを国が推奨してきたのもあり、まだまだ資産運用=預金といった考えが日本では主流ですが、明らかに現代社会とはかけ離れている考え方だと思います。
 私は、今はほとんど資産はありませんが、これからの運用の仕方で老後の明るさはかわるでしょうね。ちゃんと計画を立てないと!
 長々とすみませんでした。
4. Posted by カマエル   2005年04月06日 22:28
トラックバックありがとうございました。
僕が考えないといけないのはまだ先のようですが、勉強になりました。
5. Posted by goto   2005年04月08日 22:39
TBありがとうございました。
仰るとおり国債は買う気が致しません。

家計の貯蓄率が2010年、0%になるという予測があり、そうなってしまうと国内で消化不能となります。円暴落など色々とすごいことになりそうな予感がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Amazonライブリンク
Profile
ken123atara456
RSS feed 
meter for http://blog.livedoor.jp/ken123atara456/