2005年08月16日

キプロス航空機墜落で生じた疑問

60回目の終戦記念日の昨日、小泉総理は靖国参拝をしなかったものの、中国・韓国でも大きな反日デモはなかったようで、何よりでした。
たまたま香港から来日中の経営者の皆さんと昼食を共にしましたが、たまたま出た神道や宗教についての話も極めて冷静な理解をされていました。

それはさておき、14日にアテネ郊外に墜落したキプロスの民間航空会社ヘリオス航空のボーイング737型機は乗客・乗員121名全員が亡くなりましたが、その後の状況から衝撃的なことがわかりました。

朝日新聞「アテネ近郊に旅客機墜落、121人絶望 機長に異常か」
http://www.asahi.com/international/update/0814/003.html

機内の空調トラブルが報告されており、スクランブル発信したギリシア空軍機が操縦席に機長が見られず、人が倒れていたという情報も入っていたことから、機内が急激に減圧したと見られていました。

続報として収容された遺体のが凍結状態であったことから、高度1万メートル、マイナス50度で機内の温度調整が出来なくなり、乗客・乗員は墜落前に凍死していたことがわかりました。

産経新聞「遺体の多くが凍結状態 キプロス機墜落事故」
http://www.sankei.co.jp/news/050816/kok004.htm

乗客2名が何とか操縦しようと操縦席に入っていたという話しが涙を誘いますが、墜落前に短時間に凍死していたことは30分以上死の恐怖を味わった20年前の御巣鷹山の日航ジャンポ機事故に比べると乗客の亡くなった状況は違った模様です。

飛行機に乗ると外部気温の表示を見ることがありますが、マイナス数十度と書いてあるのを見ても実感はわからなかったのですが、機内の気圧・温度が制御されていなければ極寒の環境であることは良く考えれば当たり前なのですね。

ここで、衝撃的なことは、御巣鷹山の日航ジャンポ機事故の原因は圧力隔壁の修理ミスという報告がなされていますが、圧力隔壁が破壊された場合には、今回の事故同様減圧により気温の低下があったはずなのに、遺体は凍結していませんでしたし、生存者4名の証言でも寒くなったことはなかったという事実です。
もちろん、機長以下が意識を失うことも、減圧を訴えたこともなかったことはボイスレコーダーから明らかです。

もちろん、飛んでいる高度による違いもあったのかも知れませんが、圧力隔壁の破壊という墜落原因自体に疑問が生じてしまいます。
もともと、報告された墜落原因に疑問を呈している方も多かったようですが、こうした実例を見せられると確かにおかしい話です。
先日20年の節目を迎えた日航機事故ですが、もし何か事実が隠されていたとしたら大変なことですがどうなのでしょうか。

日航機御巣鷹山墜落事故より18年 『クライマーズ・ハイ』に寄す
http://www.qmss.jp/interss/extra1/default.htm

日航123便御巣鷹山墜落事故の事実
http://cat.zero.ad.jp/~zak46939/_osutaka/osutaka.html


御巣鷹の謎を追う -日航123便事故20年- <DVD>


隠された証言―JAL123便墜落事故

なお、キプロス機に関して言えば、ボーイング737は世界中で非常に多く就航している機材ですので、今回の事故の原因が早く究明され、公表されることを望むものです。

================
新ブログ「誰でも必ず資産は作れます!」もよろしくお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/ken123atara456



ken123atara456 at 07:57│Comments(12)TrackBack(14)納得できますか? 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アテネ近郊の旅客機墜落「生存者なし」…48人が子供  [ 〜猫と大麦とゲームと紅茶〜本館 ]   2005年08月16日 11:32
 【アテネ=熊田全宏】アテネ北方の山中に墜落したキプロス・ヘリオス航空旅客機事故について、墜落で発生した山火事の消火と生存者の捜索などにあたっているギリシャ消防隊責任者は14日夜、「121人の搭乗者に生存者はない」と発表した。  乗客名簿の発表はないが、.
2. 相次ぐ航空機事故 完璧ではない空の安全  [ ELEL BLOG ]   2005年08月16日 11:57
お盆も終わりました。親戚が帰省していたのでいろいろと忙しく, まったく更新できませんでした(^^; さて,最近航空機の事故が相次いでいます。 アテネ近郊で発生したキプロス・ヘリオス航空旅客機墜落事故の原因は どうやら与圧装置や酸素供給装置の故障が原因のよ
3. 認識が甘かった!!| ̄|○  [ 腑 ]   2005年08月16日 13:26
こんなことアリエネーって思ってて、華麗にスルーしてたんですけどね。当局によって認定されちゃいましたよ。
4. 続・ギリシャで飛行機墜落  [ MEICHIKU なんでもぶろぐ ]   2005年08月16日 13:38
14日にギリシャのアテネ北方の山中に墜落したキプロス・ヘリオス航空のボーイング737型機の事故(その事故に対する一報はこちらです。)で、ギリシャ国防省筋は、気圧の急低下などで乗客が数秒内に死亡したとの見方を示した。これは収容した遺体を検視した結果、遺体の一部は
5. 相次ぐ航空機事故 完璧ではない空の安全  [ ELEL BLOG ]   2005年08月16日 17:50
お盆も終わりました。親戚が帰省していたのでいろいろと忙しく, まったく更新できませんでした(^^; さて,最近航空機の事故が相次いでいます。 アテネ近郊で発生したキプロス・ヘリオス航空旅客機墜落事故の原因は どうやら与圧装置や酸素供給装置の故障が原因のよ
6. うんちく vol.415 ブラックボックス  [ 電脳秘書執務日誌 ]   2005年08月16日 18:33
ギリシャのアテネ北東約40キロのバルナバで14日、キプロスのラルナカからチェコの
7. MEGUMIの裏ビデオデビュー作!丸出しでさらけ出すデカパイとマン  [ イエローキャブしゃぶ野田社長 ]   2005年08月16日 18:55
野田だ!MEGUMIの昔の3Pフェラチオデビュー作公開しよう。丸出しだよ。見ればわかる。もちろん最後は中で・・だ。
8. 長谷川京子のレースクイーン時代のハメ撮り!これが売れた理由!ヤリマンの過去!  [ 芸能将軍!キムジョンイルっ! ]   2005年08月16日 19:08
長谷川京子のレースクイーン時代のマン毛出演作品!清楚な格好でハメ撮りコスプレ乱交まで!
9. 飛行機事故〜8.12 御巣鷹の夏〜  [ Arice in my wonderland〜とことこプチ旅日記〜 ]   2005年08月16日 20:02
旅客機墜落 乗客ら全員死亡か 昨日、テレビを見ていたらギリシャにて飛行機事故が起こったというニュースが飛び込んできました。 先日、JAL123便、羽田ー伊丹の便で20年前飛行機事故があったという事で特集になっていた矢先の事でした。 NHKのニュースでの記事です。 14
10. お宝!安田美沙子がデビューのきっかけ!やっぱりAVか畜生!これを見ろ!  [ 矢沢エーちゃんの☆『ドスケべいべー』 カモンっ ]   2005年08月16日 20:09
安田美沙子のAVだ!自分の目を疑った。だがこれが現実だった。見ろ!アイフルのオーナーともバッコンバッコンだよ!!畜生!あんな清純な顔でフェラがやたらウマイじゃねーか!ヤリマンが!!
11. ひとりごと<55> 真相を知ると言うこと  [ 「ぐるくん」のひとりごと ]   2005年08月16日 20:41
 14日、ギリシアのアテネ郊外の山中にキプロスのヘリオス航空522便が墜落し、乗員乗客121名全員が死亡との報道がされた。  依然、墜落原因は謎にになっている。  墜落直前の乗客からのメール等で、機内がとても寒かった事や息苦しい事を伝えられているらしい。    お
12. JALのエンジン事故に関して  [ まなびの途中 ]   2005年08月17日 17:28
日本は、どうやら、本当に過渡期を迎えている。 1980年代までは、いわば、官民ともに、国際的には、鎖国状態であった、 といえよう。 たとえば、オイルショックに見舞われた、1970年代。 国民は、大パニックに陥った。まさに、天災として、国際上における事象が 捉え
13. 太陽はマラソンに落ちた  [ 恵比寿法律新聞 ]   2005年08月19日 16:38
「Two charred bodies were still hugging e
14. 太陽はマラソンに落ちた  [ 恵比寿法律新聞 ]   2005年08月19日 16:45
「Two charred bodies were still hugging e

この記事へのコメント

1. Posted by unclemac   2005年08月16日 11:49
TBありがとうございます。
 何故、気圧が下がったかが、問題・課題ですね。テロにしては機がアピール度のてんで小型すぎますよね。
 JAL123便の件は、全く別の原因と言うかむしろ「事件」が隠されたままだと思います。個人的には何らかの「誤射」ではないかと思ってます。
2. Posted by ヤリ杉   2005年08月16日 13:57
TBありがとうございます
これほどまでの急激な減圧は”もし”事故でないとするならば
高度1万メートルという状況で機長がハッチを開けた位しか
原因が思いつかない…
事実はどうなのかきちんと調査してもらいたいです
3. Posted by ウフフマン   2005年08月16日 14:51
TBありがとうございます。なんだか、気圧の低下の原因がはっきりしないようで、気持ちが悪いですね。とにもかくにも、航空機事故は原因があいまいで、なにやら陰謀臭いものもあるようですねえ。JAL事故も本当に米国での修理のいい加減さとか言われてますが、わかりませんしね。とにかく、しばらくは、死んでもいい気で乗らなくては。とほほほ。
4. Posted by 笛吹童爺   2005年08月16日 18:00
JAL123便の場合、当時一瞬だけどこかの週刊誌にとりざたされたことがあります。それは自衛隊?の訓練用無人標的機がJAL機の垂直尾翼に激突した、という話だったと思います。
もしこれが事実とすると大変なので関係者全員知らぬふりを決め込んでいるのかも。
5. Posted by canonita   2005年08月16日 18:18
キプロスと聞いただけで何か裏がありそうと思ってしまいます…
6. Posted by ありす   2005年08月16日 20:06
TB有難うございました。ニュースで飛び込んで来たにも関わらず、あんまり情報が得られていなかったのか、詳しい情報を知る事は今のところありませんでした。やはり、飛行機事故というものには非常に敏感になっている今日この頃です。この記事で改めて知った事もあったのでTBして頂いて有難うございました。
7. Posted by ぐるくん   2005年08月16日 20:57
 TBありがとうございます。 日航機事故から20年と言うことで各メディアが取り上げていたので、自分のブログには話題にしないつもりでしたが、二日後のヘリオス航空機に愕然! 亡くなった方々、そして残された遺族の為にも、なんで墜落する事態になったのか解明してもらいたいと思ってます。
8. Posted by 連絡帳   2005年08月16日 21:30
TB、ありがとうございました。
事故機からのメールは、嘘だったようですが、なぜ、気圧と温度が低下したか早く原因を突き止めて欲しいものです。B−737だけに気になります。
 ハワイかどこだったかトランスオーシャン航空だったかもはっきりしませんが、機体の一部が破損して乗員か乗客が機外に吸い出されたなどという事故があったような気がします。ゆっくり気圧と温度が低下していったのではないかと・・・・・・・それにしても恐ろしい事故です。
 
9. Posted by フロマージュ   2005年08月17日 11:21
JAL123便については。
米国政府、日本政府による事実隠蔽があります。

20年という長い年月が経ったこともありますし。
情報開示及び関係者の勇気ある証言を待ちます。
10. Posted by KANATA   2005年08月17日 17:27
随分と前に、TBをいただいた者です。
その節は、そのシステムがわからず、御礼も返せず、失礼致しました。
以降、折を見て、拝見させていただいております。
今回、たまたま、近い内容の記事がございましたので、
あつかましくも、恐縮ながら、TBを貼らせて頂きました。
これからも、色々と、勉強に伺います。
11. Posted by 若旦那   2005年08月19日 15:43
トラックバックありがとうございました。

乗務員、乗客含めて凍っていたということは、事故が起きて、高度を下げている最中に、凍ってしまったということなんでしょうかね。

旅客機運航上そういう状況というのは、想定してはいないんでしょうかね。高々度で飛行中でも、ある程度の高度まで安全に自動操縦で降下できるシステムというのも、作れると思うんですよね。

それと、123便ですが、どなたかはおっしゃっているように、垂直尾翼に何かが衝突したのではないか?という話を聞きますよね。
何かが衝突したのを前提にして、フライトレコーダを聞いてみると、事故の状況と、乗客の状況などが一致するんですよね。
真実はどうなのでしょうね。
12. Posted by そんぱ   2005年08月28日 22:48
結局、凍ってなどおらず、ほとんど全員の乗客は墜落の瞬間に
即死だったようだ、とのこと。
海外で、またニュース網が発達しておらず、さらに科学音痴の多い
報道ということで情報の混乱はしかたがないですが、
それにしても機内からのメールといい凍死の誤報といい、脱力です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Amazonライブリンク
Profile
ken123atara456
RSS feed 
meter for http://blog.livedoor.jp/ken123atara456/